ピープロテイン。 ピープロテインの効果・効能・メリット・副作用│TheHealthyLife

ピープロテイン アイソレート の通販|マイプロテイン

ピープロテイン

ピープロテインとは ピープロテインのピー(pea) とはエンドウ豆のことを指しています。 名前の通り、 エンドウ豆から抽出されたタンパク質になります。 ピープロテインのアミノ酸組成 ピープロテイン ホエイプロテイン アラニン 3. 3 4. 1 アルギニン 6. 6 2. 1 アスパラギン酸 8. 9 8. 7 システイン 0. 8 1. 9 グルタミン酸 13. 2 13. 9 グリシン 3. 1 1. 5 ヒスチジン 1. 9 1. 5 イソロイシン 3. 7 4. 9 ロイシン 6. 4 8. 6 リジン 5. 7 7. 2 メチオニン 0. 8 1. 6 フェニルアラニン 4. 2 2. 6 プロリン 3. 4 4. 7 セリン 3. 9 4. 2 スレオニン 2. 8 5. 7 トリプロファン 0. 7 1. 5 チロシン 3. 1 2. 8 バリン 4. 0 4. 6 (100gあたりのアミノ酸量) ピープロテインはホエイと比べてBCAAやシステインが少なく、 アルギニンが多いアミノ酸構成になっています。 この違いが筋肉にどう影響するのかを見ていきましょう。 ピープロテインの効果 ホエイと同等の筋肥大効果 最初に結論を言いますと、 ピープロテインの筋肥大効果は絶大です。 ホエイと比べても同等、 もしくはピーの方が優れている可能性があります。 ピープロテインとホエイプロテインを比較した研究をご紹介します。 [1] この研究では12週間にわたって、 ピーを摂取する群とホエイを摂取する群に分け、 上腕のトレーニングを行いました。 この結果、筋肉量はホエイに比べてピープロテイン群が増えており、 筋力の増加は同等でした。 つまりピープロテインはホエイと同等もしくはそれ以上に筋肉へ良 好な影響を与えたことになります。 アルギニンが多い 筋肉合成に有利とされるBCAAはホエイプロテインの方が多く含 まれています。 それなのに何故ピープロテインはホエイと同じ筋肥大効果があった のでしょうか。 その答えはアミノ酸組成にあります。 ピープロテインはホエイに比べてアルギニンが非常に多いとお話し しました。 100gあたりホエイは2. 1gしか含まれていないのに対して、 ピーには6. 6gのアルギニンが含まれています。 アルギニンはBCAAやEAA、 グルタミンと共に筋肉にとって重要なアミノ酸の一つです。 アルギニンはあまり聞き慣れない物質かもしれませんが、最近では NO系サプリメントに含まれるなど注目を集めています。 NOとはN(窒素)とO(酸素)が結合したもので、 一酸化窒素と呼ばれます。 アルギニンは体内でNOを放出するため、 筋トレをする人にとっては様々なメリットがあります。 アルギニンの効果• 血管を広げて血流を良くする• 筋肉細胞を増やす• 成長ホルモンを出す• 疲労回復を早める 血流を良くすることで、 グリコーゲンやアミノ酸といった栄養素が筋肉に運ばれやすくなり ます。 また将来的に筋肉細胞へ変わるサテライト細胞を活性化することで 、新しい筋肉が増えるのを促進します。 これらの効果により、 アルギニンは筋肉を増やすのに大きな効果があることがわかってい ます。 ホエイプロテインの唯一の欠点ともいえるアルギニンの少なさをピ ープロテインはカバーしていることで、BCAAが少ないにも関わ らずホエイと同じ筋肥大効果を発揮したのでしょう。 ピープロテインの効果まとめ• ホエイと同等以上の筋肥大効果• ホエイと同等の筋力増加• ホエイに比べてBCAAが少なく、アルギニンが多い 吸収速度 プロテインの種類によって吸収速度が大きく異なるので、 それぞれ適した飲み方が変わってきます。 こちらのグラフを見てください。 このグラフからピープロテインはホエイよりも吸収が遅く、 ソイと同程度であることがわかります。 したがってトレーニング直後のゴールデンタイムのタンパク補給に は適していません。 逆に就寝前のプロテインとして大活躍してくれそうです。 ホエイではすぐにタンパク質の吸収が終わってしまうため、 寝ている間は長時間タンパク不足になり、 筋肉の分解が起きてしまいます。 吸収の遅いピープロテインであれば、 朝までゆっくり時間をかけて吸収されるため、 筋肉の分解を抑える効果があります。 またトレーニングの2時間前に摂取することでトレーニングの質を 高める効果も期待できそうです。 アルギニンが放出するNOには血管を広げる効果があるため、 トレーニング中にパンプしやすくなります。 高回数でパンプを狙うトレーニングの際にはぜひ摂取しておきたい プロテインです。 イソフラボンによる女性化作用• フィチン酸によるミネラルの排出 ソイには大豆イソフラボンが多く含まれています。 大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た作用を持つので、 女性化作用が問題になる場合があります。 また大豆プロテインにはフィチン酸と呼ばれる物質が多く含まれています。 このフィチン酸は体内のミネラルを結合し、体外に排出する作用があります。 ミネラルの中でも特に鉄の吸収を妨げるという報告があります。 筋トレを行うと、血液の使用量や赤血球の消耗量が大きくなるため、鉄をより多く摂取する必要があります。 しかしソイプロテインを普段から飲んでいると、鉄不足になってしまいトレーニング中に本来の力を発揮できなかったり、筋肥大を妨げてしまう可能性があります。 ピープロテインには、ソイがもっている問題がないので、安心して飲み続けることができます。 ホエイの方が手軽 ホエイとピーを比べると効果の面ではほぼ互角でしょう。 しかし今のところ、ピープロテインはかなりマイナーなプロテインなので、ものによっては値段が高いです。 ( メーカーを選べばかなり安い) またホエイのようにフレーバーが充実していないので、味にはあまり期待しない方が良いです。 砂糖が入っていないきな粉みたい。 味は普通かな。 筋肥大効果は同じなので、より美味しく飲めるホエイプロテインを選ぶと良いです。 ただベジタリアンの方はピープロテインを試す価値があります。 ソイプロテインよりも筋肥大効果が高く、安全性も高いです。 ピープロテインのまとめ【おすすめできる?】 まだまだマイナーなプロテインである「ピープロテイン」をご紹介しました。 ピーにはホエイにはない魅力があり、筋肥大効果も高いことが分かっています。 しかし現時点ではホエイほど手軽に美味しく飲むことができないので、プロテインにこだわりがないのであればホエイプロテインを選んでください。 動物性の食品を摂取できない方は、ソイよりもピーの方が効果的なので、試してみると良いでしょう。

次の

ピープロテインの効果・効能・メリット・副作用│TheHealthyLife

ピープロテイン

ダイエットにも美容にも欠かせない栄養素であるプロテイン(たんぱく質)。 フィットネスやランニング、ヨガなどを習慣にしている女性の皆さんの中には、プロテインを飲んでいるという方も多いのではないでしょうか。 プロテインにはいろいろな種類がありますが、女性の皆さんにオススメしたいのが、発芽玄米から作られるライスプロテインと、えんどう豆から作られるピープロテインです。 ここでは新しいスーパーフードとして注目を集めているライスプロテインとピープロテイン、プロテインの必要性、摂るときの注意点などについて詳しくご紹介していきます。 プロテインがなぜ必要なの? 出典: そもそもプロテイン(たんぱく質)はなぜ重要な栄養素なのでしょうか。 たんぱく質は筋肉のもとになるだけではなく、健康な肌や髪、爪を保つ、免疫力を維持する、ダイエットのサポートをするといった大切な役割を持っています。 たんぱく質が不足すると肌はしぼんでハリが低下し、髪や爪ももろくなっていきます。 また、たんぱく質が不足して筋肉を維持することができなくなると、基礎代謝が低下して痩せにくい体になってしまうのです。 プロテインは、美しく健康的な体を維持するのに欠かせない栄養素のひとつであると言えるでしょう。 プロテインの種類にはどんなものがある? 出典: スポーツクラブなどで、パウダー状のプロテインを水に溶かして飲んでいる人をよく見かけますよね。 現在市販されているこうしたプロテインは大きく分けて、ホエイプロテインとカゼインプロテイン、ソイプロテインの3種類となっています。 ホエイプロテイン ホエイプロテインとは、牛乳から精製される動物性たんぱく質です。 ミネラルやビタミンが含まれていて吸収性がよく、飲みやすい味であるというメリットがありますが、乳製品にアレルギーのある方は使用できません。 カゼインプロテイン カゼインプロテインも同じように牛乳から生成されますが、吸収がゆっくりであるため満腹感が得やすいというメリットがあります。 ダイエットサポートとしては最適と言えるでしょう。 ホエイプロテインと同様、乳製品アレルギーのある方には不向きです。 また、ホエイプロテインやカゼインプロテインは動物性プロテインであるため、摂りすぎると腸内環境を悪化させる恐れがあります。 ソイプロテイン ソイプロテインは、大豆から精製されるプロテイン。 カゼインプロテインと同じように吸収がゆっくりなので、ダイエットに適しています。 また、イソフラボンが含まれているため、美容効果も期待できます。 ただし、ソイプロテインは、水に溶けにくく少し飲みにくいというデメリットがあります。 また、その他の大豆製品と合わせて、イソフラボンの過剰摂取にならないように注意する必要も。 さらに大豆には、症状に気づきにくい遅発性アレルギーを起こす可能性があるので注意しましょう。 ライスプロテインとピープロテインのメリット 出典: ライスプロテインとピープロテインの一番のメリットは、植物性プロテインであり、内臓への負担が少ないこと。 また、アレルギーや腸内環境の悪化を引き起こしにくいことが分かっています。 ライスプロテイン 出典: ライスプロテインは、発芽玄米由来のたんぱく質です。 植物性プロテインとしては吸収性がよく、アレルギーを起こす可能性も低め。 お米由来であるために、日本人の体質に合っているとも言えます。 また、ビタミンやミネラル、食物繊維が含まれているため、美容効果も期待できます。 食物繊維が作用するので、腸内環境の改善にも役立つでしょう。 こちらも動物性たんぱく質にはない大きなメリットです。 さらに、ライスプロテインは他のプロテインよりも価格が安いのが特徴。 売っている店が少ないというデメリットもありますが、今後は増えていくはずです。 プロテインを摂り続けたい方にとって、価格が安いというのは嬉しいですよね。 ピープロテイン 出典: ピープロテインは、えんどうまめから精製されるたんぱく質です。 こちらも大豆プロテインよりも吸収性が良く、低アレルゲンであることから優秀なプロテインであると言えます。 デメリットはえんどう豆特有の青臭い臭いが残っているということと、ライスプロテインと比較して若干割高という点です。 動物性プロテインが腸内環境を悪化させる理由 ホエイプロテインやカゼインプロテインは動物性たんぱく質です。 動物性たんぱく質を過剰摂取すると、吸収しきれなかったたんぱく質が腸にそのま送り込まれ、悪玉菌のエサとなってしまいます。 悪玉菌が優勢となり腸内環境が悪化すると、腸の中に腐敗物がたまりやすくなり、便秘や肌荒れ、口臭などの原因になります。 悪玉菌が作り出す5つの中には、発がん性を持つものも。 動物性プロテインを長期間、摂り過ぎるのは避けるべきでしょう。 プロテインの摂り過ぎによるデメリットも知っておいて 出典: たんぱく質の1日の摂取量目安は、体重1kgに対したんぱく質1. 2~1. 5gとなっています。 普段の食事では摂りきれないことが多いため、フィットネス女子を中心にプロテインパウダーが人気を集めているのです。 でも、精製されたプロテインパウダーには、食品とは比べ物にならないくらい大量のたんぱく質が含まれています。 そのためサプリメントと同じように飲みすぎることで、簡単に過剰摂取を起こしやすいということを覚えておきましょう。 プロテインの摂り過ぎは腎臓や肝臓に負担をかける 体内で過剰となったたんぱく質は、分解されて窒素になります。 この窒素を分解し体外に排出するためには、腎臓や肝臓のはたらきが欠かせません。 つまり、人工的に生成されたタンパク質を大量かつ長期間、摂ることで腎臓や肝臓に大きく負担がかかってしまうのです。 まず、プロテインを摂る際には1日の摂取量を超えないようにすること。 そして、長期的にプロテインを利用したいなら、内臓への負担や腸内環境の悪化を防ぐために、ライスプロテインやピープロテインなど植物性のプロテインに切り替えるという工夫も必要でしょう。 まとめ 出典: ライスプロテインやピープロテインは植物性プロテインの中では吸収がよく、アレルギーを起こしにくいプロテインです。 食物繊維やビタミンなども合わせて摂れるので、美容やダイエットサポートのためのプロテインを探している方にイチオシです。 とはいえプロテインは1日の摂取量を守ることが大切。 健康的な食事をベースに、プロテインパウダーを上手に利用するようにしましょう。 TOPICS特集• 予防しながら、遠目からでも美しく見えるメイクを心がけましょう。 今年の夏、注目のメイク&押さえておきたい新作コスメとは?• あの子はいったい何をしてるの?美容のプロであるライター達は、実際にどんな美容を自宅で行ったのか、気になる「リアル美容」!• お家時間が楽しくなる!ポジティブ美容を始めよう!自粛が明けて、自信の持てる自分でいられるかどうかは「今」美容を楽しんだかどうかで差がつきます!• 今知りたい!お家でできる美BODYケア。 これから晴れて外出できる日を楽しむために!今の暇な時間を活用し、お家でできるケアを実行してみては?• 春の訪れを感じる今日この頃。 コスメのアップデートはお済みでしょうか?新たなカラーをメイクアップに加えて、あなたの理想の仕上がりを見つけて。

次の

ピー(P)プロテインは筋トレに効果ある?他のプロテインと比べると?

ピープロテイン

待ってました!ANOMAのプロテインの抹茶フレーバー!去年から出る出るって聞いて、待ってたんスよ!乳製品由来じゃないし、BCAAもアルギニンも入ってるし、マジでしっかり抹茶味! — 西川貴教 TMR15 ピープロテインのメリット 当然、本場米国でも多くのシェアを集めているのは理由があります。 アルギニン含有量が豊富 一般的な ホエイプロテインのアルギニンの含有量は、だいたい100g中2,000mg前後です。 それに対して ピープロテインは5,500mg程度のアルギニンを含んでいるため、およそ 2. 5倍の含有量を誇ります。 アルギニンは、高アルカリ性で味が非常に独特なため、単体での摂取は非常に困難です。 したがって、アスリートやトレーニー等アルギニンを追加で摂取したい人たちには、 ピープロテインはベストな選択肢になります。 乳糖や大豆イソフラボン、アレルギーを含まない 今までホエイプロテインやソイプロテインを 飲みたくても飲めない人は、主に以下のような課題がありました。 大豆イソブラボンによるホルモン変化を避けたい。 乳アレルギー又は 大豆アレルギー ホエイ・ソイ• ヴィーガンや ベジタリアン ホエイ そしてこれらの課題を全て解決できるのが ピープロテインです。 ピープロテインには、 アレルゲンが含まれていないため、唯一どなたでも飲むことができるプロテインとして注目を浴びています。 したがって 今まで飲めなかった人もプロテインを摂取できるというのが大きなメリットの1つとなります。 地球に優しい さらに最近最も ピープロテインが注目されている理由の1つが、 地球環境への負担の少なさです。 いくつかの研究によれば、 肉食や牛乳が原因のメタンガスの発生量は、交通機関から発生する全ての二酸化炭素よりも多いと言われています。 もちろん、肉食を全てやめるのが難しくても、毎日飲むプロテインだけでもピープロテインに変えることで、 地球環境を守る大きな一歩になるのです。 ピープロテインのデメリット 価格がホエイと比較するとやや高い 現在、 ピープロテインは国内外共に ホエイプロテインの1. 5倍から2倍程度の値段になっています。 これはいくつかの理由がありますが、最も大きい理由はそもそも ピープロテインの原材料の値段自体が高いということ。 現在欧州を中心に 大豆農家が エンドウ豆農家に変わるなどして値段が安くはなってきているものの、ホエイで腹痛を全く気にしない ボディビルダーや、アルギニンは別途サプリメントから摂取できる人などは、ホエイという選択肢もあるでしょう。 ただし、 ホエイプロテインに加えて アルギニンを別途で摂取するとなると、 ピープロテインとほとんど変わらない料金になるので、あまり気にならない程度でしょう。 メチオニンの不足がある ピープロテインは、単体で摂取するとアミノ酸の一つである 「メチオニン」が不足する傾向にあります。 したがって、エンドウ豆だけを配合したピープロテイン よりも ライスプロテインやヘンププロテインを混ぜたものがおすすめです。 別で混ぜることにより、 アミノ酸の不足を補うことができます。 これは、しっかりと相性が良くないと意味がないのですが、 ピープロテインと ライスプロテインは相性抜群です! どんな人におすすめ? それでは、 ピープロテインは一体どんな人におすすめなのでしょうか。 大きく分けると以下のような人たちです。 アスリートや トレーニー、ダイエッターの方• アレルギーなどが気になる方• より健康になるためにタンパク質を摂取したい方 これ以外にも、そもそもが質の高いタンパク質のため、多くの人が利用しやすいタンパク源です。 ピープロテインは ダイエット向けの製品が多いのですが、 トレーニー向けに配合しているものもあるので、チェックしてみましょう! まとめ 今回はピープロテインについてご紹介しました。 ピープロテインにはメリット・デメリットがあるものの、現代では非常にメリットが多いプロテインパウダーです。 この機会に、ぜひ試してみてください。

次の