バン キッシュ リール。 シマノ 歴代ヴァンキッシュのここがイイ!|釣具買取専門店ウェイブ

【ヒラメ釣り】私が選んだリールはヴァンキッシュ4000XG

バン キッシュ リール

比較・使用感 19バンキッシュ4000XGと19セルテートLT4000-Cの比較 回転性能 正直、回転性能はほとんど一緒です。 両方スムーズな回転。 回転がスカスカ軽すぎて両方ともオモチャっぽいw 回転の軽さはセルテートがノーマルギアだからだと思いますがセルテートの方が軽い。 自重による使用感の違い 自重は 19バンキッシュ4000XG 200g 19セルテートLT4000-C 235g 自重はバンキッシュの方が35g軽いですが、釣りに集中するとほとんど気になりません。 どっちも軽い。 只、トゥイッチやジャークなどロッドアクションをすると、バンキッシュの軽さが出てきます。 僕はミノーをアクションを入れて使うことが多いので、そのときはバンキッシュの方が軽くて使いやすい。 アクションの制度も高くなります。 ただ巻きで30g前後のジグを巻くときはセルテートの方が自重の重さで手元の安定感があるので巻きやすい どっちもどっちです ゴリ感、シャリ感 両方とも同じ感想。 使用すると「新品のようなヌルヌル回転」は無くなります。 しかしゴリ感やシャリ感などは今でも少なく、非常に滑らかです。 これにはリールの進化を凄く感じました。 でも、部屋で回すと多少のシャリシャリはありますよ。 感度 ハイギアの方がノーマルより感度が良いので比較にならないかも知れませんが バンキッシュの方が感度は良いと思います。 サーフでシンキング系のルアーを投げているとバンキッシュの方がレンジがわかりやすいです。 それでもセルテートLTも、もの凄く感度が良いです。 ドラグ性能 ドラグに関してはダイワのATDが「ズルッ」と出る感があるので、感じが少し違います。 大体同じくらいにドラグを設定してもセルテートの方が出ます。 これは好みですね。 デザイン これに関しては完全に好みですねw 僕はセルテートLTが好きww セルテートLTには欠陥がある? 現在セルテートLTの使用は5日間くらい。 やっぱりラインローラーがうるさい!! 「シュルシュルシュルシュル」 ラインローラーの塩噛みは旧セルテート時代から「欠陥」と言われていました。 治ってません。 僕は気にならない性格ですが、気になる人はすごく気になると思います。 【結果】19バンキッシュ勝利 感度とラインローラー性能の差で19バンキッシュの方が良いと思います。 というか、バンキッシュ優秀すぎですw サーフゲーム、リバーシーバスでも良いですが ライトゲームやブラックバスで使うと神リールだと思います。 発売前に横浜フィッシングショーでS社スタッフの方が 「19バンキッシュは軽いステラです!」(ドヤッ) って言ってましたが、そのレベルですね。

次の

その軽さに驚愕。シマノ19ヴァンキッシュを結局買ってしまった件。|釣りあび!

バン キッシュ リール

16 ヴァンキッシュでは発売時、2つの新しい技術が搭載されたのがとても印象的でした。 まずはなんといってもそれまでベイトリールにしか搭載されていなかった 「マイクロモジュールギア」です。 マイクロモジュールギアはギアの歯を可能な限り細かくしたもので、スピニングリールに搭載するにはベイトリールのときよりもさらに小型化され内部構造も複雑となるので、革新的な技術として注目されました。 さらにクイックレスポンスシリーズを象徴する新しい形状のローター 「NEWマグナムライトローター」も初搭載となりました。 従来の「マグナムライトローター」が左右対称となっていたのに対して、「NEWマグナムライトローター」では左右非対称の形状デザインとしてあり、さらに慣性力の軽減、そして強度アップも出来るようになりました。 この16 ヴァンキッシュで初搭載されたのち、NEWマグナムライトローターは後のクイックレスポンスシリーズを始めとするライトユースなシチュエーションで使うシマノスピニングリールにも続々と搭載されるようになり、今ではスタンダードなものとなっています。 16ヴァンキッシュには派生モデルとして 「17ヴァンキッシュFWチューン」というモデルが販売されています。 こちらは基本性能はヴァンキッシュと同じですが、今までのラインナップに無かった「1000S」と「1000S HG」の2つの機種がラインナップされました。 デザインの面においてはボディカラーがノーマルの16ヴァンキッシュよりも濃くなっていて、スプール面とスカート部分のダークグレーとゴールドのカラー配置を逆にしてあり、さらにハンドルクランク部のスクリューもシルバーからゴールドに変更されています。 また、「1000S」と「1000S HG」でもデザインが変えられており、「1000S HG」はハンドル付け根部分がゴールドのパーツデザインとなっています。

次の

19ヴァンキッシュ エギング実釣インプレッション|テルヤスの釣り情報

バン キッシュ リール

更に滑らかになった巻き心地 私がアジングのリールで一番重要視することは、巻きの滑らかさ。 これが違うだけで釣果は大きく変わります。 とにかくスムーズに巻ければいいのではなく、一定の速度でハンドルを回した時に何一つガタやブレがないことが最低条件なのです。 実際にアジングをしていると、リールから伝わるほんの僅かなガタやブレでさえ、アタリと感じてしまいます。 そんなリールを使用していては釣りになりません。 ですから、巻きが滑らかでなければならないのです。 私はのリールが好きで、ばかりを使っています。 ただ、のX-SHIPは使い込めば必ずと言っていいほど上下でのノイズが出るようになります。 (私が長年使用した機種は全てです) 定期的にメーカーにOH(オーバーホール)を出していたりすれば、こんな現象にはならないのかもしれませんが、一年を通して毎週末には必ずと言っていいほど釣行する私には、そんなことをしている時間はないのです。 数年使い込んだノイズのあるリールでは、やはりアタリが分かりにくいです。 なので、ノイズが大きくなった時には私は買い替えを検討します。 これは昨年に発売された18ステラから搭載された新機構。 ギヤの歯面の見直しによるノイズの低減を図ったものです。 そのうえギア強度もアップしている模様。 さらに私が前述したウォームシャフトのノイズは『 サイレントドライブ』によって見直されています。 この二つの機構により、19は前モデルよりもさらに滑らかな巻き心地を得たのです。 同番手では18ステラよりも軽い 次に私がアジングのリールで求める性能は軽さ。 つまり、重量です。 ただ、こればかりはロッドとのバランスもあるので、一概に軽ければ軽いほど良いというものでもありません。 それでも、一度の釣行でキャストする回数は数えきれないほどです。 そんな時にリールが少しでも軽ければ腕にかかってくる負担も軽減できます。 僅かな重量の差でも、一日中ロッドを振り続けた時の感は大きく変わります。 また、持ち手のリール重量が軽くなるほどロッド感度は向上します。 いや、意識がロッド側へ移行するというほうが正しいかな。 例えば、アジングロッドに8000番程のリールをつけたとしましょう。 そして、それでアジングすることを想像してみてください。 アタリを取りたくても、手元の重量が大きくロッドに集中できないと思います。 そこでリールが軽くなれば、自然に意識がロッド側へと移行し、アタリを取る際にロッドへの集中力が高まります。 このことから、『リールの軽量化がロッド感度の向上に直結する』といえるでしょう。 前モデルとの重量の違いは表の通り。 全ての番手が軽量化されています。 番手を変えずに16から19へ移行すれば、必ずこの恩恵が受けられるのです。 変わらないモノもある 最後に私が求めるのはドラグ性能です。 ここを最も重要視される方も多いのではないかと思います。 しかし、私の場合は三番目。 それは、使用するラインがPEだから。 テルやフロロの極細ラインを使用している方は、合わせ切れ等にならないようにドラグの性能を重視するでしょう。 しかし、PEを使用している私は合わせ切れなどは皆無。 逆にしっかり合わせを入れたいので、ドラグも少し強めの設定にしています。 掛けた後で勢いよく走る相手に対し、しっかりとドラグが出てくれさえすればいいのです。 ここは16と同機構の『リジッドサポートドラグ』です。 16のドラグでも不具合や不満はありませんので、ここは変わらずとも問題なしです。 他にも『Gフリーボディ』等、名称の変わらない機構もありますが、ドラグワッシャーを番手によって使い分けたりしているようなので、構造としては同じでも細部の見直しは必ず行われているでしょう。 耐久性能向上と飛距離アップ 16では『コアプロテクト』だったが、19では『 Xプロテクト』になっています。 今まで以上の更なる耐久性能のアップに期待できます。 他にも、ハンドルの素材やローターの形状の見直し、ベールのチタン化、低摩擦ローラー採用等々細かい仕様の変更はありますが、何より気になるのが 『 スプール』 です。 これにより16モデルに比べ約4%の飛距離アップを実現しているそうです。 どういうことかといいますと、 スプールのラインを巻く部分が縦に長くなったということ。 これによりライン放出時のツバに当たる摩擦抵抗の低減が飛距離アップにつながっているようです。 また放出されるラインの角度も変わってくるため、ラインの流れをスムーズにすることにも一役買っていることでしょう。 カラーリング・デザイン.

次の