好き な 人 line 話題。 【学生編】好きな人とラインで盛り上がる話題厳選10選まとめ

好きな女の子とのLINE術!頻度や話題など7つのコツ

好き な 人 line 話題

1:LINEで好きな人と仲良くなるには? 好きな人と仲良くなりたいと思ったとき、自分はどんなLINEをしていますか? 会って話をするのが距離を縮めるいちばんの方法ですが、その前段階としてLINEで盛り上がるかどうかがふたりの今後を大きく左右するといっても過言ではありません。 自分とのLINEが盛り上がればそれだけ彼との距離も大きく縮まります。 彼がおもしろい!と思う内容のLINEを送ることがとても大事になってきますよね。 それでは彼と盛り上がるためのネタを見ていきましょう。 2:好きな人とのLINEで話題に困ったら!おススメの話題7選 モテる女子は好きな人とのLINEの話題に困りません。 わざわざ考えなくてもひとつの話題からいくつもの話題に話を広げることができるからです。 好きな人とのLINEの話題に困るのはすぐに完結してしまう内容が多いから。 そこで今回はLINEの話題に困らないようにひとつのネタからさまざまなネタに派生しやすい7つをご紹介! (1)好きな歌手の話 「どんな曲を聞くの?」という話題は彼の趣味や嗜好を知る上でとっても大事になってきます。 自分の好きな曲なども彼に伝えてみましょう。 音楽の好みはその人の性格がよく表れるので、一気にふたりの距離が縮まりますよ。 地方出身の女子は無理に標準語で喋らず、LINEでもいつも通りの地元の言葉で。 「どこ出身なの?」と彼に聞かれたら、そこから、特産品の話や旅行の話などネタが大きく広がります。 「地元あるあるネタ」などは新鮮で盛り上がること間違いなしです。 (3) 旅行の話 上記(2)から派生してこのネタになることもありますが、旅行の話は鉄板ネタ。 特にLINEのアイコンやホーム画面に設定している画像が、海外だったり、旅行中のものだったりしたときは効果大。 「ホーム画面綺麗な景色だね! どこなの~?」という風に彼の設定している画像からネタを出すテクです。 全員に見られる場所に設定しているのですから、突っ込んでもイヤな気はしないはず。 むしろ「よくぞ聞いてくれました!」と言わんばかりに盛り上がるはずです。 (4) テレビの話 これは「今やってる連ドラ見てる~?」という風に同じ番組を見ているときに盛り上がるネタです。 もちろん好きな芸能人などのネタも盛り上がりますが、テレビだとLINEを通じてドラマを見ながら実況中継ができます。 「やーばーい! 不倫バレたー!」なんて観ながら送れば、お互いドラマの感想を言い合ったりできるのでおもしろいですよね。 また連ドラであれば毎週1回は実況中継の日。 彼にさりげなくLINEをすることができます。 ただし、「ドラマを真剣に見たい」と思っている彼には逆効果。 ドラマ中にLINEを送ってドラマ終了後に返ってくるようだったら、実況中継LINEは控えましょう。 (5) 学生時代の部活の話 「高校の時テニス部だったから右腕が太いんだよね」など、部活あるあるネタは意外に盛り上がります。 「何部だったの?」という会話からなんとなく彼の学生時代のイメージが膨らみます。 サッカー部だったとしたら「モテてイケイケだった?」、野球部だったら「ホームラン打つのって気持ちがいい?」など、いろいろなイメージを膨らませて彼に質問してみるのもあり。 彼のことを自然と知られるネタになりますよね。 (6) 好きな食べ物の話 「何が好きなの~?」という会話から自然な流れでデートの約束を取り付けることができるので、デートにつなげたいときは必ずといっていいほど使うネタです。 「カレーが好きなの? じゃあ一緒にあそこの有名なカレー屋さん行こうよ~!」とさりげなく、自分から彼を誘うきっかけにもなりますよね。 LINEのやりとりから次のステップに進むために「好きな食べ物の話」はとても重要になってきます。 (7) 共通の話題 「共通の話題なんてない……」と思いがちですが、必ずどこかに共通の話題はあるはず。 上記の好きな食べ物や、地元、部活など会話の中で彼との共通の話題を見つけましょう。 些細なことでもいいのです。 たとえば、血液型が同じだとか、誕生月が同じだとか、そんなことでも「10月! 誕生月一緒だね! お互い祝い合おう(笑)」なんて肉食発言!? で会話を広げることができますよね。 些細な共通点から会話を広げられることができたら好感度が一気にアップします。 3:付き合い始めの彼氏にしてはいけないLINEの話題5選 「彼と付き合えることになった!」そんな時もLINEはすぐに気を抜かないで!付き合い始めの彼氏にしてはいけないLINEがあるのです。 (1)元カレの話 元カレの話は絶対にしてはいけないわけではありませんが、特に元カレの悪口は絶対にNG。 「元カレは最悪だった」という話を聞いた彼は「俺も別れたらこんな風に悪口を言われるのか」と思いますよね。 ましてやLINEという履歴が残る場所での悪口は幻滅されます。 付き合ってから「どうして別れたの?」と元カレの話題が出たときは、彼を一方的に悪者にしたような言い方はせず、「お互いの価値観があわなくなって」や「遠距離恋愛で」など、「1度好きになった人」を大事にしている姿勢を見せましょう。 彼としても好きな彼女の昔付き合っていた人がどんな人だったのかは気になるもの。 だけれど聞かれたからといって、ペラペラしゃべるのはNGですよ。 (2) 結婚の話 「私はこんな場所で結婚式を挙げたいと思っていて……」と付き合ってそうそう結婚の話題を出すのは危険。 付き合ってすぐに結婚に関する話題や自分の結婚に対する願望などを話すのはやめたほうが無難です。 (3) 過去ビッチだった話 付き合い始めのカップルなら「昔の写真見せて~」なんていう会話をLINEでするのではないでしょうか?そんなとき自慢げに「クラブではっちゃける金髪の自分と派手な友人」なんていう、絵にかいたようなビッチな写メを送るのは絶対にNG。 付き合いが長くなってきて小出しにするのが無難です。 (4) 暗い身の上話 これは恋愛依存の女子がやりがちな「暗い身の上話」。 彼が自分と付き合ったからといって、自分のすべてを受け入れてくれるとは限りません。 付き合いはじめの初々しくルンルンなLINEから一変して重いLINEが届きだすと、彼も一気にテンションが下がってしまいます。 それにそんな重い話はLINEですべきではありません。 ある程度関係値ができてきたときに直接話せるようになればいいですね。 (5) 既読無視などの駆け引き LINEでの駆け引きはあくまで付き合う前に使うもの。 付き合ってからも彼の気を引こうと無駄に駆け引きをしていると、彼にいらつきを覚えさせてしまうことも。 付き合うまではLINEは「恋の駆け引きツール」ですが、付き合ってからは「連絡ツール」に切り替えることを忘れずに。 いつまでも駆け引きが続く恋愛はおたがいしんどいのです。 4:男性が嫌がるLINEの特徴 上記付き合いたての彼氏に送らないほうがいいLINEをご紹介しましたが、暗い身の上話にもリンクするように、「重い相談」は返信しづらいので気軽に使えるLINEで送るのはNG。 あくまでLINEは「連絡ツール」です。 付き合ってからもだらだらと長文の相談LINEを送られると、めんどくさくなる男子は多いもの。 そういった話は関係値がある程度できてから直接会ってするようにしましょう。 また、付き合ってからも「毎日LINEする」や「おやすみLINE必須」などLINEでの決まり事をするのもNG。 しばられているような感覚になり、束縛されていると嫌悪感を感じさせてしまいます。 5:会話を盛り上げるLINEの会話テク 「重い相談LINE」など一方的な話ではなく、やはりLINEではお互いが盛り上がって楽しいと思えることがいちばん大事。 そのためには会話をいかに盛り上げられるかが大事になってきます。 例えば、短文で即レスしたい内容の場合は「うんうん」「それで?」などリアルタイムで会話に相づちをうったり、スタンプなどで感情を表現したりすることがとても重要になってきます。 文章だけでは伝わらない感情をスタンプや相づちなどで表現するのです。 6:LINEが盛り上がれば恋愛も盛り上がる! 今回は彼氏や好きな人とのLINEの話題で困ったら盛り上がるネタやNGネタをご紹介しました。 好きな人や彼氏とのLINEを楽しんでくださいね! この記事を書いたライター 毒島 サチコ S. Busujima 島国出身。 学生時代、白馬にまたがった王子様を待っていたが一向に現れず、待っているだけでは王子様は来ないことに気づく。 人生に恋して生きる女性の悩みに寄り添える記事を幅広く執筆中。

次の

彼氏や好きな人とのLINE話題で困ったら…?盛り上がる鉄板ネタ7選

好き な 人 line 話題

同じものを見ていればどこが面白かったかを語れますし、感想を共有し合えます。 また、最近では動画でもすぐにあげられているので、オススメするという形で話すのもいいかもしれません。 「次のデートどこ行きたい?」など相手の行きたいところや、やりたいことを聞くことによって話が弾みますし、会いたいことをアピールできるのでカップルのLINEでの話題では一般的でしょう。 二人で計画を立てることでより会いたくなりますし、仲を深められるのでオススメです。 趣味は終わりが無いものが多いので、ネタは尽きません。 お互いの共通の趣味であれば確実に盛り上がりますし、自分だけが好きな趣味であれば、今はこんなことにハマっているという風に紹介する形で話題に出すのが良いのではないでしょうか。 話題に食いついてくれば、彼女にも一緒にやるように勧めることができます。 仮に興味を持たれなかったら彼女に今ハマっている物を聞いてみましょう。 あなたが料理を作ったときに「こんなの作ってみた」と料理の写真をあげることで、レシピや味の感想の話をして、盛り上がれます。 仮に料理しなくても、レストランで食べる料理を写真で送ってみるのもいいでしょう。 勉強や仕事のことを質問したり、教えることでも話は盛り上がります。 「今日はこんな仕事があって大変だった」や「今日ここを勉強したんだけどわかる?」など報告や質問で彼女が返しやすい内容を送りましょう。 また、中には無料でダウンロード出来るものもあるので、たくさんユニークなものを使って盛り上がりましょう。 笑える物や可愛い物を使って話のネタにしましょう。 そんな友人の話をすることでも盛り上がります。 例えば「Aさんにこの前彼女ができたんだって」やその友人に起きた面白い話などがおススメです。 しかし、友人の話でも悪口は止めたほうがいいでしょう。 悪口ばかりだと険悪なムードになりやすいですし、仮に彼女の方が友人との仲が深い場合は怒らせてしまいます。 特に女性の場合は悩みを話すことだけでも気分が楽になるそうです。 とにかく女性は共感を求めているので、話を聞いてあげて「大変だったね」や「頑張ったね」と慰めてあげるだけでも彼女は嬉しくなってあなたの株が上がることは間違いないでしょう。 ちなみに、あまりにも正論すぎる解決法を言ってもわかってると怒られることもあります。 なので、悩み相談の場合は聞くに徹した方が良いでしょう。 なので、アプリをLINEの話題にすることで話のネタが尽きなくなります。 例えば時間つぶしにできるゲームのアプリや、普段使うと便利なアプリなどいろいろおススメしあうことで盛り上がります。 そこで、たとえば同じゲームアプリをダウンロードすれば、より話のネタが増えるのでおススメです。 「このアプリめっちゃ便利だからおススメ」とURLと一緒に送ってみてはどうでしょうか。 「早く合いたい」や「大好き」など愛情表現するのもいいでしょう。 普段言うのが恥ずかしい場合は、記念日だけ頑張って気持ちを伝えてみたりしてはどうでしょうか。 女性のほうが毎日何度でも好きな気持ちを言われたいそうです。 なので、気持ちが離れないためにもおすすめです。 なので、今日会った面白いことをさくっと話したり、その時の写メや動画を送るのも最適です。 例えば、学校などであれば休み時間の風景など、何していたか話すのも面白いと思いますし、社会人であれば職場であった面白いことを話すのもいいでしょう。 ただし、なるべくであれば愚痴は言わない方が良いでしょう。 たまにであれば全く問題ありませんが、毎回愚痴ばかりだと聞く方もうんざりしています。 最後は少しポジティブに終わらせるなど工夫すべきです。 鉄板なのは小さい頃遊んでいた遊びはなんだったかや、なんの給食が好きだったかなどです。 子供の頃の記憶は楽しい記憶の方が多いので、盛り上がるでしょう。 幼い頃から知っている中であれば、昔を懐かしんで共通の思い出を話すのが良いでしょう。 彼女とは毎日連絡を取り合う人も多いと思うので、話のネタに尽きてしまうこともありますが、今回紹介した話題を振れば盛り上がるでしょう。 12個もあるので、ローテーションでどの話題にするか考えることで、マンネリ感も与えないのでおススメです。

次の

【好きな人とのLINE実例】内容でこんなに変わる! キュンキュンする話題は? ゲンナリするNG内容は?

好き な 人 line 話題

相手の好きなもの 友達と話す話題やネタに困った時は 相手の好きなものについて話すといいでしょう。 たとえば• おすすめ教えてくれない?• 誰しも好きなものや興味のあるものには関心が高いので、それについて話題にすれば相手も話しやすいですし食いついてきやすいので会話が弾みやすくなります。 そのため普段何気ない時に相手の好きなものについて情報が入ってきた時に 話のネタとしてストックしておくのもいいですし、友達と話す話題について本当に困っている時は 積極的に自分から調べてみましょう。 アウトプットするにはインプットすることが大切です。 もしも相手の好きなものについて知らないという人はこれを機に聞いてみましょう。 知らないことを聞くだけでも話のネタになります。 たとえば• どこ住み?• 以前は何部に入ってたの?• どこの学校出身? などといった感じですね。 これは特に中学・高校に入学したばっかりなど新しい友達と話すときほど効果的でしょう。 こうして過去を聞くだけで話のネタになりますし、その内容が自分の知っていることや共通点 同じ部活だった、知り合いがその学校に通っていたなど を見つけることが出来ればそこから更に話を広げることが出来ます。 またよく分からないことがあった時にはそれを詳しく聞くだけでも会話になります。 最近話題のもの 友達と話す時は 最近話題のものをネタにするのもいいでしょう。 たとえば• 最近よくテレビで見るあの人どう思う?自分は~• 来月公開予定の映画観に行く?• 今放送しているドラマは何見てる?• この前テレビで美味しそうなお店が紹介されていたんだけど~• 流行や話題のものはその瞬間だけで見れば一番旬なネタですし、話題になっているものは多くの人が知っているものがほとんどなのでそれをネタに話せば会話も弾みやすいです。 もしも友達が自分が話した話題を知らなかった場合は• テレビで見てたけどすごい美味しそうだった• 来月公開予定らしいけど面白そうだった• 知らないことを聞くのも話のネタになりますが、相手が知らないことを教えるのも話のネタになります。 最近あったこと 友達と話すときは 最近あったことを話題にするのもいいでしょう。 たとえば• 最近部活で失敗ばかりでつらい• 昨日こんなことで先生に怒られたんだけどどう思う?• 昨日駅前を歩いてたらこんな面白いことが~ といった感じですね。 友達といってもずっと一緒にいるわけではありません。 そのため 友達がいない間に起きた出来事を共有してみるのもいいでしょう。 探せば沢山あると思いますので面白いものは次会った時にでも話し、普通の日常的なことであれば話すことが無くなったとき用にいくつかストックしておくなどしておいてもいいですね。 たとえば• 今日の体育って何するんだったっけ?• 今日はバイトに行かないといけない。 中学生・高校生の場合は同じ学校や同じクラス、同じ部活など自分と似たような環境の友達と話すことが多いと思いますが、そのような環境であればその日にする予定も一緒になりやすいので 今日する予定が共通の話題になりやすく、会話も弾みやすいです。 もしも違う環境で今日する予定が違ったとしても、それはそれで• そっちは何するの? と違う部分を会話のネタにすることが出来ます。 またこの時に違う予定に対して• いいなあ• それは嫌だね などと自分の感想を述べるとより会話が盛り上がるでしょう。 目の前の出来事 友達と話す時は 目の前の出来事について話題にするのもいいでしょう。 たとえば• あそこのお店美味しいらしいよ• あのお店で働いてみたい• このポスター面白い• この広告に映ってるキャラクター知ってる?• この工事現場、何が建つんだろうね といった感じですね。 目の前にあるものは友達と一緒にリアルタイムで共有することが出来るので共通の話題として話しやすいですし、 何より周りを見渡せば話のネタが沢山あります。 そのため目の前の出来事について上手く話せるようになれば、友達と話すことがなくて困るなんてことも無くなるでしょう。 また友達と目の前のことについてリアルタイムで話すだけでなく、自分1人や家族で出かけた時などに見かけたことを友達と話す話題としてストックすることも出来ます。 会話のネタに困っている人は日頃から周りを見渡し、ネタが転がってないか意識しておくといいでしょう。 将来のこと 友達と話す話題やネタに困った時は 将来のことについて話すのもいいでしょう。 たとえば• 高校卒業したらどうする?• どこの高校に行くか決めた?• 将来どんな仕事に就くかもう決めてる?• 中学生・高校生は親や恋愛、学校の人間関係に勉強など悩みがつきませんが、その中でも自分の将来や進路について悩んでいる人も少なくありません。 そのためこうした将来のことについては相手にとって関心がある話題の可能性が高く、会話も続きやすいです。 また将来の話題は昨日あったことや目の前の出来事のように事実を述べるのとは違ってしたいことやしたくないことなども話せるので、 会話を広げやすいのもポイントです。 たとえば• 部活の人間関係が上手くいかなくて…• バイト先の店長がうざい• 勉強についていけない• 将来が不安• 人は誰しも悩みを抱えながら生きていますし、特に中学生・高校生は部活やクラスなど学校関係に家族や恋愛など悩むことが沢山あるので考えればいくらでも出てくると思います。 こうした悩みを打ち明けることで友達はそれについてどう思うか答えてくれるので自然と会話になりますし、自分が悩んでいることについては色々と話したくなりますのでいつの間にか話す話題やネタがないと思う暇も無くなっているでしょう。 また人は誰かに頼られたり、悩みを打ち明けられるのは特別感があって嬉しいですし、こうして自分が悩みを打ち明けることによって 友達も悩みを打ち明けやすくなります。 そうしてお互い普段は中々人に言えないようなことを話したり聞いたりすることが出来れば 今の仲よりもより深い関係になることも出来ます。 まとめ いかがでしたでしょうか? 友達と話している時は何を話せばいいか分からずに焦ってしまいがちですが、こうして考えてみると話す話題やネタは沢山あります。 そのため日頃から意識して色んなものをインプットする癖をつけておくことが友達と上手く話すために大切だと言えるでしょう。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の