カフェイン 代用。 カフェインを多く含む飲み物一覧

コーヒーと紅茶のカフェインの違いは?気になる含有量などを紹介

カフェイン 代用

スポンサーリンク カフェインが与える影響 コーヒーを過剰摂取すると、急性作用によって次のような症状を起こす場合があります。 ・めまい ・心拍数の増加 ・興奮 ・不安 ・震え ・不眠症 ・下痢 ・吐き気 引用元: ここにもある通り、カフェインを過剰摂取すると、心拍数の増加や興奮といった症状を生み出します。 この作用によって血液循環がよくなるため、人によっては汗をかいてしまいます。 これがカフェインの感受性の影響です。 カフェインの感受性は個人差が大きいので、全く影響しない人もいれば、コーヒー1杯飲んだだけで動悸や手足の震え、発汗といった症状が起こる人もいます。 カフェインの過剰摂取は、健康に悪影響を与えることが様々な研究によって分かっており、農林水産省や厚生労働省も過剰摂取に対する注意喚起を行なっています。 (参考:) しかし、感受性の個人があるため、1日の摂取量の上限を定めることができないのが現状のようです。 スポンサーリンク 汗を抑える対策 コーヒーを飲んで汗が出る場合、カフェインの感受性が高い可能性があります。 最近では、カフェインを除去した「ノンカフェインコーヒー」も普及していますよね。 自分の体に合わないコーヒーではなく、こういったノンカフェインコーヒーに変えてみることをオススメします。 こちらは、カフェインがとれない人でも美味しいと評判でリピーターも多いので、こういったものを試してみると良いと思います。 ただ飲むだけも脂肪燃焼効果はありますが、運動前にコーヒーを飲むと、中性脂肪が下がることも実験によって分かっています。 (参考:) しかし、コーヒーを飲むだけで痩せることは期待しないほうが良いでしょう。 医療業界でも期待されているのは、メタボリックシンドロームの改善や糖尿病の予防です。 ですから、ダイエット効果を過度に求めたりせず、あくまで嗜好品として楽しむのが良いと思います。 普通のコーヒーを飲むと体調が悪くなるなら、無理をせず普通のコーヒーを一旦やめて、ノンカフェインコーヒーに変えてみてくださいね。 【関連記事】.

次の

がんばりたくても力が出ない時に...カフェインの代わりに体に効くものアレコレ

カフェイン 代用

妊娠中は食べ物や飲み物に気をつけることが増えますよね。 コーヒーや紅茶などカフェインが入った飲み物もそのひとつです。 カフェインは妊婦によくないとされているので、普段カフェイン飲料をよく飲んでいた人にとってカフェインの制限はストレスに感じるかもしれません。 しかし、適量を守れば妊娠中でもコーヒーや紅茶を楽しむことはできます。 まずは、カフェインが妊娠中のママやお腹の赤ちゃんにどんな影響を与えるのかを知っておきましょう。 その上で、一日のカフェインの適量を守りつつ、カフェインレス・ノンカフェインの飲み物を取り入れてみるのがおすすめです。 このような、妊娠中でもうまくカフェインと付き合う方法を下記で詳しく説明していきます。 スポンサーリンク 妊娠中はなぜカフェインがNGと言われているの? 『妊婦にカフェインは良くない』とよく聞きますが、一体なぜなのでしょうか。 まず、誤解を解いておくと妊娠中に適量のカフェインを飲むことはとくに悪いことではありません。 リラックス効果もあると言われており、むしろ飲みたいものを無理に我慢してストレスを溜めてしまうほうが母体によくありません。 ですが、一日のうちに何杯もコーヒーや紅茶などを飲み、過剰にカフェインを摂取することはNGです。 下記に、カフェインを大量に摂取した場合の、母体・胎児それぞれに与える影響についてまとめました。 母体への影響 カルシウムが尿に排出される量が増えるため、カルシウム不足や貧血を引き起こしてしまう恐れがあります。 お腹が大きくなる妊娠中期には、胃が圧迫されることにより胃もたれなどの症状が出る方が多いです。 カフェインは胃液の分泌を盛んにする働きがあるため、この時期にカフェインを大量に摂取してしまうと胃もたれがさらに強くなったり下痢・吐き気などを招くことがあります。 そのため、胎盤を通じて胎児へカフェインが届きやすくなっている状態です。 お腹の中の赤ちゃんは、まだ肝機能が未熟でうまくカフェインを分解できません。 なので、どんどん体内にカフェインが蓄積されていき胎児の血液の流れを妨げてしまいます。 さらにカフェインを大量に摂ることで『血管収縮の働きを促すため母体の血液が胎児へ行き渡らなくなる』『中枢神経を刺激され赤ちゃんが興奮状態になる』といった恐れがあります。 以上のような要因から、発育遅延のリスクを増加させてしまう可能性があると考えられます。 それ以外にもカフェインの過剰摂取で流産・早産・死産の危険が高まる、とも言われています。 ここまでいろいろと解説してきましたが、実はカフェインが胎児に与える影響については、はっきりとしたことが解明されていないのが現状です。 ですが、上記のような情報があることは事実なので、カフェインの摂取量は厳守したいところですね。 つぎに、カフェインと併せて『タンニン』という成分についても軽く触れておきましょう。 コーヒーやお茶には、カフェイン以外もにタンニンというポリフェノールの一種が含まれていて、この成分が鉄の吸収を悪くする性質をもっています。 鉄はお腹の中の赤ちゃんにとっても大事な栄養素ですし、妊娠中のママはただでさえ鉄分不足で貧血になることも少なくないため注意が必要です。 スポンサーリンク 妊娠中はいつからカフェインに気をつけたほうがいい? 妊娠初期から注意が必要 『妊娠初期はまだカフェインを摂っても大丈夫かな?』と思いがちですが、カフェインには妊娠初期から気をつけておいたほうが良いでしょう。 アメリカの健康保険会社が行った研究結果では、妊娠初期に毎日カフェインを大量に摂取した場合流産のリスクが高まる、とのデータも出ています。 念には念をという事で、この時期からカフェインの量には注意を払っておくと安心です。 また、妊娠中は血液から栄養や酸素を赤ちゃんへ送るため、ママの鉄分が不足してしまいがち。 特に妊娠初期はつわりにより満足に食事ができなかったりするため、更に母体の鉄不足が深刻化していく可能性もあります。 なので、上で少し触れた『タンニン』という鉄の吸収を悪くする成分が入ったコーヒーやお茶などを飲む際には適量を守りましょう。 母乳の場合は産後もしばらく控えましょう 母乳で赤ちゃんを育てる予定の方は、産後もカフェインの量に気をつけましょう。 授乳中にカフェインを摂取すると、そのうち1%が母乳に移行します。 たったの1%ですが、生まれたばかりの赤ちゃんはまだ肝臓の機能が未熟なのでカフェインの排出に時間がかかってしまうのです。 ママがコーヒーや紅茶などを過剰摂取してしまうと、分解できないカフェインが赤ちゃんの身体に蓄積されていき、寝付きが悪い・情緒不安定・よく泣く・落ち着かないなどといった症状が出ることがあります。 では、授乳中は一日にどのくらいの量までカフェインを摂っても良いのでしょうか。 実は、日本では授乳中の女性のカフェイン摂取量の明確な目安の基準が設けられていません。 ただ、欧州食品安全機関 EFSA では、一日のカフェイン摂取量が200mg以下であれば母乳への影響はない、とされています。 この基準を参考にすると、コーヒーの場合は一日2、3杯までが適量ということになりますね。 ) ですが、ひとつ注意しなければならないのは、カフェインはコーヒーや紅茶などのカフェイン飲料以外にも、チョコレートや医薬品などにも含まれているという点です。 下記に掲載している『食品・飲料別カフェイン含有量』の表を参考に、授乳中はカフェインの摂取量に注意するよう心がけましょう。 妊娠中のカフェイン摂取量の目安 大量に摂取しなければ妊娠中でも楽しむことができるカフェインですが、具体的にどのくらいまで飲んで良いのか気になりますよね。 しかし、日本国内で明確な基準は設けられていません。 参考までに、各国際機関が定めている基準を調べてみると、大体200mg〜300mgを上限としている場合が多いようです。 下記に食品・飲料別のカフェイン含有量の目安がわかる一覧表をまとめましたので、一日のカフェイン量をコントロールする際に参考にしてみてくださいね。 妊婦におすすめ!カフェインレス・ノンカフェインの飲み物 適量を守れば問題ないと言われても、カフェイン飲料を飲むのが心配・・・という方には、カフェインレス・ノンカフェインの飲み物がおすすめです。 カフェインがゼロ、もしくはほんの少し入っている程度なので、妊娠中でも安心して飲むことができます。 また、種類も豊富でコーヒーや紅茶、お茶やココアなどさまざまなフェインレス・ノンカフェインの商品が各メーカーから販売されています。 ぜひ、自分の好みに合った一杯を見つけてみてくださいね。 (まとめ)妊娠中は適量を守ってカフェイン飲料を楽しみましょう 今回ご紹介したとおり、カフェインは過剰に摂らなければ妊婦でも楽しむことができます。 逆に飲むのを我慢してストレスを溜めてしまっては、身体にもよくありません。 なので、適量を守り妊娠中もカフェインと上手く付き合っていきましょう。 それでも心配な方は、カフェインレス・ノンカフェインの商品もたくさん販売されているので、これを機にぜひ試してみてください。

次の

カフェインレスコーヒーは本当に安全?カフェイン除去の工程や健康効果!

カフェイン 代用

飲んでいる豆を変えるという手もあります。 スターバックスなどで飲むのではなく、質のいい豆を入手して、自宅でゆっくり煎れて、味わいながら飲み、その日のコーヒーはそれでおしまいにします。 市場に流通しているコーヒー豆の品質は年々低下しているそうです。 コーヒー産業もと似たところがあります。 栽培しているのは貧しい国。 それを買っているのは先進国です。 コーヒーを扱っている企業はできるだけ安くコーヒーを消費者に提供したいと思っています。 そこで貧しい栽培農家に、安定した量をできるだけ安く作るようプレッシャーをかけます。 農家は味や品質は二の次になり、農薬を使って害虫や霜に強いコーヒーを作るはめになるのです。 コーヒー豆はカビが発生しやすいのですが、かびくさい豆があまり入っていないほうがおいしいと思います。 フェアトレードのススペシャリティコーヒーを購入してはどうでしょうか?当然値段はあがるでしょうが、量より質です。 また 深煎りのほうがカフェインの量が少ないです。 カフェオレです。 牛乳を控えているなら豆乳を使います。 正直、コーヒーはそのまま飲んだほうがおいしいと思いますが、カフェオレが好きな人も多いですし、これはこれでおいしいのかもしれません。 砂糖を入れるとカロリーがあがりますので砂糖はなしで。 ステップ2:コーヒーよりカフェインの少ない飲み物を飲む 1 :デカフェのコーヒー カフェインのない飲み物のいうと、デカフェや、カフェインレスがまず考えられます。 デカフェコーヒーはコーヒー豆からカフェインを抜いたものでいれるコーヒーです。 デカフェでも完全にカフェインがないわけではなく、15%前後は残っています。 デカフェはあまりおいしくないと思います。 というのも、カフェインを抜くときに、多かれ少なかれ他の成分も抜けるからです。 デカフェの方法には: A. 生豆を有機化合物につけてカフェインを抽出。 水でコーヒーを抽出したあと、フィルタリングしてカフェインのないコーヒーを得る。 超臨界状態(臨界点以上の温度、圧力)で二酸化炭素を使ってカフェインを抽出。 1番安全性が高いのがCですがコストがかかるのであまり使われません。 薬品にダイレクトに豆をつけるAの方法は安全性に疑いを持たれています。 しかしコストがかからないので、よく使われます。 日本で流通しているデカフェコーヒーはBの水出し方法によるものだそうです。 カフェを飲むなら、ほかの「本物の飲み物」を飲んだほうがいいという考え方もあります。 2 :紅茶 私がコーヒーをやめてからしばらく飲んでいたのは紅茶です。 紅茶にもカフェインが含まれていますが、コーヒーよりずいぶん少ないです。 1杯あたりをくらべると、コーヒーの4分の1から5分の1です。 以前も書きましたが、すっかり紅茶党になったある日、ティム・ホートンというドーナツ屋さんで、間違えてコーヒーを注文してしまったことがあります。 もったいないので飲もうとしたら、そのまずさと、強烈さ(うまく説明できませんが、すごく強い飲み物に感じます)に驚愕しました。 紅茶のほうがよっぽど胃にやさしいと思います。 紅茶は抗酸化作用もありますしね。 ただし、私のように水代わりにガブガブ飲むのはおすすめしません。 3 :緑茶 実は 紅茶も緑茶も原材料は同じで「茶の木」です。 発酵のレベルが違うだけです。 緑茶は発酵しておらず(だからお茶の葉の緑色のまま)、紅茶は完全に発酵しています。 この中間にあるのが、ウーロン茶などの青茶と呼ばれるものです。 紅茶も緑茶もカフェインの量は同じぐらい。 玄米茶がちょっと少ないです。 玄米がまざっている分、お茶の葉が少ないからだと思われます。 お茶の効能はあちこちでうたわれていますのでご存知の方も多いでしょう。 カテキンに抗酸化作用がありコレステロールをさげます。 また緑茶にはビタミン類も方法なので、美肌にもよさそうです。 4 :ココア ココアの原材料はカカオ豆です。 カカオにもカフェインは含まれていますが、コーヒーよりココアのほうがカフェインの量は少ないです。 1杯あたりで比較すると3分の1ぐらい。 ただし市販のココアパウダーはたくさん砂糖が入っているので、無糖のココアを利用して、甘みは自分で調節してください。 ステップ3:カフェインフリー カフェインなし の飲み物を飲む ステップ2で、コーヒー離れが進んだら、カフェインを含んでいない飲み物もときどき混ぜてみましょう。 1 :柿の葉茶 私は健康のためにビタミンCがいっぱいの柿の葉茶を飲んでいます。 2 :ハーブティ 私が若いころは、カモミールティぐらいしか見かけませんでしたが、最近はハーブティもいろいろ出ていますね。 個人的に好きなのはカモミールティ、ミントティ、ジンジャーティ(しょうがのお茶)ですが、お好みで選んでください。 ハーブティも厳密に言えば、微量のカフェイン(薬草にもともと含まれている成分)が入っているかもしれませんが、ほとんど無視できる量なので、カフェインなしと考えていいです。 ガラナという草から出すお茶はカフェインが含まれていますが、これはコーラのような炭酸飲料にすることが多いので、あまりハーブティにはなっていないと思います。 また、ハーブティと言っても、緑茶や紅茶の成分がまざっている商品もあるので、箱をしっかり見て、「カフェインなし」という表示をチェックして買ってください。 ハーブティを飲みなれないと「まずい」「味がない」と感じるかもしれません。 私も昔はそうでした。 しかし、実はとてもおいしいのです。 薬効成分もいっぱいでとてもおすすめです。 私の娘はそうしています。 3 :タンポポコーヒー タンポポの根を乾燥させたものから出したコーヒーというか、お茶というか、抽出液です。 私は飲んだことはありませんが、風味や味がコーヒーに近いそうです。 タンポポコーヒーは手作りも可能です。 最近はタンポポの根にチコリーの根などをブレンドした。 よりコーヒーに近い飲料も市販されています。 チコリーの和名はキクニガナ(菊苦菜)。 名前のとおり苦味があり、これがコーヒーに似ているそうです。 4 : ルイボスティー(ルイボス茶) ルイボスはマメ科の植物です。 この木の葉っぱをお茶のように出したものがルイボスティー。 赤っぽいお茶です。 ルイボスティーはミネラルが豊富で抗酸化作用のある成分も含まれており、とても健康にいいそうです。 ビタミンCも豊富です。 便秘解消効果もあります。 しかし私は味が今いち嫌いなので飲みません。 お茶は苦いほうが好きなのです。 ルイボスティーは妊婦さんや赤ちゃんにおすすめできます。 無理して飲むことはありませんが。 5 :麦茶 麦茶は説明不用ですね。 夏の定番です。 麦茶もカフェインフリーです。 家では、子供が8歳ぐらいになるまでは、ずっと麦茶を飲ませていました。 それも乳幼児が使う、短いストローみたいな吸口がついた容器をずっと使っていました。 あるとき、娘の友だちに飲ませてみたら、いきなり吐き出しました。 まずかったようです。 飲みなれないとまずいのかもしれません。 すでに甘い飲み物(フルーツジュースとか)に慣れていたら、確かにまずいでしょう。 温かい麦茶もそれなりにおいしいものです。 ただ、私は麦茶も嫌いなので飲みません。 お茶はやはり苦いほうが好きなのです。 6 :ホットレモンウォーター 今、「フランス人が10着しか服を持たない」を書いたが書いた2冊めの本、At Home with Madame Chic (マダムシーク流の家づくり、みたいな感じでしょうか?)をオーディオブックで聞いています。 この本でジェニファーは、毎朝、ホットレモンみたいなものを飲んでいると書いています。 コップに半分水を入れ、半分熱湯を入れて、レモンを半分しぼって入れたものです。 レモンウォーターやホットレモンは、こちらではわりと知られていて、からだにいいと言われています。 デトックス効果や免疫機能アップなどいろいろ効能があります。 もちろんレモンですからビタミンCもたっぷりあることでしょう。 私も今咳が出ているので真似していますが、毎日レモンを半分ずつ使うとレモンの消費が半端ではありません。 レモンはすぐになくなったので、今朝、代わりにアップルサイダービネガーを入れてみましたが、やはりレモンのほうがおいしいと思います。 ジェニファーはサンタモニカ(ロサンゼルス)に住んでいるから、レモンも安く手に入るのでしょうね。 以前、カリフォルニアに住んでいる人が、レモンの木があって採れすぎてもてあましている、と言っていました。 うらやましい環境です。 もしレモンが安く手に入るなら、レモンウォーターやホットレモンもおすすめです。 一度に半分も使わず、4分の1ぐらいでいいと思います。 すっぱすぎて飲めないなら、はちみつを入れてください。 7 :白湯(水) 水はからだにいいし、レモンに比べて手に入りやすいのでおすすめです。 これまで紹介した飲み物の中でもっともコストがかかりません。 しかし、ボトルウォーターを買うと節約できないので、今は水道の水を飲んでいます。 白湯にすることで代謝があがり、ダイエット効果も期待できるかもしれません。 これからの季節は目覚めに白湯を飲むと、からだが温まりますね。 基本はみんな水ですが。 私は、柿の葉茶、ハーブティー、水、ホットレモンウォーターを飲んでいますよ。 小豆茶はあずきを炒って煮出します。

次の