プッシュ アウト と は。 ゴルフのプッシュアウトの原因と矯正方法

プッシュアウトの原因と直し方。アイアンのプッシュアウトも

プッシュ アウト と は

スポンサードリンク 先ほども言いましたが僕もたまにプッシュアウトが出てしまいます。 特に長いクラブでは右に一直線に飛び出し林や1本木にあたって 「カツン!!」 なんてことになります。 笑 芯には当たってるっぽいので当りがいいから木には申し訳ない気になります。 隣のコースや同伴競技者等に当たってしまったらゾっとする球筋ですよね。 なんせ勢いがありますから。 僕のプッシュアウトは。 笑 あなたのプッシュアウトもおそらくなかなかの球筋ではないでしょうか?? すごい勢いで右に飛び出すのでいろんな意味で大怪我になりかねません。 直したいミスです。。 これを確認しないでプッシュアウトを修正しようと思うと多分、泥沼にはまってしまいます・・・ その確認しなければならないこととは、 「まず、そもそも本当にプッシュアウトをしているのか??」 これを確認しなければなりません。 「右に一直線に飛び出してるんだからプッシュアウトでしょ??」 って言いたくなるかもしれませんが、アドレスがまっすぐ構えてるつもりでも普通に右に向いてる人って多いんですよね。 だから右向いて、右に打ってるだけだから、実はすごくまっすぐないい球が出ているだけかもしれません。 なので、アドレスの向き以外を変にいじってしまっては泥沼にはまりこんでしまうことになります・・・ 普通にルール違反であると思いますが、たまに、クラブを足の向きにセットしてみたり同伴競技者にアドレスの向きを確認してもらうといいと思います。 とは言うものの、仲間内での練習ラウンド・打ちっぱなし練習場のみで確認しましょう。 コンペや競技などではペナルティーになると思いますので、注意しましょう。 これは物理的に考えても、ゴルフ素人でもわかると思います。 「じゃぁアウトサイドのスイングを意識して振ればいいのか?」 って思いがちですが、スライスを連発しそうでこわいですよね。。 結局、小手先の技術でプッシュアウトの対策をとるよりゴルフスイングを安定させることにチカラを注ぐべきだと思います。 アウトサイドの軌道でスイングしたら一時的には良くなるかもしれませんが、長い目でみたらやっぱゴルフスイング自体を安定させるべきだと思います。 結局右ばっか行くよ・・・ってなりかねませんよね。。 (そうなれば左向いて打てば結果まっすぐいくよね??ってなりますがそこが上手くいかないのがゴルフ・・・涙) 基本のスイングのレベルアップをしたほうがゴルフのマネジメント等、トータルで見ていいと思います。 その場しのぎにのプッシュアウト対策はほんとにその場しのぎだと思います。 「じゃぁスイング安定させるために何をすればいいんだよ??」 「早く、プッシュアウトの本当の対策、修正方法とやらを教えろよ!」 ってツッコミがそろそろ出てくるころと思います。 笑 ここでようやくスイングをかためるドリルを紹介します。 僕みたいな素人ゴルファーが説明するより早いです。 笑 KEN HORIO(堀尾研仁) GOLF ACADEMY — ムービーレッスンの記事は、良記事ですが、残念ながら検索エンジンに埋もれてしまっています。 だから僕があげておきました。 笑 スイングをかためるドリルを動画つきで紹介されています。 動画の起動が遅いのが少し難点ですが、見る価値はあります。 フリーですから。 笑 プッシュアウトに焦点を当てつつ、スイングをしっかりかためるドリルが紹介されています。 まさに理想のページです。 いいね!があったら押したいのですが、ちょっと前に作られたページのようで対応していません。 笑 よかったらかわりに僕の記事にいいねを押してもらえればと思います。 笑 私は、フリーでこれだけの動画をUPされている堀尾研仁さんのファンになってしまいました。 DVDや書籍も発売されているようなので只今、物色中です。。 私のように堀尾研仁さんのファンになってしまった人はDVDや書籍が発売されていますのでよかったらどうぞ。 また、当サイトでも堀尾研仁さんは何度か取り上げています。 サイドバーにカテゴリー一覧がありますのでご覧になっていってください。

次の

プッシュアウトもシャンクも原因は同じ!

プッシュ アウト と は

右にプッシュしない、パターを正確に行う大前提はインパクトでのフェースの向きと芯で打つことです パットで右にプッシュ プッシュアウトの原因がストローク 自信不足が原因 ショートパットが苦手なゴルファーの多くが、パッテングする姿勢に入って、緊張のあまり腕が硬直したり震える経験をされ方が、多くおられると思います。 特に、初心者や中級者の場合、必ず入れなといけない意識が強く働くため、必要以上に緊張することで体が動かなくなるのです。 スタート前の練習グリーンでは外さないパットが本番で外す原因は、やはり入れなければの意識や外せないの意識が交差して、練習グリーンのように気軽に打てない事が大きな原因です。 このような場合は、一度アドレスを外しリセットしてください。 自分なりのルーティンを行うなどで緊張をほぐすのに効果的です。 パッテングのインパクトが原因 短いパットを入れるポイントは、まず、しっかり芯で打つことです。 特にい1m程度の距離は傾斜にとらわれず、絶対カップを外さず、強めに打つ意識を持ってください。 特にパッテングでボールを右にプッシュする方は、カップに合わせよう意識することで、インパクトでグリップがゆるむ事でフェースが開き右にプッシュしやすくなります。 また、ストローク時、インパクで ヘッドが減速することで、フェースのブレを引き起こし、パターのトウ部分でヒットしたり、フェースが開いた状態でボールをこするインパクトになり、右にプッシュしやすくなります。 インパクトで距離を合そうと意識してストロークのスピードの強弱はつけないことが大切です。 特に、下りのパターや速いグリーンの場合、ボールの転がり速度をコントロールしよう、インパクトでヘッドの減速やグリップの握りを緩めフェースが開きます。 しっかり、芯でインパクトすることです。 やさしく打てるパター ストロークが原因 フェースを開かず、正しい理想のストロークを行うには、アドレスやスイング軸の安定が何より大切な要素になります。 理想のストロークとは、スイングスピードを変えず一定の速度で行うことです。 特に、インパクト直前のヘッドの減速はフェースが開き右に押し出しやすくなります。 ストローク中のヘッドの減速が気になる方には、バックストローク1、フォロースルー2の割合で練習することや、ヘッドを真っすぐ引くには、アドレスでグリップにできた手首の角度をかえず、両肩の上下でパッテングを行うように意識してください。 パターが苦手なゴルファーが良くミスするパターンに、インパクトでボールをこすることで右にボールを打ち出してしまいます。 このこすりの原因も、ストローク中のヘッド減速させ手で距離を合わせる場合に良くおこります。 かならず両肩と両腕と胸で出来るアングルを崩さず、両肩の上下動でストロークを行い、同じスピードで振りぬきシッカリストロークすることです。 パターのストロークの原則は、フェース軌道がテークバックで若干開き、インパクトで真っすぐ、フォロースルーで閉じることがパッテング理論です。 そこでストロークの特徴からインパクトでフェースがストレートに再現しやすいモデルで分けることができます。 バックストローク軌道がアウトサイドの傾向のゴルファー・・・センターシャフト、マレットタイプ バックストローク軌道がインサイドの傾向のゴルファー・・・・L字型タイプ、ピンタイプ に分けることができます。 ストロークの癖に合わせてパターモデルの選択の参考にしてください。 参照:グーグルとその情報提供者 アドレスの取り方が原因 インパクトでフェースを正しく使うためには、アドレスのハンドファーストの構えは、インパクトでグリップエンドがボールより前に来ることから、フェースが開きます。 右にプッシュしないためにも、体のセンターでクラブを構えることです。 フェースが開かず安定したストロークは回転軸を動かさないことです。 そのためには、アドレスで体幹を安定させることで、その方法として、アドレスで少しお尻を後ろに引いてアドレスしてください。 尻を後ろに引くことで、股関節が安定し、ストロークの安定には非常に有効です、是非一度試してください。 スタンスで左足をオープンに構えると、インパクトで体が開きやすくなりますから、両足のスタンスはラインに対して直角に構えるのが基本です。 アドレスで体からパターを離して構えると、目の位置より外側にボールを置くことになり、ストロークではフェースを開いてインパクトしてしまいます。 ボールの位置は、目の真下でかつボールは体のセンターに置くようにしてください。 プッシュするゴルファーの多くが、アドレスでボールの位置がセンターより右により過ぎている場合を多く見かけます。 パッテングでヘッドアップ パッテング中の軸のズレでも、右にプッシュしてしまいます。 パットは回転軸を固定してストロークをするのが基本ですが、打ったボールを目で追うあまり、頭が上がることで軸も左に同時に移動し、インパクトでパターグリップの位置がボールより先行し、フェースが開く原因をつくります。 アドレスでの姿勢を絶対にキープして、打ち終わるまでは頭を上げないようにしてください。 これにはボールと目の距離、ボールと目の間にできた角度をキープしたままストロークを完了することを意味します。 パッテングは体のセンターで行うことを強く意識すれは、スイング軸の移動は必然的になくなります。 初心者の多いパターンに、アドレスでボールの間隔が必要以上に狭い場合、テークバックが窮屈で外に上げ、右にプッシュするケースです。 広く取る必要はありませんが、パターのストロークがスムースに行えるだけの間隔は必要です。 参照:グーグルとその情報提供 目の位置からボールの位置が中(内側)にあるアドレスでは、目線がボールの上に来るので、テークバックをその目線の右側の延長線上に、ヘッドを出す事でストレートにヘッドを引いたと錯覚してしまいまが、実際ヘッドが外に出やすくなります。 パッテングの一般的に正しいボールの位置は、上の写真であるように目の真下になります。 目の位置より内になれば外側に引きやすい 目に位置より外にあれば内側に引きやすい クラブで右にプッシュするパターのロフト パットにも他のクラブと同様にロフトがついている事を、知らない一般ゴルファーが結構多くおられるのに驚きます。 ではボールを転がすのにどうしてロフトが必要なのか理解できないのでは。 これは、グリーンに乗っているボールの環境を理解出来ていないからです。 もちろん、運動伝達の効率から言っても、ロフトがあればボールとフェースの間に無駄な摩擦が起きエネルギーのロスが起こります。 これから言えば、パターのはロフトが必要なく0度のロフトが正しいことになります。 しかし、目には確認出来ませんが、ボールは芝の上でなく沈んでいると理解してはどうでしょうか。 この状態では、ロフト角度0度のパターでは球を転がす順回転ができなくなるのです。 ロフトが必要な原因は沈んでいるボールを一度球を浮かさないといけないからです。 これで、ロフトの必要性は理解できたと思います。 パターのロフト角は通常2度~7度程度が設定されていて、パッテングスタイルで使用ロフトが変わります。 ただ、パターのロフト角は非常に小さいことから、ロフトを正しく使うストロークが条件です。 例えば、ヘッドを上げやすく、引きやすと言う理由で、極端なハンドファーストを取れば、インパクトのロフトは殺されてしまい、マイナスロフトになる場合もあります。 これでは、ボールを正しく転がす順回転のボールを打てるはずがありません。 パッテングはロフトを生かしてボールに正しい順回転を与えることが最低条件になります。 パターのストロークを正しく行っていて、正確に打てたと感じているのに、カップの右に外す場合、ロフトが少なく、他のクラブ同様ヘッドのヌケが悪いと判断できます。 この様な場合、少しロフトを上げることで、球の捕まえ方が改善でき、右に外すミスが軽減できます。 逆に、カップの左に引っ掛けるゴルファーは、ロフト角を少し落とし、ロフトを下げることがでヒッカケが軽減でき、引っ掛けの防止解決策になります。 正確にラインに乗せるには、適正なロフトが必要で、ロフト角度の1度の違いでも、パッテングでボールの転がるラインが大きくかわるのです。 パターのロフトの適合性はパッテングスタイルでも分けることができます。 極端なハンドファーストでパッテングする場合、当然デッドロフト(ロフトが生かせない)になるため、ロフトの大きなパターヘッドの使用が右にプッシュする危険は軽減できます。 ただし、パッテングのストロークは地面に対して、水平に行うことからアドレスでの極端なファンドファーストは上からヘッドを落とす打ち方であまりお勧めできません。 右にプッシュしないロフトの見分け方法 アドレスして目でパターヘッドのフェース部分が見えるようだと、ロフトのあるパターヘッド。 アドレスでパターフェースが見えず、トップラインしか見えない場合はロフト角の小さなヘッドと理解して下さい。 ゴルフ練習機の一覧はこちらからご覧ください パターの長さから起こるプッシュアウト ヘッドスピードはクラブの長さに関係してきます。 パターでも同じことで長いパター程ヘッドスピードが上り、その分慣性モーメントが大きく働きます。 この慣性モーメントはヘッドのブレを防止できる反面、いったんブレたヘッドを戻すことが難しくなります。 そのため、長いパターはテークバックで慣性モーメントが大きく働きますから、フェースが開くためインパクトでフェースが戻りきらず右にプッシュする傾向が強くなります。 つまり、パターのアドレスの構え方で、パターが長すぎると前傾姿勢が崩れやすく、インパクトでフェースが遅れやすくフェースが開き、方向性やミート率が悪くなります。 結果右にプッシュしやすくなります。 パッテングで右にプッシュする方は、パターの長さが自分のパタースタイルに合っているかチエックして下さい。 ただ、この長さの決め方には法則はありません。 身長の高いプロゴルファーでも33インチの短いパターを使用している事からもわかるように、長さの定義はなく、自分の使いやすい長さのパターやクリップの太さの選択が基準になります。 右に外さない打ち方の一つとして、重いグリーンや短い距離ではパターを少し短く持ったり、早いグリーンや長い距離ではパターを長く持つ工夫も大切です。 一度ラウンド中にトライしてください。 効果は結構期待できるとおもいます。 パターでプッシュアウトの原因がパターのクラブ自体で起こる場合 あなたのパターを、平らな面において見てください。 殆どのパターは少し右を向くはずです。 これは何もあなたのパターのソール角が狂っているわけでもなく、スクープソールになっているから起こる原因です。 パターの ヘッドのソールが、スクープソール(下の図 A になっているから右を向いてしまうのです。 短い距離のパッテングをする時、どうしても力みが生まれフェースがカブリやすくなり左に引っ掛けてしまいます。 そのため、ソールにスクープ角が設定される訳です。 また、パターのソールが平らになっていれば、ストロークを大きく取った場合、ソールの後の部分が芝に当たりパッテングしずらくなります。 短いパットで右に出やすいのは、そのスクープソールが大きすぎると、パッテングで正しくストロークできたと思っていても、知らないうちにインパクトでフェースが開き、右にプッシュしてしまう訳です。 これは、ソール形状に誘発されるプッシュになります。 パターフェースが開いているという理由で ネックを曲げてスクープソールを小さくするゴルフ工房を良く見かけますが、これは絶対さけてください。 ネックを曲げることは、パターのスクールソールの矯正だけには正しい方法ですが、その結果、パターの ロフト角が大きくなり、ヒットしたの時ボールの回転が逆スピンになり距離感が合わなくなってしまいます。 左の写真は比較的大きめマレットタイプパターです。 このパターの特徴はヘッドを真っぐ引き真っすぐ出せる、ゴルファー向きのパターになります。 これは左右に重心を多く設定し、インパクトでのフェースのブレを抑え、直進性の強い安定した球の転がりを実現しています。 ただ、この左右慣性モーメントが大きい分、フェースを真っすぐ引けないゴルファーは、左右慣性モーメントが大きい分、テークバックでヘッドを開いたまま行うと、ヘッドをスクエアーに戻す事が出来にくくなります。 つまり、フェースを開いてテークバックをすれば、インパクトでフェースが開いたままでインパクトする為、ボールを右にプッシュしてしまうのです。 この様に、右にプッシュする原因はストロークやパターの合わないことでも起こるのです。 自分のパッテングスタイルをよくチエックして自分のフィーリングに合す事が、パターの選択には重要になります。 ソールのスクープの修正方法 一番いい方法は、ソールの後ろに薄い鉛を貼り平らにすることで、ソールのスクープを減らし 右に出にくいパターにする事です。 鉛を貼る事で、ヘッド重量も若干重くなり、ゆっくりとしたストロークが出来るようになります。 パターヘッドのネック形状 ネック形状で右にプッシュを予防できるパター編 パターには、距離感が合わない場合は、パター重量の重め、軽めが大きく影響してきまが、パターの方向性にパターのネック形状が挙げられます。 左右のぶれはパターのネック形状が大きく関係 右にプッシュするゴルフファーは、シャフトの中心よりフェース面が後ろにあるタイプのパターは、インパクトのタイミングが後ろになるため(遅れることで)、ヘッドのターンがしやすくなり、プッシュする確率が減るのです。 ピンタイプ センター マレット 上の写真では、トウヒールタイプのヘッドでピンタイプのパターがこれにあたります。 L字タイプのパターもシャフトの中心線よりフェース面が引っ込んでいるため、インパクトのタイミングが遅れ右にプッシュする原因を軽減できます。 フェアウェイゴルフは1991年にアメリカ・カリフォルニア州の サンディエゴにオープンいたしました。 今はカリフォルニアに 2店舗とインターネットを通じて最高のゴルフクラブ・ 情報をお届けしています 右にプッシュするパターの原因に、ストロークの仕方や回転軸に問題がある場合があります。 是非、を合わせて参考にしてください。 関連記事 関連ページ 、初心者が同伴者や周りの流れに迷惑を掛けないでラウンドする目安を紹介しましょう。 スコアーとは、1ラウインド18ホールをゴルフクラブでボールを打ち、カップインするまで打数の少なさを競うスポーツです。 始めてのゴルフ場デビューや、またはデビュー間もない超初心者のスコアは、120から160というのが一般的なスコアーになります。 ボールの大きさは直径 42.67cm以上、 重さが45.93g以下、 に決められ、デンプルは270~450個になります。 この、デンプルはボールを高弾道に安定した方向打つには欠かすことのできない構造で、ボールが空気中を飛ぶ時、ボールの進行方向の後ろに低気圧部分は発生し、ボールの加速の減速の要因になります。 ゴルフボールの選び方のポイントは、自分のヘッドスピードに最適なボールのコンプレッション(硬さ)に合わせて選ぶ方法と、飛距離重視が方向性重視で選ぶ方法です。 シャフトの素材にはいろいろの素材が存在しますが、比弾性、比強度においてもカーボンシャフトが突起しています。 カーボンシャフトがクラブシャフトの主流になる所以です。 使い慣れたクラブのバランスが合わなくなる場合があります。 スキル向上や体力低下からくるクラブのバランスが合わなくなります。 新しクラブを購入する前に、バランスの調整で問題を解決できる場合があります。 そのような場合、ヘッドに鉛の貼るわけですが、その貼り方について解説します。 アイアンのスコアーライン(溝)の役目とは。 この溝はボールがフェースにコンタクトした時、溝でボールにスピンを作るのが基本です。 この溝は雨の日や深いラフから打つ場合に大きな役目を持ち、その役目を解説します。 ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。 トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。 ダウンスイングでおこりる、複雑なシャフトの動きは、シナリ(硬さ)とトルク(シャフトのネジレ)で、その知識を得ることで、シャフト選択のミスを減らし、理想のスイングを行う重要な要素になるのです。 軽いクラブは、トップスイングで間が取れず、スイングリズムが早くなり切り返しが早く手打ちのスイングになりがちです。 重すぎるクラブは、トップスイングでの間は取れますが、切り返しのリズムが遅れ、かつダウンスイングで力が入りクラブを落とすスイングになります クラブの重量フローはスイングのリズムの上でとても重要な要素です。 この重量フローは振りやすさの数値で、使用クラブのすべてが、重量管理されているのが重要で、特にウッド、アイアンのセッテングには欠かせないく、ドライバーとアイアンを同じフィーリングでスイングするポイントになります。 ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。 トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。 ゴルフクラブには、ウッド(柿木パーシモン・メタル・カーボン・特殊鋼)とアイアン(軟鉄・ステンレス・特殊鋼)などがありますが、特にウッドは現在チタン系が主流で、他の素材は姿を消しました。 それはシャフトやグリップの軽量化で軽く強い資材(チタン)を用いたヘッドの大型化が可能になりました。 アドレスの取り方でミスの出やすい構えに、ハンドダウン・ハンドアップを挙げることができます。 それぞれも、メリット、デメリットについて解説します。 飛びの3要素は「ボールの初速、ボールの飛び出し角度、ボールのスピン量」でこの数値が適合できた条件で最大の飛距離が生まれることです。 飛距離アップする方法に有効打点をうまく利用する方法です。 ウッドヘッドの低重心率の低いクラブでインパクトでバッツスピン量を減らしロングドライブが可能になるのです。 これは縦のギア効果をうまく利用て高弾道で強いボールを打つことができます。 スイング軌道は大きく分類すれば、ドライバーのようにティーアップした状態ではアッパーブローに、アイアンのように地面にあるボールを直接打つ場合はダウンブローに打つ事が一般的です。 しかしアイアンヘッドは近年キャビティアイアンが中心で、レベルブローの打ち方が最もミスのリスクの少ないスイングになります。 スイングは回転軸を中心に、体と腕を使った回転運動になりますから、軸が安定しなければ腕の振りが効果的に行えず、ヘッドスピードは上がらないのは当然で、スイング軌道もスイングするごとに異なり、安定した再現ができなくなります。 ドアースイングとは、 スイングは下半身と上半身で起こるネジレ(捻転)を、インパクト直前に一気に開放することで、クラブのスピードを上げそのエネルギーをボールに伝達し遠くに打つことです。 ゴルフスイングにおける再現性とは、アドレスからフィニッシュまでのスイング軌道を、再び全く同じ要素や要因の条件を整えて、まったく同じスイングができる性質のことです。 アドレスで体とボールの距離はどの程度に取ればいいのか、、どの様にクラブを上げたら(テークバック)いいのか、、またどのようにクラブ振ればいいのかなど、ではないでしょうか。 これらは、バランス良く構えることで可能になります 、シャフト理論では、シャフトの各機能がインパクトでボールにどのような影響を与えるのか又、その機能の役割がスイングにどのように有効性を作るのかについて説明していきます。 ボールが失速す多くの場合、ボールを高弾道にするボールのバックスピン量が不足しているからです。 このバックスピンを効率よく起こすには、シャフトが硬すぎたり、重すぎたりすることによる、ヘッドスピード不足が原因になります ゴルフスイングインでクラブと体の唯一の接点になるグリップは、飛距離や方向性に大きな影響をあたえます。 グリップには重さ、太さ、素材でそれぞれ影響が変わってきます。 その具体的な変化について詳しく解説していきます。 飛距離アップするには、グリップの握り方を工夫すことで飛躍的に改善できます。 ヘッドスピードを上げるコックを作りやすくする握り方、で初心者のかたでも簡単にすぐにできる方法の一つです。 そこで、飛距離アップできる手首使った、単純な例を持って紹介しましょう。 ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。 トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本で、ラウンド中の起こりやすいミスショットの原因と防止方法をウッド、アイアン、アプローチ、パターの分野に分けて解説しています。 スコアーアップには必読教書で必ずお役に立てると確信しています。 スイング軌道は角度を持った円軌道になります。 スイング中両足は地面に対して踏み込みの動作が起こり、バックスイングで右足を踏み込んだ反動でクラブを振り上げ、ダウンスイングでは左足をグンと踏み込んでダウンをスタートしたら、確実に飛距離は伸びることになります。 ダウンスイングでの右足の使い方は、スイング軸の安定やヘッドスピードをアップできる重要な要素になります。 ダウンスイングからインパクトにかけて、右足のフットワークはヘッドスピードを上げるポイントです。 グリップの握り方は、野球のように両手でわしつかみでなく、指で握るフィンガーグリップと手の平で握るパームグリップがあります。 両手のわしつかみは強く握れる反面、手の甲が移動しやすく、フェース面をボールに正面衝突させるゴルフには不向きといえます。 例えば、かなずちで釘を叩く場合、わしつかみで釘を打つより、かなずちの枝を親指で押さえて打つ方が、安定して釘を打つことができます。 手打ちや、力みを取、スイングの再現性を高める効果があります。 インパクトを点のような短い時間でボールを捕えるより、ゾーンのような長い時間でボールを捕える方が、はるかにやさしいインパクトになる事は 誰の意でも理解できることです。 初心者が、スコアーを縮める方法の一つに、スイングやクラブでなく、グリップを少し短く持つことで、意外と大きなメリットが生まれます。 ドライバーやアイアンを、グリップ一杯に握ってスイングすると、ボールをより遠くに飛ばせると思っているゴルファーが結構おられますが、意外と飛ばない場合も多く、むしろ、逆の結果の場合も少なくありません。 飛距離はインパクトのミート効率を上げボール初速度をあげることです。 この初速度をさらに向上させるにはフォロースルーをしっかり行うことでインパクト後の遠心力を高め伸びのある弾道を打つことが出来ます。 ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。 トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。 スタンスを取る時、ターゲットラインとスタンスラインが平行にならず、クロスしている状態になるからです。 この原因と修正方法について解説。 正しいアドレスがゴルフの基本です。 左を向いた状態では、スイング軌道はアウトサイドで、飛距離や方向に重大なミスを起こす要因になります。 左を向いてしまうにはその原因があります。 その原因と修正方法について解説します。 アドレスで体の軸は背骨になります。 この背骨はスイングの軸になり、スイング中安定している事がヘッドスピードを速め、スイング軌道を正しく導くためには必要不可欠になります。 つまり、ゴルフのスイング作りの基本です。 スイングで遠心力が大きく働けば、ボールの飛距離は伸び、その分向心力も大きくなります。 この向心力とは、 円運動するということは中心方向に向心加速度が働いているということです。 そして加速度が働くということは力が働いているということです。 その力のことが「向心力」になります。 ゴルフ理論の物理的見地から体重移動は意識して行うものではありません。 スイングは自分の体の回転軸を作り、その体の回転で自然にクラブを振る行為です。 アドレスで下半身の安定は、両膝を折、体の重心を安定させてスイングを行いますが、ダウンスイング中、この両膝が伸びてしまえば、当然ボールと体の距離は長くなり、正しいスイングの再現は出来なくなります。 アドレスの前傾姿勢を崩さずスイングすることが重要。 コンパクトなスイングを行う意味は、スイングする時、軸を動かさず体の回転でスイングをすることです。 スイング軸の無駄な移動は、スイングスピードを落とすばかりか、スイング軌道がスイングごとにまちまちで、不安定なゴルフになってっしまいます。 シンプルなスイングとは、回転運動をスムースに行うことです。 つまり、バックスイングで腕の動作、肩の回転動作、腰の動作を同じリズムで、一体感を持たせて行うことで生まれます スイング軌道の主役は、左肩を支点とした、左手になります。 車で例えればハンドル役になるのです。 スイングを二等分すれば、アドレスからインパクト直前とインパクトからフォロースルーに大きく分けることができます。 このアドレスからインパクト直前までが、ハンドルでインパクトからフィニッシュまでがアクセルと考えると、右手はこのアクセル部分にあたります。 ドライバーのように、距離を打つクラブで真っすぐ打つには条件があります。 クラブすべてに言えることですが、真っすぐ打つための、正しくアドレスが取れているかどうかです。 ボールが曲がる理由は、スイング軌道とインパクトでのフェース向きが原因でおこります。 その矯正方法について解説していきます。 大型ヘッドは、スイートスポットが広くボールを芯で捕えやすく、又ボールの曲がりも少なく、飛距離が出る、がうたい文句の定番になっています。 しかし、意外なところに落とし穴があります。 それはスライスに悩むことです。 フックフェースとオープンフェースフェース角とは、ウッド系クラブに関する数値で、水平な地面にソールがピタリと着くようにクラブを固定し、シャフトを地面と垂直にした時に、そのシャフトの中心線を通る面とフェースが作る角度がフェース角度になります。 スイング中の起こるシャフト全体のネジレはトルクと呼ばれ、インパクト時のフェース向きを決定する要素で、球の方向や球の曲がりに大きく影響してきます。 ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。 トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。 ボールに対して正しくヘッドフェースを導くことがフェースコントロールの意味で、インパクトの瞬間は一瞬の出来事から、一般ゴルファーや初心者にでは、インパクトでは意識的にクラブのフェースをコントロールする事は、不可能になります。 ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。 トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。 スイング軌道を上手く利用して、飛距離を稼ぐ方法があります。 それは、ロフトを最大限に生かし効率良く球をインパクトすることで、その方法について解説します。 ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。 トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。 初心者から上級者にいたるまで、誰でも、OBを打ってしまいます。 しかし、プロや上級者は、アマチュアゴルファーに比べて、比較にならない程OBの数が少ない事がわかります。 それは、OBを出さないコース戦略がしっかりしているからです。 多くのゴルファーがフォローの時、風の影響を受けやすい高弾道の球より、風の影響を受けない低弾道を選ぶのを良くみかけますが、これでは十分な飛距離を打つことができません。 ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。 トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。 ドライバーとアイアンの打ち方の違い ドライバーとアイアンの打ち方は1つであると考えてください。 その方が、スイングはシンプルにできます。 ウッドクラブは払う打ち方でややアッパースイングで、一方アイアンはダウンブローで上からボールをたたくイメージになります。 スイング軌道は大きく分類すれば、ドライバーのようにティーアップしたボールを打つアッパーブロー、アイアンのように地面にあるボールを直接打つ場合はダウンブローに打ち方が一般的です。 上の2通りのスイング軌道と別に、ドライバーやアイアンの両方に活用できるのがレベルブローになります。 打ち方は、アイアンやドライバーとも異なり、上下の動き【アッパー ダウンスイング】があるスイング軌道ではなく、クラブの最下点でボールをインパクトして、払い打つようなフラットなスイングイメージで打ちます。 ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。 トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。 アームローテイションもボデーターンもインパクトでボールを打つスタイルと考えてください。 このインパクトのスタイルの長所、短所を解説、自分に合うスタイルを選らんでください。 スイングでレートヒッテングは飛距離、方向性に大きく関連してきます。 ヘッドスピードを上げるうえで、ダウンスイングでのタメは必要不可欠で、是非身につけることが、ゴルフの上達にポイントになります。 スイングにおいて、シャフトの最下点はグリップエンドからヘッドまでの距離が最も長く、かつシャフトが曲がりから復元される地点をいいます。 この地点がエネルギーを最大に放出するタイミングになります。 初心者、経験者にかかわらず、最初の段階から正しいスイングの基本を身につけることは、後のスキルアップに大きく影響します。 そのためには、まず正しいアドレスから正しいティークバックができるように学んでください。 その為に、具体的にアドレスでの重要なポイントを解説します。 ティークバックはゴルファーが一番悩む問題の一つです。 アドレスを安定させ体の回転からシンプルなテークバックの解説をいたします。 飛距離アップ、方向性の向上には大切なテークバックの取り方です。 理想のトップポジションのスタイルはインパクトの成否を決める重要な部分です。 左膝はあまり前に折らず,,下半身を安定させ左肩を回転させながら徐々に体重も右ひざの上で置くことです.。 トップからの切り替えしの、ダウンスイングは下半身を安定させ、腰のリードで左腕を体にまきつけるイメージで両脇を絞めてコンパクトに行うことです。 インパクト後のフォロースルーはスウイングウ全体でもっと重要なファクターでボールスピードアップや方向性の向上に大きな役目を果たします。 アームローテイションは、球の捕まりの向上、スライスの矯正などに効果があります。 フェースターンの動きには、腕の動きで行うアームローテイションと手首をひねるリストローテイション(リストターン)がありますが、理想のアームローテイションはこの両方の動きを同調して行うことが、大切になります。 アイアンは複数本数で構成されています。 角番手のクラブ機能の調和はスコアーメイクに大きく影響をあたえます。 その為にも、CPM管理と重量管理はアイアンセットの生命戦で、その方法について解説します。 スチールシャフトとカーボンシャフトの選択は、シャフトの重さが基準になります。 スチールシャフト、カーボンシャフトのメリット、デメリットをシャフトの重さや、シャフトのシナリ、トルクから解説します。 ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。 トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本で、ラウンド中の起こりやすいミスショットの原因と防止方法をウッド、アイアン、アプローチ、パターの分野に分けて解説しています。 スコアーアップには必読教書で必ずお役に立てると確信しています。 アイアンで大きめのキャビティアイアンは大きい分、慣性力が大きくなるため、打点の少しのズレでも強い球で飛距離が伸び、直進力が落ちません ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。 トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本で、ラウンド中の起こりやすいミスショットの原因と防止方法をウッド、アイアン、アプローチ、パターの分野に分けて解説しています。 スコアーアップには必読教書で必ずお役に立てると確信しています。 ソール幅は、広いソールと狭いソールの2タイプで、主にキャビティアイアンは広く、マッスルタイプ、スコッチタイプは狭く設計されています。 何故アイアンのソールが広い、狭い幅があるのでしょうか? そのメリットとデメリットについて解説します。 ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。 トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。 アイアンのライン出しは、飛距離で求めるのでなく、確実にグリーンオンさせるショットのことです。 また、ショートホールで確実にグリーンに乗せる打ち方になります。 そのポイントを解説します。 フェードを打つ構え方は、通常よりもオープンスタンスにしてください。 ボールの位置はスタンス中央で、まず、ボールの位置は通常のまま構えて、それからスタンスをオープンスタンスにするのがポイントです。 こうすると自然にボールが体の中央寄りになりますが、それがフェードボールを打つ、正しいボールの位置になります。 アイアンで高弾道に球を打つには、シャフトとスイングの両面で考える必要があります。 シャフトでは自分に合うシャフトの硬さ、クラブ重量でスイングではダウンブローにスイングする必要あります。 そこで、クラブ、スイングの両面で解説していきます。 ドローボールは、打球が強く、ランも良く出るので、しっかりミートして打てば飛距離は伸びます。 ドローを打つ構え方は、通常よりもクローズドスタンスにしてください。 スイング軌道はアウトサイドでフェース向きはターゲット対して直角に構えるがポイントです。 クローズドスタンスの取り方は、ボールの位置は通常のまま構えて、右足を後ろに引いて、クローズドスタンスにするのがポイントです。 アイアンのバックスピンとは、ボールに時計まわりと反対の回転を与えることで、ボールが落下してからの転がりを、抑えるボールの回転のことを言います。 アイアンで速いグリーンの攻略方法は、高弾道の球で、スピンを効かせた打ち方がもとめられます。 手打ちでなく、体の捻転を十分使ったダウンブローのスイングでバックスピンを掛ける打ち方になります。 迷いなく果敢に攻める事がです。 アイアンのコントロールショットはスイングの軌道を小さく安定させることです。 つまりコンパクトなスイングに徹することです。 コンパクトなスイングとは、クラブを短く持ってスイングすることが、一番コントロールがやりやすい打ち方になります。 シャフトには先端部分のチップとグリップ側のバット部分があります。 シャフト先端部分をカットする事でシャフトの硬さを微調整することができます。 その方法と効果を説明します。 アイアンでスライスに悩む方は、一度クラブの重さやシャフトの硬さをチエックすることで、意外と解決の方法を見つけることができます。 そのチエックの方法を解説していきます。 ショートホールでの砲台グリーンは高弾道でボールを上から落とす打ち方が求められます。 砲台グリーンからボールを落とすことは、2打目の返しのショットが難しく大たたきすることに繋がるからです。 そのようにならないの注意点について解説します。 アドレスで目線を上側に置くと、ダウンスイングで右サイドにウエイトが残りやすく、右肩が下がりフェースが寝やすくフェースが開いてスライスになります。 また、ボールを上げようと手首ですくい上げるスイングは、引っ掛けや飛距離不足の原因になります。 ショートホールのティーショットのミスは致命的な結果を迎えてしまいます。 ショートアイアンヘッドの構造上の特徴を理解することや、ティーアップ方法でOBやバンカーに入れる リスクを回避できるのです。 ティーアップで打ち上げのフェアウエーを視野に入れると、どうしても目線や意識が高いところに誘導されてしまいます。 目線は平行にスイングは上げようとすくい打ちしないこと。 打ち下しのフェアウエーを視野に入れると、どうしても目線や意識が低いところに誘導されてしまいます アドレスの目線は下にせず、少し上目の標的に置いてください。 通常のアドレス通り体重は均等で構えてください。 つま先下がりの打ち方はアドレスの体重はつま先の置きスウイングプレートはアップライトに引きます。 足場は不安定でフルスウイングはミスショットを引き起おこします。 クラブを少し短めに力まないことです。 つま先上がりのアドレスはかがとにウエイトを置き、ボールとの間隔をやや広く取り、スウイングプレートはフラットに目標を右側に置くのが基本。 実際、コースでは平らな部分、左足上がり、左足下がり、つま先上がり、つま先下が の4つのステージがあります。 ここでは左足上がりの基本を解説しています。 アドレスは斜面に対して平行に、体重移動は行わない、目標は右に取るなどです。 実際、コースでは平らな部分、左足上がり、左足下がり、つま先上がり、つま先下が の4つのステージがあります。 ここでは左足下がりがりの基本を解説しています。 アドレスは斜面に対して平行に、体重移動は行わない、目標はに左に置いてください。 シナリの粘りに関する2種類のタイプがあります。 この2種類とは、弾き系シャフトと粘り系シャフトになります。 まず、粘り系シャフトの場合、ダウンスイングでシャフトの切り返しが粘っこく起こり、シナリを感じやすいシャフトになります。 弾き系タイプは、粘り系シャフトとは反対に、ダウンスイングでシャフトシナリが一気に復元を起こすため、比較的レイトヒッティングできるハードヒッター向きです。 距離感と方向性が合って初めて結果がつてきます。 そのためにも、ソフトスウイング出来るシャフトの硬さ、クラブ重量はとても大切です。 シャフトが柔らかすぎると自分が納得いくスウイングをしてもにフック系の球筋になり、スウイングの修正を無意識に行い結果スウイングを壊してしまいます。 フライヤーとは、特に深いラフからのショットでインパクトする時、フェースとボールの間に芝生が絡み、ボールに十分なオーバースピンがかからず飛びすぎる現象です。 また、芝生が濡れている場合も同様、水の膜がフェースに張り、十分なバックスピンがかからず同様の飛びすぎの現象が起こります。 フェアウエーのクボミ「草のバンカー」です。 通常バンカーと言われると砂を思い浮かべますが、グラスバンカーはコースのくぼ地に深いラフをあしらった障害物です。 深さや形はコースによって様々ですが、深さ4mにも及ぶグラスバンカーもあります。 このハザード内ではバンカーではないため、ソールしても罰則はなく、比較的打ち方は自由にできます。 バンカーショットの打ち方の基本は、オープンスタンス、オープンフェースでソールのバンスを利用して打ちます。 バンカーからの距離の合わせ方はスタンス幅とフェースの開き具合、振り幅で調整します。 距離を合わそうと多くのことを考え、逆にスイング出来なくなります。 そんな時の解決方法。 砲台グリーンの攻略方法について、ボールの位置からピンまでの距離感をつかむことです。 また、エッジからピンまでの距離によって、使用クラブが異なつてきます。 その違いについて解説します。 プレー中のウエッジのミスから考えてみて下さい。 インパクト時に地面から突き上げられるウエッジは バンスの摩耗や傷が多くみられ、バンスの丸みんが高かすぎる、バンスの幅が広すぎ、バンス角が大きすぎ、が主な原因として考えられます。 バンカーショットの中でも、左足下がりを苦手にしているゴルファーが結構たくさんおられます。 でも、基本の打ち方をマスターすれば、バンカーからの脱出はそう難しいショットではありません。 斜面があるから、難易度が高いと思いがちですが、斜面に喧嘩しないスイングをするだけです 左足上がりのスイング軌道はスクープ(バンカーの傾斜)に打つのが基本です。 つまり、傾斜に沿ったスイング軌道でスイングを行うことです。 バンカーショットの中でも、比較的な難易度の高いショットになります。 スタンスはつま先だけに力を入れず、足全体にウエイトを置き、砂の中にスタンスをしっかり取り、クラブは体とボールの距離が短くなる分、短く持つのが基本です。 ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。 トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。 バンカーの中でも難易度の高いショットです。 バンカーから出す事が一番で距離などは考えずに思い切って打ち込むことです。 デポットとはアイアンショットでターフを取って打った後に出来るクボミで大抵の場合は砂が入れられていますが、運悪く沈んだボールになってしまつた場合のことをいいます。 この様な場合の対処方法を解説。 フラットな所で打ちなれているので下り坂のアプローチは繊細なタッチが求められて難易度の高いショットになります。 一番重要な事は斜面にさかわらず斜面に沿ってアドレスすることです。 時に、に芝が逆目のライでは、ダフリのミスが出やすくなります。 ウェッジがヒール側から接地してしまうと、ヘッドが返りきらずミスショットが出やすくなります。 そのためには、ヒールを浮かせてトウ側で打つようにすることです。 グリーン回りのアプローチで何が何でもウエッジを使うアマチュアゴルファーを多くみかけますが、芝の状況を良く見極め、リスクの少ないクラブ選択がスコアーアップに繋がるのです。 ドライバー アイアン アプローチがうまくいき、ピンそば1メートルにつけ、絶対入れたいパターの場面はよくあります。 でも意外とパターが原因かも。。。 自分でイメージしたラインより左にヒッカケてしまうパターの原因にも、パター自体の問題点とパターのスイングから起こる原因の2点があります。 ヒッカケの結果には必ずその原因が考えられます。 その主な原因を解説、きっときずく点があると思いますから、参考に修正を行いヒッカケの矯正を行ってください。 自分に合った打ちやすいパターを見つけるのは結構難題です。 パター程個性が出るクラブはありません。 そこで、ご自身のパッテングフォームにパターを合わせるのが一番良いのではないでしょうか。 まず、自分のパッテングフォームがリストを使ってその強さ加減で距離感を出すのか、コックを使わずストロークでその振り幅の大きさで距離感を出すのかでヘッド形状が決まってきます。 パターも他のクラブ同様、ロフトが必要です。 グリーンの上に止まるボールに、順回転を与えるのには、程度なロフトがないと順回転が起こらないからです。 その結果、距離が出なく、球にサイドスピンが起こりボールを真っすぐ打てなくなるからです。 パターにも他のクラブと同様に慣性モーメントがあります。 芯を外して打った場合、ボールの転がりや、曲がりはこの慣性モーメントが大きく影響してきます。 ショートパットをミスしな方法は、ストローク中はでは体の軸を動かさないことです。 それには、パットテングでグリップエンドが常にお腹のオヘソ当たりを指すイメージで行えば回転軸が動くことはありません ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。 トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本で、ラウンド中の起こりやすいミスショットの原因と防止方法をウッド、アイアン、アプローチ、パターの分野に分けて解説しています。 スコアーアップには必読教書で必ずお役に立てると確信しています。 2度打ちの理論的な原因は、ボールが転がる速度よりも、パターヘッドの速度が早くなっているためです。 ヘッドとボールの速さ等速度で動いていれば2度打つことはあり得ないことです。 ロングパットを上手く打つには、ターゲットは、カップではなく、カップを中心とした半径1mの大きな円にすることも重要です。 ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。 トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本で、ラウンド中の起こりやすいミスショットの原因と防止方法をウッド、アイアン、アプローチ、パターの分野に分けて解説しています。 スコアーアップには必読教書で必ずお役に立てると確信しています。 練習グリーンではロングパットかショートパット、どちらに比重を置いて練習を行うことは、その日のスコアを大きく左右すると言っても過言ではありません。 そこでロングパットが需要な意味を持つことを解説します。 ゴルフで大切なことは、芯でボールを捕まえることで、パッティングも例外なく大事なことです。 フェースの芯でボールをとらえるには、振り幅が小さいほど確率が高まります。 コンパクトなストロークで、インパクトに向かってヘッドを加速させ、しっかりボールをヒットすることで、ボールの転がりが良くなり、芝目や傾斜の影響を受けにくいボールを打て、カップインの確率が格段にアップします パターのストロークの仕方にはアッパーがいいのかダウンブローがいいのか?ついて解説していきます。 パターヘッドを「真っすぐ引いて、真っすぐ出す」打ち方では、意識を強く持って行えばヘッドを真っすぐ引け、ボールに当たるまでは真っすぐおこなえますが、必ずヘッドは内側に返ります。 これが方向性を悪くし、ヒッカケの原因になるのです。 ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。 トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本で、ラウンド中の起こりやすいミスショットの原因と防止方法をウッド、アイアン、アプローチ、パターの分野に分けて解説しています。 スコアーアップには必読教書で必ずお役に立てると確信しています。 ロングパットとショートパットで、前傾姿勢の角度を浅くしたり深くしたり、どちらが正しいのか正解はありませんが、その都度角度を調整してパットする方が距離感を合わせやすいのが一般的です。 パターを使うかウエッジを使うかの判断基準はどのようにすれば良いのかは、グリーン面までの距離と芝の長さになります。 特に芝が長いときはグリーン面までの距離が短くても、抵抗が読めないのでウェッジを使ったほうが良い選択肢になります。 ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。 トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本で、ラウンド中の起こりやすいミスショットの原因と防止方法をウッド、アイアン、アプローチ、パターの分野に分けて解説しています。 スコアーアップには必読教書で必ずお役に立てると確信しています。 グリーンによっては、周囲の景色の錯覚で、上っているのか下っているかがわかりにくいグリーンがあります。 そんなときは、ボールとカップを結んだラインの真横からチエックをするのがもっともわかりやすい位置になります。 シャフトのスパインは製造段階で起こる硬さのバラツキで飛距離や方向性に影響をあたえます。 このスパインは背骨の意味で一番硬い部分を指しシャフト交換時にはこの硬い部分を飛行方向に合わせて挿入する事がシャフトの特性を生かせます。 ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。 トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。 スイングウエイトの測定を自宅で簡単に測定する方法です。 重量測定器とメジャーがあればスイングウエイト換算表に合わせて自分のクラブウエイトを調べてください。 自信を持ってショットするのが第1です。 「池に入れるんじゃないか」「谷に落とすんじゃないかと」と不安を持ってのショットは余分な力が入りトップ、ダフリの原因になります。 次に池や谷をキャリーで十分超えるクラブの選択が大切です。 ピンを気にせずグリーンを大きな面で捉え、まずはグリーンオンさせる事です。 ゴルフプレーで誰もが経験する林の中から脱出方法はボールの確認、スウイングできるかどうか、脱出できる空間があるか、など冷静に判断し高リスクを取らないことです、 深いラフからの脱出方法。 ボールが浮いてる状態 ボールが少し沈んでいるが見える状態、ほとんどボールが見えない状態の場合があります。 サンドウエッジで鋭角にダウンスウイングするのが基本です。 ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。 トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本です。 雨の中のプレーに対する雨具の用意、プレー中の注意点、雨のなかで遭遇するルールについて解説します。 ゴルフ場での風の影響はプレーヤを悩ます要因の一つです。 そこで、風の対策を心がけることで、スコアーメイクに大きく影響するのです。 特に、ラウンド中に突然、風が強くなってクラブ選択や打ち方で、戸惑い思い通りにいかないプレーを、経験されたゴルファーも多いとおもわれます。 そのような場合の「風対策」についてご紹介します。 ゴルフの練習を練習場にいかないで練習する方法として、素振りによる方法があります。 ではなぜ素振りと実際のスイングで、このようにスイングに違いが出てくるのでしょうか。 リシャフトをする場合の注意点とスリープについて 飛距離アップにはクラブを振る速さが求められますが、この速く振る行為はインパクトでグリップがヘッドを追い抜くことで、ヘッドの加速度が大きくなり、グリップ側に大きな向心力が働くことになります。 この向心力はイコール遠心力でこの原理について解説していきます。 「直ドラの打ち方」は状況次第では実戦での武器となるので、覚えておいて損はないと思われます。 通常、ドライバーショットはティアップして打ちますが、直ドラの場合は地面から打つので、ボール位置は、いつもの「左足かかと前」よりも右寄りにセットします。 低い球を打つにはボールの位置やスイング方法が異なってきます。 そのポイントを開設します。 ユーテリテウッドの選び方で重要なファクターにを4つ挙げることができます。 この4つの要素はユーテリテを断然打ちやすくなるためのポイントで、ロングアイアンの悩みを解決できます。 ゴルフでの悩みや知りたい事の解説。 トラブルショットの対応や打ち方など参考にしていただく教本で、ラウンド中の起こりやすいミスショットの原因と防止方法をウッド、アイアン、アプローチ、パターの分野に分けて解説しています。 スコアーアップには必読教書で必ずお役に立てると確信しています。 スイングの基本は、トップスイングで下半身と上半身のネジレから捻転を作る事ですが、体の硬い方には、トップスイングでエネルギーを貯めた捻転を作るにはとてもきつい動作になります。 このような状態でのスイングは遠心力を活用した大きなスイングワークを作る必要があります。 ただ、ボールの数を多く打つことではなく、一打ごとにしっかりと意味を持たせてボールを打つことが重要です。 練習を効果的に行うには、打席でボールの位置、スイングのイメージ、ボールの弾道と言うように、その結果を分析して練習を積み重ねることです。 つまり、練習に目的を持つことで、スイングの工夫方法が理解でき、練習を重ねることで上達速度が変わってきます。 スイングスピードを上げるには、体の軸を中心として投入したエネルギーをツーレバーで効率よく使いことです。 このツーレバーとは、左腕とシャフトを意味し、スイング中の左肩を回転の中心に左腕とクラブの二つからなるシステムの慣性モーメントを活用することです。

次の

ドライバーのプッシュアウト原因・対策・練習方法

プッシュ アウト と は

前回はという記事を書かせていただきました。 今回はドライバーだけではなくて、アイアンも含めたプッシュアウトの原因と直し方について見てゆきたいと思います。 まず最初に前回のおさらいをしながら、具体的なプッシュアウトの直し方について、また、アイアンのライ角が合っていない場合に出るプッシュアウトについてもご紹介してゆきたいと思います。 プッシュアウトの原因とスイングの軌道 さて、プッシュアウトの原因ですが、アイアンでも、ドライバーでもそうなのですが、プッシュアウトが出る直接的な原因はスイングの軌道にあると言われています。 理想を言えば、スイング(ダウンスイングでのクラブヘッドの軌道)はインサイド・インがベストな形になります。 ただ、何らかの理由でこのヘッドの軌道がインサイド・アウトになると・・・ このような形でスイングしてしまうと、ボールはターゲットの右に飛んでしまうことがあります。 (プッシュアウト) ですので、プッシュアウトを直す際は、このスイングの軌道を直してあげる必要があります。 何故、インサイド・アウトの軌道になってしまうのか? プッシュアウトを直すためにはスイングの軌道を直す・・ということですが、でも、そもそも、何故、インサイド・アウトの軌道になってしまうのでしょうか・・? ゴルフをはじめて、いきなり、インサイド・アウトで振るようになる人もいらっしゃるかも知れませんが、そういう方は少ないかも知れません。 どちらかというと、フックボールを最初に打ち始めて、左のミスを避けるために、無意識の間に右へ打ち出そうとしてしまうケースが多いかも知れません。 その場合は、プッシュアウトを直すのに時間がかかってしまうケースもあります。 スイングの軌道を直して、プッシュアウトが直っても今度はフックボールが悪化してしまって、結局また右に打ち出したくなるためです。 ですので、ミスをする時はフックボールかプッシュアウト・・という方の場合はプッシュアウトと同時にフックボールも直してゆく必要があります。 フックボールの直し方についてはにてご紹介させていただいていますので、今回は省略したいと思います。 スイングの軌道は両肩のラインが決めている さて、ここからは少し具体的にプッシュアウトの直し方について見てゆきたいと思います。 プッシュアウトの直接的な原因はインサイド・アウトのスイングの軌道にあることをご紹介しました。 この軌道を直してゆきたいと思います。 インサイド・アウトのスイング軌道を直す際は、まず、スクエアに立てているかを確認します。 そのためには、まず、スクエアスタンスで立つようにします。 スクエアスタンスとは、上の図のように、ボールとターゲットを結んだラインに対して、両足を結んだラインが平行になるように立つことを言います。 このように立つことがゴルフでは基本になります。 ただ、でもご紹介しましたが、これはあくまでも基本で、それ以外のスタンスでも僕はいいと思っています。 ただし、最初はスクエアに構えるところからはじめてみてもいいと思います。 さて、スクエアスタンスで構えました。 次にやることですが、両肩を結んだラインがどこを向いているかを確認します。 やり方は簡単で、アドレスをとって、さぁ、打つぞ・・となった時に腕や手以外は動かさずに、握っているクラブを持ち上げて、両肩に当ててみます。 (シャフトが右肩と左肩に当たるようにします) そして、そのシャフトがどこを向いているかを確認します。 そのシャフトがターゲットとボールを結んだラインと平行であればOKです。 そのシャフトが上記の方向よりも、右を向いていたら、両肩のラインはクローズ(右を向いている)ということになります。 そのような形で構えていると、スイングの軌道は自然とインサイド・アウトになりやすくなります。 プッシュアウトを打っている方の多くはこの形で構えている傾向にあります。 スイングの軌道というのは、スタンスのラインよりも、両肩のラインに強い影響を受けやすく、そのため、インサイド・アウトの軌道を直すためには両肩のライン(の向き)を修正してゆく必要があります。 もし、両肩のラインが右を向き過ぎていたら、先ほどのシャフトを両肩に当てるやり方で、打つ前に毎回スクエアになるように構え方を変えてみます。 両肩のラインが右を向いてしまう4つの理由 さて、両肩のラインの向きを修正してゆく・・というところまでご紹介させていただきました。 両肩のラインが右を向いてしまう理由ですが・・ 1)左へのミス(フックボール)を避けたいと無意識に思ったため 2)フックグリップ 3)右肩がアドレスで下がり過ぎている 4)ボールの位置が右過ぎる といったことが関係していることがあります。 1)左へのミス(フックボール)を避けたいと無意識に思ったため これは先程もお話させていただいたことになりますが、左に打ちたくないと思って無意識の間に右に打ち出そうとしてしまった結果・・・両肩のラインが右を向いてしまうことは多々あります。 このケースではまず、フックボールを直してゆくことで、両肩のラインも自然とスクエアになってゆくことがあります。 2)フックグリップ グリップが自分にとってフックグリップすぎる場合も両肩のラインが右を向きやすくなることがあります。 この場合、もしフックボールを打っている方であれば、グリップを修正してみてもいいかも知れません。 グリップの握り方についてはのでご紹介しております。 3)右肩がアドレスで下がり過ぎている 右肩がアドレスで必要以上に下がっている場合も、両肩のラインが右を向きやすくなるかも知れません。 グリップを握る際、右手を左手よりも下げる分だけ、右肩を左肩よりも下げるのが基本になります。 右肩がそれ以上下がっているとフックボールが出やすくなりますし、結果的に両肩のラインが右を向きやすくなります。 この場合も、グリップを直してあげることで、右肩が下がり過ぎている問題が自然と解決するケースもあります。 4)ボールの位置が右過ぎる では、ミドルアイアンの場合、ボールの位置は、スタンス中央からボール1個程度左が1つの基準になると書かせていただきました。 例えば、ボールの位置が上記の位置よりも、もっとずっと右にある場合も、両肩を結んだラインが右を向きやすくなるかも知れません。 また、ボールを右に置くほどに、スイングの軌道もインサイド・アウトになってゆきます。 そのようなケースではボールの位置を見直してみる必要があるかも知れません。 また、実験のつもりで、ボールを半個分づつ左に移動させながら、ショットを打ってみるのも一つの方法だと思います。 プッシュアウトが消えるまで・・ボールを少しづつ左に移動させてゆきます。 そうすることで、フックボールが出るようになってしまうこともあるかも知れません。 その時点でグリップを見直してみてもいいかも知れません。 もし、フックグリップで握っていらっしゃるのであれば、スクエアグリップを試してみるのもよい方法だと思います。 プッシュアウトの直接的な原因はスイングの軌道(インサイド・アウト)であること。 そして、スイングの軌道を決めているのは両肩のラインであること。 また、両肩のラインが右を向き過ぎている場合の原因や直し方、ボールの位置についてもご紹介しました。 と、言うのは簡単なのですが、直すとなるとやはり時間がかかります。 長い間やってきたこと、構え方やグリップの握り方などを場合によっては変えなければならないので、時間もかかりますし、最初は違和感もあるかと思います。 ですが、このアドレスを変えるやり方は一度変えてしまえば、効果がずっと持続します。 スイングを変えることでプッシュアウトなどのミスショットを直す方法もあります。 そういった方法についても、当サイトではご紹介していますが、スイングを変えるやり方は効果が一時的なもので終わってしまうこともあるかも、知れません。 そういう意味でも、まず、アドレスを見直してみるということは大切なことだと思います。 アイアンのライ角を疑ってみる 今度は少し話題を変えて、アイアンのライ角とプッシュアウトについて考えてみたいと思います。 アイアンのプッシュアウトの原因がクラブそのものにある・・というケースもあります。 クラブの何が関係しているのかというと、ライ角です。 アイアンのライ角についてはにて詳しくご紹介していますので、今回は簡単にご紹介します。 詳しくは上記の記事をご覧ください。 さて、アイアンでプッシュアウトが出るケースですが、この1)ライ角が大きすぎる場合(アップライト)と2)ライ角が小さすぎる場合(フラット)があります。 1)ライ角が大きすぎる場合(アップライト過ぎる) ライ角が大きすぎる場合(アップライトなアイアンをお使いの場合)、インパクトでソールのヒール側が先に地面についてしまい、ブレーキがかかるような形になります。 ヒール側にブレーキがかかると、トゥ側が返ってしまい(フェースが閉じてしまい)、フックボールが出やすくなります。 このフックボールを避けるために・・無意識の間にインサイド・アウトで振っている、もしくはそのように振らなければならなくなっているケースもあるかも知れません。 2)ライ角が小さすぎる場合(フラット過ぎる) ライ角が小さすぎる(フラット過ぎる)場合ですが、この場合は、先ほどの反対でスライスが出やすくなります。 また、場合によってはプッシュアウト・スライスが出るケースもあります。 また、普段、ドローボールを打っているような方が、(その方にとって)フラット過ぎるアイアンを打つと、右にすっぽ抜けたような、弱々しいプッシュアウト系のボールが出ることもあります。 どちらのケースもそうなのですが、アイアンを買い替えてプッシュアウトが改善した・・ということもあります。 ですので、お持ちのアイアンのライ角に問題ないかどうか、一度確認してみてもいいかも知れません。 詳しくはでご紹介しておりますので、そちらを参照ください。 その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。 一度ご覧になってみてください。

次の