だし 醤油 鎌田。 【楽天市場】だし醤油シリーズ > だし醤油:鎌田醤油公式ショップ

【楽天市場】めんつゆ・スープ > 十倍白だし:鎌田醤油公式ショップ

だし 醤油 鎌田

だし醤油への想い だし醤油は、「お客様の求めるものを」と、お客様にとって魅力ある商品の開発に取り組んでいた頃、女性社員の「うどんのだしを使うと短時間で美味しい煮物が作れて、忙しい主婦には便利」という言葉がきっかけで生まれました。 全国からだしの原料を集めて厳選。 二年をかけ、だしの旨みの濃い、うすめて煮物やうどんだしにも使える万能調味料『だし醤油』を完成させました。 地元香川だけでなく「もっと多くのご家庭で、美味しく味わっていただきたい。 」という想いから、当時主流だった瓶ではなく、輸送に適した丈夫な紙パックを開発し、通信販売で全国のお客様にお届けすることに。 だし醤油は、美味しいものを作るための正しい「手省き」です。 簡単・便利はもとより、作る人にも、食べる人にも、食を楽しむ時間や時短により生まれる気持ちのゆとりを感じてほしいと思っています。 これからも、ご家庭の味として世代を超えて紡がれることを願い、毎日の食卓の「いただきます」と「ごちそうさま」の間に、「だし醤油」をお届けしてまいります。 讃岐の本醸造醤油に、全国の特産地から厳選したさば節・かつお節・昆布の一番だしをブレンドした、風味豊かな「だし醤油」。 だし醤油界のパイオニアとして1965年に誕生以来、素材の味と風味を守り続け、50年を超えるロングセラー商品として愛され続けています。 「だし醤油」が誕生した時代、だしは調理の度に取るのが当たり前で、加工品として定着していませんでした。 毎回だしを取らなくてもおいしいだしの入った「だし醤油」という調味料を全国に広げるために、私たちは何よりも素材にこだわり、その素材の旨みや風味を抽出する技術を開発してきました。 1999年には北海道立十勝圏地域食品加工技術センターと、利用度の低い産卵後の「ブナ鮭」を丸のまま節にする新原料「まんま鮭節」の開発に成功。 「まんま鮭節」を使った「北海道鮭節だし醤油」を発売しました。 また、2000年には産官の共同研究による加工技術「ブナ鮭を用いたカツオ節様加工食品の開発及び実用化」が評価され、「日本食品科学工学会技術賞」を受賞。 その後、「鮭節」だしの血圧上昇抑制効果も判明。 機能性食品としての期待も高まっています。 「最優等の醤油を作り、社会のお役に立って信用を得る」の精神を大切にしながら、鎌田醤油では、時代や食文化の変化に対応し、最新鋭の設備と管理を導入、安定した供給体制と品質管理体制を整え、だし醤油など各種商品を作り続けてきました。 特に品質管理には力を入れており、継続的な品質の向上とCS(お客様満足)の増大を追求するために、設計開発から製造・販売の全プロセスに亘る国際品質規格の認証を取得し、運用しています。 そして本社工場、港工場では、第3者審査による認定を取得し、継続的な食品安全に取り組んでいます。 また、が商品に含むことが無いよう、原材料および商品について、技能試験に合格した検査員が、日々放射能を検査しています。 厳しい基準に合格した商品だけを出荷します。 ほかにも、各商品のを把握し、その情報を公開しています。 美味しさと、安全・安心、そして安定供給を目指し、これからも全社一丸となって取り組んでいきます。 鎌田のだし醤油といえば、紙パック。 今では当たり前となっているこの紙パック容器の第1号が誕生したのは1987年。 瓶やペットボトルが主流であった時代に、割れない、持ち運びしやすい、少量で使い切りサイズの紙パック容器の「だし醤油」は、その味はもちろん、紙パックならではの洗練されたデザイン性も含め、画期的な商品であると、全国的に広がりました。 紙パック容器を開発する上で、先代社長が特にこだわったのは液漏れさせないことでした。 第1号の紙パック容器では、倒した時にこぼれないようにとハサミで切った注ぎ口を塞ぐ、独自のプラスティック製のキャップを開発。 5年後には形状をガラリと変えた食品業界初の口栓付紙パック容器を凸版印刷株式会社と共同開発しました。 その後も、お客様のご要望にお答えする形で独自の口栓の開発を進め、2004年にはワンタッチ口栓(500㎖用)を、2014年には液だれしにくい現在の200㎖新型口栓を開発しました。 今後もよりよい形を求め、私たちの研究は続きます。

次の

【フードアナリストが厳選】だし醤油のおすすめ6選

だし 醤油 鎌田

醤油の香気と、豊かな厳選素材の一番だしの旨みとが一体となって、「減塩」につきものの物足りなさを感じさせません。 開栓後は冷蔵庫で保存し、早めにお使いください。 (保存料を使用しておりません。 醤油の香気と、豊かな厳選素材の一番だしの旨みとが一体となって、「減塩」につきものの物足りなさを感じさせません。 開栓後は冷蔵庫で保存し、早めにお使いください。 (保存料を使用しておりません。 醤油の香気と、豊かな厳選素材の一番だしの旨みとが一体となって、「減塩」につきものの物足りなさを感じさせません。 開栓後は冷蔵庫で保存し、早めにお使いください。 (保存料を使用しておりません。 ) 販売者 株式会社鎌田商事 香川県坂出市入船町2-1-59 醤油 しょう油 しょうゆ 内祝い 入学祝い ギフト 送料無料 だし 出汁 ダシ だし醤油.

次の

【楽天市場】めんつゆ・スープ > 十倍白だし:鎌田醤油公式ショップ

だし 醤油 鎌田

何年か前に、母が四国土産に買ってきてくれた鎌田醬油の「だし醤油」 最初は、さぬきうどんにかけて食べる醤油だと思ってたんですが、今では普通の醤油よりも使っているんじゃないかな?ってくらいの活躍ぶりです。 鎌田醤油 香川県にある、うどんつゆや醤油を作っている食品会社。 直売所は香川県に2カ所ですが、最近ではスーパーや北野エースなどのお店でも、だし醤油は見かけます。 だし醤油が有名ですが、では、他にもいろいろな醤油やうどんなどの取り扱いもあります。 だしの味が濃く、しょっぱさと甘みのバランスが良くて、品のいい味に仕上がります。 何にでも使えるのが便利。 結構期待してたんですが、すごく貝の味がするわけでもなく、鍋に使うとアッサリし過ぎたので結局他の調味料を足してしまいました…八宝菜は子供たちが苦手で作らないし。 チャーハンの味付けや焼きそばの隠し味に使うと美味しくなりました。 と言っても貝の鍋だしの他に普通の醤油や塩もかけるので、これだけで調味とはならないので、うちではなかなか減らない調味料でした。 白だしってこんなに甘いの?もっと塩味の効いた、だし醤油だと勝手に思ってて、甘みが強くてちょっとビックリ。 ダシの風味はあまり強くないような… だし醤油のように、お浸しなどにかけてもなんだかボヤけるし、茶わん蒸しも甘めにできました。 かつお節のだし醤油とそんなに違いはないです。 「鎌田のだし醤油」と比べると少し醤油の色が濃いのと、風味も濃いめ。 お豆腐とか水っぽいものに合うと思います。 200mlの小さいサイズだけなので食卓用になりますね。 調理に使うにはもったいない。 濃いめの味が好きな人や、だし醤油に飽きた時に交代で使ったりしても良いと思います。 だし醤油の使い道 麺つゆやお吸い物には水を入れるだけで出汁要らず。 お浸しなどにもバッチリ。 卵かけご飯もおいしい! 煮物に出汁の風味が一味足りなくても、少しだし醤油を足せば美味しくなります。 卵焼きに水とだし醤油を入れて作るフワフワのだし巻き風卵は、冷めても美味しいのでお弁当の定番です。 茶わん蒸しも、白だしよりだし醤油で作った方が好きです。 味だけでなく、紙パックで軽く、口が小さいので無駄にこぼすことがなくて、使いやすいのもポイントです。 200mlサイズは食卓用にピッタリです。 どこで買うのが安い? 北野エースに行くと500ml入りが大量に置いてあることがあり、定価700円くらいが時々セールで500円代になると何本か買いだめしてました。 ふと、鎌田醤油の公式ホームページをのぞいてみると、1本397円!?送料はかかるけど、何本かっても同一だから、まとめて買えば安くなる。 たぶん、最安値で買えるのは、ですね。 12本+送料で5304円でした。 1本442円なら買いに行く手間もなく家に届くので安くて便利です。 ただし、場所によって送料が違うので注意してください(四国から遠方だと楽天やAmazonの方が安い場合も) 多めに買って、親せきや友達への手土産にしています。 賞味期限も1年半と日持ちもするので良いですね。 公式ホームページだけでなく、楽天やAmazonでも購入可能です。 どちらも12本入りだと5724円(送料込)で少しだけ割高ですが、スーパーで買うよりうんと安いし、それぞれメリットもありますので買いやすい所で買えばよいと思います。 楽天カードを持っている人は、楽天の鎌田醤油公式ショップがあるので、ポイント使えたり貯まるのでお得ですね。 Amazonでもいろいろなセットが売ってます。 プライムなら届くのは早いです。 1本ずつ買いたい人は、北野エースのようなセレクトショップで買ったり、200mlならマックスバリューなどにも置いてあるので、値段はともかく手っ取り早く買えますね。 まとめ 鎌田醤油で一番おすすめなのは、やっぱり看板醤油の「 だし醤油」です。 スーパーの麺つゆはメーカーによって独特の風味が強くて、味に飽きがきてしまうことが多いんですが、だし醤油は特徴が強くなく、かつお節の一番だしを使ったようなサラッとした味で、濃くなくて、しょっぱすぎず甘すぎず、しっかりした味でバランスが良いので、なんでもおいしくしてくれます。 ちゃんとダシ取ったはずなのに、何か物足りない…と思った時に少し足すとおいしくなるんですよね~本当はかつおや昆布だけでダシの味は完成させたくて、だしの素を買わないようにしてるんですが、結局、 鎌田のだし醤油だけは「まぁいっか」って使ってしまっていて。。。 お弁当を作る時とか、焼きのりにちょっとつけるとか、ほぼ毎日活躍してくれます。 でも、いつもと違う味が欲しいな~と思う時は、他味のだし醤油を買ってお試ししてみたり…とにかく鎌田醤油は種類が豊富なので、ついつい買ってみたくなってしまいます。 結局はだし醤油に戻るんですが….

次の