リウマチ 性 多発 筋 痛 症。 リウマチ性多発筋痛症と関節リウマチの違いをまとめました

意外に多い、リウマチ性多発筋痛症(PMR)のはなし|とうきょうスカイツリー駅前内科

リウマチ 性 多発 筋 痛 症

リウマチ性多発筋痛症 50~60歳以上の高齢者がかかりやすい病気で、原因は明らかにされていません。 診断基準も定まっていない為、関節リウマチや原因不明の発熱と診断され、適切な治療を受けられない場合があります。 主な症状は、筋肉の痛みやこわばりで、膠原病を合併する確率が高いです。 症状が現れる場所は、肩から腕にかけて、首まわり、お尻から太ももにかけての筋肉が痛み始め、2週間以上続きます。 微熱や全身の倦怠感、関節の痛みも伴う為、関節リウマチと間違えやすい病気なのです。 関節リウマチとリウマチ性多発筋痛症の違い 痛みの現れる部分の違い 関節リウマチは主に関節の痛みで、手や足に現れることが多いのが特徴です。 それに比べて、リウマチ性多発筋痛症は、体幹と呼ばれる体の中心部に現れることが多く、関節よりも筋肉の痛みやこわばりが主な症状です。 痛みのある時間帯の違い リウマチ性多発筋痛症は、関節リウマチと同じように「朝のこわばり」の症状が見られることもあるので、診断が難しいものになります。 違いがあるとすれば、朝よりも夜に関節が痛むことが多く、寝がえりが容易にできなくなります。 また、2週間から1ヶ月ほどの長期間に渡って痛みが続くことが一つの特徴とも言えます。 見分けのつかない症状 関節リウマチのように、手の関節が腫れることはほとんどありませんが、稀にその様な症状が出ることもあります。 また全身の倦怠感や微熱、体重減少など、どちらの病気も同じような症状を伴う場合も多いので、診断が難しいのが現実です。 原因の違い 関節リウマチは、免疫系の異常により、関節に痛みや腫れが生じる病気です。 それを放置すると、骨が変形したり、ウイルスに感染して、全く別の病気を併発する恐れがあります。 リウマチ性多発筋痛症は、肩や腰などを中心に症状が現れ、血液のCRP値が一つの判断基準になります。 しかし、関節リウマチ同様に、免疫系の疾患である膠原病を併発する場合もありますので、はっきりとした区別は難しいでしょう。 最後に リウマチ性多発筋痛症は、高齢化社会では珍しい病気ではなくなりましたが、まだまだ明らかになっていないことが多く、診断が難しい病気です。 関節リウマチとは別の病気という線引きがされていますが、関節リウマチの一種であるという考え方もあります。

次の

リウマチ性多発筋痛症

リウマチ 性 多発 筋 痛 症

原因は不明 PMRは、60代以上(稀に50代)の高齢者に発症する病気です。 発症する原因は分かっていませんが、 遺伝的な要因と環境的な要因が、可能性として示されています。 PMRの症状 症状としては、首、肩・上腕、腰・臀部、股関節・大腿の関節や筋肉に痛みやこわばりが生じ、その部分を動かすと痛みが強くなる症状が2週間以上続きます。 痛みのために、 着替えや寝返りが辛い状態になります。 37度以上の熱や、食欲不振、全身の倦怠感、抑うつなどの症状を伴うことも多く、とくに朝、関節や筋肉のこわばりが1時間ほど続く症状は、ほとんどの患者に生じます。 血液検査では、炎症の有無を示す「赤血球沈降速度(赤沈)」または「C反応性蛋白(CRP)」の値が高くなりますが、膠原病による多発性筋炎の場合と違い、「筋酵素(CK)」は上昇しません。 関節リウマチと違い、手指や足指が腫れたり、破壊されて変形したりすることは稀です。 関節リウマチ患者の8割が陽性となる「リウマトイド因子(RF)」も陰性です。 より重症の「 側頭動脈炎(巨細胞性動脈炎)」を合併することもあります。 この場合は、こめかみの動脈に腫れと痛みがあり、38度以上の発熱、視力障害に加え、咀嚼時にあご関節に違和感や痛みを感じることがあります。 PMRから側頭動脈炎を併発する確率は、欧米人よりも日本人の方が低い傾向にあります。 スポンサードリンク PMRの治療法 PMRと診断されれば、 ステロイド治療が良く効きます。 通常は、「 プレドニゾロン(商品名:プレドニン)」を10〜20mmの量で1年以上内服します。 徐々に投与量を減らしていきますが、投与が不十分な場合には再発することがあるため(再発率25〜50%)、患者の多くが、2〜3年間と長期にわたってステロイド治療を続けます。 ステロイドがあまり効かない場合、関節リウマチの治療に使われる「 メトトレキサート」が投与されることがあります。 側頭動脈炎の場合もプレドニゾロンを使うことが多いですが、その場合はPMRよりも多量に処方し、また免疫抑制剤を併用します。 まとめ ステロイド治療でPMRの症状が改善すれば、側頭動脈炎を併発する可能性は低くなりますので、きちんと治療をすることが重要です。

次の

新宿漢方クリニック / 82歳女性、リウマチ性多発筋痛症 福栄亮介、鏑木誠、桑名正隆

リウマチ 性 多発 筋 痛 症

症状 リウマチ性多発筋痛症の症状にはいくつか特徴があります。 急性・亜急性の発症 発症した日を覚えているほどに突然の急激な発症をする方が多くみられます。 肩から頸の痛み 高い確率で肩の痛みが起こり、両肩があがらないという訴えも多くみられます 片側から両側へ 多くは体の左右どちらかで発症し、2~3日が経過してから両側に痛みが広がります。 近位筋の痛み 「近位筋」とは体の中心に近い筋肉(肩、腰などの筋肉)のことをいいます。 これらの筋肉に圧痛(押すと痛みを感じること)があります。 手背の浮腫 手背のむくみが起こるケースもあります。 押すとへこんで跡ができるくらいの「圧痕性の 浮腫 ふしゅ (むくみ)」と呼ばれるものです。 関節の可動域制限、痛み 頸、肩、股関節が痛みで動かしづらくなります。 腰痛や朝のこわばりが起こり、寝返りが打ちにくくなります。 検査・診断 診断には、ヨーロッパリウマチ学会・米国リウマチ学会におけるリウマチ性多発筋痛症診断(分類)基準が用いられています。 この基準では、• 年齢50歳以上• 両肩の痛み• 炎症反応上昇(CRP上昇または赤沈の亢進) を満たすことが必要とされています。 ただし、CRP上昇や赤沈の亢進はリウマチ性多発筋痛症以外の病気でもみられることが多く、リウマチ性多発筋痛症に特異的な検査とはいえません。 、感染症、血管炎などでもCRP上昇や赤沈の亢進がみられることがあり、これらの病気との鑑別が重要であるといわれています。 また、超音波検査を用いた診断が盛んになりつつあり、診断基準にも一部導入されています。 しかし、超音波検査によって診断の精度が大きく変わるわけではなく、「臨床症状の確認」に用いられているといえます。 治療 主な治療は、ステロイドの内服です。 ステロイドへの治療反応性はおおむね良好で、1~2週間後には症状改善がみられることも多いですが、個人差は大きくあります。 このステロイドへの反応をみるのもリウマチ性多発筋痛症を診断するうえで役立ちます。 ステロイドを15mg内服して、1~2週間後に大きな改善がみられた場合はリウマチ性多発筋痛症である可能性が高く、なかなか改善がみられない場合は他の診断も考えます。 治療の効果としては、普段の自覚症状が改善しているか(特に肩関節が挙上できるか、肩関節の可動域はどれくらいか)や炎症反応などをみます。 症状の改善が認められたた場合には、徐々にステロイドの量を減量するようにすすめられています。 リウマチ性多発筋痛は、治療中に病状が再燃(治まっていた症状などが再び悪化すること)することがあり、長期的にステロイド投与を必要とする場合があります。 ステロイドの合併症(や)を起こしやすい方や、ステロイドだけでは症状が再燃してしまう方には、と同様の治療で「メトトレキサート」という薬を使うこともあります。

次の