はくたか。 臨時はくたか運行時間や乗り継ぎは?北陸新幹線かがやき水没復旧はいつまで?

JR西日本、北陸新幹線かがやき・はくたかが半額の「eチケット早特21」発売。「eチケット早特14」の再販売も

はくたか

「はくたか」に使用される 概要 () 現況 運行中 地域 、、、、、、 前身 特急「はくたか」 特急「」 普通「」 運行開始 (JR東日本) (JR西日本) 路線 起点 、 終点 営業距離 東京-金沢 450. 本項では、北陸新幹線開業以前に国鉄時代ならびに・で運転されていた特急「 はくたか」についても記述する。 概要 [ ] 特急「はくたか」は10月、上野行き「」を分離し、上野駅 - 金沢駅間を信越本線長野経由で運転を開始した。 10月改正で上越線長岡経由に変更 し電車化した。 11月にが開業したことに伴い廃止され、6年後のに長岡駅 - 金沢駅間に速達タイプの特急「」が運転を開始した。 その後、にが開業したことに伴い、「かがやき」に代わりと越後湯沢駅で接続することでとを連絡する列車として復活した。 2015年3月14日の長野駅 - 金沢駅間開業に伴い、在来線特急の「はくたか」は開業前日3月13日の運行を最後に廃止され 、その名称は東京 - 金沢間を運転する停車タイプの新幹線列車に転用された。 「はくたか」が首都圏から北陸地方に直通したのは、上越新幹線開業に伴う廃止から実に約33年ぶりのことであった。 また、「」は「はくたか」と同区間を走る速達タイプの列車として、約18年ぶりに復活した。 列車名の由来 [ ] 列車名はの開山伝説()に登場する白い「白鷹」が由来となっている。 北陸新幹線金沢開業時の列車名は公募によって決定され、「はくたか」は第1位であった。 選定理由は、「スピード感があり首都圏と北陸をつなぐ列車として親しまれているため」とされる。 なお、「かがやき」は第5位、「」は第4位、「」は第7位であった。 新幹線「はくたか」 [ ] 運行概況 [ ] 定期列車は、東京駅 - 金沢駅間で14往復、長野駅 - 金沢駅間で1往復が運転されている。 この他、平日の早朝に上越妙高発長野行きの上り臨時列車が1本設定され、長野駅で東京行きの「」または「」と接続する。 停車駅 [ ]• また、長野駅 - 金沢駅間は基本的に各駅停車となるが、飯山駅は通過列車が3往復設定される。 また臨時列車では糸魚川駅・黒部宇奈月温泉駅を通過する列車が設定されている。 停車駅の変遷 [ ] 開業時(2015年3月14日ダイヤ改正) [ ]• 方向(運行本数の単位)…「上下」:上下列車共通(往復)、「上り」:上り列車(本)、「下り」:下り列車(本)• 全車禁煙• 座席種別・編成は変更される場合がある。 E7系・W7系ともに12両編成で、1 - 4号車が 、5 - 10号車が普通車、11号車が指定席、12号車が指定席となる。 なお、グランクラスでは「かがやき」と同様、専任アテンダントによる軽食・ドリンクなどの車内サービスが実施される。 ただし、長野駅 - 金沢駅間の1往復は座席のみの営業となり、アテンダントによる車内サービスは実施しない。 歴史 [ ]• (25年):JR東日本・JR西日本が北陸新幹線の - 間開業後の列車名を発表。 東京駅・長野駅 - 金沢駅間の停車タイプの列車として、「はくたか」が採用されることが決定。 (平成27年):の - 間開業に伴い、・長野駅 - 金沢駅間の停車タイプとして運転開始。 (平成28年):「かがやき」が運転されていない昼間時間帯を中心に、「はくたか」は下記の通りに実施。 下り「はくたか」の東京駅 - 上越妙高駅間の停車駅見直し(ただし、上越妙高駅 - 金沢駅間の停車駅は従来通り各駅停車)。 昼間時間帯における停車駅は主に上野駅、大宮駅、高崎駅、軽井沢駅、長野駅に絞る。 佐久平駅、上田駅、飯山駅は朝や夕方の時間帯を中心に停車。 安中榛名駅は全列車通過。 停車駅見直しにより、所要時間が最大で16分短縮される。 同年発表の夏の臨時列車では、初めて「はくたか」の臨時便が設定され、糸魚川駅・黒部宇奈月温泉駅を通過する列車が初設定される。 (平成30年)• :東京駅 - 長野駅間での「はくたか」臨時列車のダイヤを用い、「あさま」を1往復増発(605・624号)。 繁忙期には「はくたか」(605・624号)として金沢駅まで延長運転。 また、平日の早朝に走る上越妙高発長野行きの上り臨時列車が1本削減。 (元年)• :「かがやき」と共にが飲料・菓子類・つまみ類のみの販売に縮小する。 10月12日:(台風19号)により千曲川の堤防が決壊し長野新幹線車両センターと一部の本線・施設が水没し一部区間で運行停止。 北陸新幹線車両の3分の1にあたるE7系・W7系合計10編成も水没した。 10月15日:水没のため長野駅 - 上越妙高駅間が運休となり、上越妙高駅・糸魚川駅 - 金沢駅間の区間列車としてはくたかの運行を再開。 白山総合車両所に残った車両のみでの運行で下り13本、上り14本のダイヤが設定された。 上越妙高駅での折り返し運転となったが上越妙高駅で接続列車の無いダイヤは糸魚川駅までの営業運転となった。 10月25日:北陸新幹線全線で運行再開。 東京駅 - 金沢駅間のはくたかは災害発生前の14往復を維持したが東京駅 - 長野駅間のあさまが減便された関係で一部のはくたかは停車駅を増やすなどした。 565・560・566号は東京駅 - 長野駅間を災害前に長野駅で接続していたあさま613・616・622号のダイヤとした臨時はくたか595・592・594号で運行されたため停車駅が増え所要時間も長くなった。 11月30日:臨時はくたか595・592・594号の運行を終了し565・560・566号の運行を再開。 定期列車は災害発生前の14往復と所定のダイヤに戻る。 (令和2年)• :JR東日本とJR西日本が、の感染拡大防止のため、同年4月9日 - 5月31日まで、車内販売およびグランクラスの切符の発売および「はくたか」のグランクラスの営業を中止することを発表。 :JR東日本とJR西日本が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため、同年6月1日 - 6月30日まで、グランクラスの指定席発売を見合わせることを発表。 :JR東日本とJR西日本が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響により、同年5月28日以降の全列車の指定席発売を見合わせることを発表。 : JR東日本とJR西日本が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止により以下の運転計画および措置を発表。 同年5月21日以降、同年5月28日以降の列車の指定席発売を再開。 同年7月1日以降、当面の間のグランクラスの指定席発売を見合わせる。 車内販売は同年6月1日以降、当面の間中止を継続する。 利用客の減少に伴い、同年5月28日以降の定期列車の一部を運休し、臨時ダイヤによる運行とする。 :JR東日本とJR西日本が、国の緊急事態宣言が解除されたことを理由に、同年5月28日以降に計画していた臨時ダイヤによる運行の実施を取りやめ、定期列車の運行を継続することを発表。 ただし、グランクラスのサービス中止は当面の間継続。 在来線特急「はくたか」 [ ] はくたか(在来線時代) 特急「はくたか」で運用された 北越急行681系2000番台(手前の6両)と JR西日本681系0番台(奥の3両) (北陸本線 - 間 2009年5月18日) 概要 現況 廃止 地域 新潟県・富山県・石川県・福井県 前身 特急「かがやき」 運行開始 運行終了 後継 新幹線「」「はくたか」 特急「」「」 超快速「」 旧 (JR西日本) (JR東日本) 路線 起点 、、 終点 営業距離 越後湯沢-金沢 261. 4km 越後湯沢-福井 338. 1km 越後湯沢-和倉温泉 332. 4km 使用路線 JR西日本:・ 北越急行: JR東日本:・ 車内サービス グリーン車・普通車 技術 (JR西日本・北越急行六日町運輸区) (北越急行六日町運輸区) 1,067 1,500 (越後湯沢 - 間) 20,000 V・60 ( - 金沢間) 160 99 はくたかは、(JR西日本)、および(JR東日本)が・・ - 間を、・・・・経由で運行していたである。 廃止直前の状況 [ ] 2014年(平成27年)3月15日時点の運行概況は次の通り。 定期列車は13往復が運転され、1往復(下り5号、上り24号)は福井駅 - 越後湯沢駅間、1往復(下り21号、上り6号)は和倉温泉駅 - 越後湯沢駅間、それ以外の列車はすべて金沢駅 - 越後湯沢駅間で運転されていた。 列車番号や号数は越後湯沢駅へ向かう列車が下りを表す奇数、逆方向が上りを表す偶数となっていた。 これは、はくたかがJR西日本主体の列車であり 、北陸本線に合わせたためである。 からを利用し越後湯沢駅で乗り継ぐことにより、 - 東京駅間は最短2時間50分台(北陸3県の歴史上、初めて東京までの陸路が2時間台となる)、 - 東京駅間は最短2時間50分台、 - 東京駅間は最短2時間20分台、東京駅 - 間は最短で3時間10分台、東京駅 - 金沢駅間を最短3時間50分台、金沢駅 - 東京駅間を最短3時間40分台で結んでいた。 なお、ほくほく線のは高速走行ができるように、やの形状などは新幹線と同等のものを用いている。 (平成23年)時点の北越急行のWebサイトにおいては、これ以上の速度上昇は技術的に困難であると公表されていた。 停車駅 [ ] 福井・金沢方面 福井駅 - - - - 金沢駅 - () - - - () - () - () - () - () - - () - () - 越後湯沢駅 和倉温泉方面 和倉温泉駅 - - - 金沢駅 - (この区間は上記と同様) - 越後湯沢駅• ( )は一部の列車のみ停車。 和倉温泉駅発着列車は金沢駅でを行うため、金沢駅 - 間が重複運転となるが、この区間内でをしなければにより重複区間の・料金は計算に含まれない。 同列車が経由するほくほく線、七尾線はであるため、列車によっては行き違いのため時刻表上では通過扱いの駅でもを行うことがある。 などによりほくほく線または上越線が不通となった場合は犀潟駅より先、信越本線を経由してまで乗り入れることがあった。 この場合、直江津駅 - 長岡駅間は原則として無停車となっていた。 全車禁煙• 編成・座席種別は変更される場合がある。 金沢駅 - 和倉温泉駅間は逆向き。 ほくほく線内の複雑な断面形状のトンネルを高速で走行する際に車内の気圧が変動することを防ぐための対策として、車内の気密性を確保するために扉を完全に圧着する戸押さえ装置を追加した。 そのため、JR西日本所有のはもとより、681系であっても「」に用いられている編成は当列車に所定のダイヤで充当することはできない。 なお、北越急行の車両はJR西日本に管理を委託していた。 福井駅・金沢駅 - 越後湯沢駅間では9両または6両編成で運行されたが、金沢駅 - 和倉温泉駅間はのない付属編成の3両で運転された。 ただし、7・10号は6両編成(1 - 6号車)で運転。 また、23・2号は通常は6両編成だが、多客期は9両編成で運転された。 その際、5号車が座席指定席の場合があった。 また、(平成17年)から681系・683系に運用車両が統一されると、それ以前には突発的な運用変更時にしか見られなかった北越急行とJR西日本の車両の併結や、681系と683系の併結が頻繁に見られるようになった。 北越急行の公式サイト内では、「はくたか」に充当される編成表が掲載されていた。 車両不足が発生した場合は、「サンダーバード」で運用されるが代走することがあった。 ごく稀に同系列0番台や2000番台も代走することもあった。 ただし、489系とは異なり、JR線内は所定編成と同等の性能・ダイヤで運転可能であった。 北陸新幹線の金沢開業ならびにその列車名転用以降、使用車両であった681系・683系は列車編成の方向転換が行われた後、全て「」の運用に変更された。 また北越急行所属の681系・683系は、JR西日本に売却された。 681系0番台 越後湯沢駅 過去の車両 [ ] 運転開始当初はJR西日本・JR東日本・北越急行の3社で運行距離による比率で車両を保有し、定期列車10往復のうちJR西日本681系が4往復、JR西日本485系が2 - 3往復、北越急行681系が2 - 3往復、JR東日本485系が1往復を担当する形とした。 2005年(平成17年)までも使用されていた。 JR東日本が所有する485系3000番台の2本(R1・R2編成)が最後まで運用されていたが、「はくたか」の速達化のために北越急行が683系を増備したことに伴い、定期運用を離脱している。 なお、この編成は「はくたか」と配置区所のへの出入区のための「北越」にほぼ運用が限定され、先頭車にはを模した銀色のが取り付けられていた。 本列車から撤退後は6両編成(R26・R27編成)に再組成され、先頭車のエンブレムも2011年(平成23年)6月から撤去が始まっている。 2001年(平成13年)3月改正までは当時直通の「雷鳥」に使用されていた485系9両編成が代走することがあった。 485系はJR西日本でも(平成14年)まで使用されており、「はくたか」で唯一の8両編成であった。 「サンダーバード」用の681系からの転用改造に伴い運行を終了している。 多客期のなどでは、JR西日本の金沢総合車両所に所属するが運用されていたが、この場合は1号車と4号車が入れ替わっていた。 なお、福井行きの24号に489系が入った場合、同編成で運転する区間は越後湯沢駅 - 金沢駅間のみであり、金沢駅 - 福井駅間は所定の681・683系に差し替えて運転することがあった。 文字マーク時代 (上越線 - 間 1978年8月) 概要 現況 廃止 前身 特急「」 運行開始 運行終了 後継 特急「」 新幹線 旧 (国鉄) 路線 起点 終点 営業距離 上野-金沢 472. 長岡駅 - 金沢駅間は逆向き。 (40年):上野駅・青森駅 - 大阪駅間で運転されていた「白鳥」のうち、上野駅 - 金沢駅間の編成が系統分割され、同区間(経由)特急「はくたか」として1往復が運転開始。 当時はを使用したで運転されていた。 (昭和44年)10月1日:「はくたか」が481系・485系11両編成に置き換えられる。 横川 - 軽井沢間のでとのを行い、この区間を12両編成で通過できるが前年に登場していたが、特急形の開発は途上であり、481系・485系にもこの機能は備わっていなかった。 保安上の理由でこの区間の運転の一切を機関車に任せ、無動力で通過することとなった電車列車は、最大両数が8両までに制限されたため、電車化と同時に(編成両数を減ずることなく)経由とされ、スイッチバックを行う駅も直江津駅から長岡駅に変更される。 この481系・485系は向日町運転所(大ムコ。 後の、現)所属車両であり、「雷鳥」「しらさぎ」「」「」とも共通運用を組んだため、昼行特急形電車では当時としても極めて異例の、からにわたる超広域運用を実施していた。 なお、「はくたか」は交流50Hz区間を走行しないため、当時485系の一部の編成に組み込まれていた481系でも問題なく上越線や高崎線などで運用することができたことから、481系についても485系との共通運用が組まれ、東日本地区でも481系が運用されることがあった。 (昭和47年)3月15日:横軽協調運転装置を搭載した489系が開発され、信越「白鳥」と同じ上野駅 - 金沢駅間(信越本線経由)で「」が運転開始。 以後「白山」の経路がと北陸地方を結ぶメインルートとなり、「白山」は(昭和48年)10月から3往復となったのに対し、「はくたか」は1往復の運行であった。 (昭和53年):「はくたか」の車両受け持ちを向日町運転所(大ムコ)から、金沢運転所(金サワ。 現在の)に移管して広域運用を解消。 同時に「白山」と共通運用となりの連結を終了。 このため「はくたか」の481系・485系は489系に置き換えられる。 (昭和54年)4月20日:「はくたか」が2往復に増発。 (昭和57年)11月15日:開業に伴い上野駅 - 長岡駅間が廃止され、残り区間を「」に統合され、「はくたか」が廃止される。 JR・北越急行時代 [ ] 489系「懐かしのはくたか号」旧ヘッドマーク(2007年9月15日 )• (9年):北越急行ほくほく線の開業により、上越新幹線に接続する特急列車として、福井駅・金沢駅・和倉温泉駅 - 越後湯沢駅間で「はくたか」10往復が運転開始。 (平成14年):ダイヤ改正により、次のように変更。 「はくたか」が1往復増発され、11往復になる。 JR西日本の485系の定期運用が終了し、485系の定期運用はJR東日本の1往復のみになる。 (平成16年) - :の影響により運休。 (平成17年):ダイヤ改正より、次のように変更。 これにより、JR東日本の485系の定期運用が終了。 「はくたか」が1往復増発され、12往復になる。 (平成19年)・:上越新幹線開業25周年を記念して、また同年に発生したによる復興キャンペーンの一環により、金沢駅 - 上野駅間(長岡駅経由)でが実施される。 当初はで信越線が不通になっている影響でほくほく線経由での運転も計画されていたが、運転の2日前に復旧したため、予定どおり長岡駅経由で運転された。 使用車両はJR西日本の489系で、上野寄りは旧絵入り、長岡寄りが文字ヘッドマークと、前後で異なるヘッドマークを掲出し運転。 (平成21年)• 3月14日:ダイヤ改正で「はくたか」が1往復増発され13往復になる。 ただし、5月31日までは増発の1往復(13・16号)は多客時のみの臨時列車として運転された。 6月1日:増発の1往復(13・16号)の定期列車化。 全車両が禁煙となる。 (平成26年):車内販売について、北陸トラベルサービス乗車分がに引き継がれる。 (平成27年):翌日の長野駅 - 金沢駅間開業に伴い、同日の運転をもって特急「はくたか」廃止。 列車名は東京駅・長野駅 - 金沢駅間を運転する北陸新幹線の列車(停車タイプ)に引き継がれ、車両は・ - 金沢駅間の「」に転用された。 同日の下り・上りの各最終列車となる「はくたか25・26号」は8000番台統一の9両編成が充当された。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 長野経由で東京と北陸を結ぶ特急列車は1954年から同一経路を運行していた急行列車「」を1972年に同名の特急列車に格上げする形で再登場している。 なお、金沢駅 - 和倉温泉駅間は特急「」、金沢駅 - 福井駅間は特急「」で代替された。 4号車は普通車指定席になる場合がある。 「北越」の一部列車と大阪駅 - 新潟駅間「」の一部列車が含まれる。 も含めると、の「」も開業後この速度に並んでいる。 なお同区間を走行していた特急「北越」は・に停車している。 後述の臨時代走では最高速度を制限している。 「しらさぎ」の運用に合わせるため、福井・金沢寄りだった1号車(グリーン車)を和倉温泉/越後湯沢寄りに変更した。 運用の関係で、1往復は月曜から木曜がJR西日本485系、金曜から日曜は北越急行681系が担当した• 運転開始当初は同一の編成が(「はくたか」)から(「みどり」)まで運用され、車両走行距離は相当に長いものとなった。 これにより481系は東日本地区から撤退した。 「はくたか」車両の「しらさぎ」転用に伴い、余剰となった(「しらさぎ」専用車両)は直流化改造を受けてに形式変更され、2015年(平成27年)10月31日から・から南紀方面の「」と北近畿方面の「」「」「」に転用された。 出典 [ ]• PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2015年1月30日 , 2015年1月30日閲覧。 プレスリリース , 西日本旅客鉄道, 2015年1月30日 , 2015年1月30日閲覧。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2014年12月19日 , 2014年12月19日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2014年12月19日 , の2014年12月20日時点におけるアーカイブ。 , 2014年12月19日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2014年12月19日 , 2014年12月19日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2014年12月19日 , の2014年12月22日時点におけるアーカイブ。 , 2014年12月19日閲覧。 PDF プレスリリース , 西日本旅客鉄道, 2014年12月19日 , 2014年12月19日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2014年12月19日 , 2014年12月19日閲覧。 2015年12月18日. 2015年12月18日閲覧。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2016年5月20日 2016年6月13日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2017年12月15日 , 2018年3月26日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2017年12月15日 , 2018年4月17日閲覧。 2019年5月31日閲覧。 プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2020年4月8日 , 2020年4月8日閲覧。 PDF プレスリリース , 2020年4月14日 , の2020年4月27日時点におけるアーカイブ。 , 2020年4月25日閲覧。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2020年4月27日 , の2020年4月27日時点におけるアーカイブ。 , 2020年4月27日閲覧。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2020年5月13日 , の2020年5月14日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月13日閲覧。 プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2020年5月13日 , 2020年5月13日閲覧。 , 2020年5月22日閲覧。 , 2014年8月31日閲覧。 鉄道ホビダス RMニュース. 2011年7月27日. 2015年2月4日閲覧。 鉄道ホビダス RMニュース ネコ・パブリッシング. 2011年6月24日. 2015年2月4日閲覧。 鉄道ニュース. 2010年1月28日. 2014年10月30日閲覧。 『』第33巻第2号、、1999年2月、 92頁。 、2007、「『懐かしの「はくたか」号』運転」、『鉄道ピクトリアル』57巻12号(797)、電気車研究会 pp. PDF プレスリリース , , 2008年12月19日 , 2014年8月31日閲覧。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2009年3月26日 , 2014年8月31日閲覧。 プレスリリース , 西日本旅客鉄道, 2014年2月20日 , 2014年8月31日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2014年8月27日 , の2014年8月27日時点におけるアーカイブ。 , 2014年8月27日閲覧。 2011年7月5日. 2013年12月20日閲覧。 2013年12月13日. 2013年12月20日閲覧。 - 北越急行• 日本語 PDF プレスリリース , , 2016年4月15日 , の2016年5月6日時点におけるアーカイブ。 , 2016年5月10日閲覧。 板鼻幸雄 2016年4月25日. (新潟地方版). の2016年5月6日時点におけるアーカイブ。 2016年5月10日閲覧。 参考文献 [ ] 書籍 [ ]• 寺本光照『国鉄・JR列車名大事典』中央書院、2001年7月。。 『JR気動車客車編成表 '05年版』ジェー・アール・アール、、2005年7月。。 ・『日本鉄道旅行歴史地図帳 -全線・全駅・全優等列車- 6号・北信越』日本鉄道旅行地図帳編集部、、2010年10月。。 三宅俊彦・寺本光照『時刻表に見る〈国鉄・JR〉列車編成史』、2011年9月、109頁。。 雑誌記事 [ ]• 鶴通孝「681系電車特急はくたか発車! 」『』第368号、鉄道ジャーナル社、1997年6月、 42-51頁。 「北越急行開業の経緯と沿線」『鉄道ジャーナル』第368号、鉄道ジャーナル社、1997年6月、 54-57頁。 鶴通孝・「在来線高速化をリードする北越急行のチャレンジ」『鉄道ジャーナル』第428号、鉄道ジャーナル社、2002年6月、 20-33頁。 鶴通孝「在来線最速特急の誇り」『鉄道ジャーナル』第557号、鉄道ジャーナル社、2013年3月、 18-33頁。 『JR時刻表』、、2012年3月。 外部リンク [ ]• 東日本旅客鉄道• - 車両図鑑• - 新幹線車内設備のご案内• 西日本旅客鉄道•

次の

北陸新幹線に「喫煙ルーム」がない! 全面禁煙の理由があった

はくたか

それもそのはずで、12号車はグランクラスなのです。 さしずめ地上を走るファーストクラスのようで、ゴージャスなオーラを発しています。 北陸新幹線にもあったグランクラスとは 北陸新幹線にも、グランクラスが連結されています。 グランクラスとは、グリーン車のひとつ上のクラスのことで、ゴージャスな内装とアテンダント付きで、多分に飛行機のファーストクラスを意識した仕様となっています。 北陸新幹線のグランクラスとは、「かがやき」と「はくたか」にみられるアッパークラスであり、軽食・ドリンク付きで優遇されています。 毛布・スリッパ・アイマスクの貸し出し、電動リクライニングやLEDの読書灯と、エグゼクティブ級の待遇です。 北陸新幹線のグランクラスとは、A・Bの別がありAが新幹線の最高ランクとなります。 ちなみに、車内販売の立ち入りはなく、一部の「はくたか」ではアテンダントサービスはありません。 もっとも2〜3駅スキップしても、所要時間が劇的に短くなるわけではありません。 北陸新幹線はくたかの停車駅は多いので、東京-金沢間は3時間あまりかかり、かがやきより30分以上長くかかる計算です。 はくたかの運転間隔は、1時間あたり1本見当です。 列車によっては、本庄早稲田・熊谷・安中榛名を通過するケースもあります。 北陸新幹線つるぎの停車駅 JR北陸新幹線 つるぎの停車駅は、富山-金沢間の都合3駅です。 北陸新幹線の本線上を走りますが、ミニ新幹線のような趣です。 北陸新幹線つるぎの停車駅はごく少ないのもので、営業キロもわずか58. 6kmです。 通しで乗っても、所要時間は22〜23分の小さな旅です。 「かがやき」に乗れば所要時間が2時間34分とちょっと早く着きますが、特急券が6980円になり、合計で14320円となります。 普通自由:13600円 普通指定:14320円 グリーン車:18750円 グランクラス:26970円 また、途中の各駅〜各駅間の場合、選択によってそれぞれ金額が違うので、オフィシャルページで検索したほうがよいでしょう= 北陸新幹線の運行状況 JR北陸新幹線の路線は、世界的な豪雪地帯を通り抜けます。 当然、気になるのが、その運行状況です。 ただ、これまでの実績で見ると、「 北陸新幹線は雪に強い」といわれ、インターネット上では「 北陸新幹線最強説」もつぶやかれるほどです。 2018年2月4日から積もりだした大雪の時も、JR北陸本線の福井~金沢間、旧北陸本線を営業するIRいしかわ鉄道線、あいの風とやま鉄道線などが相次いで運休を余儀なくされましたが、北陸新幹線は、「一部区間で徐行運転」「金沢~富山間の『つるぎ』」2本が運休」をのぞき、大きな遅れは発生していない」という実績を残しました。 北陸新幹線が雪に強い理由 これは、「も ともと豪雪地帯に建設したので、あらかじめ雪に強い設計になっている」からです。 具体的には、トンネルが多いということ。 トンネル比率はなんと全体の44%もあります。 しかもそのトンネルとトンネルのあいだもスノーシェルターでガードされているので、そもそも線路に雪が積もりにくいのです。 なお、リアルタイムの運行状況はこちらでチェックできます= 北陸新幹線の予約 北陸新幹線のネット予約 北陸新幹線は、 ネット予約を利用すれば、みどりの窓口で長蛇の列に並ぶ必要はありません。 ネット予約は、自宅でパソコン上からが基本ですが、 公式アプリをダウンロードすればスマホでも利用できます。 北陸新幹線の席を、ネット予約をするには、 JR東日本の「えきねっと」が役に立ちます。 ホームページで空席状況をチェックしてから、 「トクだ値」で席を確保すれば料金がポイント付きで料金が10%オフになります。 さらに、ボーナスポイントが付くキャンペーンも要注目です。 JR西日本では以前、電話で受け付けをしていたようですが、2017年にサービスを停止しています。 JR日本には、電話予約サービスがありますが、「トクトクきっぷ」の購入には使えません。 トクトクきっぷは、北陸新幹線の北陸エリアでも利用可能ですが、きっぷの購入はインターネットか、みどりの窓口に限定されています。 ちなみに、JR九州で、新幹線の席を電話予約する方法もあり、インターネットの代わりの方法として重宝がられているようです。 ただし、JR九州を発着する新幹線限定のサービスなので、北陸新幹線は対象外となります。 スポンサーリンク 北陸新幹線を割引で予約 北陸新幹線は、ネット予約をすれば料金が割引になることが知られています。 具体的には、 JR東日本の「えきねっと」、 JR西日本の「e5489」のホームページで、割引料金で予約できる仕組みが設定されています。 JR東日本「えきねっと」のホームページで、「トクだ値」サービスで予約すれば、北陸新幹線も10%オフの割引料金になり、お得なこども価格もあります。 きっぷの受け取りはJR東日本の主な駅はもちろん、北陸エリアの主要駅でもできます。 JR西日本「e5489」でも、北陸新幹線の予約でWEB早割など各種割引があります。 ただし利用は、年会費1080円のJ-WESTネット会員限定です。 きっぷの受け取りはJR西日本はもちろん、東京都内の主要駅でもできます。 北陸新幹線の空席確認はネット経由が簡単 北陸新幹線で空席があるかは、JRの「サイバーステーション」のホームページで、空席確認が一発でできます。 検索は全国の新幹線が対象となっていて、当日分〜1ヶ月先の情報に無料でアクセスできる仕組みです。 北陸新幹線については、JR東日本の「えきねっと」を使っても、1ヶ月先までの空席確認ができます。 お得な「トクだ値」ではさらに、割引料金の対象となる分の空席確認までもできてしまいます。 JR西日本の「e5489」でも、北陸新幹線の空席確認ができます。 このe5489は、調べた区間の料金も同時に検索することができますが、年会費1080円のJ-WEST会員限定のサービスです。 J-WEST会員はさらに、会員価格での検索ができるのもメリットにあげられます。 北陸新幹線の予約、座席表を見て荷物置き場を確保 北陸新幹線に乗車する際、荷物が多くなりそうだと予想されるなら、座席表をみて荷物置き場がある車両を選ぶのがおすすめです。 海外観光客の姿も多くなり、冬はスキー客でにぎわう車内は、荷物置き場は必須の設備といえます。 北陸新幹線の荷物置き場は、座席表をみると、E7系・W7系の車両で、偶数号車・11号車のデッキスペースに設置されていることが見て取れます。 以前と比較すれば、マイナーチェンジで順次拡張されたこともわかります。 北陸新幹線の座席表で、荷物置き場の場所を確認したら、早い者勝ちでスペースを確保することが先決です。 大型スーツケースなら約6コ分、スキー板を固定するベルト付きの雪国仕様も二重丸です。 北陸新幹線の未開通ルートの停車駅予想 北陸新幹線の金沢〜新大阪間は、敦賀を経由するルートでほぼ決まりとなったようです。 ルート決定後、停車駅は必然的に大方が予想した線で本決まりとなりそうです。 北陸新幹線の金沢以西の停車駅は、小松・加賀温泉・芦原温泉・福井などと予想されています。 福井〜敦賀間はさらに、新駅(仮称・南越)ができるとの予想もあります。 北陸新幹線には「かがやき」と「はくたか」があります。 「はくたか」は全駅に停車しますが、「かがやき」の停車駅は限定されます。 小松駅は空港への連絡に便利なので「かがやき」の停車駅となる可能性大で、福井・敦賀は主要駅なのでやはり停車駅になると目されます。 北陸新幹線の京都市内のルートはどうなる? 北陸新幹線の金沢〜新大阪の計画ルートは、大きく3通りの案でかなりもめていたようです。 どのプランを採用するにしても、京都市内を通ることは確実なのですが、京都の景観に影響が出かねないことから、一大関心事となっています。 北陸新幹線の新ルートは、敦賀を通って京都市内を経由する案でほぼ確定の状況です。 舞鶴や小浜を経由する案は地元からラブコールが送られていたのですが、不採用という結果に終わっています。 北陸新幹線のルートが確定した暁には、京都市内をどう通すかが大問題になりますが、問題は山積みです。 京都市内では堀川通の地下を通す案が有力視されていますが、比叡山にトンネルを掘ってう回する案を推す声もあります。

次の

はくたか

はくたか

全面禁煙の理由は3つ 北陸新幹線ではE7系とW7系が使用されている。 いずれも列車内が全面禁煙となっている。 理由として考えられる内容は以下の3つになる。 管轄しているのがJR東海、JR西日本、JR九州である。 一方の全面禁煙となっている東北・上越新幹線はJR東日本、北海道新幹線はJR北海道である。 会社ごとに違うが、北陸新幹線の上越妙高駅以西はJR西日本である。 それでも禁煙となっている理由としては、上の3つが考えられる。 受動喫煙防止と禁煙の推進 北陸新幹線のタバコに厳しい事情として、受動喫煙や社会的な禁煙への流れがあげられる。 受動喫煙のリスク• 臭いの問題• 世間の禁煙への圧力 喫煙ルームが設置されているからといって、扉の隙間からは一般の空間へタバコの煙が多少は流れてしまうことが避けられない。 タバコの煙が存在するだけでも受動喫煙になってしまう。 もともと吸わない人にとっては迷惑な話だろう。 次に臭いの問題もある。 喫煙ルームでタバコを吸った人が座席に戻ってくると、周辺にはタバコのにおいが広がる。 これもタバコとは縁がない人は嫌がる。 さらに、社会的な禁煙への流れも背景にある。 世の中では「禁煙=当たり前」という風潮になっている。 公共交通機関である新幹線においても全面禁煙が好ましいと考える人は結構多い。 禁煙を推進する世間の流れに応えるためにも、JR東日本が主体となっている北陸新幹線に喫煙ルームがない理由と考えられる。 >> JR西日本の区間もあるとはいえ、距離で見ればJR東日本の方が長い。 しかも、先に開通した東京~長野(旧長野新幹線)もあることで、喫煙ルームの有無もJR東日本に合わせたものとも思われる。 片道の所要時間が2時間30分が上限 喫煙ルームが設置されている東海道・山陽・九州新幹線は片道の所要時間がかなり長くなる区間が存在する。 東京~博多:およそ5時間• 新大阪~鹿児島中央:およそ4時間• 東京~金沢:およそ2時間半 東京~新大阪なら2時間30分程度だが、東京~博多間になると5時間にもなる。 この間ずっとタバコ無しで過ごすのは喫煙者にとってはかなりつらい。 新大阪~鹿児島中央間においても約4時間前後かかる。 これもまた長時間新幹線に乗っていなければならない。 愛煙家がタバコゼロで過ごすにはつらい。 >> 一方の北陸新幹線は東京~金沢で2時間30分(かがやき号の場合)が所要時間である。 この間はタバコ無しでも過ごせないことはないレベルと判断できる。 起点から終点までの所要時間がかなり長いということがないのも、喫煙ルームが設置されなかった理由と考えられる。

次の