太陽 光 売 電 単価。 太陽光発電システムを増設したらどうなる?-土地付き・住宅用太陽光発電の見積もり・価格比較

2019年度の太陽光の売電価格は? 買取期間終了後の対策も紹介

太陽 光 売 電 単価

買取単価および買取期間• 買取単価および買取期間 買取単価および買取期間 2020年度の買取単価、買取期間は以下のとおりです。 買取単価等は調達価格等算定委員会での議論を踏まえ、電源(買取区分)毎に中長期的な買取価格の目標を設定、発電事業者の予見可能性を高めるため、予め複数年度の調達価格等が設定されます。 2020年4月1日以降に事業認定を取得する対象の買取単価、買取期間は、原則、経済産業大臣の事業認定日が属する年度が適用されます。 00円 10年 出力制御対応機器 設置義務あり 21. 30円 20年 13. 80円 陸上風力(リプレース) 17. 60円 着床式洋上風力 入札で 決定 浮体式洋上風力 39. 60円 水力 200kW未満 37. 40円 200kW以上1,000kW未満 31. 90円 1,000kW以上5,000kW未満 29. 70円 5,000kW以上30,000kW未満 22. 00円 水力 既設導水路 活用型 200kW未満 27. 50円 200kW以上1,000kW未満 23. 10円 1,000kW以上5,000kW未満 16. 50円 5,000kW以上30,000kW未満 13. 20円 バイオマス メタン発酵ガス化発電(バイオマス由来) 42. 90円 間伐材等由来の木質バイオマス 2,000kW未満 44. 00円 2,000kW以上 35. 20円 一般木材等 10,000kW未満 26. 40円 10,000kW以上 入札で 決定 建築資材廃棄物 14. 30円 一般廃棄物・その他のバイオマス 18. 70円 液体燃料 入札で 決定 地熱 15,000kW未満 44. 00円 15年 15,000kW以上 28. 60円 全設備更新型リプレース 15,000kW未満 33. 00円 15,000kW以上 22. 00円 地下設備流用型リプレース 15,000kW未満 20. 90円 15,000kW以上 13. 20円• ただし、淡路島南部地域(洲本市、南あわじ市、淡路市の一部)については、発電者に出力制御対応機器の設置が義務付けられている四国電力の送電系統から送られてきた電気を供給している関係上、出力制御対応機器の設置が義務付けられているため、「出力制御対応機器設置義務あり」の調達価格が適用されます。 ・燃料費調整制度は適用いたしません。 ・複数の再生可能エネルギー発電設備を併設した場合で、それぞれの設備からの再生可能エネルギー電気の供給量を特定することができない場合に適用される買取単価は、当該複数設備に適用される買取単価のうち、最も買取単価の低いものを適用し、買取期間もこれに従うこととなります。 過去の買取単価.

次の

太陽光発電システムを増設したらどうなる?-土地付き・住宅用太陽光発電の見積もり・価格比較

太陽 光 売 電 単価

太陽光発電の2019年問題とは 2019年問題とは、固定価格買取制度(FIT)の10年間を終えた太陽光発電システムで、売電が継続できるのか危惧されていた問題のことです。 住宅用太陽光発電で売電ができるようになった最初の年は2009年です。 この時に太陽光発電を始めた世帯では、2019年11月より、固定価格買取制度で定められた10年間を終える方が出てきます。 FIT期間を終えた後でも売電できるのか、同年の春頃までは不透明な状態でした。 太陽光発電を始めて10年経ったユーザーにとって、先行きが不安な状態が、2019年問題だったのです。 最終的には FITを終えても余剰売電できることが確定したことで、2019年問題は大きなトラブルを起こさずに終息しています。 また、売電よりも自家消費の方が得だと判断した方は蓄電池を追加して太陽光の電気を貯めるなど、新たな電気の活用方法も定着しつつあります。 「住宅用太陽光発電でFITが使えなくなる」は誤り これから住宅用の太陽光発電を導入する人は、10年間の固定価格買取制度を利用できます。 大きめに10kW以上乗せる人でも、自家消費型の要項を満たせばFIT価格で売電できます。 固定価格買取制度は2009年11月に開始されました。 固定価格買取制度の保証期間が過ぎた家庭のみ、売電価格がFIT価格よりも下がります。 tainavi. 見積もりを5社ほど出せば、どこまで安くなるか、販売店の良し悪しなど、 webではわからない太陽光発電の情報が十分に集まります。 タイナビの一括見積りなら、 納得できる見積もりが出るまで本契約はしなくてOK!簡単な入力項目を埋めるだけで、お住まいの地域の優良業者に無料でまとめて最大5社に見積りを依頼できます。 100万人の利用実績でユーザー様の満足度は98%、住宅用太陽光発電の一括見積りにはタイナビをご活用ください。 買取期間が終わった後の売電価格は? 卒FIT(FIT後の発電システム)の売電価格は7円〜10円(税抜)が一般的です。 売電価格は電力会社や、卒FIT買取サービスのプランにより異なります。 2019年から2020年は価格変動はありませんでしたが、今後は各社が随時変更していく可能性があります。 FITの10年間は30円以上で売電できたことを考えると、随分安くなってしまう感じがしますよね。 こうまで極端な値下がりをする理由は、FITの売電価格を決めるときの原則にあります。 【売電価格を決める時の原則】• 太陽光発電の設置費用や撤去費用が回収できること• 太陽光発電を設置した人に多少の利潤があること• 国民全体の負担を最低限に抑えること つまり、固定価格買取制度を使った場合、10年間の発電を終えた太陽光発電は、売電収入で設置費用を回収し終わっていると想定されています。 売電価格が安くなった上に大きな金銭的負担が残されるということは、悪質業者に不当な請求をされていない限りはありえません。 それでは、固定価格での買取期間が終わった太陽光発電が取れる、今後の選択肢について解説していきます。 FIT期間中は選択肢がなかった新電力(近年新しく電力事業に参入してきた事業者)にも、卒FIT売電は豊富な選択肢があります。 卒FITの買取サービスと売電価格は各社のHPに記載があります。 新電力のほうが、大手電力よりも売電価格が高い傾向にあります。 乗り換えを制限するケースは極めて少ないので、数年に一度は契約を見直して1番お得なプランに乗り換えるのが良いでしょう。 2019年11月が迫ってくるにつれて、新電力のなかには卒FITの対象となった一般家庭の余剰電力を買いとるサービスを発表している会社があります。 たとえば、Looopは2018年9月28日に中部電力との資本手提携を発表しました。 その記者会見のなかで、卒FITととなる一般家庭の余剰電力取引を実現するサービスの提供を発表しています。 Looopの中村社長は、再エネ賦課金が大きな国民負担となっているなかで、FITから自立した再エネの拡大が必要と話しています。 また、地域で電力の地産地消を試みる「地域新電力」の一部が、電力買取サービスを実施しているケースがあります。 茨城県水戸市の「スマート電力」はいち早く、家庭の余剰電力を買い取るサービスを発表しました。 そして、2019年10月31日には、九州電力も卒FITの後の電力買取プラン開始することを発表しました。 九州管内では、2019年度中に卒FITを迎える住宅用太陽光発電は約40kW(出力ベース)にのぼるとのことです。 (2018年12月3日のプレスリリース) 大手電力会社では、先述の中部電力、九州電力のほか、北陸電力も2018年11月15日に買取の継続を発表しています。 これは、 電力会社から買う電気の価格よりも、格段に安いのではないでしょうか。 その場合、 太陽光発電の電気は売るよりも自家消費する方が得になるのです。 太陽光発電はFITで売電している間は、昼間に電気を極力使わず、太陽光発電の電気を自家消費しないほうが得でした。 今後は、昼間に太陽光発電の電気を使いきり、夜の電気はなるべく使わないようにするというライフスタイルが推奨されます。 蓄電池を活用すれば、昼間に発電した電気を夜に使えるようになるので、時間に関係なく発電した電気を自家消費できるようになります。 また、 蓄電池導入は地方自治体からの補助金を受けられるので、今ならコストを抑えて導入可能です。 蓄電池も国内・海外メーカーから多くの蓄電池が販売されています。 タイナビシリーズを運用するグッドフェローズでは、家庭用蓄電池の一括見積りサイト「タイナビ蓄電池」を運用しています。 東京電力をはじめ、いくつもの電力会社が乗り出しているのは、ユーザー同士で直接売買できる仕組みの構築です。 ユーザー同士の直接売買は、ブロックチェーン技術を使う仕組みで、仮想通貨の取引方法とほとんど同じものと言えるでしょう。 これが可能になれば、太陽光発電を持つ家庭にメリットがあります。 蓄電池を持たない家庭でも、余剰電力を収入に変えられる• 余剰電力を近隣の誰かに売ることができる• 余剰電力を家族など、特定の相手にプレゼントできる• 東京電力はこの余剰電力の売買(P2Pプラットフォーム事業)に乗り出すと発表し、関西電力は取引される電力量や料金などを実証研究することを発表しました。 P2P電力取引と呼ばれるこの仕組みが、いつ実現されるのかは分かりません。 将来的に、売電先や余剰電力の使い道の選択肢が増えると予想されます。 政府は太陽光発電での自家消費を望んでいる 太陽光発電の余剰電力を買い取る資金の一部は、電気を使う国民全員から電気料金の一部(再生可能エネルギー発電促進賦課金)として集めています。 太陽光発電の設置数が増えたにも関わらず、高額な買取価格を維持すると、それを支える国民負担が重くなってしまうことが問題視されています。 2018年度の再生可能エネルギー発電促進賦課金は、1kWh当たり2. 90円です。 これは、標準家庭一ヶ月の電力使用量を260kWhとすると、年額9,048円、月額754円にもなります。 再生可能エネルギー発電促進賦課金は、太陽光発電を行っていても、電力会社から電気を買う限り発生します。 太陽光発電の電気を自家消費して、電力会社から買う量を増やすほうが、メリットが大きくなる仕組みになります。 買取価格が保証される10年間は売電し、10年後は自家消費をすれば太陽光発電は経済的な買い物です。 あなたの屋根で太陽光発電を始める場合、10年以内に投資費用を回収できるかが判断の分かれ目となるでしょう。 できるかぎり自治体の補助金を使うことと、なるべく安くて良い施工を行う施工店を見つけることが、太陽光発電で最も重要なことになります。 設置費用とサービスは、施工店同士の競争で高まります。 一括見積りで、実際にかかる設置費用や10年後の電気の使い方をぜひご相談してください。 タイナビでは、無料で最大5社に一括見積りをおこなえます。

次の

どうなる!?2019年以降の売電価格。今後の太陽光発電にメリットはあるの?

太陽 光 売 電 単価

年々少しずつ下がっている太陽光発電の売電価格。 2019年度もやはり前年より下落する結果となりましたが、現在導入を検討している方には、今後の価格の推移や、いよいよ迎える買取期間終了後の対策も気になるところ。 こちらのページでは、そうした疑問や不安を解消していきます。 2019年度の太陽光の売電価格は? 太陽光発電の売電価格は、再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社が買い取ることを国が保証する「固定価格買取制度(FIT)」によって定められます。 ダブル発電(太陽光発電設備と自家発電設備池などとの併用)も同価格で、2018年度からはいずれも1~2円引き下げられています。 こうした価格の下落は、年々安くなる設置費用に合わせたものであるようです。 2021年度以降の売電価格の推移予測 10kW未満(住宅用太陽光発電)、10kW以上(産業用太陽光発電)共に、太陽光発電の売電価格は右肩下がりの傾向にあります。 国は今後も売電価格を引き下げていく意向を明らかにしており、10kW未満の売電価格においては、2025~27年度までに11円/kWhとする考えを示しています。 太陽光発電の導入や売電を検討している方は、早めに動き出した方がよいかもしれません。 買取期間終了後の売電はどうなる? 2009年11月よりスタートした固定価格買取制度(FIT)における余剰電気の買取期間は「10年」です。 ちょうど10年が経過する2019年度に期間満了となる契約世帯は約53万件。 そのあとも多くの方々が順次買取期間を終え、次の対応を迫られることになります。 今後も売電を続けられるのか?できるとしたら、売電価格はいくらになるのか?詳しく解説していきます。 また、新電力会社で電力卸売場を利用している場合、卸値よりも安価であれば買い手ができるのではないかと言われています。 なぜ制度満了後は買取価格が安くなるの? 今まで48円という高い金額で電気の買取ができていたのは、国が再生可能エネルギーを普及させるため、国民全体が電気料金に上乗せして負担している「再生可能エネルギー促進賦課金」を費用として割り当てているからです。 10年間の制度満了後は、買取金額の保証が無くなるため買取金額が通常の市場価格に基づいた金額になります。 新たな電力会社と契約を結ばないと無償で送電 固定価格買取制度満了後は、法律に基づく買取義務が無くなるため「電力会社に買取を解除される」可能性もあります。 一般配電事業者では、電力買取の申込者数が接続可能量を超えている為、新規申し込みができない状況にあります。 そのため、電力会社が積極的に電力を買取るとは考えにくいです。 つまり、一般配電事業者へ無償で電力を送電する可能性があるということです。 九州電力・東北電力・四国電力など各電力会社が回答を保留 2014年、九州電力では太陽光発電の申込者が接続可能量を超えました。 その結果、申し込みに対する回答が保留。 新規申し込みができない状況になりました。 同様の状況にあった東北電力や四国電力なども回答保留を行っています。 太陽光発電の出力を制御 現在、接続可能量を超えている電力会社に関しては、お客様に出力制御対応機器の設置が義務付けられています。 「出力制御」とは、電力会社の需要を上回る発電量になった場合、年間360時間までお客様の太陽光発電設備の発電を制御することができます。 電力会社は発電量を抑えようとしています。 また、設置義務もありません。 当社では、下記電力会社を対象に買取価格の調査を行っております。 情報は発表後に随時更新しております。 より高単価で買取を行う新電力事業者に売電するという新たな選択肢も念頭に置くべきでしょう。 株式会社スマートテックの買取サービス「スマートFIT」は、業界最高値級の買取価格11. さらに契約、解約金0円の完全ノーリスクで始めることができます。 次の一歩を迷っている方は、ぜひ下記のページへアクセスしてみてください。

次の