馬 三家 から の 手紙。 馬三家からの手紙 : 作品情報

【レオン・リー監督インタビュー】映画『馬三家からの手紙』中国国家の実態に迫った“人間”としての精神力の物語

馬 三家 から の 手紙

中国の強制労働収容所の実態を描いたドキュメンタリー映画『馬三家(マサンジャ)からの手紙』が9月14日、ロサンゼルスのパサデナで上映されました。 馬三家労働教養所での想像を絶する状況に、観客は深く胸を傷めました。 パサデナ市民 ジンジャーさん 「大変ショックを受けた。 国際世論が少しも影響を与えられなかったことに、怒りを感じている。 解決しがたいこの問題を理解するため、すべての米国人がこの映画を見るべきだ」 映画は、オレゴン州在住のジュリー・キースさんが、2年前に買ってきたハロウィンの飾りに入っていた手紙を見つけたところから始まります。 それは中国の強制労働収容所に収容されていた孫毅(スン・イー)さんからの、SOSの手紙でした。 教師 ラムさん 「ハロウィンの飾りという私たちにとってありふれた品物が、刑務所で作られていて、中国当局の利益となっている」 手紙には、中国の強制労働収容所の中で行われている驚くべき事実が記されていました。 主人公の孫毅さんは危険を冒して手紙を出しただけでなく、再度拘束される危険にさらされながら、自ら中国での撮影を行いました。 科学者 ジョエル・パスラスキさん 「人々が抑圧され、自由が奪われていることに驚いた。 彼らの苦しみが気づかせてくれたが、あらゆることを当たり前のことだと思ってはいけない。 ごめんなさい。 感情を抑えきれなくて…」 観客の1人、フローラさんはかつて馬三家(マサンジャ)の近くに住んでいました。 観客 フローラさん 「馬三家は私の故郷で、あそこに住んでいた。 すぐ近くで、あんなに恐ろしいことが行われていたなんて、全然知らなかったし、ものすごくショック。 彼らのことを思うと本当に悲しい」 想像を絶する現実に、観客の多くが涙を流しました。 教師 ラムさん 「一人一人が(為政者に対し)勇気を出して声を挙げなければ!声を挙げる人が多くなれば、早く止めさせることができる」 『馬三家からの手紙』の李雲翔(レオン・リー)監督は、いま中国で起きていることを、もっと多くの人が知り、注目してくれるよう願っていると語っています。 ピーポディ賞受賞監督 李雲翔氏 「この映画では、観客は孫毅さんと一緒に彼の生活の中へと入り、彼のような法輪功学習者が中国でどのような困難に直面したのか理解できると同時に、困難に屈しない彼の精神も知ることができる」 ドキュメンタリー映画『馬三家からの手紙』は日本でも19日、NHK BS1で放送され、大きな反響を呼んでいます。 26日午後5時に再放送されるということです。 …… 日本新唐人ウェブサイト (日本語に翻訳した番組をご覧いただけます。 ) 日本新唐人Facebook <テレビ映像素材提供に関する連絡先> E-MAIL: info ntdtv.

次の

【レオン・リー監督インタビュー】映画『馬三家からの手紙』中国国家の実態に迫った“人間”としての精神力の物語

馬 三家 から の 手紙

「この商品を購入した方へ、この手紙を世界人権団体に渡してください。 中国共産党政権の迫害を受けている数千人は、永遠にあなたに感謝いたします…」。 2012年10月、アメリカでハロウィングッズに隠された中国強制労働教養所の受刑者からのSOSレターが国際社会に衝撃をもたらし、話題になった。 出所後も監視下に置かれていたが、2016年12月、中国を脱してインドネシアに渡った。 ハロウィングッズに助けをもとめる手紙を入れた孫毅(50)さんはこのほど、大紀元の取材に、当時の境遇を語った。 国営企業グループ企業のエリート 孫毅さんは大学卒業後、1994年に国営大手・中国石油集団のグループ会社に入社。 しかし、中国共産党政権が1999年から禁止する気功・法輪功をやめないとの理由で2001年9月に懲戒免職となり、以後16年間、拘禁と釈放が繰り返された。 拘束を逃れるため、長年、全国各地を放浪したという。 2008年2月~10年9月に、に収監された際に、孫さんは受刑者の作った輸出用の商品に何通もの手紙を隠した。 「ここの人々は土日も休めず毎日15時間以上の重労働を強いられ、日常的拷問を受けている。 その大半は犯罪を犯していない法輪功愛好者だ」と訴え、国際社会による助けを求めるものだった。 読者メニュー• 関連リンク• 大紀元日本について• サイト所有会社• 株式会社大紀元(英語名 DJY Japan Inc. TEL:03-6806-8902 FAX:03-6730-2861• EMAIL info djy. jp 運営会社• 特定非営利活動法人エポックメディア• 東京都渋谷区代々木2-23-1• TEL:03-5309-2899 FAX:03-6332-9990• EMAIL info epochtimes. jp 大紀元 Global Group•

次の

馬三家からの手紙

馬 三家 から の 手紙

中国の強制労働収容所の実態を描いたドキュメンタリー映画『馬三家(マサンジャ)からの手紙』が9月14日、ロサンゼルスのパサデナで上映されました。 馬三家労働教養所での想像を絶する状況に、観客は深く胸を傷めました。 パサデナ市民 ジンジャーさん 「大変ショックを受けた。 国際世論が少しも影響を与えられなかったことに、怒りを感じている。 解決しがたいこの問題を理解するため、すべての米国人がこの映画を見るべきだ」 映画は、オレゴン州在住のジュリー・キースさんが、2年前に買ってきたハロウィンの飾りに入っていた手紙を見つけたところから始まります。 それは中国の強制労働収容所に収容されていた孫毅(スン・イー)さんからの、SOSの手紙でした。 教師 ラムさん 「ハロウィンの飾りという私たちにとってありふれた品物が、刑務所で作られていて、中国当局の利益となっている」 手紙には、中国の強制労働収容所の中で行われている驚くべき事実が記されていました。 主人公の孫毅さんは危険を冒して手紙を出しただけでなく、再度拘束される危険にさらされながら、自ら中国での撮影を行いました。 科学者 ジョエル・パスラスキさん 「人々が抑圧され、自由が奪われていることに驚いた。 彼らの苦しみが気づかせてくれたが、あらゆることを当たり前のことだと思ってはいけない。 ごめんなさい。 感情を抑えきれなくて…」 観客の1人、フローラさんはかつて馬三家(マサンジャ)の近くに住んでいました。 観客 フローラさん 「馬三家は私の故郷で、あそこに住んでいた。 すぐ近くで、あんなに恐ろしいことが行われていたなんて、全然知らなかったし、ものすごくショック。 彼らのことを思うと本当に悲しい」 想像を絶する現実に、観客の多くが涙を流しました。 教師 ラムさん 「一人一人が(為政者に対し)勇気を出して声を挙げなければ!声を挙げる人が多くなれば、早く止めさせることができる」 『馬三家からの手紙』の李雲翔(レオン・リー)監督は、いま中国で起きていることを、もっと多くの人が知り、注目してくれるよう願っていると語っています。 ピーポディ賞受賞監督 李雲翔氏 「この映画では、観客は孫毅さんと一緒に彼の生活の中へと入り、彼のような法輪功学習者が中国でどのような困難に直面したのか理解できると同時に、困難に屈しない彼の精神も知ることができる」 ドキュメンタリー映画『馬三家からの手紙』は日本でも19日、NHK BS1で放送され、大きな反響を呼んでいます。 26日午後5時に再放送されるということです。 …… 日本新唐人ウェブサイト (日本語に翻訳した番組をご覧いただけます。 ) 日本新唐人Facebook <テレビ映像素材提供に関する連絡先> E-MAIL: info ntdtv.

次の