サラリーマン の 生涯 年収。 サラリーマン・一般の生涯年収・生涯賃金|年収ガイド

サラリーマンの平均年収のすべてがわかるページ【最新年は440.7万円】|年収ガイド

サラリーマン の 生涯 年収

業種や年齢、会社の規模そして都道府県別に平均年収を分けて解説 サラリーマンの平均年収は、国税庁の民間給与実態統計調査によると、440万円(2018年)。 平均といっても、平均年収は調査の仕方や調査対象により金額は大きく異なります。 厚生労働省の賃金構造基本統計調査(2018年)では、486万円、日本経済団体連合会(経団連)の調査結果から計算した平均年収は679万円でした(定期賃金調査と夏季・冬季 賞与・一時金調査を単純に合算)。 調査ごとの差があるだけでなく、全体の平均ということもあって、実際の感覚とはかけ離れているようにも感じます。 そこで実際と感覚の近い平均年収を見つけるために、業種や年齢、会社の規模そして都道府県別に平均年収を分けて紹介してみたいと思います。 業種別・年齢別平均年収 出典:国税庁「民間給与実態統計調査結果(2018年)」 まずは業種別と年齢別です。 表の見方は、例えば、製造業に勤務している39歳の人の場合、 業種「製造業」、年齢「35~39」の欄を見ます。 5,103(千円)とありますので、平均年収は約510万円ということになります。 同じ年齢層(35~39歳)の全業種平均は447. 8万円ですので、同年齢層の平均を約63万円上回っているということになります。 年齢別にみると、どの業種も基本的には年功序列になっていて、50~54歳層の年収が最大になっている業種が多いようです。 また、平均年収の高い業種トップ3は、 1位 電気・ガス・熱供給・水道業 759万円 2位 金融業・保険業 631万円 3位 情報通信業 622万円 となっています。 事業所の規模別の平均年収 次は事業所の規模と男女別の平均年収です。 事業所の規模は、従業員の人数が基準となっています。 都道府県別年収(平均年収の単位は千円、右の2列は順位) 出典:厚生労働省「賃金構造基本統計調査(2018年)」、内閣府「県民経済計算(2016年)」を基に筆者作成 東京と下位の県の間には、年収で200万円以上の開きがありました。 生涯年収差の平均も同じだとすると、40年勤めた場合8,000万円の差になるということです。 また、私の住む福岡は経済規模の割に年収の順位が低いと感じ「県民総生産」を調べてみると、やはり経済規模は8番目にもかかわらず、年収は18番目でした。 参考として県民総生産の順位も記載しています。 県民総生産とは、GDP(国内総生産)の都道府県版で、内閣府が行っている都道府県レベルの経済活動状況の推計です。 平均値より中央値が世間の実感に近いことがある 平均年収を高いと感じたときには、中央値を調べてみてください。 中央値とは、年収を聞いた人を年収の高い順に並べた時に、ちょうど真ん中に来る人の年収のことです。 その集団の中に高額所得者が含まれていると平均が真ん中ではなくなることがあるため、平均が実感とずれるのです。 2つの会社を例に平均年収を比べてみます。 (単位:万円) 平均と中央値の違い この2社の平均年収は同じ400万円です。 1人が飛びぬけていると、ABC社のようにほとんどの人が平均年収を下回り、 実感とかけ離れた平均年収と感じてしまいます。 そこで中央値を使うと、一般の人たちの実感に近くなります。 中央値とは、全体のちょうど真ん中の値のことです。 例の場合は、5人のうち真ん中の課長の年収が中央値となります。 いろは社の年収の中央値は400万円と平均年収と同じ金額となりますが、ABC社の中央値は255万円となります。 会社別の平均年収 最後に個別の会社の平均年収です。 上場している会社に限った方法ですが、上場している企業は、有価証券報告書の中身を見れば、年間平均給与や役員報酬を見ることができます。 2社の平均給与を見てみましょう。 【A社】生涯年収が上位の企業 年間平均給与 3,100万円(約100人) 【B銀行】九州の地方銀行 年間平均給与667万円(約3,700人) それぞれの有価証券報告書を見てみることでA社は、業績が好調のため賞与が7~8割を占めていて、実は給与だけだと普通だな、とか、B銀行は、役員報酬が平均3,300万円(11人)で飛びぬけた人もいないけど、平均給与の計算には臨時従業員分も含まれていて、臨時従業員の人数が3分の1も占めているので、正規の行員の平均給与はもう少し高そうだな、とか表面の数字からはわからないことが見えてきます。 上場している企業は、EDINET(有価証券報告書等の開示書類を閲覧するサイト)で有価証券報告書等を公開しています。 そこで有価証券報告書を開いて、「役員報酬」や「給与」または「給料」という語句で検索すると該当ページを調べることができます。 EDINETへのリンク: おわりに 平均年収の違いを紹介してきましたが、数字の中身や意味をよく見て自分で考えてみようという気付きになれば幸いです。 もし今の年収に満足していないのであれば、年収を上げるためには3つの方法しかないと思います。 今の勤務先で結果と人脈を積み上げる 2. 条件の良い会社へ転職する 3. 副業・起業・投資で収入を得る どの方法に取り組むにしても、人を頼りにすることや楽して稼ごうとすることは、結果すべてを失うことになり兼ねませんので厳禁。 焦りも禁物です。 まずは「1万円の手取り収入を増やすにはどうしたらよいか」、を考えてみる、行動してみる、うまくいかない時は修正する、ことから始めるといいと思います。 結局、地道にコツコツが年収アップの近道だと私は思います。 【関連記事】•

次の

年収と手取りの違いを手取り早見表(200万円~1億3000万円)で徹底解説|平均年収.jp

サラリーマン の 生涯 年収

大卒サラリーマン男性の生涯年収が2億6000万円というのは 平均値です。 平均値というのは、極端に所得の高い人あるいは低い人がいる場合は、その実態が大きくかけ離れてしまう場合があります。 たとえば、10人中9人の年収が400万円で、1人だけが年収8000万円だった場合の平均年収は1160万円となり、現実とはかけ離れた結果になります。 そこで参考にされるのが 中央値です。 中央値とは、データを大きさの順に並べたときに全体の中央に位置する値のことをいいます。 データの数が偶数の場合は、真ん中に位置する2つの数字を足して2で割ります。 のデータをもとに年収中央値を推測すると、 労働者全体で約360万円、男性労働者が約450万円、大卒男性労働者が約560万円、女性労働者が約240万円です。 この年収中央値をもとに生涯年収の中央値を考えてみます。 学歴 転職あり 転職なし 高卒(男性) 2億730万円 2億5380万円 高卒(女性) 1億4640万円 1億8710万円 高専・短大卒(男性) 2億1450万円 2億5220万円 高専・短大卒(女性) 1億7530万円 2億650万円 大学・大学院卒(男性) 2億7000万円 2億8920万円 大学・大学院卒(女性) 2億1670万円 2億4210万円 もちろん、以前の会社よりも圧倒的に年収の高い企業に勤めるのであれば話は別ですが、同程度の規模の会社への転職なら、以上のように 転職しないほうが生涯年収は高くなります。 また、日本企業の場合は勤続年数に比例してベースアップする会社も多いことと、退職金は長く勤めていた人のほうが有利な点を考えても、転職しないほうが生涯年収は高くなります。 によると、高卒の初任給は16万5100円、高専・短大卒は18万1400円なのに対し、大学卒は20万6700円となっています。 高卒なら18歳から、大卒は22歳から働くことを考えれば最初の数年では大きな差はないかもしれません。 しかし、年齢を重ねるとともにその差も大きく開いていき、高卒よりも大卒のほうが生涯年収が5000万円近く高くなることは前述のとおりです。 大学へ進学するには、塾や予備校、受験料や入学費、授業料に加え、親元を離れて暮らす場合には家賃などの仕送りなどの 余分なお金もかかります。 ですが、大学での勉強で知識や教養を身につけることで、将来高い収入を得られる職業を選択できる可能性も高くなります。 以上のことから、その時の家庭の経済状況にもよりますが、総合的に判断すると大卒のほうが経済的といえます。 男性 女性 2000年 2億7900万円 2億2910万円 ・・・ ・・・ ・・・ 2005年 2億7010万円 2億1010万円 2006年 2億7100万円 2億890万円 2007年 2億7050万円 2億1080万円 2008年 2億6660万円 2億180万円 2009年 2億5180万円 1億9930万円 2010年 2億5410万円 1億9800万円 2011年 2億5610万円 1億9950万円 2012年 2億5440万円 1億9750万円 2013年 2億5420万円 1億9600万円 2014年 2億5890万円 2億50万円 2015年 2億6220万円 1億9890万円 サラリーマンの平均生涯年収について紹介してきましたが、いかがでしたか? サラリーマンの生涯年収は、学歴が高く、同一企業に正社員として長く勤め続けるほどに高い傾向にあります。 また、雇用形態や企業規模によっても差が出てきます。 サラリーマンの給料・賃金は景気にも左右されますので、生涯収入自体が時代によっても変わってきます。 終身雇用・年功序列型の経営から能力主義へ変わってきている企業も増えている中、定年まで正社員を続けるのが難しいことがあるかもしれません。 今回の記事のポイントは、• 生涯年収は学歴によって大きな差が生まれるので、知識や教養を身につけ、将来の高い年収を手に入れるためにも、できるだけ大学を卒業しておいたほうがよい。 実際の生涯年収の平均は、平均値を見るよりも中央値で見たほうがより実態に近い数字が得られる。 生涯年収を上げるためには、年収の高い企業に、長く勤めることがポイントである。 でした。 人生100年時代といわれるようになって、 定年後の長い人生設計を考えるのにも、自分の生涯年収を知っておくことは重要です。 自分が将来いくら稼げるのかということを知って、いざという時に慌てないでいいように、しっかりと備えましょう。 ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

次の

サラリーマンや公務員の生涯年収はいくら?手取り金額についても紹介

サラリーマン の 生涯 年収

1 サラリーマンの平均生涯年収は約2億4千万円 (独)労働政策研究・研修機構によると男性サラリーマンの場合、現役で獲得する生涯年収と退職金を合わせると約2億3900万円、約2億4千万円と言えます。 ただ、その全体の平均額が分かったからと言って、自分に完全に当てはまるわけではないですよね、この2億4千万円の平均値について細かく見てみましょう。 以下の数値・図は厚生労働省「賃金構造基本統計調査」「就労条件総合調査」、労働政策研究・研修機構『ユースフル労働統計』より出典しています。 上記データは、学校を卒業後就職し、一度も転職をしなかった場合と、転職をしたが同規模の会社に入り、休職期間がない場合を想定しています。 平均給与の特徴として、男性は年齢とともに給与が上昇し、大企業と小企業では月182,000円も差がでます。 女性の給与を見てみると、企業規模によって男性ほど大きな差はなく、大企業と小企業で最も差が開くのが45~49歳、差額は月74,000円です。 また、男女間の差で見ると、大企業における男女間の差が大きく月207,000円もの差がでます。 2位が「教育・学習支援業」で54万円。 いずれも50代で収入のピークを迎えます。 一方、収入の低い業界は「宿泊業・飲食サービス業」で、最高月収が33万円です。 女性では1位が「教育・学習支援業」、2位が「金融業、保険業です。 男性と異なり、年齢が高くなればなるほど月収も上昇し、「教育・学習支援業」では45万円、「金融業・保険業」では33万円。 いずれも65〜69歳の間が収入のピークとなっています。 収入の低い業界は、「宿泊業・飲食サービス業」で最高月収が21万円です。 30代前半で約2割の差、最も差が出る50~54歳の間は正社員はそれ以外の職員の約2倍の給与額となります。 同時期は女性の場合も同様に2倍弱となります。 3 平均的なサラリーマン家族の生活事情 生涯賃金・退職金のイメージできたけれど、多くの人はそれでどの程度の暮らしができるのか判断ができません。 以下はサラリーマン世帯を対象とした、総務省家計調査の平均値のモデル世帯です。 世帯主年齢 :48. 8歳 世帯人員 :3. 4人 平均年収 : 630 万 世帯月収 : 52. 5 万(夫41. 2万、妻6. 3万) 手取り :42. 7万(月収ー社会保険料等9. 8万) 生活費 :31. 5 万 黒字 :11. 民間の賃貸を借りている人は、現在の家賃、又は周辺の家賃相場を参考に考えましょう。 高収入でないと住宅は購入できないわけではありませんが、住宅ローンの平均返済によって、平均貯金割合(手取りの2割)を逼迫するようであれば、考えものです。 子供のためにも、貯金をしたり学資保険に入るなど、準備をしておきたいところです。 5万円を貯蓄・運用に回していることになりまが、貯蓄が少ない人ほど資産運用に消極的で、貯蓄が多い人ほど資産運用に積極的な傾向があります。 また、退職金や高齢世帯を含めず、20歳〜59歳まで、平均的な給与・貯金額で資産を形成した場合の貯蓄・運用高は約670万円となります(下記表「累積」)。 これは60歳以上を含めた際の貯金高の中央値に近い金額です。 4 余裕のある老後に向けての貯蓄・運用シミュレーション 退職金を当てにしない場合、平均貯金額は約670万円です。 ゆとりある老後のための資金額としては3000万円が必要です。 今回のシミュレーションでは、株や投信で3000万円を目指す場合と、不動産投資で老後も継続した家賃収入を得る場合を見てみましょう。 計算について詳しくは投資初心者必見!老後資金3000万円を貯める投資・貯金のシミュレーションをご覧ください。 8万円を30年間積み立て運用することで、2330万円を達成できます。 しかし、平均的な人の資産運用額は多くても月3000円程度に留まります。 投資資金を確保するためには、住宅を購入せず安い賃貸で済ませる、普段の生活費を抑えるなど、節約した生活を送る必要があります。 また、2330万円は達成できても、貯金額を投資に回した場合は600万円近くの不足額が残ってしまいます。 退職金での補填が期待できない場合は、より高い利回りを目標にする必要があります。 4万円を30年間積み立て運用することで2330万円を達成できます。 しかし、このプランにおいても多少は生活費を節約し、投資資金を捻出する必要があります。 生活費の節約だけで2. 4万円を捻出できず、貯金額を減らした場合は退職金での補填が必要となります。 特に株式投資については「9割の人が失敗する」と言われているように一度も失敗することなく運用することはほぼありえません。 株や投資信託で継続的に高い成果を上げるためには、継続的な勉強と銘柄選択などの作業に併せて、日々の生活を節約するという覚悟が必要です。 賃貸需要のある地区で物件選びさえ間違わなければ、管理自体は業者に任せることができるため、初心者でも取り組みやすい投資です。 購入以降の作業は毎年の確定申告くらいでしょう。 株やFXのように一発大儲けはできない不動産投資ですが、長期的な視点で見れば、安定的な収入、作業量の少なさから時間・精神的にもゆとりをもてます。 <不動産投資のメリット>• 老後も安定した家賃収入を得られる• 6% 借入期間 30年 手取り家賃収入 62,500円 ローン返済額 48,991 円 毎月の収支 +13,509円 ローンが残っているうちは、毎月の手元現金は増えません。 そこで、投資にまわしているお金を繰り上げ返済にまわすことが重要になります。 仮に、毎年100万円ずつ繰り上げ返済を行うと、1,400万円のローンは10年で完済することになります。 そして、ローン完済後に2戸目のマンションを同条件で購入します。 あなた自身の繰り上げ返済とローンを完済した家賃収入を加えて繰り上げ返済を行うと、2戸目のローンは6年9か月で完済することができます。 こうすることで、定年までに次々にマンションを増やしていうことが可能です。 家賃収入が安定して得られるようになれば、老後の生活費から赤字がでなくなります。 また、家賃収入があることで、平均寿命よりも長生きした場合でも老後資金が枯渇する心配はありません。 さらに、不動産投資はローンを活用し、物件を増やすことで、資産形成を加速させるとことができます。 詳しくはを御覧ください。 6 まとめ 生涯年収や、今の自分の年齢等の平均給与を知ることで、安心したり逆に将来が不安になったりするかもしれません。 ひとつ重要なことは、これらはあくまでも現状での参考値であり、将来の状況はこれらからの行動で大きく変わるということです。 知って満足するだけでなく、今の給与、これからの給与に不安があるのなら、仕事で今以上の成果を出すよう努力したり、投資について学び自分で収入源を作るなど、自分の将来に備えましょう。 その手段のひとつとして、管理する手間がなく、安定した収入が得られる不動産投資がおすすめです。 都内の中古ワンルームマンション投資のNo. 1企業 日本財託グループは、物件をご紹介した後の管理業務も行い、現在8,000名以上のオーナー様から22,000戸以上の管理を承っています。 「東京・中古・ワンルームを通じて一人でも多くの方の経済的自由を実現する」という熱い気持ちで、 オーナー様が不動産経営で成功できるようサポート。 オーナー様にとって気になるのは、 いかに早く空室を埋めるかということ。 そこで私たちは1日でも早くオーナー様に日割り家賃をお届けするために、 早期の空室解消に徹底的にこだわっています。 その結果、年間を平均した 入居率は99%以上。 平均空室期間25. 7日となっております。 『管理を通じて 一生涯のお付き合い』それが当社の経営理念です。 入居者様からも選ばれ、オーナー様からも選ばれ、そして協力会社の方からも選ばれる。 日本で最も信頼される不動産会社を目指しています。 私たち「日本財託の想い」は以下ページで詳しくお伝えしています。 ぜひ一度目をお通してみてください。 しかし、 不動産投資はやり方次第ではリスクを少なくし、確実に収入が得られる投資です。 ごく普通のサラリーマンが不動産投資を行い、毎月20万円以上の家賃収入を手にするのは実は珍しい話ではありません。 彼らは何か特別な知識やスキルがあったわけではないのです。 正しい手順でまっとうに行っただけです。 当セミナーでお伝えするのは、誰もが実践できる確かな不動産投資法です。 内容に従って進めていけば、リスクを抑えて堅実に資産を増やしていくことができます。 実際に、過去30年間で8,000名以上の方が実践し、今現在も毎月着実に家賃収入を得ています。 経済的自由を手に入れ、自分らしく人生を歩むためにも、以下のボタンをクリックしてセミナーに参加してみてください。 無料動画:13年で毎月100万円以上の家賃収入を実現した投資家のノウハウを聞いてみませんか? この無料動画では、13年前にサラリーマンをしながら不動産投資を始めて、ワンルームマンションを15戸所有し、 毎月の家賃収入を100万円以上を得ている台場氏の成功体験やノウハウ、考え方を直接解説しています。 この無料動画を見ていただくと、以下のようなことがわかります。 100万円以上の家賃収入を得るためにずっと大切にしてきた不動産投資の3つのポイント• マンションの入居率99%以上を実現するための考え方• サラリーマンが不動産会社選びで絶対に失敗してはいけない理由 初めての不動産投資だからこそ、絶対に知っておきたいポイントをわかりやすくお届けします。 ぜひ無料動画をご覧いただき、安泰な将来へと繋げてください。 都内の中古ワンルームマンション投資のNo. 1企業 日本財託グループは、物件をご紹介した後の管理業務も行い、現在7,800名以上のオーナー様から21,000戸以上の管理を承っています。 「東京・中古・ワンルームを通じて一人でも多くの方の経済的自由を実現する」という熱い気持ちで、オーナー様が不動産経営で成功できるようサポート。 オーナー様にとって気になるのは、いかに早く空室を埋めるかということ。 そこで私たちは1日でも早くオーナー様に日割り家賃をお届けするために、早期の空室解消に徹底的にこだわっています。 その結果、年間を平均した入居率は99%以上。 平均空室期間25. 7日となっております。 『管理を通じて 一生涯のお付き合い』それが当社の経営理念です。 入居者様からも選ばれ、オーナー様からも選ばれ、そして協力会社の方からも選ばれる。 日本で最も信頼される不動産会社を目指しています。 私たち「日本財託の想い」はで詳しくお伝えしています。 ぜひ一度目をお通してみてください。

次の