粘着 ピストン 使い方。 【マイクラ建築】誰も知らないピストン・吸着(粘着)ピストンの使い方講座!~初心者必見!レッドストーン回路完全解説!#11~

【マイクラ】ピストン自動ドアの作り方!|2×2&2×3

粘着 ピストン 使い方

経験値トラップとは、効率よくモンスターを倒して経験値を集めるためのトラップです。 ゾンビなどが半永久的に出現する【スポーンブロック】を主に使って装置を作ります。 アップデートでピストンと粘着ピストンが追加されたので、「圧殺式 経験値トラップ」を作りました。 ぜひ参考にしてください。 圧殺式 経験値トラップの作り方 まず、経験値トラップを作りには、スポーンブロックが欠かせません。 スポーンブロックは洞窟のどこかに存在しているので、まずはスポーンブロックを探すところから始めましょう。 次にスポーンブロックより2マス分、下を掘ります。 結構大きな部屋になります。 水を流す スポーン部屋ができたら、どこか1辺だけに水を流します。 すると、画像の矢印の方向に水の流れができます。 これでスポーンしたゾンビは自動的に矢印の方向に運ばれるようになります。 水が届いていない1辺はさらに2マス分掘ります。 掘ったら、1箇所だけに水を流します。 そしてまた水が届いていないブロックを2マス分掘ります。 こんな感じに階段状になります。 画像にある赤枠の位置にも水を流します。 看板をうまく使う 看板は普通のブロックよりも小さく薄いですが、1ブロック置いてある判定になるので、設置すると水を止めることができます。 この看板をうまく使って、【水流エレベーター】を作りモンスターを上に運びます。 エレベーターができたら、奥の壁に水を流します。 ここでも看板を使って水を止めます。 ここまで作れば、スポーン部屋で出現したモンスターが自動的に運ばれてきます。 圧殺装置を作る モンスターを1箇所に集められるようになったので、次はモンスターの体力を削る装置を作ります。 ピストンと粘着ピストンを画像のように設置しましょう。 あとは、モンスターの体力を削る時間を【リピーター】で調整します。 モンスターの体力をギリギリにするには、 9. 5秒前後削り続けると良いそうです。 リピーターは信号を遅延させることができて、その段階も4段階に設定できるので秒数を調整しましょう。 モンスターを1箇所に集めて、さっそく装置を動かしてみます。 仕組みとしては、スイッチを入れるとピストンがブロックを動かし、そのブロックにモンスターたちが埋まりダメージを受けます。 そして約9. 5秒後に粘着ピストンが動き、ブロックを押し返してくれるという感じです。 モンスターの体力はギリギリまで削られているので、【木の剣】で1回攻撃しただけで倒れて経験値がもらえます。 一気にモンスターを倒したい場合は、【ポーション】を使いましょう。 ゾンビの場合は、【回復のポーション】を浴びると逆に攻撃を受けてしまいます。 それを利用して、回復のポーションをゾンビに向かって投げると・・・ 一気に倒すことができますよ! これが結構気持ちいい! ピストンの追加はかなりデカイ! ピストンと粘着ピストンの追加は、レッドストーン回路で作る装置の幅をものすごく広げてくれます。 今回紹介したような経験値トラップも作れるようになったので、ぜひ作ってみてください! 参考 今回の経験値トラップは「」様の動画を参考にさせていただきました。

次の

【マイクラ建築】誰も知らないピストン・吸着(粘着)ピストンの使い方講座!~初心者必見!レッドストーン回路完全解説!#11~

粘着 ピストン 使い方

ピストン ピストンの特性は、 信号を受け取るとブロックを押し出す、というもの。 信号を受け取っている間はずっと押し出し続けて、信号が途絶えると引っ込みます。 ブロックを1マス移動させるためのブロックですね。 あらゆる方向に押し出し可能 横だけでなく、上にも下にも押し出せます。 ピストンが引っ込んだらもちろんブロックはそのまま。 ブロックをアイテム化できる ピストンの前にレッドストーンを敷いてみました。 この状態でピストンを作動させると・・・ レッドストーンがアイテム化しました! ブロックによって、ピストンに押されて動くものとアイテム化するものがあるんです。 この仕様を上手く利用して、 自動的にアイテムを回収する装置に組み込まれたりしますね。 逆に、動かせないブロックなんかもあるんですが・・・それでハマることは少ないし気にする必要はないでしょう。 信号を受け取る範囲が分かりづらい ピストンに限った話ではありませんけど、信号を受け取る範囲が分かりづらくて面倒です。 例えば2段重ねたピストンに信号を送る時、 ブロック1つ置くだけで片方動くか両方動くか変わってしまいます。 装置を作ってる最中に 「なんでこのピストン動くの!?」とか 「なんで信号途絶えてるのに引っ込まないの!?」ってことはしばしばあるので、ピストンに余計な信号が届いてないかは常に意識しましょう。

次の

【マイクラ】ピストン自動ドアの作り方!|2×2&2×3

粘着 ピストン 使い方

ピストン ピストンの特性は、 信号を受け取るとブロックを押し出す、というもの。 信号を受け取っている間はずっと押し出し続けて、信号が途絶えると引っ込みます。 ブロックを1マス移動させるためのブロックですね。 あらゆる方向に押し出し可能 横だけでなく、上にも下にも押し出せます。 ピストンが引っ込んだらもちろんブロックはそのまま。 ブロックをアイテム化できる ピストンの前にレッドストーンを敷いてみました。 この状態でピストンを作動させると・・・ レッドストーンがアイテム化しました! ブロックによって、ピストンに押されて動くものとアイテム化するものがあるんです。 この仕様を上手く利用して、 自動的にアイテムを回収する装置に組み込まれたりしますね。 逆に、動かせないブロックなんかもあるんですが・・・それでハマることは少ないし気にする必要はないでしょう。 信号を受け取る範囲が分かりづらい ピストンに限った話ではありませんけど、信号を受け取る範囲が分かりづらくて面倒です。 例えば2段重ねたピストンに信号を送る時、 ブロック1つ置くだけで片方動くか両方動くか変わってしまいます。 装置を作ってる最中に 「なんでこのピストン動くの!?」とか 「なんで信号途絶えてるのに引っ込まないの!?」ってことはしばしばあるので、ピストンに余計な信号が届いてないかは常に意識しましょう。

次の