アーカルム フラグメント。 【グラブル】アーカルムEXTREMEクリアしたけど・・・

【グラブル】ルビガメに遭遇したのでドロップを公開。出現した際の注意事項も記載。

アーカルム フラグメント

悪魔のイデア:5個(平均:2. 刑死者のイデア:1個• 塔のイデア:0個• アクイラ・フラグメント:7個• 火精のアストラ:37個(平均:18. 土精のアストラ:7個 平均については、カイム素材は割と揃っているのでフラウ加入に向けて必要な情報のみ記載しました。 以下、周回結果を貼り貼り〜! 9周目(2020. 23):1日に1枚消費 5月15日 金箱より 5月16日 ドロップなし 5月17日 ルビガメ討伐とパペット討伐 5月18日 雑魚敵より 5月19日 雑魚敵より 5月20日 パペット討伐 5月21日 金箱ミミック討伐 5月22日 ドロップなし 5月23日 ゲートキーパー討伐とルビガメ討伐とデビル討伐(天球儀使用なし)• 獲得アーカルムポイントはアストラ・天球儀と交換する• 周回場所は当然ポイント・アクイラ• 天球儀は使用しない(イデアは集まったので)、サン・デビル時の結果だけ抽出• アカチケ2倍キャンペーンはを参考に、現在開催のものと必要に応じた過去期間と同等数を考慮する• 日数(枚数)をXと仮定する 私の所持状況は、現在デビルがSSR5凸(加入解放までにイデア22個・アストラ206個必要)、有力なものは悪魔のイデア30個と火精のアストラ84個、そして、アーカルムポイントが23333ptと玉髄です。 以上を考慮して計算してみると・・・.

次の

【グラブル】ルビガメに遭遇したのでドロップを公開。出現した際の注意事項も記載。

アーカルム フラグメント

アーカルムポイント交換時に注意すべき点 アーカルムポイントは入手しにくい! まずアーカルムポイントは、 非常に入手しにくいということをお伝えしておきます。 アーカルムポイントは、アーカルム転生の探索で敵を倒したり、特定のイベントでしか入手できないんですよね。 毎日1枚(キャンペーン中は2枚)発行されるパスポートを消費して、アーカルム転生内を探索するわけですが、これで得られるアーカルムポイントはわずか。 イベントで30000ポイント一気に入手できる機会もありますが、その時以外のまとめて入手できる機会もないので、アーカルムポイントで交換するアイテムは慎重に選びましょう! ポイント上限近くを維持しよう アーカルムポイントは基本的にポイントの上限50000近くを維持し、 あふれそうになったら何かのアイテムと交換するのが良いでしょう。 アーカルム召喚石を中途半端に上限解放しても、たいした戦力アップになりませんからね。 なので上限解放するときはできるだけ一気に解放できるように、すぐアイテムと交換するのではなく、アーカルムポイントの状態で持っておくことをおすすめいたします。 アーカルムポイント交換優先度BEST5 1位:SSRモニカ アーカルムポイントで交換すべきアイテム・・・ではなくキャラですが。 コイツデス! SSRモニカはガチャ産の風SSRキャラと比べても、 トップクラスに強いキャラクターになります。 序盤であればあるほど、このようなトップクラスの性能を誇るSSRキャラ加入の恩恵は、非常に大きいですからね! アーカルムポイントを20000獲得したら即加入させたいくらい強力な風属性キャラです。 加入が遅れれば遅れるほど、風属性キャラが揃えば揃うほど、 モニカ交換優先度は下がっていきます。 僕も現在状況次第でスタメン多少に入るくらいで、最近ではほぼサブメンバーに落ち着くことが多いですね。 手持ちの風キャラの状況次第では、モニカより2位以下のアイテムと交換した方がいいという場合もあります。 さらに!もう1つ問題を言ってしまうと、風編成でほぼスタメン確定の 十天衆のニオの存在が大きいと僕は考えます。 モニカというキャラは敵対心と回避率を上げて自分を攻撃のターゲットにし、攻撃を交わすという使い方になります。 サポートアビリティによって回避時に紫電一閃が発動し、カウンターようにダメージを与えることがモニカの真骨頂(しんこっちょう)なのですが・・・ ニオの1アビ『ニンアナンナ』で、昏睡(こんすい)という状態異常をかけると・・・敵を行動おさえてしまうんですよね。 よってSSRモニカとSSRニオの相性が悪いんじゃないか?というのが僕の考えです。 この期間中だけでも風編成を支えてくれるのであれば、アーカルムポイント20000でSRモニカを交換するのは安い!と僕は思いますね。 2位:セフィラストーン 交換優先度第2位のアイテムは『セフィラストーン』です。 このセフィラストーンはアーカルムシリーズの召喚石を上限解放していく素材として大量に使うのですが、 全てのアーカラム召喚石の上限解放で要求される素材になります。 属性ごとに要求させる他の素材に比べて腐りにくいというのが、交換の最大のメリットでしょう。 迷ったらセフィラストーンと交換しておけば、まず間違いないアイテムですね! 3位:アーカルムポイント週上限アップ 3位は意外かもしれませんが、『アーカルムポイント週上限アップ』です。 アーカルムポイントは週で獲得できる上限が10000と決まっていて、これを超えてアーカルムポイントを入手することはできません。 当時はパスポート追加発行キャンペーン中でして、難易度EXを周回するようになってから、週上限を超えてしまってましたね。 これはアーカルム召喚石の上限解放にも使うのですが、十賢者を仲間にする場合も大量に消費(200個以上!)しますしね。 十賢者の加入目指す場合は、セフィラストーンより優先度が高くなりますが、個人的に 上級者以外の方は交換をおすすめしません。 例えばガイゼンボーガを仲間にしたい場合は、光属性なので光精のアストラ。 ニーアであれば闇属性なので闇精のアストラと、各属性ごとに必要なアストラが違うんですよね。 そのため これからの環境の変化で十賢者の評価も変わり、集めていたアストラが腐るという自体も想定できます。 なので確実性を取りたいならセフィラストーンとの交換をおすすめいたします。 さらに!十賢者の加入条件の1つに、対応したアーカルム召喚石の5凸があります。 なのでまずはアーカルム召喚石の5凸をしてから、十賢者の加入を意識し始めても遅くないですね。 それまではセフィラストーンの方を優先して交換した方が良いでしょう。 アストラを優先して交換している方は、アーカルム召喚石の5凸をあらから終わらせている、上級者の方々だと思いますしね。 アクイラ・フラグメント• ベラドール・フラグメント• ケルサス・フラグメント フラグメントの種類には、アーカルム転生の探索場所の名前が付いたこの3種類あり、アーカルム召喚石の上限解放(5凸までで30個使用)で使うことになります。 このフラグメントは 難易度EXの特定の敵じゃないとドロップせず、運が悪いとなかなか入手できない素材になります。 なのでセフィラストーンが足りていて、かつフラグメントが足りない場合は、ワンチャン交換もアリかな?と思います。 基本的にセフィラストーンの方が、圧倒的に優先なのは変わらないけどね。 アーカルム召喚石の上限解放には、各ボスからドロップするアイテムも必要になります。 星導の天球儀を交換するか?は賛否が分かれていますが・・・ 僕個人の考えは、 上級者以外の方は 星導の天球儀を交換すべきではないですね。 特定のボスばかり狩っていると、その属性の素材ばかりがかたよってしまいます。 早期に特定のアーカルム召喚石だけ上限解放するなら有効ですが、最終的に各属性の5凸を作りたくなりますよね? こうなると将来結局あとで周回するハメになるので、長期的に考えれば星導の天球儀と交換せず、足りない素材を交換した方が効率が良いでしょうね。 ただでさえ足りないアーカルムポイントなので、効率的に使うようにしましょう! ただし!初心者の場合でも、現在編成が弱い属性が必要になった場合のみ交換はアリと考えます。 回復系のアイテムを投入して勝てないか?試してみましょう。 星導の天球儀より格安なので、コチラで解決できれば問題ないかと。 アイテムを投入しても無理なのであれば、星導の天球儀を使って得意属性が弱点のボスに変更することもアリかと思います。 スポンサーリンク 金剛晶の交換は明確な目的があれば 先に結論から書いておきますが、金剛晶は 『明確な目的がない場合は交換すべきではない』ですね。 金剛晶はグラブルにおいて、非常に重要なアイテムというのは間違いありませんが、ガチャで排出させるSSR召喚石のほとんどが、3凸以上上限解放しないと、目に見えて効果を感じられないものばかりなんですね。 アーカルムポイントを30000使って1個交換したところで、上限解放ができるのが1段階のみなので、アーカルムポイントが30000たまったら即交換!というは早計な気がします。 明確な目的とはどういうものがあるか?というと、例えばアーカルム召喚石のザ・サンをSSR化して加護効果を上げたいけど、金剛晶の在庫がない・・・ こういう場合は交換はアリだと思います。 他の理由として、ルシフェルやバハムートのような即戦力な召喚石を5凸できる素材はあるけど、金剛晶だけ足りない! このような場合などが明確な理由になりそうですね。 さらに!アーカルムポイントで交換できる金剛晶の在庫は5個と決まっています。 この金剛晶在庫は、時間経過で復活することはありません、 なので 確実に戦力アップになる状況でない限りは、金剛晶の交換は見送るべきと僕は考えます。 これはアストラのところでも書きましたら、まずアーカルム召喚石を5凸しないと、十賢者は加入できません。 アーカルム召喚石のSSR化の際に金剛晶も1つ消費するので、まず金剛晶の方が交換優先度は高いでしょう。 僕も含めグラブルを始めたばかりの方は、まだ気にする必要はないでしょうね。 ブラックラビットは交換すべきではない ドロップ率を上げてくれるSR召喚石のブラックラビットですが、これはいかなる場合でも、アーカルムポイントを使ってまで 交換すべきものではないですね。 属性は違いますが、光属性のホワイトラビットというSR召喚石が、全く同じ効果を持っています。 アーカルムポイントはパスポートと限られたイベントでしか入手できないので、AP消費でも入手できるホワイトラビットを入手をおすすめします。 探索でも入手可能ですし、最終的に編成落ちしやすい武器でもあります。 今後4凸以上の実装やアーカルム転生の追加コンテンツなどあれば、評価は変わってくると思います。 それまで探索で地道に集めておき、倉庫に取っておきましょう! アーカルムパスポート所持上限アップは交換したくない アーカルム転生では毎日1枚パスポートが発行され上限が10枚までですが、アーカルムポイント2000と交換で上限を5枚増やすことができます。 毎日探索していれば交換する必要はありませんが、何かしらの理由で2週間ためておきたい場合は交換候補となります。 キャンペーン中は2枚発行されるので、この期間は時間が取れない場合も候補となるでしょう。 しかし!グラブルで1番忙しい古戦場前に全てパスポートを消化しておけば、期間中放置してもパスポートを無駄にすることはないので、 極力は交換しない方がいいでしょう。 アーカルムポイント交換ランキングまとめ• 1位はモニカですが手持ちの風属性キャラによる• 2位のセフィラストーンが1番確実性がある• 3位のアーカルムポイント週上限アップは保険で• 4位のアストラ各種は上級者になると優先度大幅アップ• 5位のフラグメント各種は状況次第でワンチャン• 金剛晶は明確な目的があれば交換を検討• セフィラ玉髄より金剛晶優先• 序盤ではなるべく星導の天球儀と交換しない• ブラックラビットよりホワイトラビット• セフィラ武器は探索で集めて保管しておく はい!ということで今回は、アーカルムポイントで交換すべきアイテムの個人的ランキングをまとめてみました。 序盤で 風編成が弱いならSSRモニカ!確実性を取るならセフィラストーン!と覚えてもらえると間違いないかと。 アーカルム転生でやることは召喚石の5凸なので、まずはそこを目指して周回していきましょう! 以上、『アーカルムポイントで交換する優先度ランキングベスト5!』でした。

次の

【アーカルムの転世】EXトレハン有り・無しによる素材ドロップ調査。簡易探索はお手軽だがフラグメントが少ない等のデメリット有りか

アーカルム フラグメント

強化効果は狙った効果を安定して付与できないのでオマケ程度ではあるが、クリア効果持ちなので 特定場面で弱体対策の手段として有用。 対光属性に対してのみだがダメージ上限ごと伸ばせる点が優秀で、背水武器によりダメージ上限に届きやすい闇の環境とも相性が良い。 天司武器がない闇属性では上限を伸ばす手段は貴重なので闇強化を重視するなら優先して作成したい。 特に闇属性編成は武器でHPを確保しづらいため、超短期戦や麻痺中など 特殊な状況以外ではメイン石として扱いづらい。 基本的には サブ加護のHP上昇目的として作成することになる。 風PTの強化を目指すのであれば 与ダメージUPのサブ加護を持つジャッジメントを優先したい。 火PTのHPを確保したいなら作成候補 メイン加護としては活躍機会がある程度限定されるため、基本的にはサブ加護のHPUP目的で作成したい召喚石。 ただし与ダメージUPのサブ加護を持つ召喚石を優先し、火キャラのHP確保手段が必要になった段階で作成するのがオススメ。 開幕の弱体手段としては最終解放が必要 サブ枠起用で召喚効果の攻防DOWNを開幕から活用したい場合、火属性編成かつ最終解放までの強化が必要となる点に注意。 弱体目的であれば最終までの育成を進められるなら作成も選択肢のひとつ。 塔効果だけを目的にするなら優先度はやや下がるため、作成するのはHP上昇のサブ加護を合わせて有効活用できる場合にしよう。 メイン加護目的の優先度は低い メイン加護はアーカルム召喚石の中で特別優先するほどの効果量ではない上に、召喚効果と同じく長期戦向けの性能。 基本的には 火力目的でのアーカルム石作成が一通り終わった後にHP補強目的で作成する流れとなる。 光属性には天司武器がなく特に貴重で、編成を問わず誰でも恩恵を受けられるため、 初心者~上級者まで光属性を強化したいなら優先的に作成しよう。 召喚効果は使用場面を選ぶ 召喚効果でPT全体のTA率を上昇させることができるが、被ダメージ上昇のデメリットが存在するため 使い所を誤ると大きな被害を受ける可能性も考えられる。 ある程度召喚タイミングが限られる点には注意したい。 特にダメージ上限付近の高いダメージを出しやすい ヴァルナ編成の強化を目指すなら優先的に作成しておきたい。 メイン加護としては活躍機会が限定的 メイン加護は長期戦向けの性能で、使い勝手はいまいち。 長期戦かつ他属性120%加護石がないならメイン運用も選択肢だが、サブ加護が強力なので 基本的にはサブ用の召喚石として考えよう。 コロ杖中心の編成まではデビルも候補 コロ杖編成までの段階限定でデビルのキャラ攻撃UPのメイン加護の恩恵も大きい点に注意。 序盤からティア銃の本数が揃うまではメイン枠、背水編成やゼピュロス編成に移行した後はサブ枠で長く活躍できる。 風編成の強化目的であれば優先的に作成したい。 召喚効果は役立つ場面が限定的 召喚の審判効果では風キャラを特定ターンだけ復活させることが可能。 ただし対象は選べない点、特定ターン経過で再び戦闘不能状態に戻る点などから使い勝手がよいとは言えず、役立つ場面は限定的。 ジャッジメントの詳しい性能はこちら.

次の