赤道 線 セニョール。 ③ 「赤道」クイズ・・・地球をまたぐ: ドン・キホーテの広場のブログ

赤道セニョール 歌詞『さとみ×ころん』

赤道 線 セニョール

ここでクイズをしてみましょう。 これは中学校の総合学習の授業の際に生徒によく聞いてみる質問です。 でも2番は異論が出てきて、必ずしもそうではない、さらに1番ともなると論外ですよね。 エクアドルに行った時<実は国名の「エクアドル」とはスペイン語で「赤道」の意味な んです>、私はその「赤道標」といわれるものを訪れました。 首都キト市の郊外へ車で 小 1 時間。 荒涼とした禿山のふもとのやや広い台地に、基台の各辺が約 8m、高さ 15m ほどの、先端に向かってやや細くなっていく四角柱が立っていました。 その上に直径 3m ほどの地球儀がのっかっています。 四角柱の各面には、それぞれ[E][O][S][N]との文字が刻まれています。 それぞれスペイン語で「東」「西」「南」「北」の頭文字なんですね。 [E](東)[O](西)面にあたるコンクリートの地面の真ん中には、幅 10 ㎝ほどの 1本の線がはるか遠く東西に伸びていました。 でも冗談ながら、色は何もついていませんでした。 赤色でもなく、地面の汚れと土ぼ こりでそれは黒色に近くなっていました。 私は先に友人から聞いていた指示を思い出し、 その線を両足でまたぐと、持っていたカメラを同行の友人に渡し、ポーズをとったので す。 友人は破顔一笑。 この瞬間、私は地球の南北両半球に足をかけたことになるのだというんです。 たいそうなユーモアですが、言われてみるとついそんな気になってしまうから面白い ですねぇ。 もちろん、またいだ両足も大事な股間も、熱さでヤケドをするようなことはありませんでした。 周囲の気温は暑さとは程遠く、摂氏 10 度前後で肌寒いほど。 キトが海抜 2800m の高 地にあるからです。 ここから西に 1000 キロ行くと、同じエクアドル領のガラパゴス諸島。 ここは太平洋の赤道直下で、 1 年中 30 度前後の熱帯です。 この赤道の下半分、南半球では四季も反対になります。 日本は今、春ですが、南米のブラジルやアルゼンチンでは、秋なんですね。 ホームページはこちらです.

次の

スーパーフード・アサイーの美味しい食べ方!栄養や効能は?

赤道 線 セニョール

ここでクイズをしてみましょう。 これは中学校の総合学習の授業の際に生徒によく聞いてみる質問です。 でも2番は異論が出てきて、必ずしもそうではない、さらに1番ともなると論外ですよね。 エクアドルに行った時<実は国名の「エクアドル」とはスペイン語で「赤道」の意味な んです>、私はその「赤道標」といわれるものを訪れました。 首都キト市の郊外へ車で 小 1 時間。 荒涼とした禿山のふもとのやや広い台地に、基台の各辺が約 8m、高さ 15m ほどの、先端に向かってやや細くなっていく四角柱が立っていました。 その上に直径 3m ほどの地球儀がのっかっています。 四角柱の各面には、それぞれ[E][O][S][N]との文字が刻まれています。 それぞれスペイン語で「東」「西」「南」「北」の頭文字なんですね。 [E](東)[O](西)面にあたるコンクリートの地面の真ん中には、幅 10 ㎝ほどの 1本の線がはるか遠く東西に伸びていました。 でも冗談ながら、色は何もついていませんでした。 赤色でもなく、地面の汚れと土ぼ こりでそれは黒色に近くなっていました。 私は先に友人から聞いていた指示を思い出し、 その線を両足でまたぐと、持っていたカメラを同行の友人に渡し、ポーズをとったので す。 友人は破顔一笑。 この瞬間、私は地球の南北両半球に足をかけたことになるのだというんです。 たいそうなユーモアですが、言われてみるとついそんな気になってしまうから面白い ですねぇ。 もちろん、またいだ両足も大事な股間も、熱さでヤケドをするようなことはありませんでした。 周囲の気温は暑さとは程遠く、摂氏 10 度前後で肌寒いほど。 キトが海抜 2800m の高 地にあるからです。 ここから西に 1000 キロ行くと、同じエクアドル領のガラパゴス諸島。 ここは太平洋の赤道直下で、 1 年中 30 度前後の熱帯です。 この赤道の下半分、南半球では四季も反対になります。 日本は今、春ですが、南米のブラジルやアルゼンチンでは、秋なんですね。 ホームページはこちらです.

次の

赤道セニョール 歌詞『さとみ×ころん』

赤道 線 セニョール

ここでクイズをしてみましょう。 これは中学校の総合学習の授業の際に生徒によく聞いてみる質問です。 でも2番は異論が出てきて、必ずしもそうではない、さらに1番ともなると論外ですよね。 エクアドルに行った時<実は国名の「エクアドル」とはスペイン語で「赤道」の意味な んです>、私はその「赤道標」といわれるものを訪れました。 首都キト市の郊外へ車で 小 1 時間。 荒涼とした禿山のふもとのやや広い台地に、基台の各辺が約 8m、高さ 15m ほどの、先端に向かってやや細くなっていく四角柱が立っていました。 その上に直径 3m ほどの地球儀がのっかっています。 四角柱の各面には、それぞれ[E][O][S][N]との文字が刻まれています。 それぞれスペイン語で「東」「西」「南」「北」の頭文字なんですね。 [E](東)[O](西)面にあたるコンクリートの地面の真ん中には、幅 10 ㎝ほどの 1本の線がはるか遠く東西に伸びていました。 でも冗談ながら、色は何もついていませんでした。 赤色でもなく、地面の汚れと土ぼ こりでそれは黒色に近くなっていました。 私は先に友人から聞いていた指示を思い出し、 その線を両足でまたぐと、持っていたカメラを同行の友人に渡し、ポーズをとったので す。 友人は破顔一笑。 この瞬間、私は地球の南北両半球に足をかけたことになるのだというんです。 たいそうなユーモアですが、言われてみるとついそんな気になってしまうから面白い ですねぇ。 もちろん、またいだ両足も大事な股間も、熱さでヤケドをするようなことはありませんでした。 周囲の気温は暑さとは程遠く、摂氏 10 度前後で肌寒いほど。 キトが海抜 2800m の高 地にあるからです。 ここから西に 1000 キロ行くと、同じエクアドル領のガラパゴス諸島。 ここは太平洋の赤道直下で、 1 年中 30 度前後の熱帯です。 この赤道の下半分、南半球では四季も反対になります。 日本は今、春ですが、南米のブラジルやアルゼンチンでは、秋なんですね。 ホームページはこちらです.

次の