戦国乙女2やめどき。 戦国乙女2~深淵に輝く気高き将星~ 規定G数消化・AT後の高確移行率【スロット・パチスロ】

戦国乙女2深淵に輝く気高き将星 天井恩恵と狙い目・やめどき

戦国乙女2やめどき

機械割 設定1・・・96. 5% 設定2・・・98. 1% 設定3・・・100. 6% 設定4・・・103. 9% 設定5・・・107. 2% 設定6・・・113. 4% 天井性能 1. 20周期到達でプレミアム乙女アタックに突入。 天井狙い目 ・天井狙い目は610Gハマリが目安。 やめどき ・ART終了後の前兆がないことを確認してやめる。 打ち方 ・左リールにBARを狙い、停止形に合わせて中、右リールを打ち分ける。 ・乙女ロワイヤルはゲーム数上乗せ、その他のボーナスは乙女ストックを抽選。 『出陣の刻』 ・BAR揃いから突入のプレミアムボーナスで9G継続(平均63枚獲得)。 通常時ゲームフロー 『乙女くじ』 ・0に到達することでARTorCZを周期抽選。 1周期の平均ゲーム数は約49G、レア小役成立時は5以上の減算。 ・周期到達後のカードは「ノーマル<レア<スーパーレア」の順で期待度アップ。 ・前兆ステージに移行した場合も期待度アップ、ときめきモードは期待度約20%、「繚乱の刻」期待度約60%の激アツステージ。 『乙女アタック』 ・レア小役or周期抽選から突入の自力CZ。 乙女勝利でARTが確定(ART期待度50%以上)。 ・8人全員の対戦(16G)までCZは続行、勝利した乙女のストックを所持してARTに突入する。 ・対戦相手は「オウガイ<ムラサメ<コタロウ<シロ(確定)」の順に期待度アップ。 ART情報 <ART『強カワRUSH』> ・西国参戦モードで初期ゲーム数を決定した後にスタート。 純増は約2. 『西国参戦モード』 ・ART初当たり時には必ず突入。 4G継続し毎ゲーム上乗せが発生。 平均上乗せは約65G。 『乙女抜き』 ・ART最終ゲームに発生の可能性あり。 成功で上乗せ特化ゾーンのどれかに移行しARTに再突入。 上乗せ特化ゾーン 『乙女参戦モード』 ・上乗せ1G連ゾーンで継続率は50~90%。 毎ゲーム5~100Gを上乗せ。 ・参戦した乙女によって継続率や上乗せ性能が変化。 『討伐の刻』 ・8G継続し、リプレイ以外の小役でゲーム数上乗せ。 ・最終ゲームに敵を撃破すると天下奪還ロードへ突入。 『決戦の刻』 ・リプレイ以外の全役でゲーム数上乗せ。 ・攻撃回避で継続し(押し順成功)、終了時は『天下奪還ロード』へ突入。 『天下奪還ロード』 ・5G以内に『討伐の刻』or『決戦の刻』へ移行、『討伐の刻』で敗北するまでループする。 フリーズ ・フリーズは萌えフリーズと決戦フリーズの2種類。 ・萌えフリーズ恩恵は「出陣の刻」、決戦フリーズ恩恵は「決戦の刻」。 基本的には前作の上乗せ特化ゾーンを踏襲していますね(^^) 純増枚数が落ちているので閉店時間には常に注意しながら狙っていきたい所です(><) 大量上乗せで 閉店までに取りきれない可能性も十分あるので余裕を持って狙っていきましょう! 実際ハイエナ覚えたての頃は結構無茶して、何度か閉店までに取りきれなかったことがありました(爆).

次の

戦国乙女2~深淵に輝く気高き将星~ 規定G数消化・AT後の高確移行率【スロット・パチスロ】

戦国乙女2やめどき

オリンピアから登場する「パチスロ 戦国乙女2〜深淵に輝く気高き将星〜」はこれまでの戦国乙女シリーズとは異なり、擬似ボーナスの連チャンで出玉を増やすタイプだ。 ボーナスは70G継続する「真乙女ボーナス」と30G継続する「乙女ボーナス」の2種類存在。 消化中はボーナスのストック抽選が行なわれ、ストックすることができればボーナス消化後に1G完結の強カワチャンスを経てボーナス、またはボーナスストックの特化ゾーンに突入する。 仮にボーナスをストックできなかったとしても、約15G継続する引き戻しゾーン「鬼神討伐」に突入するので諦める必要ナシ。 鬼神討伐で失敗しても今度は「オウガイ無双モード」と呼ばれる引き戻しゾーンに突入する可能性があるので、最後の最後までボーナスの引き戻しに期待できるぞ! 9 96. 5 98. 4 100. 1 104. 0 107. 9 110. 『全員集合』ならば設定5・6確定 となる。 ヨシテル=低設定ほど選択されやすい• 全員集合= 設定5以上確定• 乙女系継続演出 演出 期待度 射的バトルだ! 戦国乙女• 釣りバトルだ! 戦国乙女• サッカーバトルだ! 戦国乙女• 火竜討伐! 心の迷いを打ち払え!• 協力系継続演出 演出 期待度 足利軍の巨大戦車を 迎え討て!• 足利軍の進軍を 食い止めろ!• 細川ユウサイを 退けろ!• 敵将ムラサメを 迎撃せよ!• 特殊系継続演出 演出 期待度 辺境地の攻戦 敵重要拠点を撃破せよ!• 大海原の激闘 敵巨大戦艦を撃破せよ!• 敵陣地の攻防 敵包囲網を殲滅せよ!• 刃頭雨流を討伐せよ!• 本機は(真)乙女ボーナスの連チャンで出玉を獲得していくゲーム性となっている。 ボーナスは2種類あり、それぞれ獲得枚数とボーナスストック期待度が異なる。 ボーナスのストックがある場合は強カワラッシュへ突入し、ボーナス昇格のガチ抽選を行う。 強カワチャンス中は、本機最強の上乗せ特化ゾーン、ユウサイバトルへの入り口となるユウサイチャンスの抽選を行っているぞ。 ボーナスのストックが無い場合でも、(真)鬼神討伐やオウガイ無双モードなどの引き戻し抽選も行われる。 なお、乙女チェリー成立時の昇格率および昇格先は現在調査中だ。 内部乙女ボーナス時 ボーナス 押し順ベル 通常リプ 特殊リプ 共通3枚ベル 弱チェ スイカ 強チェ チャ目 昇格ナシ 52. レア役を引くまで 転落しない高確率があるらしい。 乙女ストック全員獲得で 凛黒の戟動に移行するらしい。 乙女乱舞の滞在G数が 7Gを超えると、良い事が起こりそう。 乙女乱舞で 初代パチスロ戦国乙女の音楽が流れると 超激アツ。 ボーナス入賞時に 榛名ランプがレインボーに光れば真鬼神討伐昇格か!?• 天下ポイント 77pt、777pt獲得なら…!?• 中段チェリーはどこまで引いても真鬼神討伐確定!?• ヨシテル様が乙女バトルに参戦すれば勝利目前!• 連続演出中に アタックビジョンをこっそり押せる時がある。 鬼神討伐突入時に 十字キーを押すと・・・。 変化する榛名ランプの色は 継続モード示唆している!?• 通常時は 100G毎に天下ポイント獲得のチャンスらしい。 通常時は 200G毎に高確率移行のチャンス。 強カワチャンスのG数で レア役を引くと真乙女ボーナス以上確定!? 項目 内容 総G数 1335G 最高出玉 1540枚 元々ボーナスの初当りが重めの機種になっているので、設定6でも500G付近までハマる事も全然ありそうです。 ちなみに、隣で打ってた編集長の方が初当りを引くのが早かったんですが、途中950Gハマリしてました笑 その1回以外は300G以内に当ってたので、高設定は初当りがやっぱり軽めですね。 設定5と設定6の挙動の違いは、オウガイ無双モードへの突入回数です。 設定6突入していたのに比べ、設定5は一度も突入しませんでした。 もしかしたら偶数と奇数で引き戻しの設定差があるかもしれませんね。 逆に設定5は鬼神討伐での勝利回数が多く、連チャンする事が多かったと思います。 偶数はマイルドで奇数は荒いのかもしれません。

次の

P戦国乙女6【天井 期待値 遊タイム 恩恵 ボーダー】

戦国乙女2やめどき

天井攻略 西国乙女は2種類の天井システムから構成されています。 ゲーム数天井解析• 天井ゲーム数…1059G• 天井恩恵…乙女ボーナス 白七 +ART確定 周期天井解析• 天井周期ゾーン…20周期目到達• 天井恩恵…プレミアム乙女アタック確定 狙い目・ヤメ時• 狙い目…ART後620G~• ヤメ時…ART後前兆確認後ヤメ ゲーム数天井の恩恵よりも周期回数天井の恩恵の方が強くなっています。 ただし、多くは先にゲーム数天井が発動してしまう確率のほうが高そうです。 周期ゲーム数は100Gスタートですが、レア小役で周期ゲーム数の減算をしているので平均周期ゲーム数は約49Gとなっている模様。 レア小役の引きが良ければ周期減算が早まりますが、その分レア小役で当たってしまうので結局到達しにくいという仕組みです。 ただ、全く到達しないのかと言われればそうでもないようで、 実践データによると900G~あたりから周期天井の発動らしき分布が確認できます。 9と軽いので、期待枚数は少なそうです。 しかしこの台は強いゾーンもなくストッパーもない、典型的な天井狙い用スペックですね! こういった点から 天井の狙い目は620G~としました。 高設定確定演出攻略 この機種には高設定確定演出が搭載されています。 周期減算PT数による高設定確定状況 弱チェリー・スイカ・弱チャンス目で、 周期が40pt減算されれば 設定4以上 周期が60pt減算されれば 設定6確定 このようになっています。 万が一ハイエナで出現した場合は粘っていかと思います。 設定4の場合は機械割103. 9%と打つ価値があるかどうか… 正直ないと思います。 なので、設定がどのくらいなのか様子を見ながら打つことをおすすめします。 設定6確定演出の場合は機械割は113. 2020年8月17日• 2020年8月3日• 2020年7月20日• 2020年7月6日• 2020年6月15日• 2020年5月18日• 2020年5月11日• 2020年4月20日• 2020年4月6日• 2020年3月23日• 2020年3月16日• 2020年3月2日• 2020年2月25日• 2020年2月17日• 2020年2月3日• 2020年1月20日• 2020年1月6日• 2019年12月09日• 2019年12月02日•

次の