茨城一家殺傷事件 長女。 茨城殺人事件 霊視で犯人像を特定!?長女の彼氏かストーカー?

境町殺人事件で長女が怪しいと言われる理由は?犯人の名前や場所についても調査!-shuly

茨城一家殺傷事件 長女

yahoo. view-000 茨城県境町の住宅で会社員小林光則さん(48)と妻のパート従業員美和さん(50)が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件で、負傷した長男と次女が「帽子をかぶりマスクをした人に襲われた」と話していることが24日、捜査関係者への取材で分かった。 司法解剖の結果、夫婦の死因は刃物で刺されたことによる失血死だった。 2人とも顔や首、胸などに多数の傷があり、境署捜査本部は犯人が強い殺意を持って襲ったとみて調べる。 捜査関係者によると、敷地内に家族や通報を受けて駆け付けた捜査員、消防関係者以外の靴の足跡が残っており、タイヤの跡もあった。 茨城県境町で発生した夫婦殺人事件で、犯人は帽子をかぶってマスクをしていた人物と負傷した子供達が話している事が判明したそうです。 司法解剖の結果は遺体に無数の刺し傷があったという事から、犯人は強い殺意を持って犯行に及んだ可能性が高いとの事。 一見平和そうな小林さん一家に対し、犯人は一体どのような恨みを持っていたのでしょうか。 茨城殺人事件の事件現場は? 今回一家殺人殺傷事件が起きた茨城県の事件現場は「茨城県境町若林」にある住宅地だそうです。 現地をgooglemapで見てみますと自然に囲まれたのどかな地域といった印象で、まさかこのような凄惨な殺人事件が起こるような場所とは誰しもが想像がつかなかったかと思います。 茨城一家殺人殺傷事件で中学1年生の長男は犯人に顔などを切られ重症、小学6年制の次女も腕に怪我を負っています。 たまたま別室にいた長女は無傷であったと報道されている事から、犯人は子供たちに対しての殺意はなかったとも推測ができます。 となるとやはり殺害された小林さん夫妻に恨みを持った人物、もしくは関係者が犯人である可能性が高いのかもしれません。 次のページでは、長女が無傷だった理由や犯人についてまとめてみました。

次の

サイレンに犯人「やばい」 夫婦トラブルなく…茨城殺傷:朝日新聞デジタル

茨城一家殺傷事件 長女

3連休最終日の9月23日未明に雨天の茨城県境町で起きた一家4人殺傷事件は、発生から間もなく3カ月を迎えるが解決の糸口が見いだせていない。 周辺を木々で囲まれ目撃証言がほとんど得られない上、一家に関するトラブルが全く浮かんでこないからだ。 茨城県警幹部は「犯人逮捕には、まだまだ時間がかかりそうだ」と苦渋の表情を浮かべており、解決への道のりは遠そうだ。 小林光則さん(48)方で起きた事件は妻、美和さん(50)の緊迫した110番通報で発覚した。 9月23日午前0時40分ごろ「助けて」という美和さんの通報から約15分後、県警境署員が現場に駆けつけると犯人の姿はなく、小林さんと美和さんが2階寝室で亡くなっているのが発見された。 長男(13)は腕などを切られ重傷、次女(11)も手に痛みを訴える軽傷を負った。 県警は同日午後、境署に捜査本部を設置し、100人態勢での捜査を開始した。 就寝中に襲われたとみられる夫婦は顔や首などをそれぞれ約10カ所刺されており、小林さんには肺に達するほど深い傷もあった。 また、金品を物色した形跡は確認できなかった。 また、周囲を木々に囲まれ、一見住宅があるようには見えない小林さん方の立地から、捜査本部では当初、犯行が金銭目的というよりは、夫婦に強い恨みを持つ犯人像を有力視。 現場周辺に土地勘があり、夫婦を知る人物の可能性が高いとみて人間関係を調べていた。

次の

茨城「ポツンと一軒家殺人」は世田谷一家殺人事件と酷似している

茨城一家殺傷事件 長女

閉じる 「痛い、痛い」 電話の声は消え入りそうな声でそう訴えたが、やがて電話は切れ、警察官の呼びかけにも答えはなかった。 9月23日午前0時40分頃、茨城県境町若林の民家から「助けて」と女性の声で110番通報があった。 すぐさま境署員らが急行したところ、この家に住む会社員・小林光則さん 48 と妻でパート従業員の美和さん 50 が2階寝室で倒れて死亡していたのが発見された。 2人の顔などには複数の切り傷があった。 「小林さん一家は、夫婦と大学3年の長女 21 、中学1年の長男 13 、小学6年の次女 11 の5人暮らしです。 長男は足や腕を切られて重傷。 次女も両手にけがを負ったが、長女は1階にいて無事でした。 4人は就寝中に襲われたとみられます。 犯人は夫婦が休んでいる2階に直行しており、強い殺意があったとみられている」 社会部記者 光則さんはあおむけ、美和さんは体の右側を下にして倒れており、2人の首や顔には刃物のような物による切り傷や刺し傷が複数あった。 110番したのは美和さん自身で、自分の名前を告げていた。 県警は事件が起きた直後に、通報したとみている。 電話は1分余り続いたものの、犯人によるものなのか途中で切れたのだった。 現場から凶器とみられる物は見つかっておらず、家には施錠されていない窓も複数あったことなどから、県警は外部から何者かが侵入して家族を襲ったとみて調べている。 「長男は重傷を負い、次女は催涙スプレーのようなものを噴射されたとして、搬送時に両手のしびれを訴えていたそうです。 長女にけがはなかった。 捜査本部は計画的に犯行に及んだとみています」 同 小林さん一家は約10年前に埼玉県内から境町に引っ越してきたという。 「この家はもともと美和さんの実家。 父親が亡くなって、母親1人だと大変だからといって転居してきた。 お兄ちゃんは野球が好きで地元のチームにも入っていた。 大学生のお姉ちゃんは清楚でおとなしい感じの娘さんです。 地元の高校を卒業して、今では県外の大学まで車と電車を乗り継いで通っていたようです。 最近は彼氏ができたみたいですね。 ええ、近所で姿を見かけたこともありましたよ。 おまけに、犯行のあった夜は雨が降っており、犯人の痕跡を洗い流した可能性がある。 さらに、近くに防犯カメラは1台しかなく、25日に行われた現場検証では広範囲を捜索しようと、県警はドローンを飛ばしている。 「県警ではドライブレコーダーなどの映像を解析するとともに、家族の交友関係の捜査を始めています」 前出・社会部記者 それにしても、同事件は謎ばかりで情報も錯綜している。 「通報があった時、警察官が『救急車を呼びますか』と聞くと、美和さんとみられる相手は『いらないです』と報じられているが、『そんなことは言っていない』という話もある。 ただ、死亡した夫婦には防御創があり、とくに光則さんの致命傷は肺にまで達する深い刺し傷。 この夫婦に対する強い恨みを持つ者の犯行であることは確かなようです」 同 事件発生から1週間経った時点では、事件前にマスク姿の不審者が周辺で目撃されていたことが取り沙汰されているが、関連性は不明で有力な手掛かりになっていない。 しかし、凶悪事件を実行する場合、犯人ならだれだって顔は隠しますからね。 防犯カメラの情報が極端に少ない以上、決め手になる証拠は限られてくる。 捜査は予断を許さない状況」 現地取材記者 犯人は一切金目のものに手をつけていない。 「つまり、物取りによる犯行の線は薄い。 小林さん夫婦を殺害することこそが目的だったのでしょう。 殺害するほどこの夫婦を恨んだ犯行動機は何か。 交友関係を徹底的に洗い出すしか解決の糸口はない」 前出・社会部記者 それにしても、物色した形跡もなく、1階で寝ていた長女の部屋を素通りして2階に直行した犯人。 「これが通り魔事件なら捜査は難航するかもしれないが、すんなり犯人逮捕に結びつくかもしれない。 現在も各メディアは、犯人の緊急逮捕に備えて境警察署の前にカメラマンらを張り付かせています」 マスコミ関係者 事件のあった日、現場の民家から北に約1. 5キロ離れた町立小学校では、教職員や保護者らが児童を守るため通学路に立っていた。 また、車で子供を送り迎えする保護者も少なくなかった。 「人口約2万4000人の境町は騒然としていますよ。 こんなことは初めてですからね。 しかし、犯人が逮捕されれば、マスコミがあれこれ詮索し、またひと騒動になるんでしょうね」 別の地元住人 犯人逮捕を含め事件の全容解明が待たれる。

次の