鼻 レディエッセ 口コミ。 鼻レディエッセはおすすめできない!?医師が解説するレディエッセ隆鼻術の真実

レディエッセの失敗・リスクと名医のすべて!

鼻 レディエッセ 口コミ

「モデルのようなすっとした鼻筋にしたいが手術はちょっと・・・」という方にピッタリなのが、ヒアルロン酸やレディエッセを注入するプチ整形です。 いずれもアレルギーや副作用がほとんどなく、安全に簡単にできる治療方法です。 腫れや痛みもほとんどなく、施術後すぐにメイク可能です。 シリコンプロテーゼと違い、注入場所や注入量を変えることによって、希望の形に変えることが可能です。 たとえば、鼻の付け根だけ高くしたい、わし鼻の改善して、鼻筋を通したい、といったことも可能です。 長期間持続性ヒアルロン酸や、レディエッセの開発により、持続期間がより長くなりました。 ヒアルロン酸注射 しわの治療に長年使われていますが、最近粒子の大きなヒアルロン酸が登場し、持続期間が一層長くなりました。 ヒアルロン酸は、約一年十分な効果が持続します。 費用が手ごろで、必要があれば、ヒアルロニダーゼを使って溶解させることができます。 アレルギーと副作用は、ほとんどありません。 New! 鼻専用のヒアルロン酸注射 CLEVIEL:クレヴィエル導入! 従来のヒアルロン酸では、注入直後に理想の形に仕上がっていても、数日すると周囲に流れてしまい、鼻筋が太くなってしまったりするといった可能性がありましたが、今回導入したクレヴィエルは、従来のヒアルロン酸よりも密な架橋構造のため持続力もあり、周囲に流れてしまう副作用を防ぐことが出来るため、 鼻筋を高くしたい方に特におすすめしています。 レディエッセ注射 ここ2、3年でよく使われるになった注入物で、主たる成分はハイドロキシアパタイトといい、歯や骨に含まれるカルシウムです。 ヒアルロン酸と同様、体内にも存在する物質なので、人体に害はありません。 レディエッセの特徴は、ヒアルロン酸と違い、数日で固まり周囲に流れて行きにくくなるため、ヒアルロン酸よりも鼻の高さを出しやすいという特徴があります。 触った時の感触も硬く骨に近いため、より自然な仕上がりになります。 プロテーゼと比べてのレディエッセのメリット シリコンプロテーゼを使って鼻を高くする場合、基本的には鼻根部から鼻尖まで、鼻全体に入れる必要があります。 たとえば鼻根部だけを高くしたい場合、プロテーゼを鼻根部だけに入れることも可能ですが、上下にずれて仕上がったり、プロテーゼの断端が浮き出て見えたりする可能性があります。 鼻背の凹凸を改善したい場合には、プロテーゼの裏側を削って鼻筋を一直線に通したい場合、そのために厚みのあるプロテーゼを使用すると、鼻が不自然なほど高くなり、アップノーズ気味になる場合があります。 その点レディエッセは、鼻であれば、どこにもピンポイントでの注入が可能です。 鼻の曲がりや凹凸がなくなるように、鼻筋に注入しマッサージをきちんとすれば、ムラのほとんどない仕上がりが可能です。 ただし、併用する局所麻酔薬が吸収されるとボリュームが少し目減りするので、 後日、追加注入をお勧めします。 TOPICS 1. カウンセリング カウンセリングにて、希望の鼻の形、高さを聞かせていただき、最適な注入物や注入量をご提案します。 麻酔 注入時の痛みを取り除くために、麻酔クリームを注入部位に塗ります。 15分程度で効果が出ます。 デザイン サインペンで、デザインします。 注入希望の部位、高さをお伝えください。 注入 ベッドに寝た状態で注入していきます。 さらに注入時の痛みをとるために、 局所麻酔薬を極細の針で注入します。 ある程度注入が終了した時点で、ミラーチェックを行い、必要に応じて追加注入したり、形を整えます。 腫れや出血もあまりないため、ほぼ完成状態に近い状態と思っていただいて大丈夫です。 終了 メイクは、2時間後から可能です。 もし余った場合は、 衛生的な環境で一定期間、保管させていただきます。 次回、残量の注入の際、追加でのご費用は一切いただきません。 手術内容 私は、鼻のプチ整形の際、レディエッセをすすめることが多いです。 レディエッセの方が単価はすこし高いのですが、その特徴として、ヒアルロン酸よりも1. 5倍長持ちするだけではなく、骨や骨膜(骨の表面にある膜)の近くの深い部位に注入すると、骨化して半永久性を持つといわれています。 特に鼻根部は皮膚が薄く、直下に骨(鼻骨)を触れるため、骨膜近くにレディエッセを注入しやすく、効果も実感しやすい部分です。 といっても、一度にたくさん注入すると、レディエッセが固まる前に周囲に流れる可能性があるので、一本のレディエッセを3回程度、間隔を開けて注入するのが、コツです。 同じように、骨化(半永久性)を期待できる部分としては、眉間の陥凹部や、顎プチなどがあります。 一方ヒアルロン酸のメリットは、注入後もし気に入らないといった場合には、ヒアルロニダーゼを使って溶解させることができます。 ただし、ヒアルロン酸を使った鼻プチでは、注入中にミラーチェックをしながらおこなうため、元にもどしたいといった方はほとんどおられません。 レディエッセ注入のリスクを教えて下さい 目の下のたるみで脂肪除去したのですがその後レディエッセで目と頬の間のラインにレディエッセを2. 25cc注入する予定です。 この施術の安全性はどうでしょうか? 自分でも、ヒアルロン酸ではなくレディエッセを注入することがあり、青クマを隠せるメリットを評価しています。 しかし皮膚が薄かったり、浅い部分に注入すると白く透けて見える心配があります。 溶解剤がなく、過量注入の修正が困難なため注意が必要です。 しかし注入予定量が少し多い気がします。 25ccは使い切れないのではないでしょうか? 1回で全部注入しようとせず、まず、1. 5ccか0. 8ccを注入してみて2週間位間隔を開けて残りの注入部位を決定するほうが安全だと思います。 鼻・隆鼻術• 診療メニュー•

次の

レディエッセの失敗・リスクと名医のすべて!

鼻 レディエッセ 口コミ

「安くてお手軽に鼻を高くできればなんでも良い!」 「とにかく効果が長く続くのが良い!」 このように薬剤の種類などをしっかりと確認せず、 安易に施術を行ってしまうと術後のトラブルになりかねません。 実は、注入型隆鼻術のひとつ 「レディエッセ注入」 は、当院ではおすすめできない施術です。 そこで今回は、 "なぜ鼻の手術に「レディエッセ」が不向きなのか"を説明していきます。 鼻に注入する「レディエッセ」とは レディエッセは、 美容業界の商品名で形成外科でも使用される歯や骨を形成する 「ハイドロキシアパタイト」を主成分とする ジェル状製剤です。 ハイドロキシアパタイトは、どのような用途で使われるかというと……例えば、交通事故で頭を打った患者さまの脳腫瘍を切除する際、同時に頭蓋骨を切除することがあります。 その際に 欠損した頭蓋骨に、ハイドロキシアパタイトを練りこみ形を作り、骨ペーストといって骨の代わりにするのです。 ほかにも、 眼球のまわりの骨の補正にも使われます。 このように、形成外科では ハイドロキシアパタイトは人工の骨のようなもので、骨の代わりとして使う役割があります。 効果が実感できる期間はレディエッセとヒアルロン酸との大差なし レディエッセ以外の代表的な注入型隆鼻術には、 ヒアルロン酸注入があります。 ヒアルロン酸は注入後、3~5年ほどで体内へ吸収されますが、レディエッセはさらに長い時間をかけて吸収されるため、レディエッセはヒアルロン酸に比べて持続力があるといわれています。 しかし、実際に患者さまが効果を実感できる期間としては、ヒアルロン酸とレディエッセともに半年~1年位と 大きな差はありません。 レディエッセはすぐには元に戻せないリスクがある ヒアルロン酸は、 鼻に注入した後でも形が気に入らなければ溶解剤で溶かすことができます。 しかし、 レディエッセの溶解剤は存在せず、術後すぐに元に戻したくても簡単にはできません。 完全に施術前の元の状態に戻すには、 体に吸収されるまで待つしかありません。 そのため、 数年の期間が必要になります。 レディエッセ注入に失敗して切開し取り除く方法は安易ではない 鼻にヒアルロン酸やレディエッセを注入した患者さまのなかには、効果の持続や高さの希望から術後にプロテーゼの挿入を検討する人は少なくありません。 ヒアルロン酸やレディエッセが残っている状態でのプロテーゼの挿入は、元々の鼻や高さがわからず誤差が生じる可能性があるため先に除去を行います。 しかし、レディエッセはヒアルロン酸と違って溶かすことができないため、 切開してかきださなくてはなりません。 また、 切開してもすべてかきだすのは難しいといわれています。 そのため、 プロテーゼなどによる鼻の手術を検討しているような方には、レディエッセは不向きといえるでしょう。 このようなことから、 じっくり考えたうえでレディエッセを選ぶことが大切といえます。 レディエッセのリスク・副作用・失敗例 レディエッセは、人工骨として使用されるハイドロキシアパタイトが配合されているとはいえ、 ヒアルロン酸を基剤としたジェル状製剤です。 そのため、 注入直後の形をいつまでも保つことができず 馴染むとともに鼻筋が横に広がり太くなってしまいます。 万が一、鼻の形が不自然になってしまってもレディエッセでは修正が困難です。 また、見た目が悪くなるだけでなく、誤って鼻の血管内に注入してしまうと血流をせき止め、 血管塞栓を引き起こすリスクもあるのです。 血管塞栓を生じると レディエッセの場合は溶かすことができないので、こちらも治療が困難になります。 こうなると、 皮膚の壊死や失明などの事態を招く危険性がありますので、最悪の事態として覚えておくと良いでしょう。 万が一このようなことが起こったことを考えると、 溶解注射で溶かせるヒアルロン酸のほうが塞栓症のリスクを軽減できる可能性があります。 レディエッセの過大広告には注意が必要 レディエッセをおすすめしているクリニックのなかには、 「レディエッセは溶けてなくならない!」と宣伝しているところもあります。 実は、これは 広告の表記の仕方によってカモフラージュしている部分があるのです。 確かにレディエッセは長期にわたって吸収されず残ってしまいます。 しかし、 あくまでも馴染んで高さがなくなったという状態のことを意味しています。 つまり、長期間レディエッセが残っているとしても 注入当初の高い鼻を維持することはできないということです。 高さが維持できないのであれば、吸収されずに残っていたとしても意味がないですよね。 鼻を高くするならヒアルロン酸注入やプロテーゼがおすすめ ヒアルロン酸注入は、効果が短いといわれていますが、 鼻の注入に適した長期持続型の製剤を使用すれば、 レディエッセに比べても注入後の仕上がりや持続期間も遜色ありません。 注射も10分程度で終わり、ダウンタイムもほとんどなく日常生活に影響が出ることもないでしょう。 また、ダウンタイムはあるけど 半永久的な効果をお求めの方は、プロテーゼがおすすめです。 自分に似合うか心配という方は、 ヒアルロン酸注射で試験的に鼻を高くしてイメージしてみるということもできます。

次の

鼻レディエッセはおすすめできない!?医師が解説するレディエッセ隆鼻術の真実

鼻 レディエッセ 口コミ

tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. 3s cubic-bezier 0. 645,0. 045,0. 355,1 ;transition:all 0. 3s cubic-bezier 0. 645,0. 045,0. 35;content:'';border-radius:inherit;z-index:1;-webkit-transition:opacity 0. 3s;transition:opacity 0. dAvQjC:hover,. dAvQjC:focus,. dAvQjC:active,. dAvQjC. dAvQjC,. dAvQjC:active,. dAvQjC. disabled,. dAvQjC. dAvQjC[disabled],. dAvQjC[disabled]:hover,. dAvQjC[disabled]:focus,. dAvQjC[disabled]:active,. dAvQjC[disabled]. dAvQjC:hover,. dAvQjC:focus,. dAvQjC:active,. dAvQjC. 3s cubic-bezier 0. 645,0. 045,0. 355,1 ;transition:all 0. 3s cubic-bezier 0. 645,0. 045,0. 35;content:'';border-radius:inherit;z-index:1;-webkit-transition:opacity 0. 3s;transition:opacity 0. jSCEia:hover,. jSCEia:focus,. jSCEia:active,. jSCEia. jSCEia,. jSCEia:active,. jSCEia. disabled,. jSCEia. jSCEia[disabled],. jSCEia[disabled]:hover,. jSCEia[disabled]:focus,. jSCEia[disabled]:active,. jSCEia[disabled]. jSCEia:hover,. jSCEia:focus,. jSCEia:active,. jSCEia. 3s cubic-bezier 0. 645,0. 045,0. 355,1 ;transition:all 0. 3s cubic-bezier 0. 645,0. 045,0. 35;content:'';border-radius:inherit;z-index:1;-webkit-transition:opacity 0. 3s;transition:opacity 0. gOMQDV:hover,. gOMQDV:focus,. gOMQDV:active,. gOMQDV. gOMQDV,. gOMQDV:active,. gOMQDV. disabled,. gOMQDV. gOMQDV[disabled],. gOMQDV[disabled]:hover,. gOMQDV[disabled]:focus,. gOMQDV[disabled]:active,. gOMQDV[disabled]. gOMQDV:hover,. gOMQDV:focus,. gOMQDV:active,. gOMQDV. 3s cubic-bezier 0. 645,0. 045,0. 355,1 ;transition:all 0. 3s cubic-bezier 0. 645,0. 045,0. 355,1 ;border-radius:4px;padding:0;box-sizing:border-box;border-color:rgba 0,0,0,0. 15 ;color:rgba 0,0,0,0. 35;content:'';border-radius:inherit;z-index:1;-webkit-transition:opacity 0. 3s;transition:opacity 0. dGNoEj:hover,. dGNoEj:focus,. dGNoEj:active,. dGNoEj. dGNoEj,. dGNoEj:active,. dGNoEj. disabled,. dGNoEj. dGNoEj[disabled],. dGNoEj[disabled]:hover,. dGNoEj[disabled]:focus,. dGNoEj[disabled]:active,. dGNoEj[disabled]. dGNoEj:hover,. dGNoEj:focus,. dGNoEj:active,. dGNoEj. 85 ;font-weight:bold;margin:1. 6em 0 0. 3s cubic-bezier 0. 645,0. 045,0. 355,1 ;transition:all 0. 3s cubic-bezier 0. 645,0. 045,0. 5em! 65 ;color:rgba 0,0,0,0. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau. tribeau.

次の