ミネアポリス 事件。 ミネアポリスの事件で再び表面化した人種問題 NFLも積極的な取り組みを

【3分でわかる】黒人死亡事件、アメリカで今起こっていること。5つの出来事で解説

ミネアポリス 事件

Anthony Fauci now says that a second wave of COVID19 may not even happen and that wearing a mask is largely symbolic at this point. I want people to really appreciate that, it could happen, but it is not inevitable. 「第二の波が来る可能性や、再開したときのアウトブレイクの可能性についてはよく話します」とファウチは説明した。 「我々はそれを必然性として受け入れる必要はありません。 」 「特に」"と彼は続けて、「人々が秋のことを考え始めたとき。 それは起こるかもしれないが、避けられないことではないということを本当に理解してほしい」と続けた。 黒人への人種差別だと訴える抗議デモは、ニューヨークやワシントンなど全米に広がり、一部で暴徒化している。 起訴状によると、元警官の男はデレク・ショービン被告(44)だ。 ミネアポリス市内で25日、路上にうつぶせ状態のジョージ・フロイドさん(46)の首を計約9分間、ひざで押さえつけた。 このうち3分間は、フロイドさんが意識を失った後だった。 フロイドさんは搬送先の病院で死亡したが、検視で外傷による窒息などの症状は確認されなかったという。

次の

トランプ大統領、ミネアポリスに州兵派遣の可能性 黒人男性死亡事件

ミネアポリス 事件

概要 [ ] 2020年、のジョージ・フロイドが、首をに押さえつけられ、後に死亡する事件が発生した。 フロイドが「息ができない」と訴え、死亡するまでをおさめた動画が拡散し 、には現場近くで数百人が「息ができない」などと書いた紙を掲げるなどしてに抗議した。 逮捕に関わった警官4人はされ、1人は第2級殺人罪で、残る3人は第2級殺人のほう助・教唆の罪で起訴された。 に大統領がフロイドの家族にお悔やみを述べるを投稿。 抗議活動は5月27日からエスカレートし、全米に拡大した。 には抗議デモが化し、参加者の一部がミネアポリスの警察署に放火し警察署が炎上した。 知事の ()は非常事態宣言を行いを出動させた。 暴動はニューヨークや 、カルフォルニアなどで 連日発生した。 デモは全米の約140の都市に拡大し、化した参加者による店舗からの略奪、パトカーへの放火などが相次いだ。 ジョージ・フロイドの弟のテレンス・フロイドは6月1日、 兄が死亡した場所を初めて訪れ、拡声器を握りながら「暴力的な方法ではなく平和的な解決をしよう」と強い口調で訴えかけた。 一番怒りを感じているのは自分だとした上で、破壊行為を続ける人へ「あなたたちがやっていることは何にもならない。 そんなことをしたって、兄は戻ってきません」と語り、政治への参加で社会を変えること訴えた。 セントルイス市では6月1日に50軒以上の商店が略奪され、4人の警官が射殺、また77歳の元警察署長 黒人 が射殺された。 この人物は引退後も友人の店の見回りをしており、抗議活動に便乗した10~20代の200人もの略奪者の襲撃を受けたという。 また、この件をが報じなかったとは指摘している。 デモの様子 [ ] デモ隊らはしばしば「(息ができない)」という死亡直前のフロイドの言葉を復唱し抗議した。 プラカードには「No justice No peace」 正義なくして平和無し 、「Black Lives Matter」 、「Good cops are dead cops」 善良な警察官は死んだ警察官だけ といった内容が目立った。 トランプ大統領は同暴動から全米に波及した破壊活動についての仕業であるとに投稿した。 では2月にジョギング中の黒人男性が射殺される事件 ()があり、5月になってから現場を撮影した動画がインターネットで拡散し、容疑者の白人父子が逮捕されたばかりであった。 このため同州では州都を中心に大規模なデモが起こり、一部が暴徒化。 5月29日には大手テレビ局の本社が襲撃されてビルのガラスが割られるなどした。 ジョージ・フロイドの事件においては警察側の主張に反証を示すなど、黒人を擁護する論調を展開したCNNが被害を受けたことから、デモの無秩序化が指摘されている。 関連項目 [ ]• シアトルのデモ隊が警察署周辺を占領して設立を宣言。 出典 [ ]• Ryan Faircloth; Liz Navratil; Liz Sawyer; Matt McKinney 2020年5月28日. 2020年5月29日閲覧。 CBS Minnesota. CBS Minnesota. 2020年5月30日閲覧。 Livestream English. Unicorn Riot. May 28, 2020. See statement at 3:41:21. 日本経済新聞 電子版. 2020年5月29日閲覧。 AFP. 2020年6月4日閲覧。 日本経済新聞 電子版. 2020年5月29日閲覧。 Business Insider Japan. 2020年6月2日閲覧。 CNN. 2020年6月2日閲覧。 産経新聞 電子版. 2020年5月29日閲覧。 時事通信. 2020年6月2日閲覧。 BBC. 2020年6月2日閲覧。 ハフポスト 2020年6月2日. 2020年6月3日閲覧。 INC, SANKEI DIGITAL 2020年6月2日. 産経ニュース. 2020年6月3日閲覧。 American, Rebecca Rivas Of The St Louis. Louis American 2020年6月2日. 2020年6月4日閲覧。 Gilbert, David 2020年6月3日. Vice. 2020年6月4日閲覧。 この夜、他に4人の警察官が射殺され、他にも死傷者が出たほか、数十の企業が略奪の被害を受けたという。 監視カメラの映像から元警官を射殺した実行犯が逮捕・起訴されている。 Flood, Brian 2020年6月3日. Fox News. 2020年6月4日閲覧。 Star Tribune 2020年5月30日. 2020年5月30日閲覧。 「」(、2020年5月30日) この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。 この項目は、・(犯罪者・犯罪組織などを含む)に関連した です。 などしてくださる()。

次の

動画:警官に首押さえつけられた黒人男性の死に怒り、遺族は起訴求める 米 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

ミネアポリス 事件

ミネアポリスで何が起きている?暴動の裏に隠された秘密【ジョージフロイトの死】の裏で起きていることを紹介します。 どうも、マーフィーブログのマーフィーです。 ちょくちょく、日本でも報道されている警察官が黒人男性を殺害したというニュース。 一見すると職権乱用だったりに見えるかもしれません、もしくは暴動部分だけ見えていて情報が偏っているように感じませんか? 例えば なぜジョージ・フロイト氏は警察官に押さえられたのか? なぜ警察官とそもそも一緒にいるのか? 暴動が各地で発生しているのはなぜなのか? 暴動も誰から構わず起きているところもあります。 暴動にもおかしな点がたくさんあったり、過去に類似の事件があったりすので、海外からの情報をまとめながらお伝えしていきます。 マーフィーブログはYoutubeもやってるよ!チャンネルも登録してね! ミネアポリスで何が起きている? アメリカの中でも真ん中の上側にあるミネアポリス 東部に位置するである。 ので、州最大の都市である。 人口はのでは382,578人 、の推計では410,939人。 市はがに合流する地点の北側に位置している。 ニュースでたくさん取り上げられています。 何が起きているのでしょうか? 各地で酷いことが起きている 小売店の窓ガラスが割られて、中の商品が持っていかれることが起きていたり、 パトカーを襲撃したりと なんでもあり状態のことが起きています。 家が燃やされたり、大手チェーン店が破壊されたりとしています。 実際に見てもらった方が早かもしれないです、店の一部はこんな感じです。 第三者から見た不自然な点 海外では、ものすごく話題になっている事件です。 有名人から一般市民までSNSを通じて色々な論争を巻き起こしていて、実際に街中でも物理的な論争が起きています。 しかし、この記事を書く前に情報収集ていると不自然な点が出てきます。 まだ、事件が起きて数日しか経っていないのにWikipedeiaができていて、それも完成度がかなり高いです。 ジョージ・フロイドの死 こんな速度で、出来上がるんですかね? 他の事件もこんな速度でできたことないと思います。 なんで暴動が起こっている? そもそもなんでここまで暴動が起きているのでしょうか? 一人の黒人男性の死 2020年5月25日にジョージ・フロイド氏(46歳)が警察官に取り押さえられて倒れているフロイド氏の首に膝をかけて息ができなくなり、死亡したのが発端です。 彼は取り押さえられている中でこう言いました。 実際の証拠はこの動画や警察のカメラのみですが、それらは押収されたようです。 警察官はどうなった? では、この警察官はこの事件の後にどうなったのでしょうか? 地元の検事が第3級殺人と故殺の罪で訴追したと発表。 さらにフロイドさんの死に関与したとされる3人の警察官も訴追されるとの見通しを示したが、その具体的な手続きについては言及を避けました。 状況も状況ですので、上層部も彼の身の安全の方が優先事項として高いでしょう。 そもそもジョージ・フロイドは何をした? 首に膝をあてられた理由はそもそも何だったのでしょうか? コンビニエンスストアの従業員が、後にフロイドと特定された顧客がタバコを購入するために 偽造された20ドル札を使用しようとしていたと警察に通報したのが始まりでした。 警察官がコンビニエンスストアに向かうとまだ、フロイトと同乗者がまだ車にいたので話しかけて取り押さえたところ事件が発生したということです。 この話しかけてから取りおさえるまでの一部の映像がこちらです。 youtube. 暴動を見たセレブリティたち ラッパーで有名なリル・ウェインはインスタライブを通してたくさんの発言をしています。 ただ、ラッパーだから激しい意見と言っているかと勘違いしてはいけません。 かなり冷静に今回の暴動や事件を見ていて、もっと事件を追求して大局的な全体への責任の押し付けをやめましょうとも言っています。 バッチをつけている警察官を一括りにして襲い掛か流のは何か違うなと思いますし、小売店を襲撃するのも違うなと。 ちゃんと原因追求をするべきではあるかなと感じます。 それでも、群集心理は論理的には判断できないのものなのでトップから指示していかないと難しい反面もあります。 リルウェインの実際の動画はこちらです。 This clip from the LA riots of 1992 is of a store owner who had his shop looted and set on fire, his truck was also set on fire. Almost 30 years later, it's still relevant. — Count Dankula🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿 CountDankulaTV ロサンゼルス暴動(ロサンゼルスぼうどう)とは、末から頭にかけて、・で起きた大規模な。 当時は黒人に取って代わり、韓国系が商売圏を制圧。 さらに、ラテン系を雇うということで黒人の仕事が奪われていた背景もあり、そこに黒人タクシー運転手が死ぬ寸前の警察による殴打をした事件が起き、 さらに韓国人店主の黒人少女殺害事件の刑罰が5年間の保護観察処分、およびボランティア活動400時間、罰金500ドルという殺人罪としては異例に軽いものがかなさり 暴動が勃発しました。 最初に紹介したハンマーを持った男性というのが、暴徒化した人たちが誰彼かまわずに襲うので動き出したのでしょう。 そして、今回の1992年の暴動と同じように暴徒化した人々は関係ない人々を巻き込んでしまっています。 この動画はこの黒人男性が一生懸命貯めたお金で始めたスポーツバーを襲われて、撮影中に金庫を盗まれていて、もう泣きながらインタビューに答えているところです。 「work so hard…」 こんなの見たら悲しくなってしまいます。 暴徒化はもうほとんど歯止めが効かなくなって来ています。 The Minneapolis chief of police just confirmed that many of the protesters that are burning down the city are NOT FROM MINNEAPOLIS. My guess: As he did with Antifa, Democrat George Soros has these thugs on payroll. He is funding the chaos via his Open Society Foundation. — Candace Owens RealCandaceO さらには市長までも同様の発言をしています。 果たして本当かどうかはわかりません。 現実として可能性はなくはないかな。 という感じですね。 ここにも反論があって、なるべくミネアポリスの責任を逃れようとしてるのではないか?とも言われています。 これから出てくる簡単にいうと左翼系の過激な組織です。 この組織が蔓延っているというのも出ています。 WATCH: BLM protester calls out white Antifa for vandalizing local Starbucks — Jack Posobiec 🇺🇸 JackPosobiec 現地でもこうやって違った視点で拡散しようとしてくれている人もいるのでこのような少数の意見も今後、拾っていきます。 他にも情報があればぜひツイッターで教えてください。 別のところまで広がる暴動 今度は暴動が破門していき、 ホワイトハウスまで来ます。 セキュリティサービスが対応してなんとか抑えていてる段階です。 ここまでくるとやっていることが本当に意味わかりませんが、色々溜まっていた不満を解放しだす人が地域別に出てきている可能性もあります。 ここまでくると何がなんだか分からなくなってきますし、インタビュー中に泣いていた黒人の男性も本当に悲しいことに巻き込まれたなと感じます。 今回の暴動の元事件のジョージフロイド氏の死亡からかけ離れて好き放題やっている気がします。 マーフィーの考察 各地で不自然な暴動が起きているのも事実です。 少数の人がSNSを通じて現地の不可思議な点を映し出しているものの、中々広がらずに暴動がすごいことになっているとしか報道されないのも事実です。 日本でも同様な暴動に乗じた現象が起きていますね。 プロパガンダの記事でも取り上げましたが、プロパガンダに必要なのは第三者による組織の立ち上げと運動なのです。 まだ、プロパガンダについて読めていない人はこちらです。 ジョージフロイド氏の死亡の原因を追求して改善・修正していくならデモや暴動は必要なく、まずは何が原因でどうしきゃいけないのか話し合わなければならないと思います。 今ままで不当に扱われてきた人たちもいるのでどこかしらで暴動やデモが起きてもおかしくないのですが、今回は小売店を襲って、物を盗み出す行為が関係ない小売店まで被害を与えていることに悲しいと感じます。 注意して欲しいのはどこの団体が関係していて、どんな人が暴動の中心にいるのか冷静に見なければなりません。 日本人も人ごとではない可能性がある理由 暴動の裏に隠された秘密のように日本にも同じような出来事がいくつもあります。 それらを知るためのいい方法は2つあります。 当事者にインタビューする• 当事者の書いた本を読む 当事者にインタビューするのが最もいい手法ですが、そんなの難しすぎると思います。 例えば、今回の当事者にインタビューする。 しかも、本音を聞き出すなんてほとんど無理でしょう。 でも、実は事件や出来事の裏のこととか。 政府の裏のことを1000円くらいで知ることができたらどうでしょう? かなりお得だと思います。 その方法が本を買うことです。 本を買うのは無駄と考えがちですが、知れることを知らずに過ごしてしまうなど読まないと損をしてしまうこともあります。 あらゆる著名人が人生をかけて書き上げた本を1000円以下で購入できて、今後のことを予測することができるなら。 多くの知識を蓄えることができるのなら、 かなりお得なかなと思います。

次の