あずき バー 作り方。 レンジで簡単「あずきバー」で「ぜんざい」を作ろう ♪

あずきバーのお赤飯作ってみました(^^)☆今日は井村屋あずきバーの日!

あずき バー 作り方

スーパーで売られているような安い和菓子だと、そんなに味にうるさくない私でも 「んっ?」 と首をかしげてしまうようなお味のあずきもありますが、自分であずきを煮ると、間違いなく安い和菓子よりもはおいしい! 老舗の和菓子屋さんには負けますが、ふだんのおやつとして食べるには、十分のおいしさです。 ただ私は、ずぼらだし、おいしいものは食べたいけど調理には時間をかけたくない、なるべく手間暇はかけたくない人なので、あずきの煮方もずぼら。 圧力窯にあずきと水とお砂糖を入れて、あとはシュンシュン鳴らすだけという、かなりずぼらな方法で煮ています。 これでも立派においしいあずきは炊けるのですが、悩みはつやつやに仕上がらないことでした。 このやり方だと、ファンデーションでいうところのマットな仕上がりになります。 口に入れればおいしいのですが、マットな仕上がりのあずきは、見た目がいまいちおいしくなさそうでした。 でも解決しました! このずぼらな方法で、あずきをつやつやに仕上げる方法を見つけました! 手間はかかりません。 作り方も、方法もそのまま。 圧力鍋に、あずきと水と砂糖と、もう1品を放り込むだけ。 そのもう1品とは。。。。 これで完成です! シュンシュンなり出した後の煮る時間は、圧力鍋の性能によっても違いますので加減してください。 私は小豆がかためのほうが好きなので、いつもはシュンシュン鳴ってから10分ほどで火を止めていましたが、はちみつを入れたときは10分だと小豆に芯が残ったので、いつもより5分長めにしました。 はちみつを入れたときは、かためのあずきがいいときはシュンシュン鳴ってから15分くらい、しっかりつぶれたやわらかめのあずきがいいときはシュンシュン鳴ってから25分くらいで火を止めたほうがいいと思います。 ですが圧力鍋の性能にもよるので、ご自身の圧力鍋のようすをみながら加減してください。 (くれぐれも圧力が下がるまでは、蓋を開けないでください!).

次の

井村屋あずきバーを手作りして、さらにダイエット効果大!!

あずき バー 作り方

「あずきバー」で簡単においしい「ぜんざい」ができると知ってから、冬は常に「あずきバー」が冷凍庫にあります。 それでは、世界で一番簡単な「ぜんざい」の作り方を説明します。 「あずきバー」で「ぜんざい」 材料• あずきバー• おもち 私は「あずきバー」1本に対し、おもち1個で作ります。 お好みでどぞっ。 写真はあずきバー2本、おもち2個。 なんでだろう…?と思い、「ぜんざい」と「おしるこ」について調べてみました。 「ぜんざい」と「おしるこ」の違いは? どちらも小豆を砂糖で甘く煮て、餅や白玉団子を入れたものです。 「ぜんざい」は小豆からコトコト煮る• 「おしるこ」は餡子を水で溶いて煮る 地域によって呼び方が違うと言われています。 関東では、汁気の有無で呼び方が違う。 汁気のない餅に餡子を添えたものを「ぜんざい」• 汁気のあるものを「おしるこ」 関西では、つぶの有無で呼び方が違う。 つぶあんのものを「ぜんざい」• こしあんのものを「おしるこ」 関西では、汁気のない餅に餡子を添えたものを 「亀山」と呼ぶ。 パン、アイス、ごはん、お餅のトッピングにどぞっ!.

次の

酵素たっぷり!砂糖類を一切使わずに麹の力で甘くする「発酵あんこ」の作り方とおすすめレシピ

あずき バー 作り方

「あずきバー」で簡単においしい「ぜんざい」ができると知ってから、冬は常に「あずきバー」が冷凍庫にあります。 それでは、世界で一番簡単な「ぜんざい」の作り方を説明します。 「あずきバー」で「ぜんざい」 材料• あずきバー• おもち 私は「あずきバー」1本に対し、おもち1個で作ります。 お好みでどぞっ。 写真はあずきバー2本、おもち2個。 なんでだろう…?と思い、「ぜんざい」と「おしるこ」について調べてみました。 「ぜんざい」と「おしるこ」の違いは? どちらも小豆を砂糖で甘く煮て、餅や白玉団子を入れたものです。 「ぜんざい」は小豆からコトコト煮る• 「おしるこ」は餡子を水で溶いて煮る 地域によって呼び方が違うと言われています。 関東では、汁気の有無で呼び方が違う。 汁気のない餅に餡子を添えたものを「ぜんざい」• 汁気のあるものを「おしるこ」 関西では、つぶの有無で呼び方が違う。 つぶあんのものを「ぜんざい」• こしあんのものを「おしるこ」 関西では、汁気のない餅に餡子を添えたものを 「亀山」と呼ぶ。 パン、アイス、ごはん、お餅のトッピングにどぞっ!.

次の