りんご 潰す 握力。 りんごを握力で潰すには何キロ必要?簡単に潰すコツ&鍛え方を解説!

【女子プロゴルファーの握力一覧】ゴルフ用の握力を強化する方法

りんご 潰す 握力

スポンサードリンク 握力でりんごを握りつぶす行為は、見たときのインパクトがかなり強いです。 特に女性に見せたりすると、誰もが目を丸くして声を失ってしまうほど。 りんご潰しは是非ともマスターしたいパフォーマンスの1つですが、必要となる握力は一体どれほどのものなのでしょうか? 明確な数値をはっきりと述べることができればいいのですが、残念ながらリンゴには固さや大きさなどの個体差があるため、必要となる握力をはっきりと述べることはできないのです。 ただ、目安となる数値を述べるとすれば、せめて65キロ以上の握力は欲しいところです。 65キロ以上は必要といっても、実はこの程度の握力だと「握りつぶす」というよりは、爪を立てるなどの指の先端を利用して「食い込ませる」といった表現の方が近くなります。 スポンサードリンク いわば、これがパワー不足を補うためのコツというものになるでしょうか。 そのため、「握力で潰す」というにはちょっと見苦しいものがあり、見た目も悪いため、どうしてもインパクトに欠けてしまうのです。 理想的なりんご潰しは、「指の腹」を使って「押しつぶす」というとイメージしやすいと思います。 まさに、握力という「圧」によってりんごが跡形も無く潰れていく様は、圧巻の一言です。 この理想的なりんご潰しができるようになるためには、およそ75キロ程度の握力があればできるようになります。 数値でいうと10キロほどしか差がありませんが、65キロと75キロでの潰れ方の違いは、見た目のインパクトが全く違います。 トレーニングを積んで、ぜひともマスターできるようになってみてください。 一発芸というわけではありませんが、会社の忘年会などで披露すると、会場は間違いなくどよめきますから。 スポンサードリンク.

次の

リンゴをつぶすには何キロの握力が必要?

りんご 潰す 握力

さんからバトンをもらいました。 この記事はアイスタイルの18日目になります。 新卒入社2年目、APIや社内向けサービスを作ることが多いYuyaAboが担当します。 「パソコンをカタカタしてるんでしょ」と。 ぶっちゃけ社内でも飲み会とかで他職種の方からたまに言われたりします(冗談半分でですよ)。 何も言ってないのに運動不足という称号も与えられたりします(外見も関係あると思いますが)。 ただ実際、基本デスクワークなので運動不足のエンジニアが多いかと思います。 でもでもでも、エンジニアは課題解決のために死力を尽くす。 なんだってやればできるはずです。 エンジニアのポテンシャルは半端ない。 僕は内心そう思っていました。 そんな僕は、範馬刃牙という漫画がゴリゴリに大好きです。 正確にはバキという、刃牙シリーズとしては第2部が特に好きです。 囚人編ですね。 で、範馬刃牙には花山薫という男が出てきます。 彼は握力が半端なく強くて、トランプの束を引きちぎったりします。 なんだかんだ力がある男はかっこいい、そう思っていました。 そして心のどこかでは「僕も頑張れば同じようなことができるんじゃないか... 」、そう思っていました。 そこで今回、Advent Calendar駆動である目標を立ててみました。 それがりんごを掌で握りつぶすことです。 力がある人のパフォーマンスとしてなんとなく頭にパッと浮かんだのがりんごを握り潰すことでした。 僕自身青森県で生まれ育ったので、りんごはとても身近な果物でした。 弊社でAdvent Calendar執筆の募集が始まったのが11月はじめごろで、そこから今日までりんごを潰すために努力してみました。 以下、新卒2年目エンジニアの奮闘の結果をご覧ください。 握力を鍛えるためにしたこと 握力を鍛えるのに役立ったかなと思うのはこの3つです。 CoCハンドグリッパーでのトレーニング• 腹筋ローラー 1つずつ説明していきます。 CoCハンドグリッパーでのトレーニング ハンドグリッパーはものを握りつぶす力を鍛えるものなので、りんごを潰すために握力を鍛える、という目的からすると一番単純な解だと思います。 僕が購入したのは「Point Five」と「No. 1」で、強度の目安はそれぞれ54kgと63kgです。 まずNo. 1だけ購入したのですが、ちょっとやってみた感じあまりにも絶望的だったので、すぐPoint Fiveも購入しました。 CoCでは正式な閉じ方が決められており、その方法で閉じられるとIRONMINDに認定されます。 ちなみにウェブ魚拓創業者の新沼さんという方はエンジニアでありながら、このCoCでNo. 3を閉じたとして2003年に認定されています。 3の強度は127kgです。 懸垂 握力の中でも、握った状態をキープする力が鍛えられたと思います。 懸垂自体は、いくら筋肉質な人でも、自分の体重に見合った量の上半身の筋肉がないとかなりキツイ運動だと思います。 エンジニアの皆さんには、試しにどこかの公園で懸垂をしてみてほしいです。 基本的にグリップは順手(手の甲が自分の方を向いている)で、腕を完全に伸ばした状態から顔がバーから完全に上にあがるまでを1回として、限界まで行ったあと反動ありで数回追い込みをかけるやり方でやっていました。 腹筋ローラー これは一見握力に関係なさそうですが、やってみればわかるのですが、腹筋ローラーは腹筋だけでなく腕や肩、胸や背中や脚も使う全身トレーニングです。 これらのトレーニングを、CoCハンドグリッパーにぎにぎはほぼ毎日、懸垂・腹筋ローラーは週2で行っていました。 握力の推移 会社の自席に握力計を置いて、毎日定時になると握力を計測し、その値を「本日の握力」として日報に書いていました。 これが握力の推移をグラフにしたものです(右手のみ)。 会社で計っていたので出社した日以外はほぼ計測していません。 日によって揺れがありますが、計測し始めたころがだいたい55kg前後、最近は60kgを超えるようになったので、5kgぐらいは増えたと言えるでしょうか。 実際CoCのNo. 1が完全に閉じられるようになったので、それぐらいにはなったということですね。 りんご一覧 今回対象にしたのはこちらのりんごたちです。 データは僕の主観です。 というわけで、 ジョナゴールドと王林を握りつぶすことができました!!! ふじとシナノゴールドはムリゲーでした。 やっぱりやってみるもんですね。 今回の実験では閾値を判断することができませんが、潰してみた感じだとジョナゴールドは55kgもあれば潰せるかもしれません。 試しにやってみてほしいです。 ぜひvagrant destroyするかのごとく思いっきりやっちゃってください。 また潰し方のコツとしては、指を果肉に突き刺すような握り方が良さそうです。 それからこれをAdvent Calendarで宣言したことにより、社内のエンジニアの方から「本当にリンゴ潰すんですかwww」とか聞かれたりして、りんごから始まるコミュニケーションも馬鹿にできないと思いました。 そして、今回のチャレンジをAdvent Calendarに書いてから今日まで、特に同じ部署のみなさんからは暖かく応援してもらって、本当にやりやすかったです。 ありがとうございました。 あとりんごは美味しかったです。 まとめ 今回僕はりんごを潰すという目標を立て、その目標に向かって、いくつかの方法で握力を鍛え、何種類かのりんごを試してみることで、目標を達成することができました。 こじつけではないですよ、本当に。 この記事ではアイスタイルでの技術の話は一切出てきませんでしたが、 こんなエンジニアも働いてるよ、そしてこんなことも面白がって応援してくれるような方が多いんだよ、ということが伝わっていれば幸いです。 エンジニアのみなさん、バグは握り潰さず、りんごを握り潰しましょう。 さあ、明日は一転して技術のお話、さんです。 お楽しみに! 参考.

次の

りんごを握力で潰すには何キロ必要?簡単に潰すコツ&鍛え方を解説!

りんご 潰す 握力

どうもこんにちは! ベストボディナビの佐藤です^^ 男性なら一度は思ったことはあるのではないでしょうか? 「自分の握力でりんごをぐしゃっと握りつぶしたい!」 「握力でリンゴをつぶすことが出来たらカッコイイな!」 「リンゴをつぶせるぐらいの握力が欲しい!」 など。 私が高校2年のころに『PRIDE』という格闘技の試合が流行っていましたが、ボブ・サップがメディアで引っ張りだこだったのも丁度その頃です。 バラエティー番組に出演するたびにリンゴを「グシャっ」といとも簡単に握りつぶしてしまいます。 知らない人には申し訳ないのですが… そのころからすでにいろいろなトレーニングをしていましたので、 「すげーな。 」「あんな風にリンゴを握りつぶせたらかっこいいな。 」なんて思ったものです。 当時握力が50kgちょいしかなかったのでリンゴがつぶれるというよりかは穴が開いただけ。。。 まあ、リンゴをつぶしたというよりも半分に切った感じですよね 笑 さて、さて、そんな話はさておき、 実際のところ握力でリンゴをつぶすためには何キロぐらいは必要になるのか?どのようなトレーニングをすればリンゴを効率的につぶせるようになるのか?そんな話をしたいと思います。 握力でリンゴをつぶすには何キロ必要なのか? 1.80kg以上必要と言われている これもリンゴの固さによりますので不透明なところがありますが、 およそ80kgはあったほうが楽に潰すことが出来るといわれています。 確かに、極めて固いリンゴをつぶす場合は並大抵の握力では潰すのは困難でしょう。 りんごをつぶすにはテクニックが重要だとはいえ一定以上のパワーを指に集中させることが出来なければ割れませんからね。 2.70kg以上でも割れるという説 ところが、70kgでも割ることが出来るという説もあります。 筋肉自慢のムキムキアナウンサー、草野仁さん。 ベンチプレスも100kgぐらいは軽く挙上できてしまいます。 普段スーツを着ているので目立たないのかもしれませんが、Tシャツをきたときの草野さんは結構マッチョですよね。 そんな、 草野仁さんの握力が69kg程度だそうです。 それでリンゴ潰しに成功しているので実は80kgも必要ないのではないかという説です。 もちろん、固さによっても難易度に違いは出てくるでしょうが、それでも70kg以下で達成できることは分かりました。 3.テクニックが重要 リンゴを効率的に破壊するとなったときにはテクニックが重要になります。 よく言われているのが、リンゴを握った際に指の腹、手の甲をうまく使って割るというやり方です。 指の腹、手の甲など、全体から圧をかけることで効率的にリンゴを割ることが出来るという考え方です。 テクニックが必要ないほど握力が強くなれば、指をリンゴに突き刺すようにして握りつぶすこともできるようです。 リンゴを潰すための握力トレーニング! 1.クラッシュを増強する 握力を効率的に増強したいのであればCOCハンドグリッパーなど高強度のグリッパーを握りこむことです。 ウエイトトレーニングと同じ理論でマックスの重量を数回ほど握りこむみ、重量を更新していくことで力が強くなっていきます。 5~10回程度行うのもおすすめです。 それで、負荷を下げていき、トータルで3セットぐらい行うだけのトレーニングでもかなり握力は強くなると思います。 ただ、これに関してはマックスの負荷を一発ガツンと握りこむやり方になりますので瞬間的なパワーを養うのには効率的ですが、持続的に握りこむ力ではありません。 2.鉄球を握り続ける リンゴを潰すのはほんの一瞬ですのでクラッシュを増強するだけでも十分という考え方もわからなくもありません。 しかし、リンゴの形とハンドグリッパーの形は違うので多少力の使い方も異なるでしょう。 そこで、リンゴ潰しに近いようなトレーニングも行っておくべきです。 例えば、重たい鉄球を指の腹全体で支えて落とさないように握り続けるとか。 球体を持ち続けるので負荷はリンゴ潰しに近い所があります。 3.プル型の種目 要は、握りこむ方向に対して逆方向へ重力のベクトルが向くような種目であれば握力は強化されるのです。 そういう意味では、デッドリフト、ラットプルダウン、ローイングマシンなどはおすすめです。 握力が強い人であれば、片手でデッドリフトを行うとか、とにかく重たい重量を一定時間持ち続けることでホールドは鍛えられます。 そして、このホールドを養うにおいて手軽にできる方法といえば、懸垂もしくはチンニングバーに捕まり一定時間キープするというモノです。 4.スチール缶つぶし スチール缶の胴体の部分であればそこまで握力がなくても凹ますことはできるでしょう。 しかし、スチール缶の口の部分は比較的固いです。 それでも、60kg程度の握力があればつぶせるかと思います。 やり方はスチール缶の口のサイドを親指と人差し指で覆うように握り、もう一方の手のひら全体でスチール缶を握っている手を口の上から多いかぶせるようにして握ります。 右手、左手の両方の握力を合わせることで効率的にスチール缶を潰すことが出来るという考えた方です。 5.ピンチブロックを活用 ピンチとは握力の中でもつまむ力のことを指します。 クラッシュ、ホールドは指と手のひらの両方で握りしめますが、ピンチは指で挟んでウエイトを持ちます。 手軽に出来る方法はプレートやピンチブロックを使うこと、ボルダリングでもピンチは強くなります。 6.トランプちぎり トランプの枚数にもよりますが1ケース分のトランプをちぎることが出来ればほぼ確実にリンゴはつぶせるでしょう。 自分がちぎれる限界のトランプの枚数を重ねてちぎります。 その枚数を覚えておき、少しずつ枚数を追加していきます。 ちぎるポイントは、トランプを重ねてバラバラにならないように整えたら雑巾を絞るようにちぎります。 もしここでトランプがずれたりしてしまいますと、ちぎりやすくなりますので、トランプを重ねてきれいに整えることが重要になります。 ただ、このトレーニングはかなり効果的です。 100円ショップでトランプをたくさん買ってちぎってみるのは良いかと思います。 7.りんごを潰すことも重要 りんごを潰すことで力の入れ方などコツを覚えることができます。 これまでいろいろな方法で握力をどのようにして鍛えるかというのはお話ししましたけど、やはり実際にリンゴを潰してみないことにはどう潰すべきか感覚をつかみにくい所があるかと思います。 ですので、握力を鍛えこむというのも大事ですが、それと同時にリンゴの潰し方もうまくなりましょう。 そうすることにより、握力が80kgもなくてもりんごを潰すことは不可能ではなくなります。 りんごを潰すぐらいの握力増強は男性なら難しくはない。 いかがでしょうか? 本日は、どのようにして握力を鍛えこんで、どのようにしてリンゴを潰せばよいのか?ざっくりと個人的な見解について述べました。 リンゴを潰すには、それ相応の握力が必要になります。 その握力自体はクラッシュ、ホールド、ピンチと握力の中でもあらゆるパターンを強化すれば自然と身についてきます。 もちろん、 破壊的な握力さえあればテクニック的な要素を抜きにしてもリンゴを割ることは難しいことでもありません。 ただ、テクニックを身につければ最小限の握力でリンゴを潰すことが出来たりもしますので、握力を鍛えると同時にリンゴの潰し方を身に着けるほうが効率の良いやり方ともいえるのです。 とにかく少しでも早くリンゴを潰したいのであればパワーだけではなくテクニックを養うことは必要です。

次の