ポケモン剣盾環境ポケモン。 ポケモン剣盾(ソードシールド)攻略|鎧の孤島|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】シングルバトルの使用率ランキング【ポケモンソードシールド】

ポケモン剣盾環境ポケモン

しかし、 構築次第では勝ちやすいパーティを作成することが可能であり、たくさん勝利を重ねことで最強になることはできます。 構築の仕方が重要 最強のパーティに仕立て上げるには、構築の仕方が非常に重要です。 好きなポケモンをパーティ内に入れるにも、タイプ相性の相性保管を考えたり、どのような戦略で戦うのかを考える必要があります。 まずは レンタルパーティを使用し、実戦の経験を積むことで構築のヒントが掴めます。 対戦環境の考察 解禁ポケモンが多数ランクイン シリーズ5からヨロイ図鑑のポケモンやテラキオン、コバルオンといった準伝説のポケモンが解禁されたことにより、多くの解禁ポケモンが使用ランキングにランクインしています。 多くのポケモンが解禁されたことにより、環境ががらりと変化するため、今一度環境に合わせたパーティ構成の見直しを行いましょう。 特に生半可な火力では突破することのできない耐久力を持つポリゴン2や専用技やキョダイマックス技が強力なウーラオスの対策が必要となってきます。 新環境でもリベロエースバーンが強力 新環境に突入しても攻撃時に技と同じタイプに変化する特性、「リベロ」を持ったエースバーンが強力です。 常に技をタイプ一致として使用できるため、どの技を使った場合でも大ダメージを与えられるエースアタッカーとしての活躍ができます。 物理環境に対応できる物理受けが増えている 物理アタッカーが多い現環境では、カバルドンやドヒドイデなど、物理アタッカーに強いポケモンも多く使われています。 これらのポケモンは耐久力の高さから長期戦になりやすく、対応手段を用意しなけれ完全に動きを止められてしまうため、特殊アタッカーや変化技を封じる手段が重要になっています。 ダイマックスを活かした型が多い ダイマックスの「HPが上昇する」という仕様や、ダイマックス技の効果を利用したポケモンが環境に多く存在しています。 特に 「ダイジェット」の素早さを上げる効果が強力で、「ギャラドス」や「アーマーガア」といった「ダイジェット」を効果的に使えるポケモンの評価が高いです。 この影響で、弱点を突かれた際に攻撃と特攻を2段階上げられる「じゃくてんほけん」を持ったポケモンが多く存在しています。

次の

ポケモン剣盾(ソードシールド)攻略|鎧の孤島|ゲームエイト

ポケモン剣盾環境ポケモン

11位 12位 13位 14位 15位 16位 17位 18位 19位 20位 21位 22位 23位 24位 25位 26位 27位 28位 29位 30位 ランキングの解説 環境が落ち着いてきた 新環境が始まり、2週目ということもあってかランキングに大きな変動は見られない。 特に上位陣10位に関しては動きが無いため、環境が全体的に落ち着いてきたと言っても良いだろう。 いちげきの型の採用が微増 上位陣というわけではないが、ウーラオス いちげきの型 の採用が微増している。 環境全体に通りが良い悪技をタイプ一致で撃てる+強力な先制技「ふいうち」を撃てる点も魅力だ。 いちげきの型の採用技・持ち物 持ち物 きあいのタスキ:34. 選出画面の見た目では環境上位にいる「れんげきの型」と見分けがつかないので、相手の構築でどちらの型か予想orどちらにも対応できる選出が必要だろう。 上位の新ポケモンも変動はなし 環境上位に入っている新ポケモンも順位は停滞中。 とはいえ、環境の上位に居ることは間違いないので、技や持ち物、特性の採用率は参考にしておこう。 ポリゴン2の持ち物・技・特性の採用率 持ち物 しんかのきせき:99. 「じこさいせい」でHP管理をしつつ、相手を倒していく型が使用されているようだ。 ウーラオスの持ち物・技・特性の採用率 持ち物 きあいのタスキ:26. 5 型 れんげきの型 採用技 :99. ダイジェットなどで倒されずに仕事を確実に遂行するためだろう。 とはいえ、こだわりハチマキとの差は微々たるものなので、どちらも警戒しておくのが良いだろう。 ジバコイルの持ち物・技・特性の採用率 持ち物 たべのこし:34. てっぺきとボディプレスを採用していると、環境上位に入っているポリゴン2に対して強く出られるのがポイントだ。 シーズンごとのポケモンランキング.

次の

【ポケモン剣盾】対戦環境で対策必須な強ポケモン一覧/対戦考察【ポケモンソードシールド】

ポケモン剣盾環境ポケモン

元々の高い攻撃力と合わせて等倍でも大ダメージが期待でき、回復できるフィールドの発生によってサイクルも展開しやすくなります。 高火力の先制技 フィールドによって先制使用できるグラススライダーのおかげで中速の素早さを補うことができます。 タイプ一致とフィールド補正によって高火力となる先制技でスイープ性能も高いのが特徴です。 ドラパルト 高い素早さが魅力の今作の600族 ドラパルトは今作新たに登場した600族ドラゴンのポケモンです。 とにかく早いこのポケモンは素早さで負けることが少なく、やや心許ない耐久値も今作のダイマックスによって強化される点が強力です。 習得できる技が豊富な点から数値の高い物理アタッカーだけでなく特殊アタッカーとしても活躍できる点も採用率の高さにつながっています。 アタッカーからサポートまで 高い種族値はアタッカー運用だけでなくサポート型としても運用が可能です。 両壁や状態異常技の付与が可能なドラパルトは耐久方面に努力値を回した場合にでも優れた素早さ種族値によって上からの行動ができ、相手に応じたフィールドの展開をはじめとした優位盤面の作成に優れるポケモンです。 エースバーン 扱いやすい物理エース さまざまな技をタイプ一致で使用ができるため火力も安定しているポケモンです。 素早さが高く上からタイプ変更が可能なことから、低い耐久を耐性変化によって補えるポケモンです。 対策しやすいことがせめてもの救い 耐性は変化するものの耐久はあまり高くないポケモンです。 対策手段は豊富にあるため使用しているパーティを大きく変化させずに対策できます。 強力なポケモンですが、しっかりと対策しておくことで逆にイージーウィンしやすいポケモンにもなります。 徐々に対策方法も確立し、それを対策するエースバーンの型も増えてきます。 技範囲を生かして多くの型が存在するのもエースバーンの強みです。 ポリゴン2 高耐久の何でも屋 しんかのきせきによって高耐久となるポリゴン2は、特性によって火力の上昇を、再生回復技によって受け性能を高めることができるため多くのポケモンに対して対面での処理が可能です。 アタッカーとしても活躍 ダイマックスによって不利対面でも強引な突破が狙えるポケモンです。 緊急回避的なダイマックスの使用ですが他のポケモンとは異なってメリットとなる面が大きいポケモンです。 環境Aランクポケモン紹介 ミミッキュ 行動保証持ちのポケモン 特性ばけのかわによってHPを温存できる行動保証を盾にバトルを展開できます。 火力を上げる積み技を積む猶予としてだけでなく、倒すために2ターン以上のターンを必要とすることから相手のダイマックスを消費させることや、トリックルームなどのサポート技を安全に使用することができるポケモンは珍しく、無効タイプも多い点からも重宝されます。 相性の良い複合タイプと積み技 ゴースト・フェアリーの複合タイプから無償降臨を狙いやすく、火力を大幅に上昇させる積み技からの全抜きを狙えるポケモンです。 ダイマックス技の追加効果とも相性が良く、耐久を下げることで実質的な火力上昇を見込めるゴースト打点とやけどやねむりなどの状態異常を防ぐことができるフェアリー打点を一致技として使用できる点も強力です。 トゲキッス 全抜きを狙うダイジェットユーザー 今作のダイマックス技最強とも言われるダイジェットをタイプ一致で使用可能です。 もともと耐久が高く、積み技とも相性が良いポケモンです。 ダイジェットによる素早さ上昇によって止まらないアタッカーを生み出すことができます。 優秀な特性を所持 昔からおなじみのまひるみキッスは健在で、エアスラッシュによる怯みやげんしのちからによる能力上昇率を上げながら戦う特性てんのめぐみの採用が強力です。 ギャラドス 攻撃しながら能力上昇 特性じしんかじょうによって攻撃ランクを上げながら攻撃ができるポケモンです。 タイプ一致ダイジェットによる素早さ上昇もできるため実質的にりゅうのまいをしながら攻撃しているようなポケモンです。 相性補完もバッチリ くさ打点やじめん打点を覚えるため環境が整ってしまえばなかなか止まらないアタッカーです。 受けに出てきたポケモンにも有効打があるため安易な受け出しには注意が必要です。 4倍弱点こそありますがその弱点以上の採用価値があります。 ドリュウズ 起点作成からエースアタッカーまで 特性かたやぶりによって相手の特性を無視して行動できるのが強みのポケモンです。 特性クリアボディなどの能力ランクを下げられない特性のポケモンに対してもがんせきふうじなどのデバフ技は有効であり、裏のエースが動きやすい盤面の作成が可能です。 また、特性無視はアタッカーとしても強力で、特性ふゆうを無視したじめん技の一貫や特性ばけのかわを無視して弱点を突くことができます。 環境に多いポケモンに対して有利に立ち回りやすい点が採用率へ繋がっています。 上から行動できる高速エース 特性すなかきによって素早さを2倍にして行動が可能です。 特性すなおこしだけでなくダイロックによって自らで天候を書き換えることができる今作は単体でも活躍できるため、序盤の数的有利を取るだけでなく終盤のフィニッシャーまで幅広い活躍が出来るポケモンです。 ジバコイル 高い火力を活かしたエース 一貫しやすい一致打点によって相手に負荷をかけやすいポケモンです。 低速よりのポケモンなので下から攻撃することで威力の上がる特性によって半減相手でも削る性能があります。 下からの対面操作も高威力で行える強力なポケモンです。 耐久型のポケモンにも強力 特性によってはがねタイプを逃さないことで起点化することもでき、てっぺきとあわせて抜きエース化することも可能です。 相手のサイクルを破壊しやすいことから自分優位にサイクル展開も見込めます。 マリルリ 破壊力の化身 はらだいこから全抜きを狙える先制技によって相手を破壊できるポケモンです。 耐久があるポケモンなのでダイマックスとも相性が良く、疲弊した相手へのスイーパーとしても活躍します。 サイクル運用も可能 クイックターンは習得できませんでしたが、耐久と耐性を活かしたサイクル運用も可能です。 はらだいこの恐怖から意識されやすいポケモンなので選出も読みやすくなります。 ウォッシュロトム 優秀な複合タイプと耐久力 弱点を突かれにくい複合タイプは環境に多いフェアリータイプと相性が良く、エースを守りながらエースの弱点を補う働きが強力です。 高い耐久力はダイマックスとも相性が良く、強力な技を連発するエースとして活躍します。 サイクル戦でも活躍 ボルトチェンジによる対面操作が可能な点からこだわりアイテムを持たせた先制での有利対面の作成や高威力でのダメージレースを有利にする立ち回りが可能です。 高い耐久から受け出しもしやすく、相手を疲弊させることも狙えます。 ハピナス 耐久を活かしたストッパー 常にダイマックスをしているかのような高HPと高い特殊耐久を活かして特殊アタッカーのダイマックスを確実に止めるポケモンです。 回復技をほぼ確定で持っていることから相手にダイマックスを先に切らせない圧力をかけることも狙えます。 自身がアタッカーとしても活躍 特性によって追加効果が発生しやすいためアタッカーとしても強力です。 耐久を活かして殴り合いができるため追加効果の恩恵が大きく相手に負荷をかけやすいアタッカーとして場に居座ることができるアタッカーとなります。 解禁から2週間が経過し徐々に落ち着いてきてはいますが、環境に通りの良いポケモンも多く今後の動向に目が離せません。 耐え忍ぶ戦い サイクルをベースに相手の選出や道具を明らかにしていき、隙が生まれた瞬間に一気に攻めへと転じるパーティが多く序盤から終盤まで気が抜けないバトルが多いです。 一時期の初手ダイマックスによる数的有利を取りにくくなったこともあり、選出だけでなく戦局を読む能力が試されます。 先制技によるスイープ 高威力のゴリランダーを筆頭に先制技によって高い打点を持つポケモンがパーティに採用されやすいです。 ダイジェットによる素早さ操作だけでなく先制技での縛りも増えてきたことからますます物理環境へ動いているように感じます。 受けループの始動 ダイマックスによって高威力技を連発しやすい環境のため大発生はしていないものの受けループとして活躍してきたポケモンが環境に投入され徐々に復活の兆しが見えています。 現在では対策必須とはいかないものの無対策では心もとないため、今後の環境に応じて自身で回答を用意しておく必要がありそうです。

次の