モノクローム ドライヤー。 【レビュー】KOIZUMIマイナスイオンヘアドライヤーMonochromeコスパ良すぎ【家電】

《2020年》おすすめの人気ドライヤー11選! 選び方は「風量」と「温度」がポイント

モノクローム ドライヤー

ドライヤー選びのポイント8つ 長く使うドライヤーだからこそ、自分にぴったりで良いものを選びたいですよね。 ドライヤー選びのポイントを紹介します。 風量や風速で選ぶ ただでさえ毎日面倒なドライヤー。 風量が強く、早く乾くドライヤーを選ぶことは、ドライヤー選びで一番重要なポイントになります。 風量が 『1. 機能で選ぶ 冷風切り替えがワンタッチ、マイナスイオンの有無し、ミスト機能、あなたのこだわりポイントを探してください。 髪だけでなく、顔や肌に直接あてることで、保湿するというドライヤーもあります。 重量・握りやすさで選ぶ 髪を乾かす時にずっと持っていないといけないので、あまり重いものは手が疲れてしまいます。 特に毛量が多い方や、ロングヘアの方にとってはとても重要です。 ドライヤーのグリップ、握りやすさも大切です。 重くても握りやすいものであれば長時間使っても疲れません。 大きさ選ぶ 使う目的に合わせた大きさで選ぶ。 特に持ち運ぶ人は折りたためるタイプが良いですね。 本体の小さい物はドライヤーを長く使用するロングの人にとって扱いやすくなりますが、風の放出口から吸い込み口までの距離も近く、髪の長い方は髪を吸い込まれる危険性があります。 使用する際には、あまり髪を近づけないよう気を付けましょう。 消費電力で選ぶ W(ワット)で記載してあり最大 1,200W~1,500Wまでのドライヤーがあります。 1500Wだと使用する際にブレーカーが落ちないように配慮したりと注意が必要です。 海外に良く行く人や長期で行く人は、海外対応のドライヤーを選ぶことをおすすめします。 音量で選ぶ 夜遅くにドライヤーを使用する事が多い方は、なるべく小さい音量の物を選ぶのも方法の1つです。 しかし、ドライヤーはどうしても音の大きい家電なので口コミなどのチェックが必要です。 デザインで選ぶ 長く大事に使う為には自分好みのデザインを選ぶ事も大事な要素です。 毎日使うなかで愛着も湧き、扱い方も丁寧になるはずです。 国内と海外のデザインを比較するとデザインセンスが異なる物が多いです。 日本ではあまり見ないおしゃれなドライヤーや、カッコいいデザインを基準にするのも1つの選び方でしょう。 値段で選ぶ 現在ドライヤーは技術の進歩もあり、3,000円以下のものから40,000円以上のものまで、それぞれの機能によりピンキリの値段となっています。 安さ重視で選ぶのも良いですが、前項を参考に最低限の機能があるものを選ぶ事がオススメです。 ドライヤーの人気メーカー パナソニック パナソニックのドライヤーの特徴は、独自のイオンである「ナノイー」を発生させること。 ナノイーは、スチームよりも小さい微粒子のイオンです。 高反応物質の「OHラジカル」を、自然界のマイナスイオンの約1,000倍の水分で包み込んで放出。 粒子が小さいので浸透しやすく、成分も肌にやさしい弱酸性です。 ドライヤー一つでスキンケアできてしまう女性にとっては嬉しい機能が魅力です。 ダイソン ダイソンのドライヤーの特徴は、デザイン性と風量です。 コンパクトなヘッドデザインが特徴。 あっという間に乾いてしまう、速乾性の高い風量も特徴の一つ。 ドライヤーに時間をかけたくないという方におすすめ。 テスコム テスコムのドライヤーの特徴は、サロン仕様の家庭用製品から低価格のお手ごろ製品まで手広く取り扱いがあること。 「Nobby」という高級ラインが業務用と同じモーターを採用しており、まるでプロ仕様モデルのような速乾力を持っています。 お手頃価格の1,000円前後で購入できるドライヤーもあり、特に機能は必要ないという方におすすめ。 ドライヤーのおすすめ人気ランキング13選 ドライヤーの上手な選び方で解説したポイントをふまえて厳選しています。 高価格帯の商品〜低価格でも機能性が高いものバリエーションは豊富なので、ニーズに合わせて選んで購入していただければと思います。 13位. テスコム ドライヤー マイナスイオン付 ione ホワイト TID920-W.

次の

【シンプルに解説】ドライヤーの選び方と人気おすすめランキング10

モノクローム ドライヤー

ドライヤーの基本情報 それでは、ドライヤーの必要性や相場などについてチェックしていきましょう! ここでは、• ドライヤーの必要性とは? ドライヤーの相場は? についてご紹介します! ドライヤーの必要性とは? ここではドライヤーの必要性について解説します。 ドライヤーの強みは、髪を素早く乾かすことにあります。 髪はほっといても自然に乾きますが、乾くまでに時間がかかります。 髪が乾くまでに時間がかかると• 傷みやすくなる• 髪型を整えにくくなる• 雑菌が繁殖する というデメリットがあります。 これらのデメリットを回避するためにもドライヤーを使用して髪の毛を乾かすことが好ましいです。 ドライヤーの相場は? ここでは、ドライヤーの相場についてご紹介します。 当たり前のことですが、ドライヤーの価格はメーカーがどこかによっても変わってきます。 一番安いものなら1000円程で買うことができます。 反対に高価なものだと6万円程する場合も! 家庭用ドライヤーの場合 3,000円台~1万円台のドライヤーを探すのが無難でしょう。 ドライヤーの選び方 どのようなドライヤーがいいのか、どんな機能があると便利なのかも購入の際の決め手になりますよね。 ここでは、以下の4ポイントをご紹介します。 風量が大事! マイナスイオン機能も重要! ヘアセットをしたい人は段階調整にも注目! 静音性もチェック 風量が大事! ドライヤーを選ぶときに一番注目しないといけないのが風量です。 ドライヤーの風量は「1. 3㎡/分」などのように書かれますね。 この1. 3㎡/分以上は 「大風量」と言われます。 これ以下の風量のものはあまりおすすめできません。 髪を乾かす時間もかかりますし、時間がかかれば頭皮や髪にそれだけダメージが伝わります。 風量はなるべく大きいものを選ぶようにしましょう。 しかしドライヤーは風量が多すぎても、騒音が出ますので、最大でも風量1. 8㎡/分くらいにしておいた方が無難です。 マイナスイオン機能も重要! ドライヤーの機能としてマイナスイオンの機能を求める人も多いですよね。 マイナスイオン機能とは 髪の毛に帯電しているプラスイオンを中和するための機能です。 中和すると静電気が起きにくくなります。 静電気が無くなると髪へのダメージやパサつきを防止できるんです。 ですので、 手間をかけずにヘアケアをしたいと考えている方にはマイナスイオン機能はすごくおすすめです! マイナスイオンがついているからものすごく高価になるかというとそうでもないので、導入を検討しても良いでしょう。 ヘアセットをしたい人は段階調整にも注目! 段階調節とは 風温や風量をいくつかの段階で調節できるというものです。 風量や風温が調節できるというものは安価なものでもついていますよね。 ヘアセットをうまくしたいという人にはこの風量の段階調節が大事です。 また、ドライヤーの熱を利用して髪のセット(巻くなど)をしたい人は風温の段階調節がついているものがおすすめです。 2段階調節がスタンダードですが、高価なものになればなるほど、細かく段階調節ができるものがあります。 静音性もチェック ドライヤーを選ぶときは静音性もチェックしましょう。 お店で選ぶ場合は、デモ機などで実際に音を聞けるといいですよね。 風量が大きなドライヤーはモーターもファンも大きいので音も大きくなる傾向にあります。 あまりに大きな音だとほかの人からうるさいと思われてしまいますね。 先ほどの風量のところで述べたように 静音性を重視するなら最大でも風量1. 8㎡/分というのを目安にしておきましょう。 ドライヤーの人気おすすめランキングトップ10 人気でおすすめのドライヤーを10選紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 10位 モノクローム ヘアドライヤー マイナスイオン ホワイト 4. 0 安定のパナソニック製ドライヤー 海外のドライヤーが数多くある中で日本製はやっぱりおすすめできます。 というのも保証がしっかりしているからです。 すぐに壊れました!じゃ話になりませんもんね。 このドライヤーのおすすめな点はマイナスイオンの吹き出し口が温風の吹き出し口とは別にあるという点です。 髪の表面を効果的にコートしてくれるのでつやつやの髪を保つことができますね。 難点としては乾かすのに少し時間がかかるということ。 同じ風量のものと比較してもやっぱりこのドライヤーは時間がかかってしまうようです。 しかし、「安心」を含めてドライヤーを検討するという方にはやっぱりおすすめですね。 3位 Ameyes 人気速乾ドライヤー 髪ドライヤー イオンドライヤー ナノケア.

次の

【美容師が選ぶ】ドライヤーのおすすめ人気ランキング13選【速乾モデルのダイソンやパナソニックナノケアなど】|LALA MAGAZINE [ララマガジン]

モノクローム ドライヤー

ドライヤー選びのポイント8つ 長く使うドライヤーだからこそ、自分にぴったりで良いものを選びたいですよね。 ドライヤー選びのポイントを紹介します。 風量や風速で選ぶ ただでさえ毎日面倒なドライヤー。 風量が強く、早く乾くドライヤーを選ぶことは、ドライヤー選びで一番重要なポイントになります。 風量が 『1. 機能で選ぶ 冷風切り替えがワンタッチ、マイナスイオンの有無し、ミスト機能、あなたのこだわりポイントを探してください。 髪だけでなく、顔や肌に直接あてることで、保湿するというドライヤーもあります。 重量・握りやすさで選ぶ 髪を乾かす時にずっと持っていないといけないので、あまり重いものは手が疲れてしまいます。 特に毛量が多い方や、ロングヘアの方にとってはとても重要です。 ドライヤーのグリップ、握りやすさも大切です。 重くても握りやすいものであれば長時間使っても疲れません。 大きさ選ぶ 使う目的に合わせた大きさで選ぶ。 特に持ち運ぶ人は折りたためるタイプが良いですね。 本体の小さい物はドライヤーを長く使用するロングの人にとって扱いやすくなりますが、風の放出口から吸い込み口までの距離も近く、髪の長い方は髪を吸い込まれる危険性があります。 使用する際には、あまり髪を近づけないよう気を付けましょう。 消費電力で選ぶ W(ワット)で記載してあり最大 1,200W~1,500Wまでのドライヤーがあります。 1500Wだと使用する際にブレーカーが落ちないように配慮したりと注意が必要です。 海外に良く行く人や長期で行く人は、海外対応のドライヤーを選ぶことをおすすめします。 音量で選ぶ 夜遅くにドライヤーを使用する事が多い方は、なるべく小さい音量の物を選ぶのも方法の1つです。 しかし、ドライヤーはどうしても音の大きい家電なので口コミなどのチェックが必要です。 デザインで選ぶ 長く大事に使う為には自分好みのデザインを選ぶ事も大事な要素です。 毎日使うなかで愛着も湧き、扱い方も丁寧になるはずです。 国内と海外のデザインを比較するとデザインセンスが異なる物が多いです。 日本ではあまり見ないおしゃれなドライヤーや、カッコいいデザインを基準にするのも1つの選び方でしょう。 値段で選ぶ 現在ドライヤーは技術の進歩もあり、3,000円以下のものから40,000円以上のものまで、それぞれの機能によりピンキリの値段となっています。 安さ重視で選ぶのも良いですが、前項を参考に最低限の機能があるものを選ぶ事がオススメです。 ドライヤーの人気メーカー パナソニック パナソニックのドライヤーの特徴は、独自のイオンである「ナノイー」を発生させること。 ナノイーは、スチームよりも小さい微粒子のイオンです。 高反応物質の「OHラジカル」を、自然界のマイナスイオンの約1,000倍の水分で包み込んで放出。 粒子が小さいので浸透しやすく、成分も肌にやさしい弱酸性です。 ドライヤー一つでスキンケアできてしまう女性にとっては嬉しい機能が魅力です。 ダイソン ダイソンのドライヤーの特徴は、デザイン性と風量です。 コンパクトなヘッドデザインが特徴。 あっという間に乾いてしまう、速乾性の高い風量も特徴の一つ。 ドライヤーに時間をかけたくないという方におすすめ。 テスコム テスコムのドライヤーの特徴は、サロン仕様の家庭用製品から低価格のお手ごろ製品まで手広く取り扱いがあること。 「Nobby」という高級ラインが業務用と同じモーターを採用しており、まるでプロ仕様モデルのような速乾力を持っています。 お手頃価格の1,000円前後で購入できるドライヤーもあり、特に機能は必要ないという方におすすめ。 ドライヤーのおすすめ人気ランキング13選 ドライヤーの上手な選び方で解説したポイントをふまえて厳選しています。 高価格帯の商品〜低価格でも機能性が高いものバリエーションは豊富なので、ニーズに合わせて選んで購入していただければと思います。 13位. テスコム ドライヤー マイナスイオン付 ione ホワイト TID920-W.

次の