奨学 金 返済 額 確認。 大学 ・ 返還例

奨学金についての質問です。

奨学 金 返済 額 確認

新型コロナウイルス感染症に係る影響により家計が急変した方に対する支援として、在学の方を対象とした奨学資金貸付申請の緊急募集(5月15日(金曜日)から6月4日(木曜日)まで)を行います。 奨学資金貸付制度 奨学資金貸付制度は、高等学校等に入学が決定し、または在学中で修学意欲が旺盛にもかかわらず、経済的な理由により修学が困難な人に対して、奨学資金(奨学金)を無利子で貸し付けることにより有能な人材を育成することを目的としています。 なお、貸し付けは草加市奨学資金貸付審査会で申請内容等を審査し、貸し付けの適否を決定した後実施します。 奨学資金貸付制度 学校種別等 学校種別等 貸付額(月額) 返済方法 対象者と主な要件 高等学校 高等専門学校 専修学校 国・公立 1万円 6か月据え置き 貸付期間の2倍の期間で均等割賦 進学(予定)者か在学者本人で下記の要件等を満たす人• 市内に1年以上居住している• 1都6県に居住で市区町村税を完納し、債務を保証できる所得のある連帯保証人が1人いる• 他に奨学金に相当する学資の貸し付けを受けていない 高等学校 高等専門学校 専修学校 私立 2万円 6か月据え置き 貸付期間の3倍の期間で均等割賦 進学(予定)者か在学者本人で下記の要件等を満たす人• 市内に1年以上居住している• 1都6県に居住で市区町村税を完納し、債務を保証できる所得のある連帯保証人が1人いる• 他に奨学金に相当する学資の貸し付けを受けていない 短期大学 大学 国・公立 1万5,000円 6か月据え置き 貸付期間の2倍の期間で均等割賦 進学(予定)者か在学者本人で下記の要件等を満たす人• 市内に1年以上居住している• 1都6県に居住で市区町村税を完納し、債務を保証できる所得のある連帯保証人が1人いる• 他に奨学金に相当する学資の貸し付けを受けていない 短期大学 大学 私立 3万円 6か月据え置き 貸付期間の3倍の期間で均等割賦 進学(予定)者か在学者本人で下記の要件等を満たす人• 市内に1年以上居住している• 1都6県に居住で市区町村税を完納し、債務を保証できる所得のある連帯保証人が1人いる• 他に奨学金に相当する学資の貸し付けを受けていない 注:貸付金は無利子です。 奨学資金貸付申請の受付期間• 緊急募集:令和2年(2020年)5月15日(金曜日)から令和2年(2020年)6月 4日(木曜日) 申請書等の配布 制度の詳細、申請書等の様式及びその記載例等を記載したしおりを、教育委員会総務企画課窓口(ぶぎん草加ビル(草加市高砂2-1-7)4階)及び各サービスセンター(新田・松原・谷塚)で配布。 下記の関連ファイルからもダウンロードできます。 申請受付 教育委員会総務企画課窓口にて 電話番号:048-922-2619 貸付の決定 申請後に開催される草加市奨学資金貸付審査会において申請内容等を審査し、貸付の適否を決定し、その適否を申請者及び連帯保証人宛てに、6月下旬ごろまでに通知します。 奨学資金貸付金の返済猶予 奨学資金の返済にお困りの人は、返済を猶予することができますので、ご希望される場合は、総務企画課(電話番号:048-922-2619)までご相談ください。 注:返済猶予が認められた場合でも、返済額が免除されるものではありませんので、返済猶予の終了後、猶予していた金額を返済する必要があります。 下記関連ファイルからご確認ください。

次の

奨学金の残りはいくら?日本学生支援機構の奨学金残高を確認する方法

奨学 金 返済 額 確認

ページ番号1006269 更新日 令和2年6月25日 公立高等学校等(専攻科を含む)に在学する生徒の保護者の皆様へ 岩手県教育委員会では、授業料以外の教育費の負担を軽減するため、 道 府県民税所得割及び市町村民税所得割が非課税の世帯(非課税に相当する世帯を含む)を対象に公立高等学校生徒等奨学給付金(高等学校等専攻科生徒奨学給付金)を給付します。 (返済は不要です。 ) 令和2年度公立高等学校生徒等奨学給付金及び令和2年度高等学校等専攻科生徒奨学給付金について 申請期間 令和2年7月1日から令和2年8月31日 新入生に対する前倒し給付:令和2年6月30日まで 令和2年7月1日以降に家計急変があった世帯:随時 申請先 岩手県内の公立高等学校等に在学する場合:在学する公立高等学校等 岩手県外の公立高等学校等に在学する場合:岩手県教育委員会事務局教育企画室 1 給付対象となる世帯 令和2年7月1日現在で、次の1から4のすべてに該当する世帯となります。 生徒が公立の高等学校等(高等学校、中等教育学校後期課程、高等専門学校(1年~3年)、専修学校高等課程、高等学校専攻科、中等教育学校専攻科等)に在学していること。 (特別支援学校高等部の生徒を除く)• 保護者が岩手県内に居住していること。 (注)保護者が県外に居住している場合は保護者の居住地の都道府県に申請することとなりますので、文部科学省ホームページ「高校生等奨学給付金のお問い合せ先一覧: 文部科学省」の電話番号へお問い合せください。 児童福祉法による見学旅行費又は特別育成費が措置されていないこと。 保護者の道府県民税所得割及び市町村民税所得割が非課税である世帯又は生活保護(生業扶助)受給世帯であること。 (市町村民税所得割額は、課税証明書・納税通知書・納税義務者の特別徴収額決定通知書で確認できます。 )または、保護者等の失職等その他やむを得ない事情により家計が急変し、経済的理由から道府県民税所得割及び市町村民税所得割が非課税に相当すると認められる世帯であること。 2 生徒一人当たりの支給額 対象者 国公立(年額) 参考私立(年額) 生活保護受給世帯の高校生等( 全日制・定時制・通信制の課程) 32,300 円 52,600円 生活保護受給世帯以外の高校生等( 全日制・定時制の課程 第1子の高校生等) 84,000 円 103,500円 生活保護受給世帯以外の高校生等( 全日制・定時制の課程 第2子以降の高校生等) 129,700 円 138,000円 生活保護受給世帯以外の高校生等( 通信制の課程 ) 36,500 円 38,100円 専攻科生徒 36,500 円 38,100円 (注)生活保護受給世帯を除く非課税世帯の保護者等及び専攻科生徒の保護者等のうち 、オンライン学習(家庭でのオンライン学習も含む)の通信費を負担している場合は、10,000円を加えた額を給付します。 (注)保護者に扶養されている15歳(中学生を除く。 )以上23歳未満の兄弟姉妹がいる場合の第1子、第2子の順は生年月日順となります。 なお、通信制の高等学校等に在学する高校生等を含む複数の高校生等がいる場合は、通信制の高校生等は第1子の高校生等として取り扱います。 (注)令和2年7月1日以降に家計急変があった場合は、家計急変があった日の翌月(家計急変があった日があった日が月の初日の場合は、家計急変があった月)から3月までの月数で算定し、給付します。 詳しくは、リーフレットをご覧ください。 3 申請様式 【公立高等学校生徒等奨学給付金】• 【高等学校等専攻科生徒奨学給付金】• 新入生に対する前倒し給付について 年度当初に特に負担の大きい新入生に対し、高校生等奨学給付金の一部(4月から6月分)を前倒しで給付します。 なお、7月から3月分を受給するためには、7月1日以降に改めて申請が必要となります。 (注)前倒し給付を申請しなかった方、前倒し給付が該当にならなかった方でも、7月1日を基準日として、申請することができます。 該当になる場合、年額が給付されます。 1 給付対象となる世帯 令和2年4月1日現在で、次の1から4のすべてに該当する世帯となります。 生徒が公立の高等学校等(高等学校、中等教育学校後期課程、高等専門学校(1年~3年)、専修学校高等課程等)の入学者であること。 (特別支援学校高等部の生徒を除く)• 保護者が岩手県内に居住していること。 (注)保護者が県外に居住している場合は保護者の居住地の都道府県に申請することとなりますので、文部科学省ホームページ「高校生等奨学給付金のお問い合せ先一覧: 文部科学省」の電話番号へお問い合せください。 児童福祉法による見学旅行費又は特別育成費が措置されていないこと。 保護者の道府県民税所得割及び市町村民税所得割が非課税である世帯又は生活保護(生業扶助)受給世帯であること。 (市町村民税所得割額は、課税証明書・納税通知書・納税義務者の特別徴収額決定通知書で確認できます。 ) 2 生徒一人当たりの支給額 対象者 国公立 4月~6月分 7月~3月分 年額 生活保護受給世帯の高校生等 ( 全日制・定時制・通信制の課程) 8,075円 24,225円 32,300 円 生活保護受給世帯以外の高校生等 ( 全日制・定時制の課程 第1子の高校生等) 21,000円 63,000円 84,000円 生活保護受給世帯以外の高校生等 ( 全日制・定時制の課程 第2子以降の高校生等) 32,425円 97,275円 129,700 円 生活保護受給世帯以外の高校生等 ( 通信制の課程 ) 9,125円 27,375円 36,500 円 (注)保護者に扶養されている15歳(中学生を除く。 )以上23歳未満の兄弟姉妹がいる場合の第1子、第2子の順は生年月日順となります。 なお、通信制の高等学校等に在学する高校生等を含む複数の高校生等がいる場合は、通信制の高校生等は第1子の高校生等として取り扱います。 お問い合せ先• 岩手県内の公立高等学校等に在学する場合:在学する公立高等学校等• 岩手県外の公立高等学校等に在学する場合:岩手県教育委員会事務局教育企画室(電話:019-629-6108) (注) 私立高校に在学する生徒に係る申請のお問い合せはふるさと振興部学事振興課(電話:019-629-5041)へお願いします。

次の

私立高等学校等奨学給付金のご案内

奨学 金 返済 額 確認

高校生等奨学給付金は、平成26年4月1日に「公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律の一部を改正する法律(平成25年法律第90号)」が施行されることに併せて、平成26年度から開始された補助事業です。 制度趣旨 本制度は、都道府県が行う高等学校等に係る奨学のための給付金事業に対して、国がその経費の一部を補助することにより、高等学校等における教育に係る経済的負担の軽減を図り、もって教育の機会均等に寄与することを目的としています。 国の補助基準は下記のとおりです。 なお、各都道府県において制度の詳細は異なりますので、具体の要件、給付額、手続等については、下記のリンク「高校生等奨学給付金のお問い合わせ先一覧」にてご確認の上、お住まいの都道府県にお問合せください。 国立・公立高等学校等に在学する者:年額3万2,300円• 国立・公立高等学校等に在学する者:年額8万4,000円• 国立・公立高等学校等に在学する者:年額12万9,700円• 国立・公立高等学校等に在学する者:年額3万6,500円• 国立・公立高等学校等専攻科に在学する者:年額3万6,500円• 私立高等学校等専攻科に在学する者:年額3万8,000円• お問合せ先.

次の