スマホ 決済 クレジット カード。 スマホ決済とクレジットカードはどちらがお得?徹底比較

スマホ決済・QRコード決済と合わせて使うとお得なクレジットカード決定版!

スマホ 決済 クレジット カード

ここ最近で広まりつつあるスマホ決済。 さまざまな飲食店や小売店が導入し、テレビCMや大々的なキャンペーンで目にする機会も増えてきたが、どのような仕組みで、どのように支払い、どんな種類やメリットがあるのか、まだまだ疑問が多い。 この記事では、「スマホ決済」の種類や仕組み、使い方から注意点までを詳しく解説する。 【目次】• レジでお金を出す代わりに、スマホを利用して支払いを済ませる方法だ。 そのスマホ決済には大別して2つの種類があり、ひとつは「 非接触型決済(非接触IC決済)」で、もうひとつが「 QRコード(バーコード)決済」だ。 ちなみにApple PayやGoogle Payは、これらの決済サービスをスマホ側でひとまとめに管理する機能のことで「支払い方法」そのものではない。 たとえばSuicaなら、「Apple Payの機能を使ってSuicaで支払う」仕組みであるため、店頭では「Suicaで」と伝えよう。 スマホ決済のデメリットは? デメリットとしては以下が挙げられる。 スマホの電源が落ちると使えない スマホを使って決済を行うため、スマホの充電が切れると支払いができない場合がある。 SNSや動画視聴など、今や常にスマホを操作していることが多いため、スマホの充電は減りやすい。 支払い時に充電がなくならないよう、電池の残量はこまめにチェックしよう。 利用できないお店もある スマホ決済が使える店は限られる。 スマホ決済サービスによっても使える店は異なる。 自分がよく行く店で使える決済サービスはチェックしておきたい。 初期設定や移行手続きが必要 スマホ決済の初期設定ではさまざまな情報の入力が必要だったり、また機種変更する際も移行手順が必要など、現金では必要ないこの手順が面倒で使わないという人も多い。 今後もスマホを変える時のため、自分の使う決済サービスの移行手順は把握しておこう。 スマホ決済の「お金」はどうやって支払われる? スマホ決済をした場合、お金はどのような流れで支払われるのだろうか。 アプリやサービスごとに支払い方法はさまざまだが、主に、 「前払い」「後払い」「即時引き落とし」に分けることができる。 スマホの中にお財布があるイメージで、このお財布にあらかじめお金を入れて(チャージして)おかなければならない。 とはいっても、無尽蔵にチャージできるわけではなく、金額の上限が設けられているケースがほとんどだ。 「非接触型決済(非接触IC決済)」も「QRコード(バーコード)決済」も、基本的にはこの方式が主流になっている。 チャージの方法は、アプリやサービスによって異なるが、主にクレジットカード、銀行口座、ポイント、現金などが挙げられる。 スマホの通信料金と合算したキャリア決済は、クレジットカードを持っていない人も利用できるので便利だ。 ゆうちょ銀行の『ゆうちょPay』やみずほ銀行の『J—Coin Pay』をはじめ、さまざまな銀行がスマホ決済サービスに参入し始めている。 ちなみに、クレジットカードの代わりにデビットカードを紐付けることでも、決済時に銀行口座から引き落とされる。 スマホ決済を利用する際の注意点 スマホ決済には、注意点もある。 電池容量が気になる人は、モバイルバッテリーを忘れずに。

次の

「キャッシュレス決済」おすすめ比較[2020年]|ザイ・オンライン

スマホ 決済 クレジット カード

日本では2012年頃からサービスが開始されたスマートフォンに小さな機器(クレジットカードを読み取る)を連携させるスマートフォン決済、いわゆる 「スマホ決済(モバイル決済)」の導入が急激に増えており、さらに2018年以降にPayPayやLINE Payが数百億円規模のキャッシュバックキャンペーンを行ったことでユーザーへの認知が一気に広がりました。 小中規模の事業者にもスマホ決済が受け入れられている背景には、下記のような5つの理由があります。 1:導入の手軽さ 2:手数料の安さ 3:入金の早さ 4:政府のキャッシュレス化への後押し 5:キャッシュバック目的のユーザー増加 このような理由から導入する事業者にはメリットが多く、大きなデメリットもないため、今後も導入する事業者は増え続けるでしょう。 日本では主に大手7社が店舗事業者向けにサービスを展開しています。 カード決済においては 手数料やサービス内容がほぼ横並びで、QRコード決済では 手数料無料のキャンペーンを実施しており、店舗事業者はどのスマホ決済の会社に決めるべきか?判断基準を見つけるのが難しいかもしれません。 本日はインターファクトリーでWEBマーケティングを担当している筆者がこれから店舗向けキャッシュレス決済の導入を考えている方向けに 「スマホ決済」について解説いたします。 スマホ決済サービスの大手7社(カード決済系4社+QRコード決済系3社)のサービスを比較 まず、スマホ決済(モバイル決済)という言葉は、実は曖昧で STORESターミナル(旧:Coiney)のような「カード決済端末」のことも指しますし、 PayPayや LINE PayのようなQRコード決済のこともスマホ決済と呼びます。 また、本日は触れませんが「Apple Pay」や「Google Pay」などスマホを使って決済することを総じて「スマホ決済」と呼びます。 PayPayなどのQRコード決済系を先にチェックしたいという方は、してください。 カード決済端末系のスマホ決済大手4社の比較表 出典:、、、、(2020年3月現在) カード決済系のスマホ決済の3つの特長! それではカード決済系のスマホ決済の3つの特長を解説いたします。 決済手数料に若干の違いがありますが、 各社ともに3. 24%~3. STORESターミナルの 決済手数料は3. 24%~となっており、 大手各社の中では最安値となり、また 端末無料キャンペーンを行っているので、詳しく下記の公式ホームページをご覧ください。 料金体系にあまり違いがないスマホ決済各社ですが、 ・売上金の入金タイミング ・振込手数料 ・カードブランドごとの決済手数料 などには若干の違いがあり、こういった要素も 長期的には経費やキャッシュフローに影響しますので、事前に確認しておきましょう。 また使用する銀行口座によって、入金タイミングが異なりますので、 自社(お店)のメインバンクなどとの相性もスマホ決済選びに重要な要素となります。 つまり 地域で小規模事業を展開している方でも、現金以外に多様な決済方式に対応ができるようになるのです。 下記はSTORESターミナルが調査したアンケート結果です。 これによると 「クレジットカード決済」「電子マネー決済」「QRコード決済」の3種があれば、キャッシュレス決済の90%以上をカバーすることができるのです。 決済方法が多くなると、 スマホ決済の操作感が大切な要素となります。 特にアルバイトスタッフが多いという店舗であれば、多くの決済方法に対応するのは大変です。 各社ともに操作感は悪くありませんが、例えば、 下記画面のSTORESターミナルのように、シンプルに決済方法を選択するだけで決済を進めることができる端末だと、多くのスタッフへの教育負担を減らすことができます。 しかも、スマートフォンと端末はBluetoothで接続するだけなので、 持ち歩いて決済をすることができます。 スマホに インターネットが接続できる環境であれば、どこでもカード決済や電子マネー決済、QRコード決済などを行うことができます。 スマホ決済は 下記のようなシチュエーションで力を発揮します。 ・イベント会場での決済 ・移動販売車での決済 ・出張サービス先での決済 ・修理サービスなど相手先での決済 ・店舗内でお客さんの目の前で決済 このように、いろいろな場所で決済を行うことができるのです。 ただし、 インターネット回線がない環境ではスマホ決済を使うことができませんし、3G環境だと回線スピードが遅く、決済がスムーズにいかない可能性もあります。 カード決済系のスマホ決済の4つの注意点 では次に、カード決済系のスマホ決済会社を選ぶにあたって 事前に注意しておいた方が良い3つのポイントを解説します。 このオンライン決済の機能を使えば、 ・代引きの未回収リスク軽減 ・遠方のお客様 ・月謝などの月会費 ・電話で案内しながらの決済 実店舗であっても、様々な用途に対応することができますので、運用の負荷を軽減するだけでなく、 ホームページを利用して商圏を広げたりすることが可能です。 事業者の声 「ネットショップを構築するほどではないが、オンラインで決済をしたい!」 という事業者の方には、誰でも気軽にオンライン決済を行うことができるので、スマホ決済を導入すれば、「実店舗」も「オンライン」も決済対応することができます。 ただし、 オンライン決済に対応しているのは「STORESターミナル」「楽天ペイ」「スクエア」だけです(2020年3月現在)。 オンライン決済については下記の スマホ決済会社などのページで事前に確認をしてください。 あるいは今は1店舗でも、今後の出店を考えている方もいるでしょう。 そういった場合、 売上管理やレポート機能が、複数店舗で管理できる点も事前に考慮すべきでしょう。 各社のスマホ決済には、必ず売上管理機能がついておりますが、複数店舗でスマホ決済を導入している場合は、店舗ごとの管理になってしまいますので、 複数店舗の売上管理やレポーティングを行うためにはPOSレジとの連携が必要となります。 しかし、 STORESターミナルの「ビジネスコネクト」を使うことで ・複数店舗運営の業務負荷の軽減 ・基幹システムとの連携 ・独自POSとの連携 などがカスタマイズすることができます。 自社が独自のPOSやシステムを使っている場合も、スマホ決済と連携することができるので、カスタマイズのニーズがある場合は、 カスタマイズが可能なスマホ決済会社に事前に相談してみましょう。 家電などの高額商品を扱う事業者であれば、クレジットカードの「2回払い」や「リボ払い」に対応している方が、一括で支払うことができないユーザーにも購入を検討してもらえるキッカケとなるからです。 その点、 STORESターミナルは、スマホ決済大手の中ではクレジットカードの「2回払い」と「リボ払い」に対応している数少ないスマホ決済会社なのです。 STORESターミナルのシステムは「決済情報」を長く保持しているために、このような支払い方法が可能となっているのです。 また対応している場合でも、動作が遅く、決済に時間がかかることがあるので、スマホ決済の際には、iOSやAndroidのバージョンを確認しておきましょう。 少なくとも下記バージョン以上であることが望ましいです。 iOS 12. 2〜13. 0以上 Android 5. 0以上 筆者の知り合いも 古いiOSでスマホ決済を行っておりましたが、10回に1回程度の確率で、決済画面が固まったりして、お客さんをお待たせする場面がありました。 また、電子マネー決済の場合は、Androidが対応していなかったり、そもそもAirペイはAndroidに対応していなかったりするので、 事前にスマホのOSやバージョンを確認した上で、スマホ決済会社を選びましょう。 QRコード決済端末系のスマホ決済大手3社の比較表 以下に、事業者が導入を検討すべきQRコード3社のPayPay、LINE Pay、メルペイについての比較表です。 出典:、、(2020年3月現在) QRコード決済系のスマホ決済の3つの特長 それではQRコード決済系のスマホ決済の特長を3つにまとめてみたので解説いたします。 キャッシュバックキャンペーン詳細: 上限金額が100億円でしたが、たった10日間で上限金額に達したため、すぐにキャンペーンが終わってしまいました。 その後LINE Payやau PAYなど各社も数十億円規模のキャッシュバックキャンペーンを行うなど、ユーザーにも 「QRコード決済は還元率が高い!」というイメージが浸透し利用者が一気に増えました。 下記のグラフをご覧ください。 ユーザーがキャッシュレス決済を使う理由をまとめた調査です。 このような理由により、短期間で一気にQRコード決済を行うユーザーが増えたのです。 現在もPayPayやLINE Payでは、一部の飲食チェーン店などを対象に5~10%のキャッシュバックキャンペーンを行っております。 そのためわずか 1年程度で、日本全国でPayPayやLINE Payを利用できるようになり、キャッシュレス化が地方においても進みました。 私も旅行が好きで、南伊豆や、賢島あるいは宮古島などに行きましたが、どこの観光地であっても、お土産店などにもPayPayやLINE Payが導入されておりました。 下記の記事にも、 PayPayなどのQRコード決済が日本全国に浸透したことが書かれております。 参考記事:() クレジットカード決済は、安いといっても 3%程度の決済手数料がかかりますので利益に影響を与えますから、その分、QRコード決済は決済手数料が期間限定ではありますが無料なので、 小規模事業には導入しやすいメリットがあると思います。 もちろん、初期費用や月額費用もかかりませんので、事業者がPayPayを導入するに際しても、決済手数料(期間限定)や初期費用、振込手数料などが現在は無料ですから、負担がないのは店舗事業者にとっては大きなメリットです。 (1)ユーザーのスマホで、お店の紙などに書いているQRコード(バーコード)を読み取る方法 ==>ユーザースキャン (2)お店が、ユーザーのスマホに表示されたQRコード(バーコード)を読み取る方法 ==>ストアスキャン しかし、 多くのお店が導入するのは「(1)ユーザースキャン」になります。 なぜならば、(2)のストアスキャンは、POSレジと連携する必要があり、 大きな導入費用がかかることと、この方法に限り決済手数料がかかるためです。 そのためストアスキャンは、チェーン店などの大手の小売りが導入している手法であり、 小規模事業者が導入する場合は、(1)ユーザースキャンに限られるのです。 これからQRコード決済を考える事業者にとって 参考になるのは、やはり利用率でしょう。 下記のグラフをご覧ください。 参考記事:() 上記のグラフを見ると、やはりPayPayの利用率が最も高くなっております。 またPayPayを展開するヤフー株式会社を子会社として持つZホールディングス株式会社と、LINE Payを展開するLINE株式会社が経営統合に合意したことから、 今後はPayPayとLINE Payの連携や統合が進む可能性が非常に高く、そう考えると、どのQRコード決済か?迷っている事業者は、圧倒的に利用率が高いPayPayを導入すれば間違いはないでしょう。 ただし、 ターゲットユーザーが主婦であったり、アパレル事業分野である場合は、メルカリが運営するメルペイも検討すべきでしょう。 なぜなら、メルペイはメルカリの売買で得た利益で決済することが可能で、洋服や靴などメルカリによく出品されている商品と相性が非常に良いからです。 これは非常に面倒です。 QRコード決済にはもう一つの、お店がユーザーのスマホに表示されたQRコード(バーコード)を読み取る方式もありますが、この方式はPOSレジの カスタマイズが必要なため、数百万円の費用が事業者に求められるので現実的とは言えません。 LINE PayはQRコード決済用にクレジットカード登録ができないため、ファミマの「Famiポート」等を利用してチャージするか銀行口座からチャージしなくてはならないのが手間です。 また、LINE Payの「コード支払い」は指紋認証付きか、あるいはFace IDのスマートフォンではない場合、いちいち 6桁のパスワードを入力しないと決済できないので決済が面倒です。 筆者は古いiPhoneですが、たまにしかLINE Payを使わないのでパスワードを失念してしまい、最近ではLINE Payを使っておりません。 古いiPhone所有者には、このようなユーザーは多いのではないでしょうか? PayPayとLINE PayなどのQRコード決済は、電子マネー決済と比べて手間がかかるデメリットがあります。 (楽天ペイやメルペイなどは手数料がかかります) なぜなら 実際には決済を行うために多大な「インフラコスト」がかかっており、その分をPayPayやLINE Payが事業者の代わりに支払っているだけで、QRコード決済が世の中に普及しきった頃には、カード決済系の スマホ決済と同様に3%程度の決済手数料が取られる可能性が大きいです。 PayPayやLINE Payは2021年夏~秋くらいまでは決済手数料が0円の予定です。 PayPayやLINE Payの経営陣の結論により延長される可能性もありますが、いずれにせよ0円はずっとは続きません。 事業者は、今のうちからQRコード決済の決済手数料がかかるようになっても、 お店経営の収支が合うように、手数料導入後のキャッシュフローも想定しておくべきです。 スマホ決済は今後、急激に広まる! 残念ながら、日本では決済方式が乱立しており、こういった背景からキャシュレス化が進んでおりません。 もし、スマホ決済をこれから導入するという会社があれば、 使い方がとてもカンタンな、STORESターミナルをおススメします。 2020年4月末までに、申し込めば年内の決済手数料を実質2. 16%にすることができ、 カード決済系のスマホ決済会社では最も決済手数料が安い会社だからです。 キャンペーンには諸条件があるので、下記の公式ページで確認してみてください。

次の

今さら聞けない『スマホ決済』とは? 種類や仕組み、注意点など基本を徹底解説|TIME&SPACE by KDDI

スマホ 決済 クレジット カード

はじめに 最近では、スマホ決済というワードをあちこちで耳にするようになりましたね。 中国では、WeChat Pay(ウィーチャットペイ)やAliPay(アリペイ)というスマホ決済が急速に普及しています。 日本でもPayPay(ペイペイ)やOrigami Pay(オリガミ ペイ)、楽天ペイなどのスマホ決済アプリがあります。 このスマホ決済アプリにクレジットカードを登録しておくと、支払い時にポイントが貯まります。 さらに、クレジットカードの引き落としの際にクレジットカードポイントも貯まり2重にお得です。 今回は、スマホ決済とどのクレジットカードを登録するのがおすすめかご紹介します。 スマホ決済の基本と使い方 参照:FLAT ICON DESIGN スマホ決済とは まずは、そもそもスマホ決済とはどういうものなのかを解説していきます。 スマホ決済は、現金やクレジットカードを持ち歩かなくても、スマートフォンをがあれば支払ができることをスマホ決済と言います。 スマホ決済の種類は3つ 次にスマホ決済の種類はどういったものがあるのでしょうか。 以下の3つに分かれます。 Apple PayやGoogle Pay、Suica、おサイフケータイなどがこちらになります。 スマートフォンの決済アプリに電子マネーやクレジットカードを登録することで利用できます。 FeliCa(フェリカ)とは Felicaは、非接触型決済の一種でソニーが開発した技術になります。 楽天EdyやSuicaなどのICカード、WAON(ワオン)、nanaco(ナナコ)にもFeliCaが使われています。 iPhone7からは、iPhoneにも搭載されることになりました。 PayPay(ペイペイ)、LINE Pay(ラインペイ)、楽天ペイ、Origami Pay(オリガミペイ)などがこちらに分類されます。 中国のQRコード決済 中国のQRコード決済で代表的なものに、銀聯QR、Alipay、WeChat Payがあります。 これらも訪日外国人対策で導入が進んでいます。 クレジットカードが不要ですので、カードを持っていない10代、20代前半などの若い層にもおすすめです。 スマホ決済の支払い方法は3つ 参照:FLAT ICON DESIGN スマホ決済の支払い方法については3種類あります。 具体的にどんな支払い方法があるのか見ていきましょう。 残高が不足するたびにチャージが必要になるのですが、クレジットカードと連携したオートチャージ機能もあります。 前払いの場合、チャージした分しか使えないので使いすぎる心配がありません。 プリペイドの主要な電子マネーは、以下のようなものがあります。 Suica(スイカ)• WAON(ワオン)• nanaco(ナナコ)• 楽天Edy(エディ)• PASMO(パスモ) SuicaとJALカード一体型のクレジットカード「JALカードSuica」。 JALマイルが貯まるのはもちろん、Suicaのオートチャージ機能付きですので残高不足の心配がありません。 詳しくは以下で解説していますので、ぜひ読んでみてください。 チャージ(入金)の手間がなく、残高不足で使えないという心配はいりません。 スマートフォンにクレジットカードを登録することで利用できます。 ポストペイ型の電子マネーは以下のようなものがあります。 iD(アイディー)• 口座を保有しているユーザーがQRコードを読み取ると、利用金額がリアルタイムで引き落とされます。 その場で引き落としがされるため、クレジットカードのように使い過ぎる心配はありません。 「キャッシュレス・消費還元制度」とは、消費喚起の後押しと、キャッシュレス化の推進を目的に経済産業省が主体となって実施している補助金制度です。 国内キャッシュレスの現状 カオスマップ 出典:リエールファクトリー株式会社 上記画像は、現在の国内のキャッシュレス決済をまとめた「カオスマップ」というものになります。 これでも一部なのですが、まさにカオスですね。 これだけこれだけの種類があると迷ってしまうので、代表的なスマホ決済と、おすすめのクレジットカードの組み合わせを見ていきましょう。 キャッスレス決済については、以下で詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。 年会費が永年無料で、セブン&アイグループだけでなく、JCB、VISA加盟店でもお得にnanacoポイントが貯まります。 通常の還元率は0. ブランド VISA、JCB 年会費 無料 入会資格 原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く) 追加カード ETCカード、家族カード ポイント還元率 0. 5%-1. セブンカード・プラスは、以下で詳しく解説していますのでぜひ読んでみてください。 dカードはドコモが発行するクレジットカードになります。 これまでは、年会費は初年度無料、翌年以降1,250円(税抜)がかかっていましたが、 2019年10月1日からは 年会費永年無料に改定されました。 また補償も充実しており、購入日から1年以内なら最大1万円分を補償する「dカードケータイ補償」が付いています。 ブランド VISA、Mastercard 年会費 永年無料 入会資格 原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く) 追加カード ETCカード、家族カード ポイント還元率 1. dカードについては、以下で詳しく解説していますのでぜひ読んでみてください。 そう、楽天カードマンのCMでもお馴染みの楽天が発行しているカードになります。 年会費は無料で、3種類の国際ブランドから選べます。 ポイント還元率は1%で、楽天市場でのお買い物なら最大3倍になります。 カードデザインは、ディズニーデザインやお買いものパンダデザインが選べます。 楽天カードについては、以下で詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。 PayPay(ペイペイ)と組み合わせるのにおすすめのカードは、「 」です。 PayPayは「100億円キャンペーン」でも有名になったあの決済アプリです。 VISAかMasterCardであれはアプリ登録は可能ですが、ヤフーカードは、唯一JCBにも対応しているクレジットカードになります。 私もPayPayは使っていますが、セブンイレブンやファミリーマートをはじめとするコンビニ、また最近ではダイソーでも利用しています。 PayPayアプリは、以下から無料でインストールができます。 Check! Check! ブランド JCB、VISA、Mastercard 年会費 無料 入会資格 満18歳以上(未成年の場合は保護者の同意書が必要) 追加カード ETCカード、家族カード ポイント還元率 1. エポスカードは、百貨店チェーンの「マルイ」が発行するクレジットカードにです。 マルイやモディで年4回開催される「マルコとマルオの7日間」では、ほとんどの商品を10%OFFで購入可能になります。 ブランド VISA 年会費 無料 入会資格 満18歳以上(未成年の場合は保護者の同意書が必要) 追加カード ETCカード ポイント還元率 0. エポスカードは、年会費無料にも関わらず、海外旅行傷害保険が自動付帯する数少ないカードです。 詳しくは以下を読んでみてください。 年会費が他社のゴールドカードに比べお得です。 またOMCカードの基本機能に加え、国際ブランドに応じた空港ラウンジサービスが利用できます。 ブランド JCB、VISA、Mastercard 年会費 6,600円(税込) 入会資格 20歳以上で審査基準を満たす方 追加カード ETCカード、家族カード ポイント還元率 0. JALカードとビューカードが提携して発行しているクレジットカードで、Suicaのオートチャージができるため、改札で止められる心配がありません。 もちろん、JALマイルも貯まるカードで、さらに「JRE POINT(ポイント)」も貯めることができるお得なカードです。 ブランド JCBのみ 年会費 2,200円(税込) 入会資格 18歳以上で電話連絡がとれる方 追加カード ETCカード、家族カード ポイント還元率 0. JALカードSuicaについては、以下で詳しく解説していますのでぜひ読んでみてください。 Check! まとめ 最後のチェックポイント スマホ決済アプリにクレジットカードを登録しておくと、支払い時にポイントがたまります。 さらに、クレジットカードの引き落としの際にクレジットカードポイントもたまり2重にお得です。 こちらを参考にカードを検討してみてはいかがでしょうか。

次の