モノタロウ 書類送検。 「熱いよ、助けて」火中、夫の携帯に 「孫が死んじゃう」祖母の叫び 福島7人不明火災:イザ!

安価な処理提案がまさかの爆発事故?!

モノタロウ 書類送検

6 442. 4 0. 2 353. 0 0. 2 448. 1 0. 8 478. 9 0. 5 566. 6 0. 74 情報提供 株価予想 業績予想.

次の

高槻の火災 書類送検~モノタロウ社員ら ガス漏出疑い~(日本経済新聞 令和2年2月14日(金))|更新情報|高槻市で建設業・産業廃棄物処理業の許可申請ならお任せください|行政書士浜田温平事務所

モノタロウ 書類送検

大阪府高槻市で2019年7月、産業廃棄物収集会社でスプレー缶のガス抜き作業中に爆発が起きて3名が死亡、1名が意識不明の重体の火災で、許可を受けていない業者に廃棄するスプレー缶の運搬を委託したとして、産業用資材販売「MonotaRO モノタロウ 」も廃棄物処理法違反容疑で書類送検した。 台風により被害を受けたスプレー機械部品用クリーナーの処分に困った男性社員が昨年5月、収集運搬会社に相談すると、「自分たちでガスを抜いたら安くできる。 」と提案され、ガス抜きを行ったことが原因とされる。 記事では安全に配慮された方法で適切にガス抜き作業が行われなかったことが事故原因とされています。 大量のスプレー缶のガス抜き作業を行うことで、可燃性のガスが充満する状況において穴あけ作業で火花が散り、引火してしまったのではないでしょうか。 引火の要因は予想がつきますが、そもそも、なぜ、この様なことが起こってしまったのでしょうか?事件の詳細を見ていくと、このガス抜き作業が特殊な状況で行われたものであることが分かります。 事故被害に処理業者と排出事業者が混在!なぜ、こんな事態に?! 事故発生当時の記事を振り返ってみます。 火災は産業廃棄物収集運搬会社「今村産業」で6日夜に発生。 スプレー缶が今村産業に持ち込まれ、4人がガスを抜く作業をしている最中に爆発が起きたとみられる。 現場では同社社員の20代の息子とみられる遺体が見つかったほか、モノタロウの男性社員が死亡。 男性社員の次男とモノタロウの下請け会社社員の50代男性とみられる2人が意識不明の重体となった。 モノタロウは「今村産業とは廃棄物に関する取引をしていたが、缶の処理の経緯は確認中。 」としている。 事故の被害にあった方の、内訳を見ると運搬会社社員の家族1名、排出事業者の社員とその息子、排出事業者の子会社の1名と合計4名となっています。 これには、違和感を持つ方も多いのではないでしょうか? 実は、運搬会社が「自分たちでガスを抜いたら安く処理ができる」と提案していたことが今回の記事で分っています。 どうして運搬会社はそのような提案をしたのでしょうか? これは、あくまで私の予測ですが、排出事業者から強いコストダウンの要求があって仕方なく、排出事業者にガスを抜いてもらうという折衷案を持ちかけたのではないかと考えられます。 水没した3万6千本がガス抜き対象だったという情報から、予定外に発生した廃棄物に対して十分な予算が確保できなかったのではないかと思われます。 家族や下請け会社が一緒に作業していたことからも、この作業自体が非公式なものであった事が分かります。 つまり、ガスが封入されたままで処理委託をするとコストオーバーになってしまうので、自分たちで缶に穴を開けていたところ、爆発してしまったというわけです。 事故発生場所が運搬会社のヤードで起こったのは、とりあえず搬入しておいて、場所を借りながら作業をしていた…ということなのかもしれません。 そのコスト削減提案は適切か? 今回の事件から分かることは、まず コストだけを優先するのは危険だということです。 いくらコストを削減するためとはいえ、安全が確保できない不適正な作業をしてしまうことは非常に危険です。 また、「自分たちで処理をすれば安くなる」と提案をした運搬会社にも問題があります。 危険が伴う作業を勧めるということはあってはなりませんね。 処理業者の言うことを鵜呑みにしないことも重要です。 しかし一般的に考えると、今回のガス抜き作業には危険が伴うことは容易に判断できます。 にもかかわらず、実際に作業を行い、事故を起こしてしまったということは、やはりコストばかりに意識が取られて、客観的な判断ができなかったのではないでしょうか? そういった意味でも、廃棄物処理において何を一番重視するべきなのか?を検討してみてはいかがでしょうか? 実はこの内容、昨年の弊社のセミナーでも取り扱っており、驚くことに当時の考察と事件後に分かる詳細情報がほぼ同じでした。 弊社ではこのようなニュースや事件の情報も盛り込みながら、廃棄物に関するセミナーを定期的に開催しています。 ご了承ください。

次の

高槻爆発で死亡した3人を書類送検…大阪府警 : ニュース : 関西発 : 地域 : ニュース : 読売新聞オンライン

モノタロウ 書類送検

埼玉県三芳町の通販会社「アスクル」の物流倉庫で発生した火災で、県警に消防法違反容疑で書類送検された物流センター長の男(44)は違法保管について、「出荷作業に支障を生じさせないため」と供述していることが28日、県警への取材で分かった。 効率化を重視し過ぎた結果、消防法を軽視していた実態が浮き彫りになった。 フォークリフトから出火した原因も判明。 県警は関係団体に情報提供し、再発防止策を求めた。 (宮野佳幸) 県警によると、倉庫を管理する子会社「アスクルロジスト」(東京都江東区)=同容疑で書類送検=は物流倉庫とは別に、地元消防から許可を得て、約15メートル離れた場所に通常より多くの量の危険物を保管できる危険物貯蔵所があった。 計286品目、約1万2千点の殺虫剤などの危険物があったが、基準を超えた分の危険物を貯蔵所で保管しなかった理由について、男は「余分な時間と労力がかかるので、貯蔵所に移さなかった」と説明。 県警は、出荷遅れを恐れ、違法状態が常態化していたとみている。 出火原因をめぐっては、フォークリフトのエンジンルーム内に段ボール片が入り込み、エンジン付近の高温になる金属製の管に触れて発火、床にある他の段ボールに燃え移ったとみている。 火災が起きた端材室は多量の段ボールが堆積。 高さ約3メートルもの段ボールが積み上がっていることもあったという。

次の