広島 風 お好み焼き レシピ ためして ガッテン。 あさイチの広島焼きをホットプレートで作る方法。レシピを紹介。

広島風お好み焼きの焼き方 作り方 レシピ

広島 風 お好み焼き レシピ ためして ガッテン

ボウルに水を120cc入れ、特製のミックス粉1袋を入れてよく混ぜる。 生地は2~3枚分。 キャベツ半玉(約300g)を2~3mm幅の千切りに、もやしは水にさらしておき、青ねぎは小口切りにしておく。 焼そば麺はほぐれやすくするため袋に入った状態でもみほぐしておく。 ホットプレートを温め、薄く油をひく。 生地をお玉に約8分目ほどすくい、ホットプレートに全部落とす。 固まる前に中央から少しずつ広げて伸ばす。 (約20cm)• 具材を、かつお刻み節(半分)、キャベツ、天かす(半分)、いか天(半分)、青ねぎ、もやし、豚バラの順に重ねる。 お玉半分の生地を上から全体にかけてつなぎとし、2本のヘラを使ってひっくり返す。 ほぐした麺をお好み焼きの横に出し、そのまま温める。 6~7分キャベツを蒸らすようにするのがポイント。 このとき、生地を上から押さえるとキャベツの旨みが麺に染み込む。 たまごを1つ割ってお好み焼きの大きさに広げ、その上にお好み焼きをのせて、ひっくり返す。 お好みソースと青のりをかけ、お好みでオタフクお好みマヨネーズをかけたら完成。

次の

プロフェッショナル 広島風お好み焼き

広島 風 お好み焼き レシピ ためして ガッテン

ためしてガッテンのお好み焼きレシピがあるんだが、 本家ではなぜか見れなくなっている。 でもアーカイブがあったので、 そこから持ってきた。 材料(2枚分)生地 薄力粉 100グラム 牛乳 50ミリリットル 水 60ミリリットル 山芋(大和芋) 20グラム か粒だし 5グラム 具材キャベツ(粗くみじん切りにしたもの) 200グラム 卵 2個 豚バラ肉 6枚 作り方 薄力粉・牛乳・水・山芋(すりおろしたもの)・か粒だしを入混ぜる。 さらにキャベツ・タマゴを加えて混ぜる。 フライパンを強火で1分空焼き。 生地を流しこみ、豚バラ肉をのせる。 フタをし中火で3分焼く。 生地を裏返し、フタをし、中弱火で9分焼く。 山芋とか牛乳とかないことが多いので、 僕は粉100、 水100、 キャベツ200、 卵2、 と覚えておこう。 コツはキャベツを混ぜる時に空気を含ませるように混ぜる。 フライパンに流し入れたら2cm位の高さで、 丸く整え、 後はほったらかし。 生地押さえないことでキャベツと生地の間の空気で、 蒸し焼き状態にできる。

次の

ガッテン流お好み焼きレシピ|pip|note

広島 風 お好み焼き レシピ ためして ガッテン

その「グルテン」が、なぜおいしさのカギとなるといえるのか?答えは、その独特の性質にあります。 …というのも、とにかく強いのです!! 番組では、小麦粉と水をこねて作った生地から「グルテン」(右上画像)を取り出し、その性質を調べました。 この他の食材にはない「グルテン」の驚異の粘りと弾力。 これこそが、パンやパスタのもちもち感や、うどんのコシの源です。 小麦粉のグルテンをあえて弱めることで、美しい形状や食感を生み出しているお菓子があります。 そのひとつがカステラです。 そのうち古典的な方法が、新しい粉ではなく、「寝かした(長期間保管した)粉を使うこと」。 というのも、粉を寝かすことで、グルテンのもとになる物質の手にあたる部分が酸化され、グルテンができにくくなります。 その結果、「グルテン」が弱まり、生地の中の水分が膨みやすくなるというわけです(右下画像)。 さらに近年では、「粉を長期間、寝かす」のと同じような作用を短期間で生み出すための方法を製粉会社等が開発してきました。 それが粉の「熱処理」です。 ひきたての新しい粉を特殊な方法で加熱することで、寝かすよりも短い時間でグルテンを弱めることに成功したのです。 [材料]• 薄力粉 100~200g [作り方]• 強火にして2分半を目安に、焦げないように、かき混ぜながら炒める。 2分半より前でも焦げ始めたらすぐ火を止めてください)。 炒め終わったら、ボウルやバットに移し、あら熱をとる。 さらに、ザルで2回ふるったら「フライパン粉」のできあがり。 [材料](4枚分) A• フライパン粉 200g• ベーキングパウダー 8g B• 砂糖 50g• 卵 1個• 牛乳 150g• 溶かしバター 10g [作り方]• ボウルにBを全て入れ、砂糖が溶けるまで混ぜる。 1.のボウルに、Aをあわせてザルでふるい、全体の粉っぽさがなくなるまで混ぜる。 フライパンを強火で1分予熱。 そのあと、ぬれ布巾で1秒冷ましたら、すぐコンロに戻す。 中火にして、ボウルから、おたま1杯分をとり、10㎝ほどの高さから生地を 流し入れ、1分20~30秒ほど加熱する。 ひっくり返したら、フライ返しで生地の中央を軽く押す。 フタをして、弱火で2分、加熱したら、できあがり。 グルテンが弱まっているため、キャベツなどの具がつながらず、バラバラになってしまったのです。 そこで、本場・大坂でお好み焼き店を営む達人を訪ね、秘伝のワザを教えていただきました。 そのポイントは2つ。 小麦粉と同量の水をよく混ぜ、グルテンがしっかりしたもったりした生地を作る• 生地と具を混ぜるとき、空気をたくさん取り込めるよう縦方向の動きを取り入れる さらに、取り込んだ空気を逃さないよう焼くことも大事です。 これを意識するだけで、同じ材料でも、固いお好み焼きが、ふわっとした食感に変わりますよ。 [材料](1枚分) A• 水 35g• 卵 1個• 豚バラ肉 適量• 紅ショウガ 適量 (そのほか、あげ玉などはお好みで) [作り方]• A (薄力粉と水)をダマが残らないようによく混ぜる。 ボウルにキャベツ、紅ショウガ、1の生地、卵の順に入れる。 スプーンで、生地をなじませ、具の間に空気が取り込まれるように混ぜる。 できる人は「達人流チャーハン混ぜ」、難しければ「ガッテン流サクサクぐるり」の混ぜ方がおすすめです。 だから、1枚ずつ混ぜて焼いたほうがふわっとします。 フライパンを強火で1分予熱する。 中火にし、生地をやさしくフライパンへ流し入れる。

次の