清水 翔太 この 日 の こと。 清水翔太の岩手が「神回だ!」と感じた根拠を述べよ|りり|note

清水翔太 さよならこの夏に 歌詞

清水 翔太 この 日 の こと

清水翔太のおすすめアルバム一覧!人気曲を一気に網羅! この記事では、清水翔太のベストアルバムや人気曲などを一気に紹介しています。 このアルバムにはデビューシングル「HOME」から「I miss you -refrain-」まで全シングル20曲と、 初公開の「春風」が収録されています。 このアルバムを聴けば、清水翔太さんのシングルはほとんど網羅できます。 1.PROUD 2016年3月30日リリース これまでの曲調からガラリと変わった印象の曲が多いです。 だいぶ曲の方向性を変えてきたなという感じです。 爽やかなバラード系が好きだった方にはとっては好みがわかれるかもしれませんね。 2.FLY 2017年6月28日 今のところ最新のアルバムです。 このアルバムにはいろんなジャンルの曲が収録されています。 しっとりバラード系から、オートチューン 加工 を駆使した曲まで様々です。 このアルバムでは、シングルにもなった「My Boo」やラブバラードの「Because of you」が人気です。 2008年のデビュー作「HOME」では、清水翔太さんが上京するときの心境を歌っていましたが、 このアルバムに収録されている「TOKYO」は、10年経って感じたことを歌っています。 スポンサーリンク その他のおすすめアルバム 1.MELODY 2012年11月28日リリース コチラのアルバムは、名曲のカバーが収録されたアルバムです。 特に人気なのが「白い恋人達」 桑田佳祐 、「let go」 m-flo などです。 大ヒット曲の「Love Forever」や「Sakura Melody」が人気です。 スポンサーリンク その他の人気曲 1.側に コチラは17thシングル「SNOW SMILE」のカップリング曲です。 歌詞が素敵なラブソングで、結婚式で流す人も多いです。 2.ONE LOVE feat. 清水翔太 童子-T 清水翔太さんがデビュー前の2007年に童子-Tさんとコラボした曲です。 童子-Tさんのアルバム「12 Love Stories」に収録されています。 スポンサーリンク.

次の

#クリスマスの約束 X この日のこと

清水 翔太 この 日 の こと

会場となった東京国際フォーラムのまわりは、清水翔太ファンである若い女の子(や一部男の子もいた)でいっぱい。 徐々に満席になっていく会場内。 私も楽しみ! まず、1曲目は「白い恋人達」 のっけから冬の歌だ。 だがファンたちが持っている青いライトが、そんな冬の歌に合う。 ファンと清水翔太によって場はつくられた。 2曲目の「Aitai」がピアノ弾き語りで披露されたあと、この日初のMC。 意外にも国際フォーラムでのライブは初めてらしい。 しかししっとり聴かせるライブにこの会場はぴったりだ。 MCのあとは「レイニーブルー」「化粧」「素直」と立て続けに続く。 「化粧」を、24歳の男子が唄うのか。 おそるべし。 そしてこれまでの5曲はすべてバラード。 もともとカバーは難しい。 実力がなければカラオケになってしまうからだ。 しかもファンは20代の若い子たちが中心。 我々世代やその上の人たちがリアルタイムで聴いていたような曲を説得力を持って表現するのは難しいはずだ。 ましてや、ライブで1曲目から続け様にバラードを聞かせることができるのは並大抵じゃない。 カバーアルバムからの5曲が終了すると、これまでデビューから5年間のダイジェスト映像が流れる。 ここからはセルフカバーコーナー。 先ほどがチャレンジャブルな5曲なら、このセルフカバーコーナーはまさにこれまでの自分を振り返るHOMEな4曲だ。 ファンにとってもおなじみ「With You」「Journey」「君が暮らす街」「your song」という流れで進んでいく。 「オリジナルにしてもカバーにしても、その時奏でた音楽はその瞬間にしか生まれない。 そういうところが音楽の良さ」とMCで語る清水翔太。 音楽のナマ感を大切にしているということなのだろう。 だとしたらやはりライブは彼にとってなくてはならないものだ。 そんな音楽に対する真摯な姿勢が伝わったところで、再びカバーコーナーに戻る。 「even if」「三日月」と比較的最近の曲が続きMCへ。 この日のスペシャルゲスト、スキマスイッチの大橋卓弥が紹介されるとファンも大喜び!二人が唄う歌は、やはりカバーアルバムに収録されている「夏の終わりのハーモニー」。 これもまた名曲だ。 二人の声質はともに個性的なのだけど、素晴らしいバランスとハーモニーで聞かせてくれる。 MCをはさんだあとはファンサービス満載、リクエストカバーコーナー。 あ〜、いい選曲かも。。 もし歌えたらハマるのでは。 すぐさまIpadで検索された歌詞がスタッフから運ばれてくる。 時代だなーとしみじみ思ってたら、「OK!いける!!」と自信に漲る一声が。 サビだけかと思いきや、Aメロからサビまで1コーラス歌いきる。 自信は証明された。 さすが若いとはいえプロだ。 その後、Mr. Children「HERO」、小田和正「言葉にできない」と披露。 リクエストコーナーは大盛り上がりで終了した。 ライブもいよいよ終盤に突入。 邦楽の持つ良さを伝えたいという思いから邦楽のみで構成されていたカバーアルバムだが、洋楽カバー曲にして、清水翔太なら外せない1曲「STAND BY ME」がこのタイミングで来た! これもまた初心に還れる1曲。 最後は「誰より好きなのに」で本編は終了。 「翔太!」のコールが鳴りやまず、アンコールへ。 降りていた緞帳が再び開かれ、アンコール1曲目は「今夜はブギーバック(SMOOTH RAP)」。 この日一番のボルテージ!これまで比較的じっくり聴いていたファンも爆発したかのような盛り上がりっぷりだ。 座っていた2階席もゆれる! それもそのはず、加藤ミリヤとSHUNも一緒にパフォーマンスしているからだ。 もはやMCも家族かのような3人。 ここで改めてSHUNのメジャーデビューが発表され、会場は温かい雰囲気に包まれた。 アンコール2曲目は「forget me not」。 終盤に来ても声量が落ちない。 圧巻のパフォーマンス。 ついにこの日のラスト、3月から続いたツアーのラストを飾ったのは「この曲をカバーしたいために今回のカバーアルバムを作った」という、きっかけにもなった「366日」。 そしてこれまた豪華なことにHYの仲宗根泉がステージに登場!この日のために沖縄からかけつけてくれたらしい。 豪快なキャラの仲宗根泉とまだ少年らしさがどこかある(この日の服装も含めだが)清水翔太が並ぶ。 「お母さん」「みいちゃん(注:仲宗根泉だけが呼んでいる清水翔太のニックネームらしい)」と呼び合う二人はまさに親子のような空気。 二人のMCの掛け合いも家族のような楽しさと温かさにあふれている。 「366日」はそんな二人ならではの空気に包まれ終了。 この日の全曲が終了し、ツアーも幕を閉じた。 この日何度か彼から「成長したい」という言葉を耳にした。 成長は自分の身の丈よりも背伸びしたところにあるというが、今回のカバーはそんな背伸びが必要なもの。 だが曲の解釈、多彩な表現など、ファンが十分満足できるものを提供してくれたのではないか。 7月にはトラックも自分で制作したオリジナル新曲が出ることがこの日発表された。 次のチャレンジもまたスグそこ。 楽しみに待っていよう! [TEXT by FujikOO ] [PHOTO by 伊藤麻矢, Official Photo]• 白い恋人達• Aitai• レイニーブルー• With You• Journey• 君が暮らす街• your song• even if• 三日月• 夏の終りのハーモニー feat. 大橋卓弥(スキマスイッチ)• Aqua Timez「決意の朝」 リクエストカバー• Mr.Children「HERO」 リクエストカバー• 小田和正「言葉にできない」 リクエストカバー• Stand By Me• 誰より好きなのに• アンコール• 今夜はブギー・バック(SMOOTH RAP) feat. 加藤ミリヤ&SHUN• Forget-me-not• 366日 feat. 仲宗根泉(HY)•

次の

【クリスマスの約束2019】セトリ(曲目)がコレ。出演者は清水翔太が「この日のこと」を歌う理由がステキ

清水 翔太 この 日 の こと

「今年も出演できて嬉しい」と語ったJUJUらとの一曲には「昔の曲を聴くとホッとする」という小田らしい、往年の名曲が選曲され、聞き応え抜群。 そして最後のパートナーは清水翔太。 小田は今年の夏、ネットで清水が「この日のこと」(『クリスマスの約束』のテーマ曲として制作された楽曲)をカバーしているのを見たと言い、『クリスマスの約束』がこの歌から始まったことを思い出し、この曲で締めくくりたいと思ったと話した。 同曲は当時デビュ一1年目だった清水が同番組で歌った曲でもあり、それ以来清水の心にずっと心に刺さっていたという。 〈その時きっと振り返るだろう 今日という この日のことを〉まさにこの先振り返りたくなるような、贅沢な一夜だった。 3時間を超える収録の間、ステージでアーティストとトークをし、歌い続けた小田の体力に、素直に脱帽した。 そして若い世代には聴き馴染みのない昔の曲も、聴きやすいアレンジで披露され、音楽のリレーを繋いでもらったような気持ちがした。 小田の変わらぬ歌声は、いつの時代も胸を打つ。 小田をはじめ豪華アーティストたちが名曲を奏でる『クリスマスの約束2019』は、12月25日深夜24時10分から。 2 current.

次の