コロナ 予言 映画。 コンテイジョンはコロナの予言映画?理由と結末ネタバレも

漫画「AKIRA」が新型コロナを予言!?ネット民が震える怖い噂の種明かし

コロナ 予言 映画

コロナを予言していた人やモノ 映画「コンテイジョン」 この恐ろしいコロナを予言していたモノには、映画「コンテイジョン」があります。 コンテイジョンという映画は、2011年アメリカで公開されたSFパニック映画です。 未知の感染症による感染者の急増、都市の封鎖、買い占めや売名行為、詐欺事件など架空の物語とは思えないほど、現在の状況に酷似しています。 暴動が起こり、都市はゴミの山で荒廃していく様子は、明日の我が身だとも思えるものです。 このコンテイジョンは、コロンビア大学の感染症専門医のチームが医療監修をしたということで、感染症が起きた時の時系列で起こる出来事や、人々の心理、医療体制などがリアルというのも納得がいくもの。 2011年の映画で、2020年のコロナパニックを予言していたと言われるほど現状が酷似しているのは、ウィルスの爆発的感染の経路も人々の対応も、この9年でさほど変わっていないとも言えます。 世界の大富豪「ビル・ゲイツ」 この恐ろしいコロナを予言していた人は、世界的にも有名な大富豪「ビル・ゲイツ」です。 多くの人が「第三次世界大戦が起きる」「次の戦争で世界中の人が死にパニックとなる」と言われている中で、ビル・ゲイツはひと味違いました。 「人生最大の驚異は戦争よりもウィルスだ」 アメリカのマイクロソフト社の創始者で、慈善活動にも力を入れているビル・ゲイツは5年前にこう言い残しています。 具体的にビル・ゲイツは講演会で「今後数十年で一千万人以上が亡くなる事態があるとすれば、戦争より感染性のウィルスが原因だろう。 ミサイルより病原菌に備えるべきだ」と述べていることで、脚光を集めているのです。 多くの人がなくなるのは、戦争だという思い込みを捨て去らなければいけないという警鐘だとも言えます。 現在は慈善活動家として、都市封鎖やワクチン開発に多額の寄付をするなど積極的にコロナ対策に参加しているところです。 今後のコロナウィルスや世界がどうなるかを予言している人やモノ バイオテック投資家がヘルスケア業界を予言 今後のコロナウィルスや世界がどうなるかを予言している人は、バイオテック投資家です。 現在、コロナウィルスがパンデミックを起こしたとして、最前線で命をかけて頑張ってくれているのが医師や病院、バイオテック企業、製薬会社などのヘルスケア業界となります。 そのヘルスケア業界がこのコロナパニックをきっかけに、大きく変革するとバイオテック投資家が予想しているのです。 今までのように診療に足を運び、長い時間待って治療を受ける体制から、遠隔診療によるオンライン診察へと移行する可能性が多いにあると伝えています。 いつでもボタン一つで世界とつながり、意思表示をし、欲しいものを得ることができるこれからの患者にとって、従来の方法では満足できなくなるはずです。 新しいアイデアやイノベーションが生まれ、今後の世界はより診療が受けやすい世の中になると予言しています。 カミュの「ペスト」 今後のコロナウィルスや世界がどうなるかを予言しているモノは、カミュという著者の「ペスト」という本です。 フランスの作家であるアルベール・カミュは1957年にノーベル文学賞を受賞しています。 ペストとは有名な伝染病のことで、中世ヨーロッパで実に人口の三割もの人々を死亡させたペストのことを、感染症の不条理とともに書き記した小説です。 小説の中ではペストとなっていますが、今回のコロナ騒動と非常に酷似しているため、感染症が引き起こす人間模様や無慈悲な運命など、これからどうなっていくのか見ることができます。 ヨゲンノトリ 今後のコロナウィルスや世界がどうなるかを予言している人は、博物館がツイートした「ヨゲンノトリ」です。 江戸時代末期にコレラという感染症が大流行したのですが、そのコレラの流行を予言したとされる「ヨゲンノトリ」がとても話題になっています。 ヨゲンノトリは、カラスのような黒い鳥で頭は二つ、ひとつの頭は白色という出で立ちです。 コレラ大流行を予言し、「私の姿を朝夕に拝めば難を逃れることができるぞ」と語ったというもの。 いつの時代も、本当に困難な時には神頼みとも言える宗教的な考えに行き着くところです。 誰もが「必ずよくなる」「明るい未来が訪れる」と信じて、願うことをやめなければコロナ大流行も収束を迎えます。 【期間限定・7月5日(日曜)迄】願い事を叶えたい思っていませんか? こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。 あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか? もしも、まだ 「やっぱり不安がある…。 」 「今思っている願いを必ず叶えたい…。 」 こんな感じならば、の占いを初回無料でプレゼントします! 雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果でアナタに合った願いが叶う為の法則や、願いが叶う為の考え方がわかると、あなたの思う事が叶えられる為のヒントを知ることができます。

次の

コロナ予言・爽やかな青春群像…長い春休みイチオシ映画:朝日新聞デジタル

コロナ 予言 映画

ソダーバーグらしい抑えた描写 物語は、香港出張から帰ってきたアメリカ人女性が急死するところから始まる。 次いでその息子も死亡し、接触していた夫は症状はないものの隔離される。 以降、この映画では複数の人物が並行して描かれる。 最初に亡くなった患者の遺族、アメリカ・CDC(疾病予防管理センター)の研究者、陰謀論をネットで繰り広げるブロガー、WHO(世界保健機関)の研究者等々。 CDCの研究者がウイルスの存在を特定し培養にも成功するなか、ブロガーは独自の偽医学情報をネットで拡散させる。 隔離されていた遺族は退院するが、病院には多くの患者が押しかけ、体育館を新たな患者たち収容場所とする準備が進む。 このように舞台はめまぐるしく変わりながら、感染は拡大し事態は悪化していく。 尺は105分ほどだが、2時間半もあるかのように感じるほど密度が濃く、高い緊張感が続く作品だ。 主人公らしき中心人物はいないが、俳優陣は、マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレットととても豪華だ。 だが、けっしてひとりの人物をヒーローにするような描写はない。 その演出はきわめて抑制的で、このあたりはとてもソダーバーグらしい。 展開は複雑ではないが、非常にシビアな表現を徹底している。 予言のようなリアルさ 日本でも2011年の秋に公開され、筆者もそのときにマスコミ試写で観た。 当時の印象は「出来はとても良いが、かなり地味」という以上のものではなかった。 その半年ほど前に起きた東日本大震災によって、こういうタイプの映画にあまり乗り切れなかったところもあったかもしれない。 実際、日本ではまったく大きなヒットにはならなかった。 大規模公開されたものの、興行収入は3億7000万円程度に終わった。 海外では、大ヒットというほどではないがそれなりに注目されたのと比べると、注目度はきわめて低かった。 震災疲れもあったのかもしれないが、この2年前に新型インフルエンザの騒動があったことも関係しているだろう。 当時、日本では海外からの旅客機で検疫をし、陽性者が即座に隔離されるなど厳格な対応をした。 結果的に多くの感染者を出したものの、強毒性ではなかったこともあって騒動は収束した。 あのとき拍子抜けしたひとも少なくなかったはずだ。 このときの記憶が関係していたのかもしれない。 また、2002~03年にかけて広がったSARS(重症急性呼吸器症候群)が日本では流行しなかったこともヒットにつながらなかった要因として挙げられるだろう(公開翌年の2012年以降にはMERS[中東呼吸器症候群]が広がったが、これも日本には来なかった)。 つまり、パンデミックによって生活に支障をきたすような未来に対し、日本の多くのひとびとはリアリティを持てなかったのだろう。 しかし、いま観直すとこの映画はまるで予言のようなリアルさがある。 感染が広がっていくにつれて徐々に社会機能が不全化し、ひとびとが混乱に陥っていくプロセスは、今回の新型コロナウイルスととてもよく似ている。 人類に対する警告の映画 実際この映画は、入念な専門家への調査を経て創られていた。 よって予言的であるのは、なかば必然であるのかもしれない。 なかでも、テクニカル・アドバイザーとしてこの作品に参加している疫学者のラリー・ブリリアントは、今回の新型コロナウイルスについて語るなかで『コンテイジョン』をこのように振り返っている。 あの映画は先見の明があると評価されました。 いままさに、科学が正しかったことが証明されているわけです。 過去10年か15年間、疫学の研究者たちは常に、いつかこうしたパンデミックが起きると警告し続けてきました。 問題は起きるか起きないかではなく、いつ起きるかでした。 人々に耳を傾けてもらうことは本当に難しいと思います。 出典: 言い換えれば、これは人類に対する警告の映画だったのだ。 2020年3月末の現在、世界の状況はこの映画の1時間が経過しようとするあたりだろうか。 商店では買い占めが生じ、病院には患者が詰めかけ、都市は封鎖される。 この映画は作中の時間をはっきり見せないので、ここまででどのくらい経過しているのかはわからない。 ただ、そこから結末に向かうプロセスも決してアクロバティックなものではない。 医学的にきわめて真っ当なプロセスを描いていく。 が、それゆえに新型コロナウイルスがきわめて大きな難題であることが理解できる。 映画と異なるSNS+スマホの浸透 最後に、この映画のなかでまだわれわれの現実では生じていない(あるいは大きな問題となっていない)現象がひとつある。 それは、ジュード・ロウ演じる陰謀論ブロガーが、パニックに乗じて医学的根拠に基づかない治療法をネットで拡散させることだ。 すでに陰謀論やフェイクニュース、あるいはデマなどは多く見られるが、幸いにしてそれらは大きく拡散することなく沈静化している。 ただし、現段階でまだ楽観できることではない。 この映画が公開された2011年と現在とは、スマートフォンとSNSの浸透は大きく異なるからだ。 すでにそれらがわれわれの日常に浸透した現在と、まだその黎明期だった9年前とでは、われわれの情報環境には大きな差がある。 TwitterやFacebookは作中にも登場するが、この映画のなかに出てくる携帯電話はまだBlackBerryだ。 パニックとも大きく関係するこのあたりの描写は、われわれの現実がまだ到達していない未来なのか、それともフィクションで想像できなかった未来なのかはわからない。 前者であれば暗澹たる未来だが、後者のまま収まると考えるのも楽観的だ。 この映画を通して、作品では予想されなかった未来の到来もわれわれは想像しておく必要があるだろう。

次の

新型コロナ「リアル予言」映画が配信1位に! 終息の兆しが見えるまでにかかった日数は!?|日刊サイゾー

コロナ 予言 映画

コンテイジョンとは? 作品概要 「恐怖は、ウイルスより早く感染する」 感染後、数日で命を奪う新種のウイルスが突如発生。 見えないウイルスが猛威を振るう中、生き残るために、家族を守るために、人類を救うために、世界各地を舞台にそれぞれの立場で、ウイルスの脅威に立ち向かっていく人々の姿を描いた群像劇映画 あらすじ ある日、香港へ出張していた女性が帰国後体調不良となり、二日後に原因不明の激しい発作と痙攣を起こして意識不明の重体に陥り、そのまま死亡してしまいます。 感染は瞬く間に世界中へと拡大していき、WHOが動き始め、疾病予防管理センターや各国も未知のウイルスの特定とワクチン開発に乗り出すとともに、感染者の隔離と感染経路の解明に奔走していきました。 そんな中、いち早く伝染病の警鐘を鳴らしていたブロガーのもとには情報を求め人々が殺到してきます・・・。 注目作品ランキング1位 2011年に公開された本作は、世界規模で新種のウイルスが感染拡大していく恐怖を描いたパニックサスペンス映画ですが、Netfilixの人気映画ランキングで1位を獲得する等、現在再注目されている作品です。 映画comのアクセスランキングで、とうとう「コンテイジョン」が1位になりました。 これは、過去作も含めたすべての作品の、一週間のランキングです。 — 駒井尚文(映画. com編集長) KomaiNaofumi 公開当時は、新種のウイルスが人類に恐怖をもたらすSFパニック映画という位置づけでしかなかった本作ですが、パンデミックの恐怖や、ウイルスの特定からワクチンの開発に至る過程など、当時から専門家の入念な監修のもと撮影が行われていて、リアルなシミュレーションのような作品内の描写が話題となっていました。 そして、現在新型コロナウイルスが蔓延する状況の中、アメリカを中心に、この映画の世界がまるで現実を描いたドキュメンタリーのようだと捉え、見返す方が急増していて、日本でも注目が高まっている、今最も怖いホラー作品とも言えます。 最近の報道等で、コロナの感染ルートの解明の際に度々出てきたワード 「濃厚接触」 本作では、感染ルートやウイルスの特定のために「ウイルスハンター」と呼ばれる職種の人が現地に赴いて、自身も感染するリスクを背負いながらも、徹底的に聞き込みを行っていく様子が描かれています。 そして、その接触感染の流れを追っていくことで、感染拡大を未然に防ぐだけでなく、ワクチン開発の重要な手掛かりを掴むことになっていくのです。 その感染の発端が中国の香港であることから、感染拡大そして、医療崩壊に至るまで現在の新型コロナの状況と酷似したシーンが物語の序盤から展開していきます。 似ているのはそれだけではなく、都市のロックダウン、食料・日用品の買い占め、緊急事態宣言など、現在の コロナ禍をそのまま予見しているかのような社会的混乱まで描かれているのです。 新種のウイルスによって引き起こされる様々な事態について警鐘を鳴らす本作。 その劇中の出来事が、余りにも今の世界的状況と合致するために予言映画と言われることになりました。 コンテイジョンの結末ネタバレ 感染源 ヘクストール医師(ジェニファー・イーリー)が治療の研究の末、新種のウイルスがブタ由来の遺伝物質とコウモリウイルスの化合物であることを突き止めた頃、感染源を調査するフランスのオランテス医師(マリオン・コティヤール)は、感染経路を辿るうちに、香港に出張で訪れていたベス(グウィネス・パルトロウ)が、ウイルスが感染拡大する前の段階で亡くなった何人かと、カジノで接触していた事実を明らかにします。 日本で最初に亡くなった男性と同じテーブルで隣になり、彼の手に顔を近づけて息を吹きかけている所を防犯カメラで確認。 次に、ウクライナで最初に亡くなった女性のモデルがベスの携帯電話に触れている所を同じく防犯カメラで確認。 香港で最初に亡くなった香港のウエイターが、ベスが口にしていたグラスに接触しているところを防犯カメラで確認。 ウエイターが仕事をしはじめた時間の20分前には、既にウクライナの女性はカジノのフロアからいなくなっていることも確認され、ウエイターとウクライナ人女性に接触が無いことから、ベスが初発症例だと突き止めました。 ワクチン ヘクストール医師らが、命をかけて開発までこぎつけたワクチンは、量産に至るまで時間がかかってしまうことから、疾病予防管理センターはワクチン接種の順番を誕生日で抽選することにします。 レンギョウがウイルスに効果があると誤情報を拡散させた陰謀論者のアラン(ジュード・ロウ)は、ワクチンの効能を疑い止めようとしますが、詐欺罪によって逮捕されました。 逮捕後彼を血液検査したところ、彼にはウイルスの感染はなく、抗体を持っていなかった事実がわかります。 人々がウイルスに効果があると薬局に殺到して、暴動にまで発展したきっかけを作ったレンギョウは、ウイルスには効果がなく、アランが流したデマであることが発覚します。 この時点で既に、アメリカでは250万人、全世界では2600万人が犠牲となっていました。 一日目 ベスが感染する数日前、彼女が取締役を務めるアルダーソン社のブルドーザーが森林を伐採してコウモリが飛んで逃げていきます。 そのコウモリはバナナを食べていて、一匹が近くの豚小屋に入り込み、そこで食べていたバナナの欠片を落とすのです。 そのコウモリが落としたバナナの欠片を食べた豚が屠殺され、カジノの調理場へと運ばれました。 そして、それを調理したコックがベスと手を洗わずにベスと握手していました。 彼女はこの時点で感染したのです。 この様子は、彼女の死後、ベスの夫ミッチ・エムホフ(マット・デイモン)が見ていた彼女のデジカメにも映っています。 新種のウイルスの感染源はコウモリでした。 まとめ ラストに判明する感染源のコウモリも、今回の新型コロナウイルスの感染源と考えられている哺乳類です。 「コンテイジョン」の監督や脚本家は、WHOや疾病対策センター(CDC)で取材を重ね、疫学者やジャーナリストから専門的なアドバイスを受けて映画を製作されています。 2002年から2003年にかけて37か国に感染が広がったSARSコロナウイルスに危機感を持っていて、これ以上のパンデミックが起こるのではないかと警鐘を鳴らすために作られたとも言われている本作。 感染が広がっていくにつれて、社会が混乱し、その機能が停止して、世界中が脅威にさらされていく過程が今の新型コロナウイルスにとても似ていると感じました。 まるで予言のようなリアルさがあることが、今話題になっている理由でしょう。

次の