クラッシュ バンディクー。 ココ・バンディクーとは (ココバンディクーとは) [単語記事]

クラッシュ・バンディクーシリーズ

クラッシュ バンディクー

概要 [ ] 過去にが開発し、ソニー・コンピュータエンタテインメント(現在はソニー・インタラクティブエンタテインメント)が用ソフトとして発売していた、『(以下:クラッシュ1)』、『(以下:クラッシュ2)』、『(以下:クラッシュ3)』の3タイトルの海外版をひとつに収録している。 開発に使用されていたオリジナルコードが現在では利用できないため、キャラクターやステージのモデリングを作り直し、さらにはゲームシステムにも調整がなされており、リマスターというよりはリメイクに近いものとなっている。 開発者であるダン・タングィ Dan Tanguay は「オリジナル版が皆様の大きな愛を受けているのはわかっている、だから当時のままにしておきたいこともあったんだ。 2018年3月9日の『Nintendo Direct(ニンテンドーダイレクト)』で、版が2018年内の予定で発売されることが発表された。 その他、版と版も発売された。 ただし、Steam版は2018年4月現在日本語はサポートされていない。 また、2018年8月2日には強化版である『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり! ボーナスエディション』が発売された。 2019年2月、は2018年終了時点で、本作のワールドワイドでのセールスが1000万本を突破したと報告。 ゲーム内容 [ ] 各ステージをクリアし、次のエリアに進んでいくステージ制のアクションゲーム。 敵に触れたり、穴に落ちると残機が減少していき、残機が0の状態でミスをするとゲームオーバーとなる。 残機は、ステージ中に落ちているクラッシュの顔プレートを入手するか、リンゴを100個入手すると数を増やせる。 基本的に一回ミスをすると残機が減少していくが、を連れているときはアクアクの取得枚数分 取得枚数は最大で2枚 身代わりとなり、攻撃から守ってくれる。 アクアクを2枚もった状態でアクアクを取得すると一定時間無敵となり、敵の攻撃やトラップなどを一切受け付けなくなり、移動速度も速くなる。 『クラッシュ1』で行うアクションは、敵を攻撃するスピンアタックとジャンプのみであり、後作に比べるとゲームスピードが遅めとなっている。 『クラッシュ2』、『クラッシュ3』ではスライディングなどのアクションが追加されゲームスピードが増している。 『クラッシュ1』ではステージをクリアすれば次に進めるが、『クラッシュ2』、『クラッシュ3』ではステージ内にあるパワーストーンを入手してステージをクリアしなければ、ステージクリアとみなされない。 ステージ内にある箱を全て壊してクリアしたり、特殊な条件を満たしたりすることでダイヤが入手できる。 ダイヤを全て入手できれば、真のエンディングに到達となる。 一部のステージを除き、一度クリアしたステージを再度訪れると、タイムアタックに挑戦することができる。 クリアタイムに応じて、サファイヤ、ゴールド、プラチナのいずれかのレリックを入手できる。 過去作との変更点 [ ] この項目の出典 シリーズ全体 [ ] キャラクターデザインや演出に変更を加えられているものがあるが、ほとんどはオリジナル版を忠実に再現している。 主な変更点としては、• すべての作品でオートセーブと手動セーブに対応。 『クラッシュ3』のみ対応していたタイムアタックが全作品に実装。 プレイアブルキャラとして、ココ・バンディクーが登場。 一部のステージを除き、ココでのステージ攻略が可能となった。 などが挙げられる。 クラッシュ・バンディクー [ ] 後作のシステムを基にリマスターされているため、オリジナル版からの変更点が最も多い。 ボーナスステージ [ ] オリジナル版でのボーナスステージでは、クリアすると進行をセーブするセーブポイントの役割を担っていた。 オリジナル版では、一度ボーナスステージをクリアした状態で再度同じステージに挑戦しても、ボーナスステージに進むためのキーアイテムが再配置されず、同じコースには二度と挑戦することできなかった。 本作品ではボーナスステージのセーブ機能は失われ『クラッシュ2』、『クラッシュ3』と同じく何度でも挑戦可能となった。 また、オリジナル版では、ボーナスステージ内でミスすると、再度ボーナスステージに挑戦するために、ステージをやり直し再びキーアイテムを集める必要があったが、本作品ではミスをしてもすぐにリトライが可能となった。 パーフェクトダイヤ [ ] オリジナル版ではステージ中一度でもミスをすると、たとえ箱を全部壊したとしてもダイヤを入手することはできなかった。 本作ではステージ中にミスをしても、箱を全部壊してステージをクリアすればダイヤが入手可能となった。 ただし、カラーダイヤを入手するステージでは、オリジナル版と同じように一度もミスせず、箱を全部壊してステージをクリアしなければダイヤを手に入れることはできない ボーナスチャレンジでミスをしてもライフは減らないので例外である。 上記のボーナスステージの仕様の変更により、ボーナスステージの箱もダイヤの条件に含まれることになった。 操作 [ ] オリジナル版では、アナログスティックに対応していなかったが、本作品では十字キー、アナログスティック両方での操作が可能となった。 追加ステージ [ ] オリジナル版で製品にコードが残っていたものの、没ステージとなっていた"Stormy Ascent"がダウンロードコンテンツとして販売が決定。 海外では期間限定で無料配信され、日本国内でも8月3日から9月3日まで「あらしのこじょう」というタイトルで無料配信された。 『ボーナスエディション』には最初からこのステージ収録されているほか、すでに本作を購入したユーザー向けに無料ダウンロードが行われる。 その他 [ ]• パプパプの体力が3から5に増えている。 なお日本語版では当時も体力が5に設定されていたため、日本語版のユーザーから見たら体力はそのままとなっている。 「えんばんいわのはて」での最初のブリオのフェイス・トークンの場所が、オリジナル版ではシマ箱の中に入っていた 10回頭突きで壊れたときに入手可能 が、シマ箱の上に? 箱が追加され、? 箱の中に変更された。 クラッシュ・バンディクー2 コルテックスの逆襲! [ ]• コルテックスを撃破すると、通常の移動よりも早く移動できるスピードシューズを入手できる。 オリジナル版では、『クラッシュ3』にのみ導入されていたアクションである。 オリジナル版では、ボスと再戦するときに、特定のボタンを押しながらエレベーターで移動する必要があった。 本作では、ワープルームにボス専用のゲートが設置された。 「ツルピカのゆきやま」の赤ダイヤの位置が変更。 これによりオリジナル版での正規ルートを無視した、力技での入手が不可能となった。 秘密のワープルームがジャングルルームの更に下の階に配置された。 このため、秘密のワープルームを一度でも発見さえすれば以降、通常のワープルームから簡単にアクセスが可能。 クラッシュ・バンディクー3 ブッとび! 世界一周 [ ]• 隠しステージ「はっけん!たんけんベイビーT」ではオリジナル版ではタイムアタックモードでも進路上にリンゴが残ったままだったが、本作では廃止になった。 伝説の巨人作業員は、日本版では奇形児を連想させるということもあり頭が1つだったが、本作では海外版をベースにしているため、日本版でも頭が2つになった。 『ボーナスエディション』に、『クラッシュ1』の没ステージ「滝のレベル」に『クラッシュ3』の「未来ステージ」の要素を合わせた「きんみらいステージ」が収録されている。 日本語版ローカライズ [ ]• 日本語での吹き替え音声が収録されており、エヌ・ジン以外の声優は当時と同じ配役である。 当時の日本語版でクラッシュがいくつか日本語でキメゼリフを話していたのは日本向けの調整の一つであり、後述の理由により本作ではクラッシュ本人に吹き替え音声は存在しない。 『クラッシュ3』のタイトルコールは当時のものをそのまま使用しているため、例外的にここでのみ吹き替え音声が存在する。 日本での販売は『』以来、ソニーとなっているが、本作のローカライズは『』のように、アクティビジョンが行っており、難易度の簡易化やおまけムービー等の当時の日本向けに行われていた調整は再現されていない。 その一方、販売元であるソニーの意向により、日本版のパッケージイラストは当時のデザインに近いものが採用されている。 Switch版はセガが販売を担当。 オリジナル版では、タイムアタックで入手できる宝石の名前が「トロフィー」となっていたが、本作では「レリック」となっている。 オリジナル版では、難易度の簡易化のため、1の「あらしのこじょう」と「ゆうやけのはいきょ」のステージを入れ替えていた。 本作ではステージの入れ替えはなされてはいないが、ステージ名は当時の日本語版と同じである。 そのためステージ名とステージの内容がちぐはぐになっている。 テキストやキャラクターのセリフにいくつかミスが見られる。 ゲーム起動時のオートセーブの注意書きで「ブッとび3段もり! 」と表記すべきところが「ブッとび3もり」に誤記されていたり、1の「えんばんいわの ジャングル」でのロード画面でのヒントで「TNT箱」と表記すべきところを「ニトロ箱」と誤って表記されている。 また、2でのコルテックスによるパワーストーンの説明で、アイテムを飾る窪みはオリジナル版では入り口の上部、本作では入り口の左側に設置されているにも関わらず、本作ではオリジナル版のセリフのままになっており改変されていない。 同様に3のアクアクが話すイベントシーンで、本作では使用しない「セーブ・ロードスクリーン」の説明を行っており、そちらも本作用のセリフに改変されておらず、オリジナル版のままである。 ボーナス・エディションの追加に伴い、一部のキャラの台詞も追加されている。 (タイニーの「パワーストーン持ってる」の前に「クラッシュ、ココ」の台詞、ディンゴがやられた際の台詞「俺っちの負けだよ…でも、気ぃつけな。 この先は厳しいからよ…」が追加前は削除されていたが、追加後に復活した等) 出典 [ ]• ソニー・インタラクティブエンタテインメント. 2017年6月10日閲覧。 PlayStation. Blog. ソニー・インタラクティブエンタテインメント 2017年6月6日. 2017年6月10日閲覧。 PlayStation(Youtube) 2017年5月26日. 2017年6月10日閲覧。 『』2018年2月1・8日合併号、、2018年、6頁。 PlayStation. Blog. Sony Interactive Entertainment 2016年12月3日. 2017年6月10日閲覧。 2018年3月9日 2018年3月9日閲覧。 2018年3月8日 2018年3月9日閲覧。 (Xboxホームページ 2018年3月30日閲覧。 Steam日本語版 2018年4月14日閲覧• : 2017年7月31日 閲覧 : 2017年8月3日 閲覧• PlayStation. Blog. ソニー・インタラクティブエンタテインメント 2017年8月4日. 2017年8月4日閲覧。 Minoru Umise 2017年7月21日. Automaton. 2017年7月25日閲覧。 Ono 2017年8月3日. 2017年8月4日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

ココ・バンディクーとは (ココバンディクーとは) [単語記事]

クラッシュ バンディクー

概要 [ ] 過去にが開発し、ソニー・コンピュータエンタテインメント(現在はソニー・インタラクティブエンタテインメント)が用ソフトとして発売していた、『(以下:クラッシュ1)』、『(以下:クラッシュ2)』、『(以下:クラッシュ3)』の3タイトルの海外版をひとつに収録している。 開発に使用されていたオリジナルコードが現在では利用できないため、キャラクターやステージのモデリングを作り直し、さらにはゲームシステムにも調整がなされており、リマスターというよりはリメイクに近いものとなっている。 開発者であるダン・タングィ Dan Tanguay は「オリジナル版が皆様の大きな愛を受けているのはわかっている、だから当時のままにしておきたいこともあったんだ。 2018年3月9日の『Nintendo Direct(ニンテンドーダイレクト)』で、版が2018年内の予定で発売されることが発表された。 その他、版と版も発売された。 ただし、Steam版は2018年4月現在日本語はサポートされていない。 また、2018年8月2日には強化版である『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり! ボーナスエディション』が発売された。 2019年2月、は2018年終了時点で、本作のワールドワイドでのセールスが1000万本を突破したと報告。 ゲーム内容 [ ] 各ステージをクリアし、次のエリアに進んでいくステージ制のアクションゲーム。 敵に触れたり、穴に落ちると残機が減少していき、残機が0の状態でミスをするとゲームオーバーとなる。 残機は、ステージ中に落ちているクラッシュの顔プレートを入手するか、リンゴを100個入手すると数を増やせる。 基本的に一回ミスをすると残機が減少していくが、を連れているときはアクアクの取得枚数分 取得枚数は最大で2枚 身代わりとなり、攻撃から守ってくれる。 アクアクを2枚もった状態でアクアクを取得すると一定時間無敵となり、敵の攻撃やトラップなどを一切受け付けなくなり、移動速度も速くなる。 『クラッシュ1』で行うアクションは、敵を攻撃するスピンアタックとジャンプのみであり、後作に比べるとゲームスピードが遅めとなっている。 『クラッシュ2』、『クラッシュ3』ではスライディングなどのアクションが追加されゲームスピードが増している。 『クラッシュ1』ではステージをクリアすれば次に進めるが、『クラッシュ2』、『クラッシュ3』ではステージ内にあるパワーストーンを入手してステージをクリアしなければ、ステージクリアとみなされない。 ステージ内にある箱を全て壊してクリアしたり、特殊な条件を満たしたりすることでダイヤが入手できる。 ダイヤを全て入手できれば、真のエンディングに到達となる。 一部のステージを除き、一度クリアしたステージを再度訪れると、タイムアタックに挑戦することができる。 クリアタイムに応じて、サファイヤ、ゴールド、プラチナのいずれかのレリックを入手できる。 過去作との変更点 [ ] この項目の出典 シリーズ全体 [ ] キャラクターデザインや演出に変更を加えられているものがあるが、ほとんどはオリジナル版を忠実に再現している。 主な変更点としては、• すべての作品でオートセーブと手動セーブに対応。 『クラッシュ3』のみ対応していたタイムアタックが全作品に実装。 プレイアブルキャラとして、ココ・バンディクーが登場。 一部のステージを除き、ココでのステージ攻略が可能となった。 などが挙げられる。 クラッシュ・バンディクー [ ] 後作のシステムを基にリマスターされているため、オリジナル版からの変更点が最も多い。 ボーナスステージ [ ] オリジナル版でのボーナスステージでは、クリアすると進行をセーブするセーブポイントの役割を担っていた。 オリジナル版では、一度ボーナスステージをクリアした状態で再度同じステージに挑戦しても、ボーナスステージに進むためのキーアイテムが再配置されず、同じコースには二度と挑戦することできなかった。 本作品ではボーナスステージのセーブ機能は失われ『クラッシュ2』、『クラッシュ3』と同じく何度でも挑戦可能となった。 また、オリジナル版では、ボーナスステージ内でミスすると、再度ボーナスステージに挑戦するために、ステージをやり直し再びキーアイテムを集める必要があったが、本作品ではミスをしてもすぐにリトライが可能となった。 パーフェクトダイヤ [ ] オリジナル版ではステージ中一度でもミスをすると、たとえ箱を全部壊したとしてもダイヤを入手することはできなかった。 本作ではステージ中にミスをしても、箱を全部壊してステージをクリアすればダイヤが入手可能となった。 ただし、カラーダイヤを入手するステージでは、オリジナル版と同じように一度もミスせず、箱を全部壊してステージをクリアしなければダイヤを手に入れることはできない ボーナスチャレンジでミスをしてもライフは減らないので例外である。 上記のボーナスステージの仕様の変更により、ボーナスステージの箱もダイヤの条件に含まれることになった。 操作 [ ] オリジナル版では、アナログスティックに対応していなかったが、本作品では十字キー、アナログスティック両方での操作が可能となった。 追加ステージ [ ] オリジナル版で製品にコードが残っていたものの、没ステージとなっていた"Stormy Ascent"がダウンロードコンテンツとして販売が決定。 海外では期間限定で無料配信され、日本国内でも8月3日から9月3日まで「あらしのこじょう」というタイトルで無料配信された。 『ボーナスエディション』には最初からこのステージ収録されているほか、すでに本作を購入したユーザー向けに無料ダウンロードが行われる。 その他 [ ]• パプパプの体力が3から5に増えている。 なお日本語版では当時も体力が5に設定されていたため、日本語版のユーザーから見たら体力はそのままとなっている。 「えんばんいわのはて」での最初のブリオのフェイス・トークンの場所が、オリジナル版ではシマ箱の中に入っていた 10回頭突きで壊れたときに入手可能 が、シマ箱の上に? 箱が追加され、? 箱の中に変更された。 クラッシュ・バンディクー2 コルテックスの逆襲! [ ]• コルテックスを撃破すると、通常の移動よりも早く移動できるスピードシューズを入手できる。 オリジナル版では、『クラッシュ3』にのみ導入されていたアクションである。 オリジナル版では、ボスと再戦するときに、特定のボタンを押しながらエレベーターで移動する必要があった。 本作では、ワープルームにボス専用のゲートが設置された。 「ツルピカのゆきやま」の赤ダイヤの位置が変更。 これによりオリジナル版での正規ルートを無視した、力技での入手が不可能となった。 秘密のワープルームがジャングルルームの更に下の階に配置された。 このため、秘密のワープルームを一度でも発見さえすれば以降、通常のワープルームから簡単にアクセスが可能。 クラッシュ・バンディクー3 ブッとび! 世界一周 [ ]• 隠しステージ「はっけん!たんけんベイビーT」ではオリジナル版ではタイムアタックモードでも進路上にリンゴが残ったままだったが、本作では廃止になった。 伝説の巨人作業員は、日本版では奇形児を連想させるということもあり頭が1つだったが、本作では海外版をベースにしているため、日本版でも頭が2つになった。 『ボーナスエディション』に、『クラッシュ1』の没ステージ「滝のレベル」に『クラッシュ3』の「未来ステージ」の要素を合わせた「きんみらいステージ」が収録されている。 日本語版ローカライズ [ ]• 日本語での吹き替え音声が収録されており、エヌ・ジン以外の声優は当時と同じ配役である。 当時の日本語版でクラッシュがいくつか日本語でキメゼリフを話していたのは日本向けの調整の一つであり、後述の理由により本作ではクラッシュ本人に吹き替え音声は存在しない。 『クラッシュ3』のタイトルコールは当時のものをそのまま使用しているため、例外的にここでのみ吹き替え音声が存在する。 日本での販売は『』以来、ソニーとなっているが、本作のローカライズは『』のように、アクティビジョンが行っており、難易度の簡易化やおまけムービー等の当時の日本向けに行われていた調整は再現されていない。 その一方、販売元であるソニーの意向により、日本版のパッケージイラストは当時のデザインに近いものが採用されている。 Switch版はセガが販売を担当。 オリジナル版では、タイムアタックで入手できる宝石の名前が「トロフィー」となっていたが、本作では「レリック」となっている。 オリジナル版では、難易度の簡易化のため、1の「あらしのこじょう」と「ゆうやけのはいきょ」のステージを入れ替えていた。 本作ではステージの入れ替えはなされてはいないが、ステージ名は当時の日本語版と同じである。 そのためステージ名とステージの内容がちぐはぐになっている。 テキストやキャラクターのセリフにいくつかミスが見られる。 ゲーム起動時のオートセーブの注意書きで「ブッとび3段もり! 」と表記すべきところが「ブッとび3もり」に誤記されていたり、1の「えんばんいわの ジャングル」でのロード画面でのヒントで「TNT箱」と表記すべきところを「ニトロ箱」と誤って表記されている。 また、2でのコルテックスによるパワーストーンの説明で、アイテムを飾る窪みはオリジナル版では入り口の上部、本作では入り口の左側に設置されているにも関わらず、本作ではオリジナル版のセリフのままになっており改変されていない。 同様に3のアクアクが話すイベントシーンで、本作では使用しない「セーブ・ロードスクリーン」の説明を行っており、そちらも本作用のセリフに改変されておらず、オリジナル版のままである。 ボーナス・エディションの追加に伴い、一部のキャラの台詞も追加されている。 (タイニーの「パワーストーン持ってる」の前に「クラッシュ、ココ」の台詞、ディンゴがやられた際の台詞「俺っちの負けだよ…でも、気ぃつけな。 この先は厳しいからよ…」が追加前は削除されていたが、追加後に復活した等) 出典 [ ]• ソニー・インタラクティブエンタテインメント. 2017年6月10日閲覧。 PlayStation. Blog. ソニー・インタラクティブエンタテインメント 2017年6月6日. 2017年6月10日閲覧。 PlayStation(Youtube) 2017年5月26日. 2017年6月10日閲覧。 『』2018年2月1・8日合併号、、2018年、6頁。 PlayStation. Blog. Sony Interactive Entertainment 2016年12月3日. 2017年6月10日閲覧。 2018年3月9日 2018年3月9日閲覧。 2018年3月8日 2018年3月9日閲覧。 (Xboxホームページ 2018年3月30日閲覧。 Steam日本語版 2018年4月14日閲覧• : 2017年7月31日 閲覧 : 2017年8月3日 閲覧• PlayStation. Blog. ソニー・インタラクティブエンタテインメント 2017年8月4日. 2017年8月4日閲覧。 Minoru Umise 2017年7月21日. Automaton. 2017年7月25日閲覧。 Ono 2017年8月3日. 2017年8月4日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

『クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース』がこの秋PS4®で発売決定。今回の旅は時空を超える!?

クラッシュ バンディクー

ココ・バンディクーとは、「 」のの一人である 概要 同の役である の。 称は「ちゃん」。 のにい姿がお染みで、ミミナンディトというのタスに生息しているがになっている。 はで、は「」、のことを「」「」などと呼んでいる。 大好きなものは の不思議、、、。 のを務めている。 とは大きく違い頭明晰で、を使いこなすほどの(2ではックス達ののに侵入し、に助言をしていた)。 にはまっており、4では「カ」や「足払い」を使う。 登場作品 は操作可な作品。 はとして登場する作品。 (:池澤 ) (:池澤 ) (:池澤 ) (:池澤 ) (: 英麻) (なし) (なし) 爆走! (: 英麻) (: 英麻) (なし) がっ(: ) (: 理沙) 2(なし) 友達と家族• 一緒に暮している:、、、、T• :ヤヤ・ 関連動画 関連コミュニティ 関連項目• -作品についてはこちら 関連リンク• -紹介。 とを掲載。

次の