松山 市 新型 コロナ。 新たに入院患者1人が陽性 集団感染発生の松山市の病院|愛媛新聞ONLINE

5/19 新型コロナ【愛媛】松山市の病院クラスター関連で新たに1人の感染を確認 愛媛県知事による会見(2020年5月19日15時)

松山 市 新型 コロナ

「」を一部改正しました。 令和2年5月20日)• 「」を一部改正しました。 (令和2年5月20日)• 「」を改正しました。 (令和2年5月20日) 協力金の概要 趣旨 新型コロナウイルス感染症が拡大する中、本県においても、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づき、4月24日に商店街やスーパーマーケット等への感染症拡大防止のための対策実施に向けた協力要請を行いました。 このような中で、商店街の複数の店舗が一体となって感染拡大を防止する取り組みを支援するため、商店街等新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金を支給します。 2 商店街振興組合又は商店街を運営する事業協同組合(以下「組合」といいます。 ) 支給要件 協力金は、次の 1 ~ 4 の要件全てを満たすグループ又は組合に支給します。 1 グループ又は組合において、それぞれ次の活動を行うこと ア グループ 次の a ・ b の取組みを含むグループ計画を策定し、 令和2年5月1日から31日までの間において、連続する10日以上の日に実施すること。 a グループ内の店舗の計画的な休業によるローテーション営業 b 店舗利用客が増加した場合における入店制限等の混雑緩和対策 イ 組合 令和2年5月20日から6月30日の間で2週間以上、次のいずれかの方法により、商店街において新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る啓発活動を実施すること。 a 厚生労働省が示す新型コロナウイルス感染症を想定した「新しい生活様式」を啓発する横断幕等を、商店街のメインストリートなど来街者の目に触れやすい場所に設置すること b 新しい生活様式を啓発するためのコンテンツを、ストリートビジョンなど商店街に設置する大型ビジョン等で放映すること 2 グループの場合は、代表者を商店街振興組合、商工会議所又は商工会とすること。 3 グループにおいては、代表者が協力金の申請手続きを行うこと。 4 グループを構成する店舗又は組合の代表者、役員又は使用人その他の従業員もしくは構成員等が、愛媛県暴力団排除条例第2号第1号に規定する暴力団、同条例第2号に規定する暴力団員又は同条第3号に規定する暴力団員等に該当せず、かつ、将来にわたっても該当しないこと。 書類の提出 グループの代表者又は組合は、により必要書類を 郵送にて提出してください。 郵送時は、簡易書留などの郵便物の追跡ができる方法で送付してください。 【提出先】 〒790-8570 愛媛県松山市一番町四丁目4番地2 愛媛県経済労働部産業支援局経営支援課 申請受付期間 1 グループ 令和2年5月11日(月曜日)から 令和2年6月30日(火曜日)まで 2 組合 令和2年5月20日(水曜日)から 令和2年7月10日(金曜日)まで 要綱・要領• 申請書類様式 【グループ用】• 【組合用】• 【グループ・組合共通】• 問い合わせ先 詳細内容については、下記までお問い合わせください。 愛媛県経済労働部産業支援局経営支援課 (電話番号)089-912-2464 (受付時間)8時30分~17時30分.

次の

松山市コロナウイルス感染者30代女性会社員は誰?自宅や職場はどこ?入院先の病院は?

松山 市 新型 コロナ

2月25日 頭痛や37度の発熱の症状• 2月26日 松山市内の医療機関Aを受診、職場を午後に早退(以降出勤なし)• 3月2日 松山市内の医療機関Bを検査、医師が帰国者・接触者相談センターに相談• 3月4日 新型コロナウイルス陽性 ということです。 濃厚接触者として、家族1人と職場の同僚約10人のウイルス検査を実施する予定とのこと。 今回感染が確認された30代女性は、愛媛県で初めて感染が確認された40代銀行員の女性との接点がないことや、複数感染が確認された大阪市内のライブへの参加などもないことから、現時点で感染経路が不明のようです。 その他の詳しい行動歴等は発表されていません。 松山市に住む30代女性会社員は誰で自宅や職場はどこ? 今回感染が確認された松山市に住む30代女性会社員について、現時点で判明している情報をまとめます。 職業:会社員 住所は「愛媛県松山市」であることは判明していますが、それ以上の詳しい情報は発表されていません。 風評被害や個人情報、人権の観点から、これ以上の情報が公開される可能性は低そうですね。 職場については、会社側が発表を承諾した場合に限り公表されることがあるようですが、風評被害や経営的な観点から発表する判断は難しいのかもしれません。 もし、不特定多数と関係する仕事の場合は公表してもらいたいですね。 2月25日に発熱の症状がでたあとは、翌日26日のみ出勤したようです。 26日の午後には早退されたとのことですので、相当体調が良くなかったのでしょうね・・・。 日本の仕事文化なのかもしれませんが、多少の体調不良であれば頑張っていく方が多いですし、会社内でも「そのくらい来て当然」という考えを持っている人もいそうですね。 海外だと割り切って「休む時は休む!」という文化の方が一般的だと思うんですけどね・・・。 松山市に住む30代女性会社員の入院先の病院はどこ? 松山市に住む30代女性会社員は、現時点では入院しているかどうかは報じられていません。 愛媛県内の受け入れ病院についてはこちらの記事にまとめていますが、 入院しているとすると、松山市内でかつ感染症指定医療機関にも指定されている「松山赤十字病院」の可能性が高いと思われます。 愛媛県で2人目となる感染者となりましたが、現時点では感染経路がまったくの不明のため、市中感染が起こっているのかが判断できず、心配になりますね。 感染が確認された女性は発症後に1日のみ出勤しただけですので、職場内での感染が広がらなければいいのですが。 もはやいつどこで感染してもおかしくない状況なので、私たち一人ひとりが危機感と責任感を持った行動をしないといけないですね。

次の

愛媛県庁/新型コロナウイルス感染症に関する情報

松山 市 新型 コロナ

松山市のコロナ感染患者は?【愛媛県】 今回愛媛県内で2例目の感染が確認された方ですが、県庁所在地である 松山市在住で、 30代の会社員である事が会見で発表されました。 また、松山市内のどこかに住んでいるかなどの情報は公表されておらず、勤務先の具体的な会社名なども現在わかっておりません。 四国地方で最も人口を擁する松山市の中で個人を特定することは難しく、そこまでする必要はもちろん無いとは思いますが、通勤経路や行動歴など、感染の予防のためにも住民の知りたい情報の一つなのではと思います。 松山市のコロナ感染患者 まとめ 今回感染が確認された松山市内の30代女性会社員の方ですが、県内で1例目に感染が確認された伊予銀行勤務の患者とは接触が確認されておりません。 女性は症状が見え始めた25日以前も、11日〜14日と17日〜21日、25日〜26日は自家用車で勤務先へ通勤し、15日〜16日、22日〜24日は休日で自宅で過ごしていました。 他県へ移動もせず、県内の感染者とも接触していないとなると、今回の女性の感染経路がどこなんでしょう? 謎が深まるばかりです。 いずれにせよ、国内においても感染経路が分からず市中感染が疑われるケースが散見され始めているので、自身を守るためにもうがい手洗い、マスクの着用などの感染予防を徹底していくことが大事なのではと思います。 最後に、感染者の方々が一刻も早く快復し、ウイルスが収束する事を願います。 コロナウイルス関連 まとめ 新型コロナウイルスに関する情報で、感染者が訪れた場所などテレビでは報道されないものを含め、様々な事柄を更新しています、是非読んで頂いて、感染対策に役立てて頂けたら幸いです。 一部推測や噂に関する記事もございますが、何卒ご容赦願います。

次の