バーニー レス ポール。 レス・ポール

バーニーのRLC85というレスポールについて評判など意見を聞かせて下さい。私はギ...

バーニー レス ポール

FERNANDES PRODUCT CATALOG Vol. BWB. BWB. BWB. BWB. BWB. BWB. BWB. BWB. BWB. BWB.

次の

ランディ・ローズ

バーニー レス ポール

経歴 [ ] レスター・ウィリアム・ポルスファスは1915年、で系のジョージ・ポルスファスおよびイヴリン・ポルスファス夫妻の間に生まれる。 ファミリーネームは母親によってポルファス Polfuss と簡略化された。 彼は後にという芸名を使用することとなり、また「 Red Hot Red」というニックネームを使用した。 ポールは8歳のときに初めて音楽に関心を持ち、の演奏を始める。 を習った後、を弾き始める。 やなどに影響を受け、13歳までにのセミプロ・ギタリストとして演奏活動を行っていた。 17歳の時にルーブ・トロンソンのテキサス・カウボーイズと共に活動し、間もなく高校を落第する。 彼はのラジオ局 KMOX のバンド、ウォルバートンズ・レディオ・バンドに加入した。 シカゴ中心に人気を得る。 に解散。 この頃昼はルバーブ・レッドとしてラジオショーなどに出演、夜は本名でジャズグループに参加していた。 、ジム・アトキンスとアーニー・ニュートンとトリオを組み初めてのレコードをリリース。 、レス・ポールは新しいエレキギター「ログ(角材の意味)」をの工房を借りて作成した。 このギターは4x4の角材の両端にサウンドホールを持ったボディ材を留め、ネックを角材に取り付けたもので、今で言うセンターブロックを持ったギターである。 ソリッドボディのエレキギターの原型とも言える代物である。 他にもヘッドのないアルミニウムボディの「ヘッドレスワンダー」を開発している。 、ログのアイディアを社に持ち込んだが一蹴される。 この頃自宅に録音スタジオを建設し様々な発明をする。 レコードのカッティングマシーンを自作したり、を可能にしたり、アナログディレイマシンの原型などである。 これらの施設は当時最先端の技術を擁していた。 1月26日に交通事故であわや右腕を切断かという大怪我を負うが、1年のリハビリ生活の後奇跡的に復帰(リハビリ中にもリード・パートを除いた全てをレコーディングしリリースするという離れ業を見せている)。 、12月、メリー・フォードと3度目の結婚をする。 、メリー・フォードとのデュオ「How High the Moon」が全米1位を獲得。 、ギブソン社初のソリッドギターが発売される。 からレスが開発した世界初の8トラック・テープレコーダーが発売される。 、「」が世界的にヒット。 9週連続でチャートトップを記録する。 しかし50年代半ばからロックン・ロールが爆発的に普及し徐々に人気を失う。 経営が悪化し、低迷していたの救済をギブソンのテッド・マッカーティ社長に提言。 これを受け、にギブソンによりエピフォンは買収された。 、ギブソン社との契約が切れる。 人気の低迷と共にメリー・フォードとの仲も上手くいかなくなりやがて離婚する。 、友人の悪戯により耳の鼓膜が破れ、治療に3年を要する。 、現役復帰。 半ばからまで、ニューヨークのファット・チューズデイというクラブでトリオを率いて毎週演奏した。 参加メンバーは、、、、、、、、、、等々。 、レスポールの経歴を描くドキュメンタリー映画「」が2007年に公開される。 米 日本での公開は、2008年 2009年8月12日、によりの病院にて94歳で死去。 エピソード [ ]• から、死去したまで、毎週月曜日に、ニューヨーク市のにて「レス・ポールナイト」と称したライブを行っていた。 このイベントでは、、、、、、、、など、多くの有名アーティストが飛び入り参加して、レスと競演した。 また普段のステージでも自身のバンドに若手のミュージシャンやダンサーなどを招き発表の場を与えるなどしていた。 イベントの盛況ぶりは最後まで衰えることなく、ライブ後の店内にはレスにサインを求める人々の列がいつもあった。 に放送されたBSの番組『世紀を刻んだ歌「」』の中で、レスはこの曲を演奏し、最初にこの曲を歌ったの思い出を語っている。 レス・ポールが晩年使用していたギターはギブソン社のレス・ポール・レコーディングである。 今までに5度を受賞しているほか、1988年には、後世のロックアーティストに影響を与えた人物に贈られる、のアーリー・インフルエンス部門に殿堂入りしている。 また、前述の8トラック・テープレコーダーやギブソン・レスポールの功労により、ミュージシャンとして唯一「発明家の殿堂 」入りを果たしている。 、レス・ポール生誕96周年を記念して、のホームページのロゴが特別バージョンとなった()。 脚注 [ ] []• 参考文献 [ ]• 『レス・ポール読本:ヴィンテージ・エレクトリック・ギターの最高峰レス・ポールを饒舌なまでに語り尽くす!』〈エイ文庫〉、2002年。 ロブ・ローレンス『レスポール大名鑑 1915~1963 写真でたどるギブゾン・ギター開発全史』、2011年。 ロブ・ローレンス『レスポール大名鑑 1968~2009 写真でたどるギブソン・ギター開発全史 [後編]』ロッキン・エノッキー監修、小川公貴訳、スペースシャワーネットワーク、2011年。 トニー・ベーコン『世界で一番美しいアメリカン・ギター大名鑑 ヴィジュアルでたどるヴィンテージ・ギターの歴史』、ロッキン・エノッキー監修、川村まゆみ訳、2013年。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキニュースに関連記事があります。 外部リンク [ ]•

次の

CATALOG

バーニー レス ポール

僕自身もギターを始めて高校生で写真のGibsonを買ってからCombatに至るまでほとんどをレスポールでこなしました。 なので、レスポールの良いところも悪いところも知っています。 レスポールの魅力. 1 カッコいい レスポールの曲線美って他のギターには無い美しさがあります。 prayer. comより引用 この曲線美は他のギターにはありません。 レスポールだからこそ美しいと思います。 レスポールの魅力. 2 音が太くて温かみがある そして何よりの魅力は「音」 まるで「ホワッと」したような丸みのある音からディストーションをかけた時の「ズンズン感」まで本当に幅広くサウンドメイクが出来ます。 レスポールの魅力. 3 ガシッとしたディストーションサウンドのサステイン レスポールをロック系で使う人が多い理由の一つが「ハムバッカー」ならではの音色だと思います。 その代表が間違いなくこの人…ジミー・ペイジ。 中学生の頃、音源と映像を叔父が持っていて観てましたが本当にカッコよかった。 そうなんです。 レスポールには「ストラトが出せない密度の濃いディストーションサウンド」を出す事が可能。 これは一度体感すると、本当に病みつきになる芳醇なサウンドです。 レスポールのデメリットとは? ここまで本当に代表的な魅力を書いてきましたが、メリットや魅力があればデメリットもあるのです。 何点か代表的なものを書いていきます! レスポールは重い 多分、レスポールを諦めた方や苦手な方はこの意見が多いのではないでしょうか? そうなんです…重いんです。 3kgというレスポールも持った事があります。 実際にライブで使ったら…まぁ〜肩がこるし疲れる 笑 これが敬遠される1個目の要因だと思います。 ハイフレットが弾き辛い レスポールはカッタウェイの関係上ハイフレットのポジションが弾きづらいです。 特に手が小さめの方にはかなりキツイのではないでしょうか? でも、あのカッタウェイの接着面があるからこそ、あの豊かなサステインが得られますし、豊かなローミッドが出ます。 これはジレンマですよね… レスポールの音になる 僕が昨今、ストラトに移行した理由がコレです。 レスポールとストラト。 両方とも楽器として完成しているのですが一つだけ「差」があると思ってます。 それは…「レスポールはレスポールの音になり、ストラトはプレイヤーの音になる」という事。 以前、ギター雑誌を読んでいた時に世界的なギタリスト「Jeff Beck」がインタビューで答えていました。 「レスポールよりもストラトの方が【僕の音】が出せるんだ」と。 最初は「?」でした。 (いや…Beckさん。 あなたレスポールでめっちゃ名演残してるじゃないですか)と。 でも最新作や、ストラトを使い始めた頃の音源を聴くと、確かにレスポールを使っていた頃よりも音色の幅というか、表現が豊かなんです。 その時にJeff Beckが「ストラトの方が【僕の音】になる」と言っていた理由がわかりました。 レスポールは「レスポールの音」をしっかりと持っていてそれを鳴らしきれるか?が試されるギターだと思います。 ストラトの魅力とは? では…ストラトの魅力とは? 僕が感じている事ですがここでも代表的なものを書いていきます。 実は音が太い 僕が今のメインストラトを持って1番衝撃だったのがコレ。 クリーン・クランチサウンドで低音弦を「ゴン!」と弾いた時、本当にぶっとい音がアンプから飛び出してきました。 この「輪郭がシッカリとした太さ」はレスポールの「温かみのある太さ」とはまた別物で、ここで好みが分かれるかと思います! シングルコイルならではの繊細なニュアンス そしてこれも分かれるところです。 シングルコイルだからこその「タッチ感」と「ニュアンス」の反映の幅広さ。 ハムバッカーはニュアンスが出ない!と言うことではなく、シングルコイルの方が「顕著」に拾い上げてくれるのです。 本当は出力があるほうが拾いそうなのですが、ストラトとレスポールでは、ストラトの方が弾き手のニュアンスをしっかり反映してくれます。 本体重量が軽い レスポールは4kg平均ですが、ストラトは大体が3. 5〜3. 8kg位です。 この300g位でもかなり違います。 チリではありませんが、疲労も募ればなんとやら。 エルボーカットやコンター加工もされているので、長時間弾いていても疲れません。 エフェクト【ノリ】が良い これもストラトの魅力です。 歪みやコーラスなどのエフェクトのノリがレスポールよりも良い感じがします。 そのあとはバンドや状況によりますが、OvaltoneやSuhrの歪みペダルを入れてドライブさせてます。 これでハードロックをやるには十分な歪みを得られますし、フュージョン系の歪みも出せます。 この音作りの幅の広さもストラトの良いところですね。 どっちも良いし、どっちも使うのが良い。 ここまで両者の魅力を書いてきましたが、僕が今現在ストラトをメインにしているのは「ニュアンス」が出しやすいから。 と言うのが最たる理由です。 もちろん、状況や求められるサウンドがレスポールの時はレスポールを使います。 ただ今の僕の好みとしてはストラトがメインである事が「楽しくギターを弾いていくためには不可欠なだけなんです。 ただ軸として「自分の音」を出すには、僕はストラトが合ってるという事。 自分の軸が決まるとメインに据えるギター像も見えてきますよね。 ちなみに…僕の次のギターの構想は。 ・ピックアップはSSH ・ストラトシェイプ ・ローズ指板 ・ボディは出来ればアッシュ系 です。 こんな感じで自分の欲しいギターが明確になると、ギター探しも方向性を見失わずに済みますよwww そして出会ったCombat Classic 54ST このギターとの出会いは本当に何気なく、バンド関係の先輩に「ストラトが一本欲しいんですよね〜」と言ったところから… 「じゃあCombat触ってみないかい?」と言ってもらい八王子のショップへ。 社長の本田さんとお話しして「こんなタイプのストラトが欲しい」と話したところ、このギターを紹介してくれました。 ネックは少しVが強めな50年代初期の仕様で、ボディはアッシュ、指板はメイプル、ピックアップはリンディーフレイリンのピックアップです。 購入して2年ほど経ちますが、一切改造やモディファイはなし。 弾き込んでいくほど、ネックとボディの鳴りは整ってきてアッシュメイプル特有の「全帯域に渡りバキっとした」音が出ます。 しかもかなりローが強いです。 リアで弾いてもキンキンせずに心地の良いトーンが得られます。 どこの現場、セッション、ライブに持っていっても「どこのギターですか?」と聞いて頂いたり「音がすごい良かった!」と言ってもらえる最高のギターです。 クランチサウンドではピッキングニュアンスを細かく拾ってくれ、ドライブサウンドではストラトらしからぬサウンドを出してくれます。 このギターに出会ってから楽器探しの目線というか考えが変わりました。 それくらいの衝撃のギターです。 今の毎日ひたすら弾いています 笑 まとめ 今回は「超レスポールっ子」だった僕が、ストラトの魅力に惹かれていった理由を書いてきました。 もし今、ハム系のギターを使っていて「ストラトってどうなの?」と思われている方の参考になれば嬉しいです。 もしCombatにご興味を持たれた方はご連絡ください! ご覧頂きありがとうございました。

次の