鶏 もも肉 レシピ 人気 1000。 【保存版】鶏もも肉つくれぽ1000越え人気簡単レシピ30選!鳥ももレシピ一挙公開!【とりもも・鶏肉】焼くだけ鶏肉料理も!

鶏肉 人気の殿堂入りレシピ つくれぽ10000人以上まとめ

鶏 もも肉 レシピ 人気 1000

調味料になじませる時間は20分くらいがベスト。 あとは片栗粉をまぶして170~180度の温度の油で揚げれば完成です。 にんにくなしです。 19秒のレシピ動画があります。 クックパッドのレシピ本「神レシピランキング」に掲載。 天ぷら粉とパン粉を使って作ります。 カリカリ度をアップさせたいならパン粉を多くするといいそうです。 塩麴があればぜひこちらのレシピを試してみてください。 調味料に漬け、片栗粉をしっかりと付けて、多めの油をしいたフライパンで焼きます。 タレを絡めて完成。 むね肉を細かくしてから他の材料と混ぜ、フライパンで焼いて完成です。 クリスピーチキンのような唐揚げです。 17秒のレシピ動画があります。 【つくれぽ6,023件】カリッとジュワッと 家族絶賛鶏の唐揚げ。 2度揚げで外はカリカリ。 つくれぽ2000越え。 手羽元のから揚げです。 こちらもレシピ動画があります(51秒)。 まとめ クックパッドで人気のある唐揚げレシピをご紹介しました。 つくれぽ1000越えの殿堂入りレシピだけを厳選したので、ぜひ下味や作り方を参考にしてみてください。

次の

【保存版】鶏もも肉レシピ人気簡単15選!つくれぽ1000の鶏肉料理おすすめ!鳥もも肉のおかずに

鶏 もも肉 レシピ 人気 1000

タレに漬け込んで焼くだけ!の簡単レシピなので忙しい主婦には嬉しいレシピですね。 ネギ塩ダレは豆腐や唐揚げ、豚肉などにもよく合うので多めの配合で作り置きがとっても便利ですよ。 簡単で人気のおすすめ鶏もも肉レシピです! 肉汁がジュワッと旨い!鶏もも肉の塩唐揚げ【つくれぽ1000越え】 つくれぽ1453 件の人気塩唐揚げと言ったらこのレシピ! 人気店にも負けないジューシーな唐揚げがお家で味わえちゃいます。 我が家の唐揚げはいつも醤油で下味をつけていましたが、このレシピに出会ってからは塩唐揚げが定番に! リピートすること間違いなしです!ぜひ一度試してみてください。 簡単!鶏もも肉とじゃがいもの照り焼き【つくれぽ1000越え】 つくれぽ2162件の超人気鶏もも肉レシピ! 肉じゃがを食べたいけど材料が全然家にない!というとき見つけたレシピです。 鶏もも肉とじゃがいもだけで一品完成。 調味料も家庭に常備してあるものでできるのが嬉しいですね。 大人気の鶏もも肉レシピですよ! SPONSORED LINK 鶏モモ肉の*簡単*照り焼き【つくれぽ1000越え】 つくれぽ7000越えの殿堂入り鶏もも肉レシピ! もも肉と甘辛タレの相性が食欲をそそります! 下ごしらえいらずなので気軽に作ることができますよ。 たっぷりと使う大根は食物繊維が豊富で、とってもヘルシーな一品です。 絶品鶏もも肉レシピ! 味付けしっかり!鶏もも肉のかりかり唐揚げ カリッカリな唐揚げを食べたい方集合!!!絶品鶏もも肉レシピ! 揚げ方のポイント「二度揚げ」。 驚くほどジューシーかつカリッとした仕上がりになりましたよ。 唐揚げの中でも人気のレシピです!お試しあれ!! 鶏もも肉のネギだれ焼き【つくれぽ1000越え】 つくれぽ1000越えの人気鶏もも肉レシピ!塩加減が絶妙! お肉がとっても柔らかいので小さな子供でもパクパク食べられます。 塩胡椒でお好みの味に調整してくださいね。

次の

【殿堂入り】クックパッドで絶賛大人気の「鶏モモ肉レシピ(つくれぽ1000以上)33選」【保存版】

鶏 もも肉 レシピ 人気 1000

このページの目次• クックパッドでおすすめな「つくれぽ1000以上の鶏モモ肉レシピ」33選 1.肉マニア考案若鶏もも肉のうまいうまい焼き このレシピ、何より一番はとっても美味しいことです。 ご飯がススムので、メインおかずにぴったりですし、家族にも作ってとリクエストされます。 スーパーでもも肉が安かったら、ついこれを作りたくなります。 また、なんと言っても簡単なところがポイントです。 作るのに手間がかかると、美味しくてもなかなか作りたいと思えないところですが、これは、もも肉を切って焼いて、タレを絡めて煮詰めるだけ。 たったこれだけ。 簡単で美味しいは、主婦にとって強い味方です。 失敗する人はなかなかいないと思います。 これを作り始めてからは、鳥もも肉料理のレパートリーも増えました。 タレの味が濃い目でおいしすぎるからごはんとの相性が抜群です。 ごはんが止まらなくなります! 材料が普段の家にあるようなものでできるのでちゃちゃっと作れるところが好きです。 うまいうまい焼きというタイトルの通り本当にうますぎると思います。 私は普段お弁当を持って出かけているのでよく作って入れていきます。 冷めていても味がしっかりしみ込んでいるからとってもおいしく食べられます。 高校生や食べ盛りの男などは絶対大好きでモリモリ食べると思います。 つくれぽが多い事から作ってみたのですがさすが!本当においしく食べられて幸せです。 本当にご飯がススみます。 このレシピでは、多めのタレ作りになっていますが、これがまた美味しいです。 自宅に常備されている調味料ばかりでできるのもおすすめです。 私はこれで鶏丼にして、生卵を上に乗せたり、〆のご飯として、この鶏丼で出汁茶漬け風にしたりもします。 アレンジがしやすいのもこのレシピのオススメポイントです。 鶏肉が余ったら次の日のお弁当に入れたりもしますが、毎日でも食べられると旦那は大喜びです。 チキン南蛮は美味しいけれど、肉を多めの油で揚げないといけないのが面倒だなというイメージでした。 しかし、このレシピでは揚げ物をするよりは少ない油であげ焼きにする事で簡単に、蒸し焼きにする事でお肉も柔らかに仕上がります。 また、タレの分量も作りやすく肉を増やした場合にタレの分量を増やす際、計算もしやすかったです。 全体の作り方の説明においても写真が添えられていて分かりやすいのもおすすめです。 子どもと大人で食事の時間が違う我が家では、大人用は温め直して食べることが多いのですが、時間差の食事でも美味しくいただくことができました。 簡単に作れるのでレシピ名になっているようにお弁当にも最適です。 動画も掲載されているので、見ながら間違えないように作業もできます。 子どもも大人も大喜びする一品です。 南蛮酢も電子レンジで作れるレシピになっているので、鶏もも肉を焼きながら南蛮酢も簡単に作れてしまいます。 タルタルソースはいつも多めに作って、添えたグリーンサラダにも掛けて頂きます。 揚げずに作るので、しつこくなく、脂っこさも抑えられて、普通に作るチキン南蛮よりもヘルシーです。 油を固めて捨てる手間も、キッチンぺーパーで拭き取ればいいだけなので後片付けもとっても楽ですね。 美味しい、楽ちん、揚げないの3点が私のおすすめ理由です。 3.ぷりぷりジューシー!鶏もも肉のねぎ塩だれ ねぎ塩だれが美味しくて、鶏もも肉の旨味をぐっと引き立ててくれるので、私も家族も大好きなメニューです。 ねぎの他は、レモン汁、塩、黒胡椒、砂糖、ごま油だけという、家に常備してあるもので美味しいたれが作れるのも魅力。 下ごしらえといっても、さほど時間もかからずに作れるので、忙しい日にもササッと作れて嬉しいですよ。 ボウルとフライパンだけなので、洗い物も少なくて済むのも助かりますし、たれを多めに作っておいて、数日冷蔵庫保管し、別の日に豆腐にかけて使ったりと、汎用性が高いのもポイントだと思います。 レシピに載っている写真もきれいだし、レシピの文章も、肉をひっくり返す焼き具合の目安や、黒胡椒をかけるタイミングなどが時系列でわかりやすく書かれているので、失敗しづらくて助かります。 このねぎ塩たれはプリプリ柔らかくレモン風味の為後味さっぱりでどんどん食べられます。 下味をすれば後は焼くだけなので調理としてもとても簡単でかつ豪華! 冷めてもとても柔らかく、味がしっかり入っているけどサッパリなのでお弁当にももってこいです! 私は残り物を朝食時にパンにはさんで食べたりします! 温めなおさなくても美味しく食べれるのがいいですね! 4.簡単!鶏モモ肉とじゃがいもの照り焼き このレシピは本当に簡単に作れます。 材料も鳥モモ肉とジャガイモだけ。 味付けの調味料も酒、みりん、醤油でOK!どの家庭にもある調味料だから材料さえあればすぐできます。 我が家には電子レンジがないので、ジャガイモを茹でて使っています。 鳥モモ肉もパリッパリになるように焼いて、ジャガイモを加えれば、とても美味しいです。 ジャガイモを茹でている我が家は、やわらかめに出来上がりますが、子供たちは、おいしい!おいしい!とよろこんで食べています。 しかも鳥モモ肉メインのおかずなのに、ジャガイモメインになっています! 味付けもとてもシンプルなので、ご飯にとても合いますよ。 とにかく簡単で美味しいという点がまず第一におすすめできるポイントです。 家事に忙しい主婦にとって時短料理は重宝します。 私も子育てが始まってから、今まで以上に時短料理を気にするようになりました。 このレシピはお肉とじゃがいもという家にありそうな食材で、簡単に作れて、そして美味しいとゆう、もう主婦が好きそうなレシピ間違いなしです。 時短ばかり気にして栄養がなくてはいけないし、美味しくなくてはいけません。 しかしこのレシピなら時短もできて栄養もあり、そしてとても美味しいので、誰にきかれてもこのレシピを絶対におススメします! 子供もおとなも大好きな甘辛の照り焼き味で、鶏肉にもじゃがいもにもしっかり味が絡まっているので、お弁当にもぴったりです。 じゃがいもはレンチンするので手間もかからず、炒める時間が短縮できて崩れにくいです。 皮目からしっかり焼いた鶏モモは香ばしく、そして鶏モモから出た油がじゃがいもにしみ込むので、和風の味付けなのにコクがあってこってりした味になります。 なので、材料は鶏モモとじゃがいもの2つだけなのに、子供たちがご飯をお代わりして、他におかずが要らないくらいです。 じゃがいもはいつでもある食材なので、鶏 モモ肉 を特売の時に買っておけば、超簡単に節約料理ができて大助かりです。 鳥もも肉なので、ムネ肉と違って柔らかくする下処理もなしで、とても柔らかく仕上がります。 失敗はまずありません。 鶏もも肉のジューシーな脂も親子丼の卵と絡んで、ますますご飯が進みます。 育ち盛りの息子たちがお代わりしてご飯をペロッと食べてくれます。 鳥もも肉も1枚あれば4人分できてしまうので、たくさんお肉がない時でも、パパッと作れてしまいます。 時間がないけれど、しっかりご飯を食べさせたい、美味しい鳥もも肉料理にしたい、と思う時にぴったりのレシピです。 このレシピで作るようになってから失敗したことありません! もしこのレシピで少しイメージと違う味だったとしても、調味料の量や時間の調節を考えやすいため自分好みの味に簡単にアレンジすることができると思います。 また、家に必ずある調味料でできる点もありがたいです。 そして、家にある調味料で本格的な焼き鳥のタレが作れて、その味が鳥モモ肉に合っていて、 いくらでも食べられそうなくらい美味しいので絶対におすすめしたいです。 お弁当のおかずにしても良いですし、おつまみとしても良いので、使い勝手が良いレシピですね。 鳥モモ肉とネギ、調味料さえあればすぐにでも作れる料理なので、時間がない時や、手間をかけた料理を作りたくない時にも重宝するレシピです。 もともとうちの家族は焼き鳥が大好きなので、工夫して作っていましたが、どうもイマイチで。 そんな時、このレシピを見つけ、作ってみたところ、お店の焼き鳥並みにおいしい! ちょっと甘めなタレが鶏肉とネギによくからみ、ものすごくご飯が進みます。 タレを多目に作って、丼にして食べるのもおすすめです。 串がないぶん食べやすいので、我が家ではお弁当のおかずになることが多いです。 高校野球をやっている息子は大量のご飯を食べなきゃならないのですが、この焼き鳥をのせた『乗っけ弁当』にすると、あっと言う間に食べきれるようですよ。 醤油、酢、砂糖と鶏もも肉を鍋に入れて火をつけて10分、裏返して10分煮詰めるだけです。 時間がない時や、やる気が出ない日でも簡単に作れます。 出来上がったあとに切り分けて、ワンプレートでサラダなどの付け合わせと盛り付けると、とっても手の込んだ豪華なお料理に見えるのもポイントです。 お酢を使っているので、特別な下ごしらえをしなくても柔らかくてジューシーな仕上がりです。 家族にも好評で、お弁当のおかずにも使えます。 なんといっても、いったん鍋に入れたらほぼほったらかしなところがオススメです。 なのに美味しい! レシピでは10分ほどでひっくり返すとありますが、少し台所から離れたいときには、沸騰させたらいったん火を止めて用事を済ませるまでほったらかし。 戻ってきてひっくり返したら、またほったらかし。 レシピに忠実ではありませんが、それでも味が染みてます。 私は鶏もも肉は脂が苦手であまり使わないのですが、このレシピでは鶏胸肉よりもこってりした鶏もも肉を使うほうが好みです。 すぐに食卓に出さないとき(帰りが夜中を過ぎる夫の夜食にするときなど)は、半熟卵をこのつけダレに入れて、味を染みこませてます。 おかずの一品としてよし、どんぶりにしてもよし。 重宝する一品です。 チャーシューと聞くと、材料や作業工程が複雑で面倒くさそう…と思ってしまいますが、このレシピは違います。 材料は醤油、お酢、砂糖の3種類だけ。 作業の手順もただ煮るだけです。 画像付きの作り方も、とても丁寧でわかりやすいです。 「100㏄の液体に砂糖40gを入れたらこのくらいの量になります」「泡がこんな風に出てきたらひっくり返してください」など、細かく説明を入れてくださっているので非常に作りやすいです。 お砂糖を多めに使うので少々甘めの味付けになっているのですが、酢のおかげでくどくなくさっぱり食べることができます。 子どもも大人もおいしく食べることのできるレシピです。 外側は片栗粉が入っているからか、パリッと仕上がります。 また、しっかり味が付いていて、そのまま食べてもとっても美味しいです。 もちろん冷めてもしっかり味が染みているのでお弁当にもおススメです。 唐揚げを作る時にあまりレシピを見なかった私。 しかし、このレシピに出会ってから、レシピ通りに作るとこんなに違うんだ!と分かりました。 失敗もないですし、毎回美味しく作ることができます。 食べ盛りの息子たちも、大好きなレシピで、作っても作っても全てたいらげます。 とても大好きなレシピです。 鶏の唐揚げは家庭によって作り方が様々だと思いますが、このレシピ通りに作るとバッチリ決まります。 私はたまに唐揚げ粉を購入することもありましたが、薄力粉と片栗粉でジューシーでカラッとした仕上がりの唐揚げができるので、このレシピに頼るようになってからは購入していません。 下味をしっかりとつけるので、冷めたり時間が経っても美味しく頂けます。 お弁当にもおすすめできるレシピです。 二度揚げすることで綺麗なキツネ色に仕上がり、見た目もバッチリです。 我が家ではすぐになくなる人気レシピなので、たくさん作り置きをしています。 コスパ良し、材料、工程も少なく、しっかり美味しい家庭的な唐揚げです。 鳥もも肉を切っても良いですが、汚れ物が増えるのが嫌な方は、鳥もも肉カット済みの物を使えば揚げるまでの工程が全てポリ袋の中で出来て、後片付けも楽なのに、カリッとジュワッと美味い唐揚げが作れます! 材料に特別な調味料も要らないのも魅力です ごま油で香ばしさアップで、ご飯がとても進みます。 子供にも大人にも大人気の唐揚げを自宅で簡単に作れるので、料理が苦手な方も、忙しい方にもオススメのレシピだと思います。 9.味付けしっかり!鶏もも肉のかりかり唐揚げ 我が家の唐揚げレシピは絶対にこれです! 私たちが好きな唐揚げが、肉汁溢れるジューシーさ、しっかり染みた味付け、カリカリの衣ですが、自宅で作ると上手くいかず、悩んでいました。 特に衣がべちゃっとしがちで、専門店やお店で食べるようなカリッとした衣に憧れていました。 そのカリッと衣を実現させ、尚且つ我が家の好みを全て網羅したレシピが今回紹介するレシピです! そのまま熱々で食べても美味しいのは間違いないのですが、少ししんなりと冷めて肉に味が染み込んだのをたべても美味しいですし、ご飯、パンのどちらにも対応できる美味しさがあります。 唐揚げが嫌いな人は極めて少ないので行楽のお弁当になど、グループで手作りのおかすを持ちよったり、自宅に遊びに来た人に出すビールやハイボールの肴としても程よい脂があって美味しいところです。 二度揚げが面倒くさいことは確かなのですが、食べる人の評価がいいので苦になりません。 そしてマグロの刺身を大量にお裾分けされる地域に住んでいますので、ついでにマグロで作っても美味しいです。 私が作る時はBURUNO ブルーノ を使用し、揚げ立てを食べながら調理してします 笑 家族も毎回喜んで食べていて、あっという間に食べきってしまいます!今では自慢の一品です!! 本当に美味しいので、是非一度皆様に試してもらいたい唐揚げレシピです! 自宅唐揚げの概念変わりますよ~! 題名にある通り、味付けが濃くてしっかりついているので、白ご飯にめちゃくちゃ合います。 このレシピを見るまでは、市販の唐揚げ用の粉をまぶしてもみこんで揚げていたのですが、このレシピで作ってみたところ旦那から大絶賛でした。 時間が経ってもしっかり味が染み込んでいるこで、冷蔵保存で2日後に食べても全然おいしいです。 少量のおかずしか入れられないお弁当にもってこいのレシピです。 さらに、この唐揚げをこまかく刻んでお茶漬けにしてもとてもおいしかったです。 とても気に入っているので、いつもたくさん下味をつけた鶏モモ肉を仕込み冷凍しています。 そしてこのレシピはとても簡単です。 鶏もも肉を切って 唐揚げ用に切られているものを買えば切る手間も省ける 混ぜておいた調味料に漬けておき焼くだけです。 ご飯作りを楽したい時や、働く主婦な方にはぴったりなレシピです。 調理手順は漬けて焼くだけと簡単ですし、何より特別な調味料を使わないというところも絶対におすすめといえるポイントです。 大抵のどこの家庭にもある調味料で出来ます。 にくにく、生姜を使いますがもちろんチューブタイプのもので大丈夫です。 保存がきくところと、アレンジがしやすいところがおすすめポイント。 材料をビニール袋の中で混ぜあわせた後、空気を抜いて平たく伸ばし、板状にして冷凍しています。 もも肉が安く買えたときに作って、何袋もストックしておくと便利です。 冷凍してもパサつくこともありません。 どんなに疲れて帰ってきても、これがあれば解凍して焼くだけでメインのおかずが出来上がります。 じゃがいもやアスパラガス、小松菜など、どんな野菜にも合う味付けなので、新しく野菜に味付けすることなく、肉と一緒にフライパンで焼くだけで、味が野菜にも回って美味しく出来上がります。 我が家ではとくに主人が気に入っているので、簡単で喜んでくれるので頻繁に作っています。 まず作り方ですが、少し漬け込んだ鶏肉をマヨネーズとポン酢でいためるだけというお手軽さです。 一人暮らしの男性にも教えるとすぐに実行していました。 つぎに、味付けが変えられるというところです。 ポン酢とマヨネーズの配合を変えるだけでも充分味の変化はありますが、さらにニンニクを加えたり、ポン酢の種類を変えたりなどいろいろ楽しむことができました。 特別な材料は使わず普段家にある調味料等で作れ、しかも簡単で美味しい。 片栗粉をまぶしているのでパサつきもなく、しっかり味がつく。 マヨネーズとポン酢は相性が抜群にいいので間違いないです。 しかも、好みに合わせてポン酢の量を調整すれば自分好みの酸味にできます。 ビニール袋を使用すれば洗い物も少なく済み、後片付けが楽。 簡単にできるがボリュームがあり、ねぎが入るので見た目も鮮やかになるため食卓のメイン料理に使えますよ。 男性陣にとても喜ばれる味付けで、たくさん作ってもすぐに無くなってしまうほど。 冷めても美味しいので、持ち寄りパーティーなどにも使えると思います。 最後に、やはり味ですが、本当に本当においしいです。 12.鶏モモ肉の*簡単*照り焼き もう10回以上は作っていますが、まず下準備が全く必要無い。 これは料理をする上でとても重要で、鶏肉は手袋を付けるタイミングとか手を洗う工数が増える事を避けたいので、作業の一番初めがフライパンで皮面から焼く!油も必要無し!がとてもありがたいです。 こちらのレシピは簡単なのはもちろんのこと、レシピ動画もついているので文字や写真だけじゃ作るのが不安っていう方にも安心して作れるようになっています。 下味などの下準備もいりません。 鶏モモ肉と調味料さえあればすぐにできます。 ほんとに簡単で、しかもそんなに時間もかからずにパパっと作れてしまいました。 家族からもこの鶏モモ肉の照り焼きは大絶賛です。 包丁やまな板を使わずにできるというのもおすすめポイントだと思います。 両面焼いた後に混ぜた調味料を入れて蒸し焼き…。 火が通れば照り付けて終了! シンプルでかつ工数が少なく、ほっておいて他の作業をしても大丈夫! 仕事が遅くなって料理をするのがおっくうになってもパパっと出来る! 味も甘辛く子供から大人まで美味しくいただけ、もも肉なのでボリュームたっぷり! 冷めてもお弁当のおかずにINしても柔らかい。 最高です。 もも肉が安い時に買いだめして冷凍。 何も無い時にこれを出せば超豪華です! 「大人から子供まで嫌いな人はいないのではないか」という大人気のおかずといえば、鶏モモ肉の照り焼き。 使用する調味料が少ないので、わざわざ買い物リストを作って揃えてという手間も無く、作る際の分量も覚えやすいですし、手順もシンプルで簡単に作る事が出来ます。 また、シンプル料理なので、アレンジも未知数です。 大葉を入れて、さっぱり唐揚げにしても良いし、オリーブオイルで洋風唐揚げにしても良いし、こちらの基本の塩唐揚げで、毎日の定番料理として、アレンジも広げてリパートリーを簡単に増やせます。 他の唐揚げレシピは、片栗粉をまぶした後に薄力粉を付け直したり、二度揚げしたりなどの手間がかかるのですが、こちらのレシピは、片栗粉を混ぜて1分おくだけで揚げられます。 しかもフライパンの底から5ミリの油でも揚げられる方法をリンクしてくれていて親切です。 実際に紹介されていた揚げ方で作ってみたところ、これまでで最も簡単に、油の洗い物も少なく、皮がバリバリした香ばしい唐揚げができました。 調味料も酒・塩・砂糖など、身近なものばかりで、思い立った時にすぐに作れます。 ニンニクと塩味がちょうどよく、揚げたてをおつまみにするのも勿論、冷めても皮がパリパリなので、お弁当にもピッタリです。 短時間で下準備ができ、しかも少ない油で簡単に作ることができる。 塩味のシンプルな味付けなので飽きないし、いつ作っても安定した味が出せる。 醤油などを使うレシピだと油が汚れてしまったり、こげやすかったりするが、このレシピはそんな心配もありません。 また、塩の種類による味の変化や、調理の際の安全なフライパンの置き方など、料理に不慣れな人が見ても作れるようなアドバイスが多く入っています。 肉を柔らかくする工夫がされていて、胸肉でもおいしく作ることができるなど、アレンジも可能。 唐揚げのほかにたくさんの鶏肉料理が紹介されているので、献立の参考になるのが良いですね。 インドカレー系だと、家族で食べられない場合もありますが、このカレーについてはいつもは普通のカレー好きな夫も、美味しいと食べておりました。 好みでルーを足したり、具材を変えても、美味しさは代わらずに、ベーシックなカレーの作り方を教えていただいたと思います。 つくれぽが7000以上あるというのも、納得ですし、つくれぽの数が多いものは簡単な上に美味しいと、改めて感じました。 繰り返して作っています。 調味料をはかるときも、計量スプーン大・小の2つだけでいいので簡単だし、洗いものも多くならず調理後も楽です。 鳥ももを揚げなくていいので、油の処理が楽で作りやすい。 とにかくたれが美味しい!! そして、たれを作って1時間程置いていたほうが味が馴染んで美味しく、先に作っておけるので、食べる直前に鶏ももを焼くだけです。 早くできて、暑いままで食べれるのがおすすめです。 この方のレシピは基本外れがなくて全部美味しいですが、この油淋鶏は特に繰り返しリピートし続けています。 初めて作った時から家族全員大好きで、夕飯に作ると普段よりたくさん食べます。 特に父からの評価が高く、お店より美味しいと言ってくれます。 料理に関してのおすすめポイントは、特別な材料が必要ないこと、鶏肉と野菜が同時に取れること、盛りつけの見た目が華やかになることの3点が強いです。 季節問わず作れますが、食欲のない夏の時期には特におすすめです。 和食と洋食に加え、手間の掛からない中華がレパートリーに加わると献立作りも楽になります。 16.カリッとジュワッと 家族絶賛鶏の唐揚げ。 親族で集まる時に必ず作るほど皆が喜んでくれる唐揚げです。 お年寄りから子供まで大好きです。 冷めても柔らかく、衣がべちゃべちゃしません。 下味をつけるのもレシピ通り順番に入れていけばいいので間違いないですし、油の温度も指定があるので、難しくありません。 晩御飯のおかずは勿論、ビールのつまみにも最高ですし、お弁当にも重宝します。 冷凍保存も出来ます。 月に一回、鶏もも肉を4~6枚唐揚げにして、冷凍保存しているほどです。 レンチンで解凍して、トースターで焼けばカリっとして揚げたてが再現出来ます。 しっかりした味付けなので、濃いかなと思えば、レタスにくるんで食べると野菜もとれて美味しいです。 17.鶏もも肉のハニーマスタードソース 鶏もも肉はよく購入するので、色々なレシピを参考にします。 中でも一番気に入っているのはこのレシピ! 鶏もも肉を焼き、合わせダレを絡めるだけなので簡単にすぐできます。 あまり手の込んだ工程は面倒だし、とにかく時短を優先したいのでこれは助かる! あと、これは我が家だけかもしれませんがはちみつって結構余りがちなんですよね。 なのではちみつを消費したい時はこのレシピを作ります。 はちみつの甘みとマスタードのプチプチ感が合って、濃いめの味付けでご飯がすすんで美味しいです。 レモン汁を入れているので、濃いのにさっぱりと食べられるところも最高です! とにかくはちみつとマスタードの相性が抜群で、鶏モモ肉もぷりぷりで美味しいです! 一見お洒落な洋食メニューなのに、作り方は簡単で動画も付いているので料理初心者の方にも安心です。 材料も普段家に置いているものばかりなのでメニューに困った時や忙しい時にチャチャっと作れます。 また好きな野菜を入れたりアレンジしやすいメニューなので、飽きずに何回でも作れると思います。 ご飯にも合いますし、お酒のおつまみにも合うので子供から大人まで大満足なメニューです。 作り置きしてお弁当に入れたり、色々な場面で活用できると思います。 浸け置きなどもしなくていいのでバタバタして時間のない主婦には最適です。 鶏モモ肉さえあれば、調味料は家庭にあるものでできるので節約にもなります。 旦那も子供も大好きで、旦那のお酒のおつまみにもなるし、子供はご飯と一緒にもりもり食べてくれます。 我が家の定番調理になっていて、友達家族が来た時に作ってあげたらとても評判がよくレシピ教えてよと言われて教えた所、簡単!と友達も喜んでいて、たくさんの人にオススメしたくなるレシピです。 大人も子供も大好きな甘辛味で、ファミレスで出てきそうな見た目。 スキレットで焼いて出せばお店で食べているのと変わりません。 チキンステーキと一緒に、目玉焼きを焼いて、野菜を添えて出せば、子供もパクパク食べてくれます。 ランチにもディナーにもお弁当にも使えて、作り置きもできます。 おもてなしにもピッタリ。 こってり味なのでご飯も進むし、お酒にも合います。 調味料も家にあるものばかりなので、思いついた時にすぐ作ることができて、旦那も子供も大喜びしてくれます。 メイン料理に困った時は冷凍庫の鶏肉でよく作っています。 19.ウチの黄金比鳥の照り焼き~お弁当にも… 鶏モモ肉は自分の大好物です。 料理が得意とはいえないのですが、作るときはいつもクックパッドのつくれぽの数が多いものを参考にしています。 まずこのレシピは使う調味料が3つしかなく、手間が少ないので簡単に作ることができます。 そして使う道具も少ないので洗い物がラクなところもお気に入りポイントです。 行程の写真が多く、詳しく説明が載っているので初心者でも簡単に作ることができます。 お友達、彼、家族、誰に作っても高評価で、万人受けする味です。 お弁当用に作った後冷凍しますが、食べるときに触感や味が変わらずとてもおいしくいただいています。 鳥の照り焼きを作る時はこのレシピを参考にしています。 今まで色々な鳥の照り焼きレシピを試しましたが、たれの調味料の比率によって、味が濃かったり薄かったり変な味がしたりと、なかなかこれと言うものが見つかりませんでした。 しかしこのクックパッドのレシピは調味料の比率が抜群なのか、たれの味がとても美味しいです。 特に子供達の評判が良く、たまに違うレシピで作ると「いつもの味と違う」と言ってあまり食べてくれなかった為、それ以降は我が家の鳥の照り焼きはこの調味料の比率でと決めています。 また料理手順も写真付きでわかりやすく簡単です。 20.簡単!鶏肉とかぼちゃのトマトクリーム煮 メインの食材が鳥もも肉、かぼちゃ、玉ねぎだけです。 調味料も常備品として常に家にあるもので作れるので、特別なものを揃える必要がありません。 材料を全てプライパンに入れ、炒めて煮るだけです。 かぼちゃもすぐに火が通る食材なので15分前後で出来上がります。 仕上げの生クリームとパセリのトッピングで見た目もおしゃれになるので、持ち寄りパーティーの時などにもよく持って行きます。 煮汁が白米にも合うのでご飯がモリモリ進みますし、パンにつけても美味しいです。 トマトが嫌いな我が家の息子もこれなら食べれる!と喜んで食べてくれます。 さらに言うまでもなく美味しいです! チキン南蛮が好きで、いろいろなレシピで作ってきましたが、このレシピで作ったものが一番美味しかったです。 お肉が柔らかいのはもちろん、タルタルソースがとても美味しいです。 今までは、タルタルソースを作るときに卵とマヨネーズと玉ねぎとお酢しか入れていなかったのですが、このレシピにはケチャップが入っています。 このケチャップがなかなかいい味を出してくれます。 レシピの作成者も記載している通り、チキン南蛮だけではなく、お魚に合わせても美味しいです。 手間をかけずに、他のレシピよりランクが上の美味しさを味わえるのでおすすめです。 レシピもしっかり細かいところまで記載されており、写真も多く分かりやすいのがおすすめポイント。 ソースとタルタルソースの作り方も記載されており、「ワンポイントこれを入れれば更に美味しい!」のような、このレシピをリピートしたくなるような点もGOOD。 鶏モモ肉、唐揚げだけだとちょっと飽きてしまった時に、油も少しで油の処理が必要ない! タルタルソースも家にあるもので出来ます。 庭に大量のパセリが生えていたので、パセリの消費にも大助かりです。 「タルタルソースなんて買った方が早いんじゃない?」なんて思っていたけど、作ってみたらとっても簡単でした。 今後もタルタルソースはこのレシピでいいじゃない?と家族も大喜び。 鶏モモと卵を使ったタンパク質がたくさんとれるレシピ、子供の身長を伸ばすためにもとてもいいメニューだと思います。 モモ肉はやっぱりジューシーで食べごたえありました。 とってもおススメです。 22.簡単激ウマ!鶏肉としめじの炊き込みご飯 初めて作った日から、主人が大絶賛。 元々鶏肉があまり好きじゃなかった子どもも、この鶏肉を食べるようになってから他の鶏肉料理も食べるようになりました。 あまりにも好評だったので、我が家でのリピート率はとっても高いです。 作り方も非常に簡単で、鶏肉も柔らかく、しっかりと味も付いているので食べやすいです。 鶏肉を多くいれているので、ボリュームたっぷりで、その日は、おかずの品数や量をこっそりと減らしています。 笑 忙しい主婦や食べざかりのお子さんが居てる家庭にはとってもオススメです! ぜひ皆さんも作ってみてください。 また、揚げなくてすむこともヘルシーで、良かったポイントです。 あと、甘酢とタルタルソースが手軽に出来たことも助かりました。 作り方も詳しく載っており、料理が苦手な私でもスムーズに出来ました。 つくれぽ件数も多いのには納得です。 味も揚げてないのに、普通のチキン南蛮と変わりない味で、満足する味になりました。 材料も家に揃っているもので大体できるのもいいです。 滅多に使わない材料や調味料があると、他に活用することが中々出来ないので、そういう点もおすすめです。 作り方もとても簡単で、下味をつけて片栗粉をまぶして焼くだけで甘酢が効いた鶏肉のおかずが完成しました。 所要時間も15分程度で手軽にできました。 朝の忙しい時間でもさっと作ることができ、フライパンひとつで済むので片付けもとても楽でした。 お弁当のおかずとして冷めても柔らかく、味も染みていてとてもおいしく好評でした。 お肉の上に食べ応えのあるソースがかかると一気にボリュームが出て食卓が見栄えするものになりますし、付け合わせとともにワンプレートで出せるので食後の後片付けがラクになる点もおすすめできます。 ボリュームはありますが、ジューシーな鶏モモ肉と酸味のあるトマトソースがとても良く合い鶏モモ肉1枚をペロリと食べられてしまいます。 そしてこのレシピのトマトソースが本当に美味しいです。 にんにくで程よくパンチが効いているので味にメリハリがあります。 このソースは日持ちもするので時間がある時に作っておいてパスタにかけたり、ナスにかけてとろけるチーズを乗せて焼くなどアレンジもできるので重宝しています。 最近は、仕事を持っている主婦が多いので、仕事帰りに迷うことなく買うことができる食材がありがたい。 調味料もほとんど同量なので、覚えやすいことと、冷蔵庫に常備してある調味料であることがうれしいです。 また、夕食用に多めに作って、子供のお弁当や自分のお昼ご飯などに応用が利くので時短になって便利ですね。 何といっても、鶏もも肉と白ねぎは相性がいい組み合わせ食材で、照り焼きは皆が好むおかずだと思います。 ご飯のお供に最適なおかずレシピですので、年齢を問わず喜んでもらえますよ。 27.超簡単!とりもも肉のとろとろ玉ねぎ煮 鶏モモに、今が旬の美味しい新玉ねぎをたくさん、簡単美味しく頂けるレシピがこのとりもも肉のとろとろ玉ねぎ煮です。 調理法はシンプルで、フライパンでざっと炒めた玉ねぎスライスの上に鶏モモ肉を乗せ、フタをして蒸し15分。 醤油とお酒を回し入れ5分ほど煮詰めたらもう完成!時間は少しかかりますが、蒸してる間に他の料理や洗い物が出来るのと、調味料も2つだけと少なく手間を感じないレシピです。 蒸されてふっくらした鶏肉に、炒めた玉ねぎの甘みに鶏の旨みと醤油味が何とも絶妙な美味しさ! 子どもから大人まで絶対に好きな味だと思うのでオススメします! 28.メチャうまチーズタッカルビ 具材も材料もほとんど家にあるもので出来ますし、調味料を揃えるのが手間と思う方は、キムチを混ぜてしまえばもっと楽なのではないかと簡単に想像できるレシピだと思います。 漬け込んでおいて焼くだけなので、疲れている時や時間のない時でも、下ごしらえさえしておけば作るのも苦にならないのが嬉しいですよね。 また、大人数でわいわいと作って食べるのも楽しいですし出来上がった見た目もフォトジェニックです。 部屋のみ女子会の時にも打ってつけの料理だと言えます。 レシピにもありますが、食べ終えてからは〆キムチチャーハンまで味わえます。 溶けるチーズの種類を変えてみるだけで手軽に違った味わいになるのも飽きずに繰り返し作ってしまう理由かもしれません。 鶏肉をくるっと丸めて記載の合わせ調味料につけてレンジでチンするだけで、あっという間に鶏チャーシューができあがります。 お肉はやわらかくとてもジューシーな仕上がりです。 お肉は焼かないので、油を使わずヘルシーです。 おかずとしてご飯にも合うし、お酒のおつまみにも合い、子どもから大人まで家族みんなで食べられる味付けです。 さらに、その煮汁にゆで卵をつければ、おいしい味玉もできます。 作り置きおかずとしてもお勧めのレシピです。 調理器具は耐熱ボウルくらいなので、洗い物も少なく済み、後片付けも楽ちんです。 30.ご飯おかわりぃぃ!鶏の大根おろし煮 タイトルにも書いてありますが、白いごはんにめちゃくちゃ合います! 冬の大根が安い時期に、大根の大量消費にもとってもオススメです。 作り方もとても簡単で、味付けはごま油、砂糖、しょうゆとどこの家庭にだいたいあるであろう基本調味料3種のみでできます。 更に工程は大根をおろして、鶏肉を切って、焼くだけ!大根をおろす作業はちょっと大変なのですが、それさえ頑張れば、あとはほとんど放置で完成します! 基本調味料のみの使用なのでお子様にも安心して食べさせることができるため、老若男女問わず夕食のメインおかずにできると思います! 31.簡単!鶏もものみぞれ煮 私がこのメニューを、オススメするのは大根は丸々1本購入した時煮物にしたりサラダにしたりも出来ますがどうしても最後を余らせて処分することが多かったです。 ところがこの、メニューを知って作るようになってからは大根をたくさんおろし金で下ろす時だけは少ししんどいですが、 大根が沢山ある方が美味しいためたくさんするようになるので大根の消費が出来ます。 おかげで大根を余るせることが無くなりました。 そしてレシピも書いてある分量を初めに混ぜてしまえばあとは焼いて、煮るだけなので子供が居てもとっても簡単! そして初めに分量を測ることで洗い物も少なく手順も最低限で作製出来るのが、魅力だと思います。 32.ごはんがすすむ!! 鶏肉となすの南蛮煮 まずは味付けについてですが、鳥モモ肉のレシピはこってり系が多い中、こちらのレシピは南蛮酢で味付けをするので食欲があまり無い時でもさっぱりと食べられます。 味自体もかなり美味しく家族にも評判で何度も作っています。 また糖質制限のことを考えても具材・調味料ともに糖質が少なめ。 またお酢は血糖値の上昇をゆるやかにするので、健康にもよいところが気に入っています。 調理工程についてですが、まずフライパン一つで簡単にできるのが助かりますし、調味料を事前に量って合わせておくので、火を使いながら一つずつ加える必要が無いので楽です。 33.ポン酢ソースのさっぱり鶏ももステーキ こないだスーパーに行った時に晩御飯を考えながらクックパッドを見ていると「ポン酢ソースのさっぱり鶏ももステーキ」があったので作ってみることにしました。 材料は 「鶏肉もも肉」「長ネギ」「ポン酢」「白だし」「レモン汁」「水」「サラダ油」「塩」ととても作り方がシンプルでもとても簡単です。 食べてみると、とてもさっぱりしていてお肉には塩と酸っぱいレモン、ポン酢がしみ込んでかなりおいしかったです。 お肉が好きな私はがっつり食べれてとても満足でとてもヘルシーでした。 お肉がメインにはなりますが、もう少し「きのこ」や「白菜」を入れるとさらにおいしくなると思います。 さいごに いかがでしたか? 鳥モモ肉はジューシーで美味しく食べられる食材です。 ぜひ今回紹介したレシピで作ってみてくださいね。 家族に喜ばれること、間違いなしですよ! それではまた。

次の