告白 でき なかっ た。 好きな人へ告白できない人にわかってほしいこと。俺と一緒に当たって砕けよう!

デートで告白できなかった場合、LINEで告白しても良いのか?

告白 でき なかっ た

1:告白って緊張する~ 大好きで、もっと関係を深めたい人……。 そんな大切な人を目の前に、「好きです。 付き合ってください」と伝える。 それが告白というもの。 ここから新しい関係を築きたいと願うも、断られてしまったらと考えると、勇気が出ない人も多いと思います。 「フラれるくらいなら、告白せずに、今のまますの関係でいい……」 そう自分に言い聞かせて、告白できなかった経験をした人も多いでしょう。 でも「伝えなかった後悔」と「伝えた後悔」、どちらが人生の後悔になると思いますか? 2:緊張しすぎて失敗も!? みんなの告白体験談4 とはいえ告白というものは、どうしても緊張しますよね。 それは恋をしているのだから、当たり前のこと。 そんな緊張がひしひしと伝わってくるような、みんなの告白体験談をご紹介しましょう。 (1)10分間の沈黙 「初めて好きな人ができた中学2年生のとき、自転車置き場に呼び出して告白しようとしました。 でも、その子を前にすると言葉が出てこない。 結果、何もしゃべれずに……。 結局、思いを伝えられず卒業しました」(27歳男性) 淡〜い初告白のエピソードですね。 だけどこういう思い出って一生残ります。 でも、社会人になって仕事も順調で、自分的にはイケてる男になったと思ったので、希望の部署への転任が決まったタイミングで告白しようと思っていました……。 でもそのタイミングで、俺の大学の友達がその子と付き合いだしたのをインスタで知りました。 あと1か月早かったら……と。 悔しい」(27歳男性) こちらは告白をし損ねて失敗したエピソード。 まさに恋はタイミングがすべて! この男性、さすがに友達の彼女とのことで、略奪愛を狙うことはできなかったようです。 (3)緊張しすぎてLINEで告白 「大好きすぎて、面と向かって好きが言えないのでLINEで告白したことがあります。 でも、相手からすると軽い気持ちだと思われてしまったようで……。 それが原因かはわからないですけど、フラれてしまいました」(29歳女性) 面と向かって告白をするのが怖くて、LINEで告白をしようと考えている人もいるかもしれません。 だけれどやっぱり、LINEでの告白は軽く捉えられがち。 (4)気持ちがあふれすぎた長文メール 「学生のころの話ですが、気持ちがあふれすぎて、告白後に、長文メールを送ってしまいました。 完全なる片思いなのに、さらに気持ちを綴って、最後には返信はいらないからね、と。 本当に返信は来ませんでした」(29歳・女性) メールの内容が気になりますね! 一方通行の恋は、とてもつらいもの。 返信はいらないって、強がって言ってしまったのでしょうね。 学生時代のころの話だということは、まだガラケーだったはず。 きっとずっと、センター問い合わせをしていたことでしょう……。 3:告白したいけど…勇気がない!告白する勇気が出る考え方4つ 続いて、告白したいけれど勇気がない! そんなときに勇気が出る考え方をご紹介します。 (1)振られても死なない 告白してフラれたときは、死ぬほど悲しく切なく、どうしようもない思いを抱えることになるでしょう。 だけれど失恋したからといって、死ぬわけではありません。 またいつか時間が経てば、他の誰かに恋をするのです。 (2)恋は一過性のものだから 「この人しかいない」 恋愛中はそう思っていてもそれは一過性です。 もし告白をして失恋をしたら、「もう一生恋できないんじゃないか……」と思ってしまうと思います。 そのときは、ご飯を食べられなくなって痩せたり、仕事を休んだり。 そんなこともあるかもしれません。 だけど時間が経てば自然とお腹は空きます。 余裕で元カレの悪口を言う日も来れば、余裕で合コンに行き、余裕で恋する日が来るでしょう。 恋は一過性のもの。 いつか新しい恋ができるのです。 (3)告白ができる距離に相手がいたという幸せ そもそも「大好きな相手に告白ができる」という状況はとても幸せなことです。 大好きな人に会えない人もいます。 会いたくてもどうしても会えない、会ってはいけない人もいるでしょう。 告白できない状況にある人もいるかもしれません。 そう考えると、「告白できる距離に大好きな人がいる」ということは、とても幸せなことだと思えませんか? (4)「告白しなかった後悔」より「告白した後悔」 告白してフラれた場合と、告白しなかった場合、どちらも後悔するでしょう。 だけど長い目で見たとき、後悔するのはどちらだと思いますか? もちろん人それぞれですが、どんな選択をしたとしても後悔はします。 ならば後悔の少ない選択を選びたくなりますよね。 そう考えると、「フラれても思いを伝えられた」後悔のほうが、後悔したことを後悔しないで済むような気がします。 4:どんな選択をしても後悔はつきもの 例えば告白がうまくいって付き合えても、喧嘩したときは「付き合わなければ良かった」と後悔するでしょう。 振られてしまったら、「告白しなければ良かった」と後悔するでしょう。 そして告白しなかったら「思いを伝えれば良かった」と後悔するはずです。 結局、どんな選択をしても後悔する日は来ます。 だからこそ、自分にとって後悔の少ない選択を選びましょうね。 この記事を書いたライター 毒島 サチコ S. Busujima 島国出身。 学生時代、白馬にまたがった王子様を待っていたが一向に現れず、待っているだけでは王子様は来ないことに気づく。 人生に恋して生きる女性の悩みに寄り添える記事を幅広く執筆中。

次の

好きな人に告白できない人へ~後悔する前に考えたいこと

告白 でき なかっ た

【質問内容】 昨日、好きな子と三回目のデートをしたのですが、帰り道では手をつないで歩いたりして、結構いい感じになりました。 そろそろ頃合いだと思っていたので、デートの最中に告白するつもりだったのですが、タイミングを逃してしまいました。 次のデートの約束もしているのですが、2週間も先になってしまいます。 この場合、彼女の気持ちが冷めていないであろう今のうちに、 LINEで告白のメッセージを送っても良いのでしょうか? あなたも、この読者の方の様に、好きな女性に対して、LINEで告白のメッセージを送ることを考えたことがあるでしょうか? 確かに、LINEであれば、メールと違って、「既読」機能があるので、相手の女性がこちらのメッセージを読んだか否かも確認することができます。 ・・・が、しかしです。 LINEで好きな女性に告白するというのは、 絶対にやってはいけない行為なのです。 あなたは、その理由がなぜだかわかりますか? そこで今回は、この読者の方のご質問にお答えする形で、好きな女性への正しい好意の伝え方について、お話していきます。 ぜひあなたも今回のお話をふまえて、好きな女性にアプローチするにあたっては、正しい方法で好意を伝えていきましょう。 ここで言う、 「会っていない時」とは、メールやLINEのやりとりなど、相手の女性と直接会っていない時のことです。 一方、 「会っている時」とは、デートの場面など、相手の女性と直接会っている時のことです。 つまり、好きな女性への好意の伝え方としては、 メールやLINEなどのやりとりの場面では好意を見せずに、 デートの場面で、それとなく好意を伝えていくべきなのです。 なぜ、メールやLINEなどのやりとりの場面では好意を見せずに、デートの場面で、それとなく好意を伝えていくべき なのかと言うと、 こちらの立場を下げずに好意を伝えることができるからです。 一般的に女性というのは、自分より立場が下と感じる存在の異性を、恋愛対象外とみなします。 ですから、いくら相手に好意を伝えたいからと言って、こちらの立場を下げるような伝え方をしたら、女性から恋愛対象外とみなされてしまう可能性があるわけです。 そして、メールやLINEで告白してしまうという行為は、 こちらの立場を著しく下げてしまう好意の伝え方なのです。 やはり、女性からすれば、直接会っている時ならまだしも、メールやLINEで告白してくるような男性に対しては、 「こんな大事なことをメールで告白してくるなんて、男らしくない・・・」などと、頼りない印象を感じてしまうものです。 また、メールやLINEでの告白というのは、直接会っている時のように、その場のアドリブで冗談ぽく茶化すこともできないので、女性が重く感じてしまう可能性があるわけです。 絵文字や顔文字やスタンプなどで表情を伝えるにしても、ますます必死でガッツいている感じになってしまったり、女々しい印象になってしまうわけです。 つまり、こちら側が女性を追いかけていた形跡が、ハッキリと残ってしまうわけです。 なので、メールやLINEで告白してしまうという行為は、 こちらの立場を著しく下げてしまう好意の伝え方なのです。 ということで、女性に好意を伝えるのは、デートなど、相手と直接会っている場面にするべきなのですが、その場合であっても、こちらの立場を下げてしまうような、あからさまな好意の伝え方はNGです。 あくまでも、こちらの立場を下げないような、好意の伝え方をしていくべきなのです。 つまり、告白という行為自体、 こちらの立場を下げてしまう原因になりかねないわけです。 ですから、このサイトでは何度もお話しているように、 好きな女性に好意を伝えるにあたっては、 告白という行為にこだわる必要は無いのです。 もちろん、告白を絶対にしてはいけないというわけではありませんが、告白する場合であっても、イチかバチかのバクチではなく、相手の女性が100%こちらに異性としての好意を持っているという確証がある上で、行うべきなのです。 しかしながら、相手の女性がこちらに異性としての好意を持っているか否かは、相手から告白でもされない限り、なかなかハッキリとはわからないものです。 以下の記事でもお話しましたように、多くの男性は、女性の発言や行動を好意と勘違いしてしまい、イチかバチかの告白をして、あえなく玉砕してしまうわけです。 ・ なので、告白という行為にこだわるべきではないのです。 では、デート中、どのように女性に好意を伝えていくべきかと言うと、 「思わせぶりな発言」や「スキンシップ」をすれば良いわけです。 もちろん、髪色はモカブラウンぐらいで、長さはセミロングで、身長は160cmぐらいで、ピンクのカーディガンが似合う子とは、あなたとデートしている女性のことです。 この様な思わせぶりな発言を軽いノリで冗談ぽく言えば、 こちらの立場を下げることなく、好意を匂わせていくことができるわけです。 女性からしても、あまらかさまに好意を伝えられるよりも、このような思わせぶりな発言をされた方が、 「あの人・・・デート中、あんなこと言ってたけど、 本気であたしのこと好きなのかな?・・・それとも冗談なのかな? ・・・どっちなんだろう??」 などと、デートの後、あなたのことを頭の中で色々と考えてしまうわけです。 そして、女性は頭の中であなたのことを考える時間が増えることにより、 「てゆーか、あたし、なんであの人のことばっかり考えてるんだろう??」などと思い、こちらのことを意識しはじめ、恋愛感情が芽生えるキッカケになるわけです。 次に、 「スキンシップ」についてですが、これはデート中にやるべき最も重要な行為と言っても、過言ではありません。 なぜなら、ほとんどの大人の女性というのは、彼氏や特別な関係の男性としかスキンシップをしないからです。 なので、こちらがスキンシップを仕掛けていくことにより、 「あたしたちは特別な関係なんだ、だからこんなことをしているんだ」などと、女性に感じさせることができるわけです。 もちろん、こちらが仕掛けたスキンシップを、女性から拒否されずに、受け入れさせる必要があるわけですが、 そのためには、以下の記事でもお話したように、最初は軽いスキンシップからはじめて、じょじょにじょじょに深いスキンシップへ移行させていけば良いわけです。 ・ そして、スキンシップの段階をステップアップさせて、 最終的に「キスをする」なり、「体の関係持つ」ことができれば、 女性はこちらのことを、特別な存在と意識せざるえなくなるわけです。 ですから、好きな女性に好意を伝えるにあたっては、 デート中に「思わせぶりな発言」と「スキンシップ」をしていけば、 こちらの立場を下げることなく、伝えていくことができるわけです。 この読者の方の場合であれば、次のデートの約束ができているのであれば、それまでの間は、余計なメールやLINEは送る必要はありません。 もちろん、LINEで告白なんて言語道断です。 そして、前回のデートで手をつないだのであれば、次回のデートでは、女性と待ち合わせの時点から手をつないで歩きましょう。 デートのはじめから手をつないでいれば、デートの間、じょじょに深いスキンシップに移行させていけば、帰り際には、キスぐらいまでは無理なくできるでしょう。 キスまでできれば、女性はこちらを意識せざるえなくなりますので、さらに次のデートでは、無理なく体の関係を持つ展開になるでしょう。 体の関係を持つことができれば、こちらから告白するまでもなく、女性の方から告白めいた言葉を言ってくるものです。 ということで、この読者の方も、告白という行為にこだわらず、 デート中に、「思わせぶりな発言」や「スキンシップ」をすることに、 意識を集中させてアプローチしていきましょう。 つまり、好きな女性への好意の伝え方としては、 メールやLINEなどのやりとりの場面では好意を見せずに、 デートの場面で、それとなく好意を伝えていくべきなのです。 ですから、メールやLINEで告白するのは絶対にNGな行為なのです。 そして、デート中、どのように女性に好意を伝えていくべきかと言うと、 「思わせぶりな発言」や「スキンシップ」をすれば良いわけです。 ということで、ぜひあなたも今回のお話をふまえて、好きな女性にアプローチするにあたっては、正しい方法で好意を伝えていきましょう。

次の

告白できなかった

告白 でき なかっ た

「告白してフラれて後悔するのって結局あとで笑い話になるんだよね。 でも、告白しなかった後悔は笑い話にもならないんだよ」(Aさん・35歳男性/教育関係) 筆者は『Menjoy! 』のライターとして、いろいろな人に恋にまつわるお話を聞いてきましたが、告白しなかったことを後悔している人は意外に多いという印象を持っています。 2:告白できなかった!告白できなくて後悔したエピソード7つ そこで今回は、過去の恋愛において告白できなかったことを後悔している人に、そのエピソードを聞いてきました。 (1)「あのとき、告白してくれるのをずっと待ってた」 「1年前に、しばらくLINEのやりとりをしていた女性がいるんです。 何回かデートもしたし、相手から電話が来て長電話したりしたこともあります。 でも、フラれることが怖くて告白できなかったんですよね。 そのあと、相手のSNSに、彼氏ができたって書いてあって、失恋したことを知りました。 後悔してもしたりないですね」(Rさん・22歳男性) (2)秘密の目撃 「すげー仲のいい友達の彼女が浮気しているのを目撃したことがあったんですよ。 でも、うまくいってないって聞いてたから、そのうち別れるからだろうと思って、わざわざ友人には言わなかったんですよね。 そしたら、結婚しちゃったんですよ、そのふたり。 しかも、嫁さんは当時の浮気相手と未だに繋がってて、不倫してるみたいなんですよ。 あのとき言ってやればよかったって後悔してます」(Uさん・29歳男性) (3)ビッグチャンスを逃す 「好きだったというか、連絡を取り合っていた男性がいたんですよ。 その人はWEBデザイナーみたいなことやってたのかな。 それで将来は独立して事務所を構えたいみたいなことをいってたんですよ。 大企業だって潰れるこのご時世ですから、それはないかな〜と思って、そのままフェードアウト。 でも10年ぶりに再会したら、本当に独立して、今や1,000万以上稼いでるんですって。 あのとき捕まえておくんだったと思って後悔してます」(Aさん・34歳女性) (4)悲しい表情が忘れられない 「お恥ずかしながら、私にはずっと好きだった女性がいました。 同じ仕事場の女性で、よくお昼ご飯を一緒に食べに行っていたことがあります。 私は彼女のことが好きだったのですが、相手は社長のお嬢さん。 高嶺の花的な存在で、とても交際を申し込めるような相手じゃなかったんです。 話を聞くと高学歴で性格のいい人のようでした。 その方が彼女のためだと思って。 でも彼女、すごく悲しい表情をしたんです。 10年も前の話ですけど、そのときの彼女の表情が、今でも忘れられません」(Eさん・38歳男性) (5)たった一言が言えなかった 「もう3年くらい付き合ってて、結婚を考えていた女性がいたんですね。 でも、そのとき、ちょうど転勤の知らせが来て中国に赴任することになったんですよ。 そのことを彼女に伝えたんですけど、彼女には彼女の人生があるじゃないですか。 彼女はそう言ってくれることを待ってたみたいなんですけど、俺の人生に付き合わせることになると思うと、ちょっと言い出せなくて。 それが言えてたら、違った人生だったなと思うこともあります」(Tさん・32歳男性) (6)まわりの目が怖くて 「学生のころ、刺しゅうが趣味っていう同級生の男の子がいたんです。 私も刺しゅうが趣味だったこともあり、彼とは話したいなと思っていたんです。 正直好きな人でした。 それから彼は自分が刺しゅうでデコレーションしたアイテムを身につけなくなってしまったんです。 嫁さんは長いこと入院してたから、いつ言おうかそのタイミングがわからなくて。 でも、ある日急に病院から電話があって、駆けつけたときにはもう亡くなっちまった。 タイミングなんて待つもんじゃない。 ないなら今がそのタイミングなんだよって本当に思うよ」(Tさん・81歳男性) 3:告白できなかった…モヤモヤを解消する方法3つ それでは告白できずに後悔したことがあるけど、今ではもうすっきりしているという人にどうやってそのモヤモヤを解消したのかお話を聞いてみました。 (1)実らなくていい恋愛だった 「これはもう単純な話で、実らなくていい恋だったんですよ。 うまくいくときって何をしてなくてもうまくいくし、うまくいかないときってどんなに必死に努力したところでうまくいかないじゃないですか。 もう1回過去に戻っても、きっとそれはうまくいかない恋愛だったんですよ。 縁のない相手だった。 きっとそれだけです」(Iさん・28歳男性) (2)再度チャレンジ 「両想いだと思っていた相手に彼氏ができて、あのとき告白すればよかったっていう後悔は俺も経験したことがありますけど、また同じ後悔をするのかどうかっていう話だと思うんですよ。 彼氏がいてももう1回アタックすればいいじゃないですか。 それが無理だと思うなら、自分にとってそれまでの相手だったってことです」(Uさん・29歳男性) (3)日にち薬 「時間が解決してくれるっていうのは当たり前の話ですけど、でも間違いがない方法ですよね。 俺は特に3か月以上引きずるってことがあんまりないんですよね。 だから、3か月を乗り切ることができればいいわけです。 めちゃくちゃ予定を詰めて、忙しくするって感じですかね」(Wさん・30歳男性) 4:失敗を恐れるよりも挑戦できない自分を恐れるべき? 今回は告白できなくて後悔したことをテーマにお送りしました。 フラれた後悔は終止符が打てたということで次に気持ちを切り替えやすいのかもしれません。 しかし、告白できなかった後悔は終止符が打てず、気持ちを切り替えにくいために大きな後悔となってしまう恐れがあるようでした。 本当は失敗を恐れることよりも、挑戦できなかったことを恐れるべきなのかもしれませんね。 この記事を書いたライター 月島もんもん M. Tsukishima プロのゴーストライターとして、芸能人、医師、文化人の代筆を手掛けること10年。 各業界の裏話やぶっちゃけ話に精通している。 路上パフォーマーとしても活躍。

次の