大丸 松坂屋 株価。 J.フロント リテイリング(株)【3086】:株主優待

大丸松坂屋の株は私でも買える?株主優待でお買物がしたい! | 初心者ちゃんの株手帳

大丸 松坂屋 株価

500株以上 【3年未満保有株主】 利用限度額 100万円 【3年以上保有株主】 利用限度額 200万円 1,000株以上 【3年未満保有株主】 利用限度額 200万円 【3年以上保有株主】 利用限度額 300万円 2,000株以上 【3年未満保有株主】 利用限度額 300万円 【3年以上保有株主】 利用限度額 400万円 3,000株以上 【3年未満保有株主】 利用限度額 400万円 【3年以上保有株主】 利用限度額 500万円 4,000株以上 【3年未満保有株主】 利用限度額 500万円 【3年以上保有株主】 利用限度額 600万円• 株主優待 大丸や松坂屋で利用できる優待カード欲しさに、株式を購入する人も多いことでしょう。 百貨店でのお買物が10%割引になるので、お世話になった方へのお中元やお歳暮に使用できたり、用途は多様です。 さらに、若者向けデパートPARCOでのお買物券も貰えるので、個人的にかなりお勧めの優待内容となっております。 優待と一緒にイベント冊子も届くので、楽しい情報もたくさん得られます。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

大丸松坂屋百貨店|会社概要・役員

大丸 松坂屋 株価

2月に権利確定日を迎える銘柄のうち、百貨店(デパート)で買い物ができる株主優待を選んでみた。 百貨店には豊かな衣食住を満足させてくれる専門店が数多く入っている。 休日に、家族みんなでゆっくりと百貨店で買い物三昧。 きっと、妻も子どもも喜んでくれるはずだ。 フロント リテイリング 「大丸松坂屋百貨店」やファッションビルの「パルコ」などを展開しているJ. フロント リテイリング の株主優待は、自社グループ店舗で利用できる「大丸・松坂屋お買い物ご優待カード」と「パルコお買い物ご優待券」だ。 「大丸・松坂屋お買い物ご優待カード」は買い物が10%割引、「パルコお買い物ご優待券」は2,000円(税込)ごとの買い物に100円分として利用できる。 「大丸・松坂屋お買い物ご優待カード」は、株数によって利用限度額が決まっている。 100株以上500株未満では50万円、500株以上1,000株未満では100万円、それ以降は100株増えるごとに100万円ずつ増えていき、4,000株以上で500万円となる。 また、「パルコお買い物ご優待券」は100株以上であれば40枚もらえる。 100株以上であれば株主優待カードがもらえる。 ただし、6ヵ月間の利用限度額が100株以上500株未満では30万円となる。 なお、高島屋オンラインストアでも利用が可能だ。 100株以上であれば、優待カードがもらえる。 ただし、セール品や食料品、レストランでの利用では2%割引となる。 支払いは現金のみ、優待カードの利用回数や金額制限はない。 どちらも、100株以上でもらえる。 優待割引券は10株以上で1枚、10株増えるごとに1枚増えていき、2,000株以上では200枚となっている。 また、優待飲食券は100株以上500株未満では3枚、500株以上では6枚だ。 【権利確定日】2月28日 【最低投資金額】3万円 文・吉川敦(フリーライター) 実際に株式投資を始めてみる 口座開設数1位、IPO取扱数1位、投信本数1位、外国株取扱国数1位 口座開設数2位、外国株や投資信託に強く、マーケットスピードも使える 三菱UFJフィナンシャル・グループで安心、ミニ株も取引できる IPO当選確率を上げるならおすすめ、ツールも魅力的 少額取引の手数料が0円 手数料が業界最安値水準な上に取引でポイントがたまるDMM. com証券 【関連記事 PR】 ・ ・ ・ ・ ・•

次の

大丸松坂屋百貨店|会社概要・役員

大丸 松坂屋 株価

百貨店関連の株価は下がる一方なの?現在の状況は 百貨店株が下落しています。 これは今に始まったことではないのですが、長期的な見通しは暗いとされています。 特に、 インバウンド関連で買われた百貨店株の下落が目立っています。 大丸、松坂屋を運営するJ.フロントリテイリングは年初1月安値からリバウンドしてきました。 今後の百貨店業界は暗い要因ばかりでは無いけどまだ静観が必要な理由 売上減に悩む百貨店業界の中でも数少ない勝ち組と言われている大丸、松坂屋でも業績は芳しくないということですから、百貨店業界の見通しはやはり暗いと言わざるを得ません。 現在では、SMBC日興証券がの目標株価を2500円から1900円に引き下げ、 投資評価「2」を継続するとのリポートが確認されています。 同証券のアナリストは「高額消費鈍化、銀座店開業遅れで、中計利益達成の難易度上昇、2018年2月期は銀座、上野の開業効果により 投資妙味が増す見通し」とリポートで紹介していました。 ただ、百貨店株はどれも厳しい状況であるのは変わりはありません。 、、J.フロントとも安値を再びうかがうようなチャートとなっています。 投資妙味が増すまでには時間がかかる可能性は多分にあるでしょう。 ネット等の銘柄情報を見て売買するのはもう遅い? 利益を出している投資家はなぜ優良銘柄で売買できるのか? それは当たり前ですが、「世間に出回る前の新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。 これから注目したい百貨店関連の株式銘柄はこの2つ! 日本百貨店協会が発表した、2017年1月の全国百貨店売上高概況では、売上高総額は5,209億円と、前年同月比1. 2%減となりました。 これは11ヶ月連続で前年同月を下回っているのです。 百貨店で爆買いする中国人旅行者の数は減ってきていると、ニュースでも報道されています そういったインバウンド期待があった数年前の、強烈な需要の反動が来ているのかもしれません。 けれども、そんな中でも注目したい2つの銘柄についてまとめていますのでご参考ください。 注目したいデパート関連銘柄その1:キムラタン(8107) 株式会社(Kimuratan Corporation)は、兵庫県神戸市中央区 神戸市 中央区に本社を置いています。 主にベビー服・子供服を中心に扱うアパレルメーカーです。 一時期IT関連事業にも進出していましたが撤退しています。 社名は創業者の木村坦の名に因むものだということです。 地場の百貨店としては 業務を広範囲に広げず堅実経営に徹していることで比較的好業績を保っています。 確認しておきたい堅実な百貨店株その2:松屋(8237) (まつや、MATSUYA CO. ,LTD. )は、東京都中央区 東京都 中央区銀座三丁目に本店、台東区花川戸一丁目に浅草店を置く百貨店です。 銀座の本店は、銀座地区の百貨店において人気・売上ともに三越銀座三越と首位の座を争う間柄です。 業績の善し悪しにかかわらず、 老舗であり株価も安定しているのが特徴で堅実といえます。 百貨店の株は「株主優待」も大きな魅力!大手の三越伊勢丹HDの一例 こういった、百貨店関連の銘柄は株主優待も一つの魅力です。 下記にはそういった、メリットを感じる事が出来る一例をまとめましたのご参考ください。 大手百貨店:三越伊勢丹HD(3099)のケース 業界首位の三越伊勢丹HDです。 配当は年間12円で、 優待内容は100株保有で上限額15万円までお買物が10%OFFになるといった株主優待カードが年2回送付されてきます。 株価は1,420円前後で推移しています。 97%となります。 限度額15万円の株主優待カードは1枚2,500円程度でヤフオクで売買されています。 ヤフオクで売却したときの配当+優待利回りは、4. 37%となります。 この銘柄は300株以上保有の場合は、上限額が20万円となり、かつ2年以上継続保有の場合は上限額が40万円となる長期保有優遇制度も実施されています。 その他の特典として、オンラインショッピングでも使えること、駐車場サービスを1時間延長できることなどがあります。 さらに、有料催事は同伴者1名も無料で鑑賞できます。 駐車場サービス1時間延長は、ゆっくり買物をしたり食事をしたりするときに重宝するでしょう。 これからの百貨店の株価はどう進んで行くの?業界の行方は 百貨店業界首位の三越伊勢丹HDの株価は現在、完全に右肩上がりです。 Jフロントリテイリングの株価も右肩上がりになっています。 百貨店業界の不振を予測して相当売り込まれていたのですが、最近になって「それほど悲観しなくてもよいのでは」というムードが漂ってきています。 百貨店も外国人旅行者ばかりに焦点を当てるのではなく、人気の「デパ地下」を1階フロアに設置するなど、地元の人をターゲットにした店舗運営にも力を入れているようです。 百貨店関連銘柄のこれからと注目すべき企業をまとめると…• 暗い要因ばかりでは無いけどまだ静観が必要• 注目したい百貨店関連の株式銘柄はキムラタンと三越伊勢丹HD• 百貨店の株は株主優待も大きな魅力• これからの百貨店業界はそんな悲観的ではない こういった様に、百貨店関連銘柄で投資を行うのはいくつか注意点が存在します。 注目すべき銘柄もピックアップしましたが、これから 投資対象にするのはちょっと遅いかも知れません。 そうなると注目したいのは、関係の有る企業の銘柄です。 そういったまだあまり注目されていないこれから伸びる銘柄は、投資家達はいち早く嗅ぎ付けて買いを入れます。 そういう 投資家達は信頼できる情報元を必ずいくつか持っています。 下記には、そんな投資家達が注目している無料の銘柄情報3つを公開しています。 こういった情報を参考に、これから大化けが期待できる企業を選定される事をおすすめ致します。

次の