ジャパン コンポジット。 ジャパンコンポジットの年収・給料・給与・賞与(ボーナス)の一覧

三菱ケミカルアドバンスドマテリアルズコンポジット株式会社

ジャパン コンポジット

無人機(ドローン)開発 弊社では、無人機(ドローン)の開発に関わるすべての段階に対応可能です。 フルサポートも可能ですし、一部だけをサポートすることもできますので、 お気軽にお問い合わせください。 コンサルタント 無人機(ドローン)についての基本知識から開発に関するご相談まで、お客様が知りたい情報について、丁寧に説明させて頂きます。 設計・製作 お客様に必要な無人機(ドローン)をオリジナルで設計、製作可能です。 又は、コストを下げ、製作期間を短くするために弊社オリジナルの機体をカスタマイズして製作もできます。 飛行テスト 製作した機体の飛行テストを行い機体の精度をあげていきます。 既に機体をお持ちの方は、飛行テストのみのサポートも可能です。 量 産 完成した機体を量産したい場合も対応可能です。 タイの協力会社にて型を作って量産できますので、国産での量産より低コストで提供させて頂きます。 運用・サポート 無人機(ドローン)の利用を開始した後も運用のお手伝いから、故障などによるトラブル対応までしっかりとサポートさせて頂きます。 機体の特徴 コンポジット工法 弊社の機体は、コンポジット工法で製作します。 コンポジット工法にはさまざまな強みがあります。 社名 合同会社 X-TREME COMPOSITE JAPAN (エクストリーム コンポジット ジャパン) 代表者 角屋 守 設立 平成21年6月17日 住所 〒515-0502 三重県伊勢市東豊浜町3027番 連絡先 TEL. 0596-37-5373 FAX. 個人情報の管理 当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。 個人情報の利用目的 お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。 個人情報の第三者への開示・提供の禁止 当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。 お客さまの同意がある場合 お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合 法令に基づき開示することが必要である場合 個人情報の安全対策 当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。 ご本人の照会 お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。 法令、規範の遵守と見直し 当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。 お問い合せ 当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。 合同会社 X-TREME COMPOSITE JAPAN 〒515-0502 三重県伊勢市東豊浜町3027番 TEL:0596-37-5373 FAX: 0596-37-5396.

次の

ドローン 無人機 空撮

ジャパン コンポジット

Epsilon Japan• Epsilon Americas• Epsilon Central Europe 外部リンク エプシロンコンポジット(EPSILON COMPOSITE)はフランス・ガイヤン=アン=メドック に本社を置く(Carbon Fiber Reinforced Plastic 成型品メーカー。 高機能・超軽量素材を大量生産に適したプルトルージョン製法を活用することで費用対効果の高いソリューションとして世界に広めている。 2017年にはヌーヴェル=アキテーヌ地域圏の経済発展への貢献を認められグランプリを受賞した。 概要 [ ] 様々な用途向けにカスタマイズされた主力製品の連続引抜き成型品に加え、ハイブリッドソリューションとして引抜き成型品に異種材料を接合したアッセンブリ品にも事業を拡張している。 エプシロン・インダストリーズ(Epsilon Industries) 自動化された製造ラインで連続的に生産される引抜き成型品(パイプ・ロッド・プレートなど)を設立当初より主力製品として製造・販売。 顧客の用途に合わせてとの最適な組み合わせの製品を提案する。 引抜成型品のほか、異種材料接合をしたアッセンブリ品も製造・販売している。 2004年の事業化後、印刷(オフセット・)、FPD・PCB基板製造装置、フィルム製造装置などに採用されている。 2017年現在、年間20000本のカーボンロールを販売。 エプシロン・エナジー(Epsilon Energy) 2008年より事業化。 エネルギー業界向けに長尺製品を製造・販売。 エプシロン・アエロスペース(Epsilon Aerospace) 2010年より事業化。 Airbusをはじめ航空業界向けの構造部品を製造。 主要子会社 [ ] 売上の85%以上がフランス国外への輸出で構成され、おもにドイツ、日本市場に納品されている。 Epsilon Americas(メキシコ)• Epsilon Central Europe(オーストリア) エプシロン・ジャパン株式会社 [ ] 1995年から日本市場での販売を開始。 2008年に仏エプシロン・コンポジット本社100%出資で日本法人化された。 フランス工場製造品の日本をはじめとしたアジア市場向けの営業・技術サポートやマーケットリサーチを行っている。 脚注 [ ]• 2018年8月8日閲覧。 2018年8月8日閲覧。 2018年8月8日閲覧。 2018年8月8日閲覧。 2018年8月8日閲覧。

次の

会社案内|日本コンポジット工業

ジャパン コンポジット

Epsilon Japan• Epsilon Americas• Epsilon Central Europe 外部リンク エプシロンコンポジット(EPSILON COMPOSITE)はフランス・ガイヤン=アン=メドック に本社を置く(Carbon Fiber Reinforced Plastic 成型品メーカー。 高機能・超軽量素材を大量生産に適したプルトルージョン製法を活用することで費用対効果の高いソリューションとして世界に広めている。 2017年にはヌーヴェル=アキテーヌ地域圏の経済発展への貢献を認められグランプリを受賞した。 概要 [ ] 様々な用途向けにカスタマイズされた主力製品の連続引抜き成型品に加え、ハイブリッドソリューションとして引抜き成型品に異種材料を接合したアッセンブリ品にも事業を拡張している。 エプシロン・インダストリーズ(Epsilon Industries) 自動化された製造ラインで連続的に生産される引抜き成型品(パイプ・ロッド・プレートなど)を設立当初より主力製品として製造・販売。 顧客の用途に合わせてとの最適な組み合わせの製品を提案する。 引抜成型品のほか、異種材料接合をしたアッセンブリ品も製造・販売している。 2004年の事業化後、印刷(オフセット・)、FPD・PCB基板製造装置、フィルム製造装置などに採用されている。 2017年現在、年間20000本のカーボンロールを販売。 エプシロン・エナジー(Epsilon Energy) 2008年より事業化。 エネルギー業界向けに長尺製品を製造・販売。 エプシロン・アエロスペース(Epsilon Aerospace) 2010年より事業化。 Airbusをはじめ航空業界向けの構造部品を製造。 主要子会社 [ ] 売上の85%以上がフランス国外への輸出で構成され、おもにドイツ、日本市場に納品されている。 Epsilon Americas(メキシコ)• Epsilon Central Europe(オーストリア) エプシロン・ジャパン株式会社 [ ] 1995年から日本市場での販売を開始。 2008年に仏エプシロン・コンポジット本社100%出資で日本法人化された。 フランス工場製造品の日本をはじめとしたアジア市場向けの営業・技術サポートやマーケットリサーチを行っている。 脚注 [ ]• 2018年8月8日閲覧。 2018年8月8日閲覧。 2018年8月8日閲覧。 2018年8月8日閲覧。 2018年8月8日閲覧。

次の