岡村 隆史 降板。 岡村隆史がチコちゃん降板?麒麟がくるも!女性差別発言で炎上!!|トレンド口コミ~コーヒーイノベート~

麒麟がくる 越年覚悟の理由!岡村隆史は降板?ラジオ動画あり。

岡村 隆史 降板

岡村隆史さんの失言は4月23日に放送されたニッポン放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」でのこと。 そこでの岡村さんのリスナーからの質問に対しての答えが問題になっています。 「コロナが収束したら、もう絶対面白いことあるんです」「収束したら、なかなかのかわいい人が短期間ですけれども、お嬢(風俗嬢)やります」と、新型コロナウイルスが収束すると、かわいい女性が風俗嬢になる可能性が高まるという独特の持論を展開。 女性が収入が少なくなり、生活に困ってやりたくないのにやらざるを得ない性的仕事を「面白いこと」と言っているように感じますね。 この岡村さんの発言に対し、ネットでは大炎上しています。 対象が女性の性搾取でなければ誰でも解るあり得ない発言なのだが、日本社会は男性中心主義社会なので対象が女性の性搾取であると多くの人が問題視しなくなる。 このかなり重大な失言は岡村さんの仕事にも影響するかもしれません。 また岡村さんは紅白歌合戦の総合司会に内定したという報道もありました。 「 今年末の『紅白歌合戦』の総合司会に岡村隆史さんの名前が挙がっています。 その貢献度は局内で高く評価されており、三顧の礼で内々のオファーを出しているそうです」(NHK関係者) NHKでチコちゃんと「麒麟がくる」に出演し、視聴率や視聴者からの評価が高いことから、紅白歌合戦の総合司会の声がかかったんだそう。 しかし、もしもチコちゃんも大河ドラマも降板したら、紅白の司会が回ってくるとは思えません。 むしろ、今回の女性軽視的な失言は紅白の司会者にはふさわしくないかもしれませんね。 【全文】岡村隆史の失言内容 岡村さんは外出自粛をしましょうと、訴えたかったのかもしれませんが、 女性が経済的に苦しくなり、夜のお仕事をすることを「面白いことある」と表現していてます。 女性からの批判ももちろん多いですが、ネットでは男性からも批判の声が挙がっています。 追い込まれ、風俗に身を投じざるを得ない女性の立場を全く分かっていない。 撤回するべきだ。 返信先: さん馬鹿な発言すぎて 同じ男として恥ずかしい。 お前の楽しいことって人の不幸の上にあることなのかと情けなくなる。 岡村さんのこの発言はネット上で、岡村さん自身だけでなく、リベラルな議論に発展している所もあり、更に大きく広がっていきそうですね。 岡村隆史はクズだった? 岡村さんはもともと女性へのセクハラが酷いと言われていました。 「ゴチになります」で共演していた佐々木希さんに対しても、佐々木さんが着ていた制服を触るなどして視聴者をドン引きさせていました。 また失言も少なくなかったようです。 韓国の人気オーディション番組「PRODUCE 101」の日本版「PRODUCE 101 JAPAN」の司会を務めていた岡村さん・ その第一回目の収録で、オーディション参加者に酷い言葉を投げかけています。 岡村はオーディション参加者(練習生)に向けてセクハラ発言を連発。 (略)「お尻ザラザラやろ」といった言葉まで投げかけたという。 エキサイトニュース 実際はもっと過激な言葉も言っていたそう。 また東出昌大さんと唐田えりかさんの不倫の話題についても、炎上していました。 「毎回思うけど、こんなにあかんことやったっけね、不倫って。 世の中の一般の人たちがどれだけ不倫してもバレへん」 まるで、芸能人だから不倫が大きな問題であって、不倫はそこまで悪くないと言っているように感じます。 岡村さんが心の中で何を思おうが自由だと思いますが、発言に影響力がある芸能人なのでもっと配慮して言葉を発して欲しいですね。 岡村隆史が謝罪 岡村隆史さんが今回の失言を吉本興業の公式サイトで謝罪しています。 この度は 4月23日 木 「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」の放送における私の発言により不快な思いをされた方々に深くお詫び申し上げます。 大変申し訳ございませんでした。 世の中の状況を考えず、また苦しい立場におられる方に対して大変不適切な発言だったと深く反省しております。 2020年4月29日 ナインティナイン岡村隆史 4月30日のANNで岡村さんから直接謝罪があるそうです。 こちらがその謝罪全文になります。 先週の『岡村隆史のANN』での僕の発言によって、たくさんの人たち、特に女性の皆さんに不快感を与えたことについて心から謝罪させていただきます。 本当に申し訳ありませんでした。 どういう発言だったかここで詳しく振り返ると、また不快な気持ちさせてしまうので、申し訳ありません。 僕の口から直接お伝えさせていただきたいと思い、きょうこの場で謝罪させていただきます。 コロナウイルスで緊急事態宣言が日本全国に出されている状況でリスナーの人もそうでない人も多くの人が不自由な生活、苦しい状況にある中で、大変失礼な発言をしてしまいました。 今コロナをはじめ、経済的な問題で生活が苦しくてやむを得ず風俗業につくことに理解や想像力を欠く発言をしてしまいました。 心からお詫びいたします。 本当に申し訳ありませんでした。 20年以上パーソナリティをやらせていただいてますが、20年以上にパーソナリティーをやらさせていただいているのですが、たくさんの方に不快感を与えてしまいました。 大変な失言だったと思います。 情けないです。 それが正直な気持ちです。 そして発言した部分を改めて聞き直してみました。 明らかに大変失礼な発言だったと思います。 そしてこの発言に関して、ぼく岡村隆史の言った言葉です。 僕の失礼な発言によって不快に感じたみなさま。 申し訳ありませんでした。 謝罪致します。 この失言騒動でまたメンタル的にきつくなってしまわないと良いのですが…。 終わりに 岡村隆史さんの炎上発言と、今後の番組はどうなるのかについてまとめました。 NHKの大河ドラマを降板することになったら代役立てなど、また一難ですね。 そうならなように、謝罪会見で反省を表した方が良いのかも…。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

岡村隆史は降板?活動休止?女性軽視発言で全レギュラー番組への影響は?|らぼぴっくこむ

岡村 隆史 降板

4月23日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、岡村氏による「女性蔑視」発言が大きく取り上げられる中、この発言をめぐってネット上では、(Chang. org)なるものまで勃発した。 私はネット右翼研究を10年以上に亘って行っているが、その主張の軸は違えど、こういったネット上での署名活動の跋扈に対し、きわめて強いネット右翼的感性を見出している。 「ネット右翼的感性」とは何か。 それは 1「批判の根拠が一次ソースに基づいていない」、 2「自分とは相いれない価値観を持つ個人や法人に対して、当該者が出演している他のメディアに対して圧力(電話突撃=電凸、署名)をかけるよう、ネット上でオルグする(組織活動や勧誘を展開する)」という二点である。 元来赤坂の深夜ラジオを中学生時分より20年以上聴いている私だが、特にドライブ中には他局にチューニングすることもある。 当該の岡村氏の発言はリスナーからのメールに応えるという形で番組の最後半で行われたものだが、「残念なことに」私は運転中にBGM的なものとして聴いていたため内容を精査していたわけではなく、またカーナビの音声案内などの雑音もあって、岡村氏の発言を聴き流していた。 この記事がSNS上で拡散されることにより、前掲した署名運動に発展したのである。 藤田氏の記事は、私が指摘した 「ネット右翼的感性」に合致する最たるものである。 当該記事は、岡村氏の発言を直接ラジオで聴いて文字起こししたものでは無く、雑誌『FLASH』電子版からの引用に終始していた。 つまり藤田氏は当該記事を読む限りにおいては、 岡村氏のラジオを聴いて批判を展開したのではなく、後になってから報道された二次ソース(文字情報)のみに依拠していたと思わざるを得ないのである。 私は文筆家として、また評論活動を行う身として、このような批判記事は全く論評としての体(てい)をなしていないと苦々しく思う。 批判記事を書くのは自由であるし、そこから提示される社会問題とその解決へのプロセス極めて重要である。 が、それは常に一次ソースを元にしたものでなければ精度を欠き、あまつさえその一次ソース(放送音源)はラジコ(Radiko)によって何時でも簡単に、誰でもが当たることのできる状況であった。 にもかかわらず一次ソースに当たらないで雑誌の電子版記事を引用するという手法は、私の感覚で言えば 「ものを書く」という最低限度の水準にも達していないのである。 私は雑誌の編集長をやった経験があるが、こういった「一次ソースを簡単に手に入れることができるのにそれをしない」という構成の批判記事が仮にライターから上がってきた場合、「一次ソースに依拠して書いてください」といったん突き返さざるを得ないだろう。 この藤田氏の記事は、前掲した1「批判の根拠が一次ソースに基づいていない」という典型的な「ネット右翼的感性」に遺憾ながら合致するものだ。 ネット右翼が2002年の日韓ワールドカップを機に伸張を見せてから20年弱である。 その間に行われた彼らのネット上での批判は、 ほとんどが「批判の根拠が一次ソースに基づいていない」ものばかりだった。 誰もが簡単にかつ即時に一次ソース(個人や政治家の発言や書籍原典)に当たれる時代であるにもかかわらず、彼らは一次ソースをまとめたに過ぎないネット記事を引用して、一斉に個人や法人へのバッシングを行うことを繰り返してきた。 ある漫画を「反日的・自虐史観的」として、学校図書館から除去せよと運動しておきながら当該の漫画を全く読んでいない事例(はだしのゲン)、 ある映画やその映画に登場する俳優をこれまた「反日的・左翼的」と批判しておきながら、当該の作品を全く鑑賞していない事例(利休にたずねよ、空母いぶき)など、こういった例は枚挙にいとまがない。 ところが真摯に一次ソースに当たってみると、そういったまとめサイトや引用記事が如何にいい加減で、恣意性に満ちたものであるかはすぐに判明する。 こうしたネット右翼発の「雑な」運動や批判は、「批判の根拠が一次ソースに基づいていない」という対抗言説の登場で逐次つぶされてきた。 勿論、今回の岡村氏発言は、一次ソースに当たってみても生理的不快感を惹起せざるを得ない酷いものであった。 だからこそ4月30日になって岡村氏は番組内での謝罪を行った。 これは当然のことである。 藤田氏の批判はその方向性としては全く正しいと思うし、 私は「深夜ラジオのノリなのだからこの程度は許容しろ」という意見には全く同意できない。 しかしながらその批判は常に一次ソースに当たったものでなければ精度を欠く。 断わっておくが私は藤田氏の主張がおかしいと批判しているのではない。 SNS上であっという間に「まとめ」や「引用」が拡散される社会の中にあって、専門家や一般ユーザーに関わらず、ものを発信するという行為・ものを書くという行為には最低限度の参照行為が必要だ、と言っているに過ぎない。 誰かを批判する言説を二次ソースやまとめサイトに依拠して乗っかるのではなく、常に一次ソースに当たって、その妥当性を確認してから批判するのは、SNS全盛の時代、最も求められているリテラシーである。 これを欠いた批判は、たとえその批判が方向性として正しくとも、すぐに対抗言説の猛砲火を受けることを覚悟するべきである。 ネット右翼は彼らが「反日的・左翼的」であり「不道徳である」とみなした個人や法人を、主に電凸やメール投書によって番組やスポンサーから降板させるよう、現在でも何かの話題があるたび、醜悪な圧力運動を展開している。 ある時期(2012年頃)まで、こういったネット右翼による個人への番組降板圧力は取るに足らないもの、として黙殺されてきた。 ところが2010年代中盤以降、ネット右翼から人気を集める保守系言論人が、この圧力の旗振り役となってSNS上で率先して呼びかけを苛烈にすると、実際に放送局やスポンサーに平時を超える批判が届くようになり、人員不足に窮するメディアの対応能力がパンクして、止む無くその圧力に妥協するという事象が起こった。 私はこういったネット右翼の 「自分とは相いれない価値観を持つ個人や法人に対して、当該者が出演している他のメディアに対して圧力」をかけるという彼らの行為を、言論の委縮につながると再三批判してきた。 つまるところそれは、「自分の気に食わない人間は、有形無形の圧力を以て屈服させて良い」という、法的根拠を無視した集団私刑/自警団的行為で、私はこういった勢力を 「道徳自警団」と名付けている。 ・あまりにも激しい他罰感情は、正当性を歪ませる 今回の岡村氏の発言は、何度一次ソースに当たってその音源を聴いても、生理的不快感を禁じえず、また岡村氏には、 昭和恐慌下における女衒(ぜげん=売春あっせん業者)のような、醜悪な女性への人権軽視の価値観があるように思えてならない。 発言者の謝罪は当然であるし、批判も当然である。 ただしその批判は、一次ソースに当たったものでなければならず、また当該個人が他の放送局に出演している番組や企画から「ネットを使った外部の圧力」によって降板させようという署名活動までに進展するのは、はっきり言ってやりすぎであり、中世社会で行われた集団私刑の奨励に他ならない。 この構造は、私が永年批判してきた「ネット右翼的感性」(前掲)そのものなのである。 勿論、ネット右翼はその批判の根拠を、人種差別や人権軽視においている。 しかし私が言っているのは、批判の方向が「正しい」とか「正しくない」とかではなく、1「批判の根拠が一次ソースに基づいていない」、2「自分とは相いれない価値観を持つ個人や法人に対して、当該者が出演している他のメディアに対して圧力(電話突撃=電凸や署名)をかけるよう、ネット上でオルグする(組織活動や勧誘を展開する)」という 構造そのものが、ネット右翼がここ20年弱行ってきた醜悪な行為と、あまりにも類似していると指摘しているだけだ。 私はこれまで徹頭徹尾、ネット右翼と彼らに支持される保守系言論人の言動には批判的な姿勢を貫いてきた。 であるがゆえに、彼らと思想的に真逆にある、進歩派や女権論者、その他リベラルと目される人々には、そういった低リテラシーで前近代的な私刑の発想は希薄だ、と勝手に期待していた感がある。 しかし今回の問題で、こういった「雑さ」「急進的で直情的反応」は、政治思想や信念の別なく、人間が根源で有している他罰的なものであると思い知った。 「貧困と性」を笑いものにするという発想自体が私には希薄で、仮にそういった価値観を内心で持つのは自由だが、それをラジオで開陳するのは言語道断の事である。 岡村氏の下品で人権意識に欠ける発言は全く擁護することはできない。 しかしながらそれを批判する際、批判者の側にも最低限度のルールやコモンセンス(常識)が求められるのではないか。 私たちは他者を批判する自由を当然持っているが、あまりにも他罰的な批判は、結局のところ「ネット右翼的感性」に収れんされ、その「雑さ」「急進さ」ゆえに、 批判の方向性の正しさにも疑問符が付きかねない、という事態になりかねないのである。

次の

石川優実の岡村隆史へ降板要請も自分に甘い!差別発言で特大ブーメラン?

岡村 隆史 降板

livedoor. ラジオ内でリスナーから寄せられた質問、 「コロナの影響でしばらく風俗に行けない」 に対して、岡村隆史さんが、 「コロナが明けたら、かわいい人や美人が風俗嬢をやります。 この炎上に対して岡村隆史さんは吉本公式サイトで謝罪文を述べています。 「この度は 4月23日『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』の放送における私の発言により不快な思いをされた方々に深くお詫び申し上げます。 大変申し訳ございませんでした。 世の中の状況を考えず、また苦しい立場におられる方に対して大変不適切な発言だったと深く反省しております」 しかし、この謝罪をもっても尚、 岡村隆史さんへ批判は続き、署名活動まで起こる騒動になっているのです。 チコちゃん降板を求める署名活動が5000人? この方のやっていること全てを否定する気はないんだけど、今回の一件は威圧的な印象は拭えないですね。 岡村隆史降板署名運動中のフェミニスト石川優実さん 風俗を見下した過去ツイートを発掘される・・・ — Slashman Slashman1991 今回の騒動でインターネットの署名サイト「Change. org」では、 岡村隆史さんに対して謝罪と出演降板への署名が多く集まっています。 岡村隆史さんはNHKの『チコちゃんに叱られる!』に出演していますが、 この番組の出演降板の署名活動も行われているのです。 謝罪と番組降板の署名活動に賛同する人数は なんと5000人とのこと。 この騒動も関わったのか4月30日の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」では、 相方の矢部浩之さんも出演し、 「公開説教」が行われました。 この放送の後、世間の印象はどう動くのでしょうか? 岡村隆史さん自身、今回の炎上発言にそこまで悪気があったかは分かりませんが、 個人的には署名までの騒動になるとは思っていませんでした。 確かに、今回の発言は不適切であったかもしれませんが、 岡村隆史さんを追放することで誰も幸せにならないと思います。。 この騒動が早く落ち着いて、 元気に人を笑わせる岡村隆史さんを見たいですね。 世間の声 岡村の失言を執拗に攻撃して、降板署名とかしようとしてる人の過去の言動がブーメランになって炎上しててなんだかなーという感じ。 炎上させたい奴なんてほっとけばいいじゃん?って思うけど、こうやって炎上させようとする人って黙ってたら最後まで叩き続けるから難しい。 政治家でもなく一芸能人の深夜ラジオでの失言でしょ? 岡村隆史さんの発言に対する「署名はやりすぎだ」。 その声に対して、22歳の私が持つ危機感 — すもも sumomodane 「私は、私たちは岡村氏を芸能界から追放しようとしているわけではない。 ただ、理解をしてほしい。 分かってほしい。 」という動機から番組降板を希望する署名の企画にジャンプする理由がわからない。 なぜタレントの事務所やもとの発言があった番組に対する抗議で済まず、他番組の降板要請になるのか。 基本的に人がなにを言っても自由だからです。 でも、その発言や行動が嫌だと思ったら自分がシャットダウンする権利はあるし、そうする。 「嫌なら観るな」 まさにその通り。 大正論です。 — 和泉いづみ izumi4j 謝罪して公開説教されて、まだ叩かれて署名運動とかちょっと可哀想。 怒りの矛先はそこじゃないんじゃないかな。 CAに防護服縫わせるなんて言う戦時中みたいな計画が国から出た方が問題。 そっちと戦って欲しい。 岡村芸能界から消して何か解決するのん? — ナス美 t9Za9VvjzUo7MpM あれは女性軽視や蔑視、差別とはちょっと違う感じがする。 『他者への思いやりの欠如。 』 だから誰にでもそういう一面はあって、番組降板の署名も違うかな。 岡村隆史がそのままで在り続けることで視聴者が彼を望まなくなり干されるとすれば、それが『答え』なのかと思うけれど。 分かるよ。 正しいことをしてる気分になる。 正義の味方って何なんだろう。 — フォルテ forte286 くつーの人が岡村隆史を干せ署名とか呼びかけてるけど、あんなん呼びかけ自体が脅迫行為以外の何物でもないよな通報通報 — またべえ tkmtsng 番組降板させたところでただの仕返しに過ぎない。 勿論、岡村さんにはしっかり反省して 様々な 問題と向き合ってほしいけど、この件は所謂氷山の一角に過ぎないので、私は「岡村隆史さんを起用し、女性の貧困問題やフェミニズムについて学べる番組を制作・放送してください」という署名に賛同しました。 — 師範代 mymeso143 岡村さんにチコちゃん降板を求める署名活動している方々、毎週楽しく観ている子供達に何て説明するつもりだろう?「風俗は…」なんて話、しないとは思うけど。 番組内で発言した訳でも無いのに「MCとして不適切」という理屈は理解出来ません。 それでNHKが動くとしたらなおのこと。 岡村の嫁探しをカラスにやらせて、女性に「え、彼と結婚するのは嫌です」って言わせてたNHKだよ? — caprin caprin 岡村隆史さんの番組降ろす署名とかやってる人いるんだ。。 、 コロナ警察みたいな、正義を振りかざして人を追い詰めるしか無い人にはなりたく無い。 だって。 ごめんなさいしか言えない人には、絶対100対0で勝つじゃない。 そこを責める人間は、ダメだと思う。 — オリビア Y1bVh まとめ ナイナイ岡村の発言は酷いとは思うけれど、こんな署名が始まっていることには狂気を感じる。 ここまでやったらネットリンチとしか思えない。 これは岡村に反省をもとめてるんではなく、自分の気に食わない人間にダメージを与えたいだけでしょ。 — むらたかもめ🌏音楽ブログ houroukamome121 以上、岡村隆史さんが炎上に至った経緯から、 現在の署名活動の実態を解説していきました。 今回の件は岡村隆史さん自身で非を認め、 世間に対して謝罪をしています。 もちろん、不適切な発言ではありましたが、 間違いを認め謝るだけではダメなのでしょうか? きっと責める方も責められる方も、 最終的には嫌な思いをするだけじゃないかなと個人的に思いました。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の