羽生 結 弦 ツイッター 火 穂。 「最も信頼できる」米国名物記者に、羽生結弦と紀平梨花の今後を聞いた。

羽生結弦 Twitterでの超人気ツイート

羽生 結 弦 ツイッター 火 穂

ここ最近ずっと気になっていたことを。 あまり楽しい話じゃないので嫌な予感がする方はスルーしてください。 暗い上に長いですw このブログを再開して一ヶ月くらいたったと思うのだけど、ピョンチャン前の1〜2年間くらい?羽生くんから離れていて、羽生関係のブログもほとんど見てなかったんですよね。 で、その離れる前まで割りと熱心に見てたブログがあって。 まあ、もう面倒なんで伏せずに書きますけど、 メイちゃんていうブロガーさんの『羽生選手とベルサイユな日々』みたいなタイトルのブログだったと思うんだけど、その方のブログはけっこう好きでよく見てたんですよね。 今回再び羽生熱が戻ってきて、メイちゃんのブログ久々にのぞいてみるかと思って探してもないんですよ。 羽生くんで検索すると上位に出てきてたのに。 その後いろいろ調べてみると、ベルサイユさん(メイちゃんのこと)は悪質羽生ファンみたいな書き込みがあって。 追っかけが過ぎてストーカー扱いになっていてびっくり。 ヘルシンキのバンケットの出る待ちをしてるファンの動画にどうやら移ってるらしく。 メイちゃんが。 どうやらそれで叩かれてブログを閉鎖したみたいな流れのようです。 (『バンケ 羽生 追っかけ』で検索したら出てきますので興味ある方だけみてください) ブログでは正統派なファンのふりして実際は迷惑行為してるじゃん!みたいな。 ホントかウソか、ヘルシンキの羽生くんがいるホテルの廊下で待ち伏せしといて、すれ違った!とブログには書いたり・・・・とか。 バンケットは基本関係者以外立ち入り禁止なのかな?入っちゃいけないとこに入ってこれはだめですよね。 まあ、入ってよかったとしてもこの様子はちょっと異常にみえる。 が、もし自分がこの場にいたら同じことしてしまうかもという不安も同時にある。 いやもう面倒なんでリンク貼りますわw 興味ある人だけ見てください。 気分わるくなるかもだけど。 とか とか。 でもこれを見てしないどこ!と思う。 東京に住んでたころ某中華料理屋に行った時、隣のテーブルにもっくんファミリーが来て興奮したが、完全プライベートだと思ったので全く気づかないふりをした。 そう、それがマナー!仙台市民も羽生くんを見かけても地元の人は声をかけないようにしてるって仙台の人が言うてたで。 あ、で、メイちゃんの話に戻りますが。 でさ、ヘルシンキの優勝インタビュー(英語)で羽生くんが最後にファンに一言って言われたのに「わかりません」みたいに答えたのよ。 あれ?羽生くんならこういう時ちゃんと答えるのに変だな、英語の質問わからなかったのかなって思ったんだけど、もしかしてこういうエスカレートしたファンについてちょっと思うところがあったのかなと。 そのブログでさ、どんな文章だったか覚えてないんだけど、「あれ?もしかして羽生くんメイちゃんのこと気に入ってるのかな?タイプなのかな?」って思わせるような描写があったことだけ覚えてて。 メイちゃんて8cmのヒールはいてます!ネイルとかもかわいくして、オシャレにはこだわりのある女子です!って書いてたから可愛い女の子イメージだったのね。 ショーとかで羽生くんにプレゼント渡す時に羽生くんがなんていうか・・・・自分にだけちょっと特別な雰囲気だった的な描写があったんだけど、そっか可愛い人なら羽生くんが注目するかもなと思ってて。 でもストレートに『羽生君、絶対私に気がある!』みたいな書き方はしないのよ。 遠まわしに、あれ?そうなのかな?って思わせる書き方で。 具体的な描写は覚えてないので曖昧ですみません。 私はその時は単純にすごーい、羽生くんに覚えてもらってるだけじゃなくて、もしかしたらメイちゃんのことほんとに気に入ってるのかな!?ドキドキ!!みたいに感じてたんだけど、まあ、普通はそれを読んだファンは良い気分じゃなくなるんだろうね。 メイちゃん本人もプレゼントしたものを羽生くんが着てたり、ショーの時になんか自分だけこれこれしてくれたみたいなのがあったら勘違いしていったんじゃないか。 それでエスカレートしてっちゃったのかなと。 ファンと選手の境界線みたいなのがなくなっちゃって、個人的付き合いみたいなことに錯覚していっちゃったのかなと。 その変のブログ閉鎖にいきつく過程を知らないからなんとも言えないんだけど。 メイちゃんのブログ読んでた頃、末っ子(4人目)が産まれて、もう夜中の授乳が辛くて辛くてね。 一人目や二人目の時と体力的にかなり低下してたし、上の子が学校や幼稚園行きだすから、朝はちゃんと起きなきゃだしで(生まれてすぐの赤ちゃんは割りと朝方深い眠りに入ったりするので、上の子たちの時は夜中眠れなくても朝5時とかから9時ぐらいまで一緒に眠れていた)ほんとーーに夜中起きるのが辛かった。 もういっそ泣きっぱなしにして眠り続けたいくらいで。 で、メイちゃんのブログが確か夜中の4時とかに更新される設定になってたんよね。 一日とかじゃなくて、そういうのが2、3ヶ月続く中で、毎日更新してくれるメイちゃんのブログにはほんとに救われたんだよね。。 毎回ものすごい量の羽生くんのキャプチャ画像が(30枚くらい?)がアップされて、かわいかったり美しかったりする羽生くんを見るのも楽しみだったし、またコメント欄に集まってくるファンたちのやりとりも笑えて楽しくて、たぶん世代が同じかちょっと上くらいの人たちが集まってたからか、コメ欄のぞくのも楽しみだったんですよ。 働きながらあれだけ更新するのも大変だったと思う。 だからみんなメイちゃんのこと感謝してたしメイちゃんアンチが現れても応援してんだよ。 後にそのコメ欄に集まったファンたちはメイちゃんの信者と言われていましたが。。 残念ですが、でもまあ、やっぱりファンは行き過ぎて本人に迷惑かけてたら本末転倒だと思うので、今も追っかけしてるのかわからないですけど、自重してくれてたらなと昔のいちブログファンとしては思うのです。 私が見てない間に色々うそがバレていってみたいで、それがどんどん叩かれる要因になってったみたいなんだけど、真相はどうあれあの時私が助けられたのは事実なので、この場を借りてありがとうと言いたいです。 でも迷惑行為はよくないからやめようね!!です。 あ、ちなみに、メイちゃんは割りと年のいってる(といっても30代半ば〜40くらい??)ボディコンを気こなす厚化粧の女性だそうで、なんか私の思ってた20代のゆるふわガールのイメージとぜんぜん違ってたwww あの頃、私がメイちゃんのブログに助けられてたように、私のこんなブログももしかしたら育児を頑張ってるママさんをクスッとさせてるかもしれないし、会社帰りの電車で仕事に疲れたサラリーマン、サラリーウーマンさんが暇つぶしに読んでくれてるかもしれないし、近くに羽生ファンのいない方がそうそう!羽生くんのそういうとこ好き!と共感してくれてるかもなと思うと、少しは存在意義を感じることができるなって話ですかね。 結局のところ。 すみません、支離滅裂で読みにくくて。 最後に記事とは全然関係ない羽生くんを。 ちきしょー!かわいいなああ!! そのカメラ、高いとおもうぞ!! カメラマンさんも、あ・・・・ちょっとちょっと羽生くん・・・はにゅ・・・・まあ、いっか。 ・・・・てかあの羽生くんを撮りたいのにいいいいい! になってたんちゃうかw ニースの世界選手権で西岡さんが言ってた『世界を狂わせる17才の活躍です』がほんとになったね。 世界を狂わせてるわw しかしファンは節度を保って、本人に迷惑をかけない範囲で狂っておきましょw 西岡さんの実況でニースロミオをみたことない方はこちら。 西岡さんの実況いいですよね。 転倒した時の「大丈夫でしょうか・・・・」がほんとに心配って感じがするとことか、コメントも素敵です。 あと、ついでに。 西岡さんが2017年の世界選手権のこともコメントしててこちらも面白かったです。

次の

羽生結弦「来シーズンに向け、今の限界の先へ行けるよう練習」 世界選手権中止受けコメント― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

羽生 結 弦 ツイッター 火 穂

ここ最近ずっと気になっていたことを。 あまり楽しい話じゃないので嫌な予感がする方はスルーしてください。 暗い上に長いですw このブログを再開して一ヶ月くらいたったと思うのだけど、ピョンチャン前の1〜2年間くらい?羽生くんから離れていて、羽生関係のブログもほとんど見てなかったんですよね。 で、その離れる前まで割りと熱心に見てたブログがあって。 まあ、もう面倒なんで伏せずに書きますけど、 メイちゃんていうブロガーさんの『羽生選手とベルサイユな日々』みたいなタイトルのブログだったと思うんだけど、その方のブログはけっこう好きでよく見てたんですよね。 今回再び羽生熱が戻ってきて、メイちゃんのブログ久々にのぞいてみるかと思って探してもないんですよ。 羽生くんで検索すると上位に出てきてたのに。 その後いろいろ調べてみると、ベルサイユさん(メイちゃんのこと)は悪質羽生ファンみたいな書き込みがあって。 追っかけが過ぎてストーカー扱いになっていてびっくり。 ヘルシンキのバンケットの出る待ちをしてるファンの動画にどうやら移ってるらしく。 メイちゃんが。 どうやらそれで叩かれてブログを閉鎖したみたいな流れのようです。 (『バンケ 羽生 追っかけ』で検索したら出てきますので興味ある方だけみてください) ブログでは正統派なファンのふりして実際は迷惑行為してるじゃん!みたいな。 ホントかウソか、ヘルシンキの羽生くんがいるホテルの廊下で待ち伏せしといて、すれ違った!とブログには書いたり・・・・とか。 バンケットは基本関係者以外立ち入り禁止なのかな?入っちゃいけないとこに入ってこれはだめですよね。 まあ、入ってよかったとしてもこの様子はちょっと異常にみえる。 が、もし自分がこの場にいたら同じことしてしまうかもという不安も同時にある。 いやもう面倒なんでリンク貼りますわw 興味ある人だけ見てください。 気分わるくなるかもだけど。 とか とか。 でもこれを見てしないどこ!と思う。 東京に住んでたころ某中華料理屋に行った時、隣のテーブルにもっくんファミリーが来て興奮したが、完全プライベートだと思ったので全く気づかないふりをした。 そう、それがマナー!仙台市民も羽生くんを見かけても地元の人は声をかけないようにしてるって仙台の人が言うてたで。 あ、で、メイちゃんの話に戻りますが。 でさ、ヘルシンキの優勝インタビュー(英語)で羽生くんが最後にファンに一言って言われたのに「わかりません」みたいに答えたのよ。 あれ?羽生くんならこういう時ちゃんと答えるのに変だな、英語の質問わからなかったのかなって思ったんだけど、もしかしてこういうエスカレートしたファンについてちょっと思うところがあったのかなと。 そのブログでさ、どんな文章だったか覚えてないんだけど、「あれ?もしかして羽生くんメイちゃんのこと気に入ってるのかな?タイプなのかな?」って思わせるような描写があったことだけ覚えてて。 メイちゃんて8cmのヒールはいてます!ネイルとかもかわいくして、オシャレにはこだわりのある女子です!って書いてたから可愛い女の子イメージだったのね。 ショーとかで羽生くんにプレゼント渡す時に羽生くんがなんていうか・・・・自分にだけちょっと特別な雰囲気だった的な描写があったんだけど、そっか可愛い人なら羽生くんが注目するかもなと思ってて。 でもストレートに『羽生君、絶対私に気がある!』みたいな書き方はしないのよ。 遠まわしに、あれ?そうなのかな?って思わせる書き方で。 具体的な描写は覚えてないので曖昧ですみません。 私はその時は単純にすごーい、羽生くんに覚えてもらってるだけじゃなくて、もしかしたらメイちゃんのことほんとに気に入ってるのかな!?ドキドキ!!みたいに感じてたんだけど、まあ、普通はそれを読んだファンは良い気分じゃなくなるんだろうね。 メイちゃん本人もプレゼントしたものを羽生くんが着てたり、ショーの時になんか自分だけこれこれしてくれたみたいなのがあったら勘違いしていったんじゃないか。 それでエスカレートしてっちゃったのかなと。 ファンと選手の境界線みたいなのがなくなっちゃって、個人的付き合いみたいなことに錯覚していっちゃったのかなと。 その変のブログ閉鎖にいきつく過程を知らないからなんとも言えないんだけど。 メイちゃんのブログ読んでた頃、末っ子(4人目)が産まれて、もう夜中の授乳が辛くて辛くてね。 一人目や二人目の時と体力的にかなり低下してたし、上の子が学校や幼稚園行きだすから、朝はちゃんと起きなきゃだしで(生まれてすぐの赤ちゃんは割りと朝方深い眠りに入ったりするので、上の子たちの時は夜中眠れなくても朝5時とかから9時ぐらいまで一緒に眠れていた)ほんとーーに夜中起きるのが辛かった。 もういっそ泣きっぱなしにして眠り続けたいくらいで。 で、メイちゃんのブログが確か夜中の4時とかに更新される設定になってたんよね。 一日とかじゃなくて、そういうのが2、3ヶ月続く中で、毎日更新してくれるメイちゃんのブログにはほんとに救われたんだよね。。 毎回ものすごい量の羽生くんのキャプチャ画像が(30枚くらい?)がアップされて、かわいかったり美しかったりする羽生くんを見るのも楽しみだったし、またコメント欄に集まってくるファンたちのやりとりも笑えて楽しくて、たぶん世代が同じかちょっと上くらいの人たちが集まってたからか、コメ欄のぞくのも楽しみだったんですよ。 働きながらあれだけ更新するのも大変だったと思う。 だからみんなメイちゃんのこと感謝してたしメイちゃんアンチが現れても応援してんだよ。 後にそのコメ欄に集まったファンたちはメイちゃんの信者と言われていましたが。。 残念ですが、でもまあ、やっぱりファンは行き過ぎて本人に迷惑かけてたら本末転倒だと思うので、今も追っかけしてるのかわからないですけど、自重してくれてたらなと昔のいちブログファンとしては思うのです。 私が見てない間に色々うそがバレていってみたいで、それがどんどん叩かれる要因になってったみたいなんだけど、真相はどうあれあの時私が助けられたのは事実なので、この場を借りてありがとうと言いたいです。 でも迷惑行為はよくないからやめようね!!です。 あ、ちなみに、メイちゃんは割りと年のいってる(といっても30代半ば〜40くらい??)ボディコンを気こなす厚化粧の女性だそうで、なんか私の思ってた20代のゆるふわガールのイメージとぜんぜん違ってたwww あの頃、私がメイちゃんのブログに助けられてたように、私のこんなブログももしかしたら育児を頑張ってるママさんをクスッとさせてるかもしれないし、会社帰りの電車で仕事に疲れたサラリーマン、サラリーウーマンさんが暇つぶしに読んでくれてるかもしれないし、近くに羽生ファンのいない方がそうそう!羽生くんのそういうとこ好き!と共感してくれてるかもなと思うと、少しは存在意義を感じることができるなって話ですかね。 結局のところ。 すみません、支離滅裂で読みにくくて。 最後に記事とは全然関係ない羽生くんを。 ちきしょー!かわいいなああ!! そのカメラ、高いとおもうぞ!! カメラマンさんも、あ・・・・ちょっとちょっと羽生くん・・・はにゅ・・・・まあ、いっか。 ・・・・てかあの羽生くんを撮りたいのにいいいいい! になってたんちゃうかw ニースの世界選手権で西岡さんが言ってた『世界を狂わせる17才の活躍です』がほんとになったね。 世界を狂わせてるわw しかしファンは節度を保って、本人に迷惑をかけない範囲で狂っておきましょw 西岡さんの実況でニースロミオをみたことない方はこちら。 西岡さんの実況いいですよね。 転倒した時の「大丈夫でしょうか・・・・」がほんとに心配って感じがするとことか、コメントも素敵です。 あと、ついでに。 西岡さんが2017年の世界選手権のこともコメントしててこちらも面白かったです。

次の

羽生結弦 Twitterでの超人気ツイート

羽生 結 弦 ツイッター 火 穂

6月1日公開の映画『50回目のファーストキス』、8月17日公開の『銀魂2(仮)』など、映画・ドラマ・舞台からバラエティ番組まで、数多くの作品で監督、脚本、演出などを担当している福田雄一さん(ふくだ・ゆういち 49歳)が、週刊誌『週刊現代』に掲載のコラム「妻の目を盗んでテレビかよ」で、フィギュアスケート男子の羽生結弦選手(はにゅう・ゆづる 23歳)について書き、その内容が羽生選手のファンらの間で物議を醸した結果、ツイッターで謝罪するという展開を迎える事になりました。 福田雄一さんは2月26日発売の『週刊現代』(2018年3月10日号)に掲載された自身のコラムで羽生結弦選手について綴っており、平昌五輪の話題に触れた福田さんは「これはね、ほんっっとに個人的な感想として読んで欲しいのですが……、羽生結弦選手がね、どーも苦手です。 」と冒頭で突然告白しています。 苦手な理由については、 「これはね、僕がダメ人間だからなんです、きっと。 だから完璧な人に少し気後れしてしまうところがある。 そして、自身は羽生結弦選手よりも今回の平昌五輪で銀メダルを獲得した宇野昌磨選手の方が、天然ぶりを発揮していて面白くて仕方がなかったといい、ツッコミどころ満載のたたずまいは最高だったと絶賛しているほか、最後には「高橋大輔選手は大好きだったんだけどな……。 なんだろうなあ。 」と綴り、どうしても羽生選手のことが苦手であることを強調していました。 この翌週に掲載されたコラムでは、羽生結弦選手が苦手と書いたことで反響があり、周囲からあり得ないなどとお叱りを受けたと明かしながら、今は作品でも笑いにしても良い人とダメな人がいるとし、受け取る側が笑いにしてもセーフな人とアウトな人を線引きし、もしアウトだと「ハラスメント」だと叩き、それが大きな騒動に発展してしまうことから、映画の現場では難しい時代だとよく話しているということを綴っていました。 このように福田雄一さんは自身のコラムで思いなどを綴っていたのですが、その内容を知った羽生結弦選手のファンたちは反応し、• あれただの悪口• 大人げない感性にはがっかり• 個人的に苦手なのはいいけど居酒屋で話しててくれ などと批判のコメントが殺到する事態になっていました。 そうした批判を受けて福田雄一さんは27日未明にツイッターを更新し、 「僕の軽率な言葉で、羽生くんや、羽生くんのファンの皆様を悲しい気持ちにさせてごめんなさい。 苦手という言葉はどうか撤回させてください。 」と謝罪しました。 その後のツイートでも、羽生結弦選手が素晴らしいと絶賛されている所以を自身で調べたことや、奥さんからも羽生選手の素晴らしさや生い立ちを訴えられたことを明かし、 「ご本人はもちろん多くの人に迷惑がかかるのはツラいです。 僕はほんとのほんとは嫌われたくないという言葉の重みを知りました。 僕は自分の失言に責任を取るべきだと思います。 彼の精神性、見習うべきだなぁと実感です。 むしろ、こんな僕ごときの失言で、わざわざ謝罪するのもおこがましくて遠慮していたのですが、改めて本当に申し訳ありませんでした。 」と謝罪と反省の言葉を綴っています。 気の毒 何を思うも自由なんだけど、発信する題材が悪すぎた 羽生ヲタはそこらの男性アイドルや若手俳優ヲタと一緒でやこういうのを笑いに昇華できない 宇野への頭ポンポンは周囲へのアピールであざとい、なんてSNSやブログに書こうもんならギャンギャン噛み付いてくるだろうな• 謝る必要ないのに 事実だし• 苦手という言葉を撤回って、それもおかしな話。 苦手なものは苦手だし、苦手だというのは悪口ではない。 もちろんコラムに書いちゃったのは悪手だったけど。 彼を苦手という人の気持ちも分からんでもない 笑 嫌いと言ってるわけじゃなし、ちょっとそのファン?の人達の過剰反応では無いかと思いますがね。 彼はタレントではなく、ただのアスリート。 好き嫌いは勝手ですが、それを大勢の人が見る記事にするのはおかしい。 個人ブログならまだしも。 苦手と書いた事に対して謝るのもおかしな話。 苦手とはあくまで個人の主観。 それが批判と捉えられたのかな?あれだけの功績を成し遂げた直後の今は、許されない流れなのでしょうか。 自分の言動で、気分を悪くさせたor失言だったかもと思ったら、すぐ謝る人多いよね。 本当に悪いと思ってるならいいけど、謝っとけばいいと思う人いるからね。 福田さんて結構こういうのやらかすよな 映画関係者は冷や冷やしてるだろ もう何も喋らんと映画やドラマだけ撮ってりゃいいのに いらん失言でいつか大失敗しそう トーク好きかもしれんがしゃべらんほうがいい• 完全な『チッ反省してまーす』じゃねえか マジで1mmも反省してない だったら黙ってろよ大人げない などのコメントが寄せられており、謝罪ツイート後もネット上では物議を醸しています。 人それぞれ感じ方が違うので、中には羽生結弦選手の立ち振る舞いなどがどうしても受け付けない、苦手だなと感じる人もいるでしょうし、実際にネット上では熱狂的なファンが多くいる一方で、羽生選手に対して罵声を浴びせているアンチも多くいます。 福田雄一監督も苦手側の一人で、それをちょっとした気持ちでコラムに記し、もしかしたら共感を得られるのではないかという期待を持っていたのかもしれませんが、昨年11月のケガを乗り越えてほぼノーミスの演技を披露し、フィギュアスケート男子では66年ぶりとなる五輪2連覇を達成し、国民栄誉賞の授与を政府が検討しているという話も出ている中で、わざわざわ週刊誌のコラムで苦手だと書いたのはまずかったかもしれません。 週刊誌で自分の思ったことを書くことは別に問題無いと思いますし、誰が苦手だ、嫌いだということを主観で書いてもいいとは思うのですが、出版物に綴ったからにはネットで批判された程度ですぐに謝罪するというのはどうなのかなと感じ、すぐに謝罪するぐらいなら最初から書かない方がいい、プライベートなどで愚痴る程度にしておくべきだったのではないかと思います。 今回の件で福田雄一のイメージは若干悪化しており、今後公開される作品に悪影響が及ぶ可能性もあるので、炎上発言には気を付けてもらいたいですね。

次の