脱毛 ラボ 脱毛 器 口コミ。 脱毛ラボ ホームエディション【口コミや効果は?】1年以上使った感想レビュー

VIOも脱毛できる脱毛器【2選】セルフで始める脱毛生活

脱毛 ラボ 脱毛 器 口コミ

VIOを脱毛出来る脱毛器を選ぶ際のポイント VIOを脱毛出来る脱毛器を選ぶ際のポイントは• 作っているメーカーの実績や保証について• 痛みが少ないこと• コスパが良く使い易い の3つです。 では順番に紹介していきます。 作っているメーカーの実績や保証について VIOを脱毛する場合、脱毛器を作っているメーカーの実績や保証について確認する事が重要です。 どれだけ安くて評判良くても• 信用できないメーカーの製品• 保証がしっかりついていない製品 にお金を払うのはもったいないし、体に直接触れる家電製品だから安心して使えません。 メーカーの実績や保証も確認してから購入しましょう。 痛みが少ないこと 脱毛器で脱毛する時どうしても痛みが生じます。 特にVIO(デリケートゾーン)に関しては、痛みを感じやすい部位ですので痛みの少ない脱毛器を選ぶ事が重要になってきます。 ですので、脱毛する時「痛みが少ない脱毛器」を選ぶ事が重要です。 コスパが良く使い易い 脱毛の性能も大事ですが、• コスパの良さや• 使いやすさ も重要ですよね。 脱毛器を選ぶ際には、この性能でこの金額で良いの? みたいなコスパの良さや いつでも使えるようにさっと取り出せるコンパクトさがとても大事です。 VIOも脱毛できる|おすすめの脱毛器ランキング【2選】 家庭用の脱毛器は、現在多数のメーカーから複数の機種が販売されており、どれを選んだら良いのか分からないと言う方が増えております。 特にVIO(デリケートゾーン)を脱毛出来るとメーカーが自信を持って紹介している機種は少なく現在確認出来ている機種は2つです。 というわけでVIO対応の脱毛器の紹介です。 VIOも脱毛できる|おすすめの脱毛器【2選】 VIOを脱毛出来る「脱毛ラボ・ラヴィ」を表で比較 VIOも脱毛できる|おすすめの脱毛器【2選】をご紹介していきました。 ここから「脱毛ラボ・ラヴィ」を比較検証しVIO脱毛に最も適している脱毛器を探していきましょう。 脱毛器を選ぶ際のポイントは、• 作っているメーカーの実績や保証• 痛みが少ないこと• コスパが良く使い易い の3つでした。 脱毛ラボ・ラヴィを表で比較 脱毛ラボ ラヴィ メーカーの実績 脱毛サロンが開発したお客さま目線の脱毛器 こだわりの日本製厳しい管理の元製造されている 保証 1年 2年 使用前後の冷却ジェル 不要(冷却クーリング機能搭載) 必要 痛み 冷却ジェル不要で痛みは少ない 冷却ジェルでしっかり冷やすと痛みは少ない 本体価格 64,980円 49,800円 分割払い 対応 対応 レンタルの有無 あり なし 照射回数 30万発 10. 5万発 連射モード あり(全身約15分) なし 1発あたりの金額 約0. 22円 約0. 47円 全身脱毛何回分 約300回 約100回 照射レベル 5段階 7段階 残りショット数の確認 カウント付きなので分かる 本体の+-同時押しで確認可能 重さ 277g ケース含む(2kg) 本体サイズ 49. 9ジュール 6. 7ジュール 「脱毛ラボ・ラヴィ」を実績・コスパ・痛みの3つで比較 作っているメーカーの実績や保証をチェック 作っているメーカーの実績や保証がどれだけあるかはとても重要です。 メーカーの実績や保証比較• 脱毛ラボ ホームエディション:脱毛ラボ(サロン)がお客さま目線で開発した脱毛器ですので、細部にこだわり設計されています。 ラヴィ:安心の日本製で、普通はメーカー保証が1年ですが、保証が2年と長い!自社製品に強い自信を持っている現れですね。 脱毛器はやっぱり「安心・安全」の日本製が良いという方には、ラヴィですね。 保証が2年という点もありがたい。 痛みが少ないかチェック デリケートゾーンの脱毛は、痛みが少なくすむことが大事です。 どんなに効果があっても痛いと続けることが出来ません。 「脱毛ラボ・ラヴィ」の痛み比較• 脱毛ラボ ホームエディション:本体に冷却機能が搭載しているので、脱毛前後の冷却ジェルなしでも痛みが少ない。 ラヴィ:冷却ジェルを脱毛前後にあてる事により痛みを軽減できる。 痛みが少ないという面で言えば両者互角ではないかと感じます。 ただ、「 冷却ジェルを用意しなくても良い点」では、 脱毛ラボがとても楽です。 コスパが良く使い易いかチェック コスパが良くて使い易い脱毛器はとても魅力的です。 コスパ・使いやすさ比較• 脱毛ラボ ホームエディション:照射1発あたり約0. 22円とかなりコスパの良い印象で、連射も可能です! 全身脱毛なら約300回使用可能ですので、家族で使っても余るぐらいです。 使いやすさの点においても、脱毛ラボ(サロン)がお客さま目線で作った脱毛器だけあり「照射残り数もすぐに分かるカウントディスプレイ」搭載 さらに「冷却クーリング機能」搭載なので冷却・ジェルの必要もありません。 ラヴィ:照射1発あたり約0. 47円と少し高め、しかしながら手になじみやすいフォルムの本体ですので軽く使い易いです。 残念なのがチャージ時間が長い点! 連射が出来ないので少し待つ時間があります。 照射本体が小ぶりのラヴィは手になじみやすいフォルムですので軽くて使い易いのですが、コスパでは脱毛ラボに劣ります。 脱毛ラボは、連射も可能で全身脱毛するのに約15分という早さ!冷却機能も魅力的なので面倒な冷却作業を省けます。 使いやすさは小さなラヴィですが、 コスパの良さは脱毛ラボだと分かりますね。 家庭用脱毛器でVIOを脱毛する際の注意点 家庭用脱毛器を使ってVIO(デリケートゾーン)を脱毛する際の注意点は• 脱毛前には清潔にしておく• 自己処理を正しく(丁寧に剃毛)する• 脱毛する部位を冷却する(脱毛ラボは冷却機能付き)• 照射部位にほくろ(黒い部分)がある場合やIラインの粘膜部分は白いテープを使い保護しておく• 照射出力は弱めから試す の5点です。 VIOの脱毛は、痛みをともなうことがありますので、しっかりと剃毛を行い冷却する事が大切です。 ちなみに VIOを剃毛する場合は、VIO専用のシェーバーがパナソニックから発売されておりますので一度チェックしておくとよいかもしれません。 VIO専用のシェーバーであればそり残しも少なく肌がつるつるになりますので、痛みの軽減に繋がること間違いなしです。 関連記事: VIO専用のシェーバーでつるつるにしてから 冷却機能の付いている肌に優しい「脱毛ラボ ホームエディション」でVIO脱毛を【今すぐ体験してみよう】 脱毛ラボホームエディションは、脱毛ラボ(サロン)が開発していますので、ユーザー目線の家庭用脱毛器です。 しかも、VIO(デリケートゾーン)をすべてをケアできますので、脱毛ラボ ホームエディションが一番VIOを脱毛する場合はおすすめです。 コロナの影響で脱毛器の価格が軒並み上がっている中、脱毛ラボホームエディションは価格据え置きですのでとても良心的ですよね。 \脱毛ラボホームエディションの公式サイトはこちら/ Favorite ブックマークする.

次の

家庭用光脱毛器『脱毛ラボ・ホームエディション』の効果は?使ってみた口コミ評価と使い方

脱毛 ラボ 脱毛 器 口コミ

カートリッジを付け替えることで脱毛機能と美顔機能が使えるアイテムなんだけど、マット感のあるスタイリッシュなデザインも特徴的だよ。 ボタンが一つだけのシンプルな設計で脱毛器としてだけでなく、美顔器としても使うことができる『 Hatsubi ハツビ の光脱毛器』 マットな質感には高級感があり、手にフィットしやすいデザインに設計されているアイテムです。 またコスパも良く1万円前後で購入することができるので、お財布にも優しい脱毛器として人気です。 今回はそんなHatsubiの脱毛器について特集してみました。 この記事を読むことで、 光脱毛器Hatsubiの特徴や魅力だけでなく、口コミや効果・使い方・お買い得情報(最安値価格)が分かります。 それでは見ていきましょう。 読みたい場所にジャンプ!• 光脱毛器Hatsubiの特徴 光脱毛器HatsubiはIPL光脱毛技術を採用した、一般的な家庭用脱毛器と同じ仕組みのアイテムですね。 原産地が不明ですが、値段がかなりリーズナブルなのでおそらく中国製だとおもいます。 この脱毛器は脱毛器として使えるだけでなく、 美顔器としても使えるのが特徴的で、カートリッジを付け替えることで簡単に美顔器に変身。 また、光脱毛器Hatsubiは人気脱毛器であるケノンと同じように、カートリッジが寿命を持っているタイプになります。 脱毛用カートリッジは50万回の照射回数を持っており、美顔器用のカートリッジは20万回使うことができます。 値段が1万円前後で合計70万回も使用できるのはコスパ抜群ですね。 光脱毛器Hatsubiが一番魅力的なのはそのスタイリッシュなシルエット。 脱毛する人の持ちやすさを追求して設計された滑らかな曲線は高級感さえ備えており、デザイン的な面でも評価の高いアイテムですね。 ただ、 照射面積は3. 1㎠と若干小さめ。 値段が安いので、照射面積の小ささぐらいは妥協ポイントですね。 カートリッジ交換可能? ハツビ脱毛器のカートリッジについてですが、付け替えることで寿命を伸ばすことができるようです。 つまり、 カートリッジは交換可能。 なのですが、カートリッジが単品で販売されているか調べてみたところ、有名どころのECサイトには販売されていませんでした。 また、ハツビ専用の公式ページなども特に見つからなかったので、カートリッジは交換できますが、 使い切りタイプに近い感じです。 ケノンなどであれば、カートリッジ単品で販売されているのですが、ハツビだとカートリッジだけの販売がなさそうです。 そんなハツビの脱毛器ですが、実際に使用した人の口コミはどうなのでしょうか? ここから見ていきましょう。 脱毛器Hatsubiの口コミ・レビュー 光脱毛器Hatsubiの口コミを調べてみたところ次のような声が上がっていました。 家庭用脱毛器は初めてでしたので顔はレベル1、体はレベル5にて使用 痛みや脱毛器?からの臭いはサロンと同じように感じました 2日目以降は全身レベル5で当てています VIOは色素沈着のせいでかレベル4で我慢できるけど痛い!と感じるほど。 使用後はスキンケアやボディークリームを塗ったので、次の日ひりひりや肌荒れはありません ごつごつしている所などは少し苦労しますが適当に角度を変えたりして頑張ります 効果が出るのを期待しています! 追記: なるべく週1で全身当てています(当てすぎかも笑 脇やVなどの毛が太かった部分は近くで見ないと目立たなくなってきました 顔やIや指は毛が生えてくるペースが遅くなりました 安いのにこんなにも効果があるとは!感動です 引用:Amazon 口コミを調べてみたところ、 そのシンプルな設計と高級感のあるデザインに好評がありました。 慣れてくればどの脱毛器よりも扱いやすく、使い勝手が良さそうですね。 また、持ちやすいスタイリッシュなデザインに設計されているのも高評価でした。 色々な脱毛器をこのブログでまとめてきましたが、Hatsubiは上位に入るほど デザインがスタイリッシュです。 マット感があり、ツヤのある感じがそそられるデザインになっているので人気の理由も分かります。 効果・使用感• ボタンが一つで使いやすい• 無駄な機能がないから便利• カートリッジが交換できて美顔器も使えるから嬉しい• 使い続けていたら効果を実感できた!• デザインがスタイリッシュでオシャレ• 高級感がある• 照射面積が小さめ• 意外と丈夫な作りで安定感がある 脱毛器Hatsubiの使い方 光脱毛器Hatsubiの使い方ですが、有名な脱毛器ケノンやブラウンと同じです。 IPLの光技術でムダ毛を脱毛していく仕組みなので、照射を毛根の組織に当てるのが重要になります。 そのため、ハツビの脱毛器を使う前にはあらかじめムダ毛を処理しておきましょう。 必要であれば、保冷剤を用意しておき、照射による痛みを軽減する目的で使ってください。 照射する前と後に冷却することで、痛みを軽減するのと毛穴の引き締めが可能になります。 Hatsubiはシンプルな設計になっているのでボタンが一つしかありません。 最初に3秒間長押しすることで起動するようです。 その次に照射レベルを5段階から設定。 あとは、保冷剤を使いながら照射していけば完璧ですね。 ちなみに、 連続照射機能も備わっているのでスピーディーに全身脱毛することも可能です。 美顔器として使いたい場合はスキンケア用のカートリッジを装着して同じような手順で照射していきます。 脱毛器Hatsubiの最安値 次に、 光脱毛器Hatsubiのお買い得情報を紹介します。 有名ECサイトで価格を比較してみたところ次のような結果になりました。 その次に安いのがアマゾンで1万2899円で販売されています。 また、楽天やヤフーショッピングでも購入することが可能なのですが、若干値段が高くなるので注意してください。 上記のことから、 Hatsubiの脱毛器をお得に購入したい方はQoo10がおすすめです。 タイムセールが随時開催されてお得になることもあるので、ぜひチェックしてみてください。 まとめ ということで今回は 中国製の光脱毛器Hatsubiについて特集してみました。 値段が安い割にはなかなかスペックが優れた脱毛器で、デザインもおしゃれなのも魅力的ですね。 口コミを見てみても評価がそこそこ高めなので、品質も問題なさそうです。 内蔵石英管により耐熱にも優れ、丈夫な設計になっているだけでなく、紫外線防止ガラスで肌に優しい照射も可能。 カートリッジが交換可能で、脱毛できる照射回数は50万回。 美顔器として照射できる回数は20万回。 最先端のテクノロジーが投入されているとか、クーリング機能が付いているといったことはありませんが、逆にそれがシンプルで引かれますね。 ただ、 最近の脱毛器にはHatsubiを超えるようなスペックの優れたものが続々と登場してきているので、気になる方はこちらをどうぞ!.

次の

脱毛ラボ・ホームエディションの口コミ・VIO効果!脱毛器の使い方|犬顔犬太のギタビログ

脱毛 ラボ 脱毛 器 口コミ

かなり細かい部分まで比較してみたからその結果をこれから紹介していくね。 脱毛器といえばまず思いつくのが人気の「ケノン」ではないでしょうか? しかし、家庭用脱毛器には色々な種類があり、調べれば調べるほどたくさんのアイテムが出てきます。 そして、ケノンと同じように人気なのが「脱毛ラボホームエディション」です。 こちらは人気モデルやタレントなども愛用している脱毛器で業務用のパワーを発揮してくれる優れもの。 どちらも値段が6万円以上もする高いアイテムなのでどちらを選べばいいのか迷いますよね。 そこでこの記事では、 両者にどんな違いがあり、どんな魅力があるのか? 2つの脱毛器のスペックを比較しながら検証してみました。 それでは見ていきましょう。 読みたい場所にジャンプ!• ケノンvs脱毛ラボホームエディション ケノンと脱毛ラボホームエディションを比較してみたところ、スペック的に圧勝している脱毛器がありました。 結論から言ってしまうと、 ケノンのほうが優秀でした。 後ほど、どうしてこの結論に至ったのか解説しますが、各脱毛器のスペックを比較してみた結果、明確なほど違いが見られたんですね。 ただ、ケノンのほうが優れいるといえど、ケノンのほうが脱毛ラボホームエディションよりもやや値段が高めです。 その価格差は4820円。 ケノンは6万9800円で販売されていますが、脱毛ラボホームエディションの方は6万4980円で販売されています。 なので、脱毛ラボホームエディションのほうが微妙にお得に感じてしまいますが、4820円以上のスペックがケノンにはあります。 例えば、 寿命。 照射回数で比較すると脱毛ラボホームエディションはどのレベルで使用しても30万回照射可能です。 レベルMAXで使用したとしても30万発きっちり使うことができるので、全身脱毛するにしても十分な回数です。 一方でケノンは現在のデフォルトカートリッジであるスーパープレミアムカートリッジを使えば300万発もあります。 (レベル1で使用したさい。 ) ちなみに、レベルMAX(10)で使用すると照射回数が50万発まで減ってしまいますが、それでも脱毛ラボホームエディションよりも多いわけですね。 しかも、ケノンの場合は他のカートリッジも何点か特典についているので、実際はもっと寿命が長いです。 たとえ脱毛ラボホームエディションが4820円安いとしても、ケノンを選ぶべきでは? と感じてしまいます。 寿命だけでは分からない部分もあると思いますので、ここからさらに詳しく比較していきたいと思います。 ケノンと脱毛ラボホームエディションを徹底比較 ケノンと脱毛ラボホームエディションを徹底比較してみた表がこちらです。 (優れている部分にマーカーを引いています。 ) 【比較項目】 ケノン 脱毛ラボホームエディション パワー 非公開(コンデンサ4個分のパワー) 最大2. 25㎠ 4. しかし、脱毛ラボホームエディションにも良い部分があり、値段が安い部分や美顔器機能がそのままで使えること、さらにクーリング機能などはケノンが持っていないスペックですね。 また、照射パワーについてですが、こちらはケノンが家庭用脱毛器の中で一番高いと言われていますが、公式では発表されていません。 ちなみに、ケノンはコンデンサが4個も搭載されているので、他の脱毛器は1個だけしかコンデンサが入っていないことと比較してみてもパワーの高さが分かります。 確かに、威力を高めるだけではムダ毛を通り越して肌にまで負担をかけてしまうのでパワーがほどほどに設定されているのはメリットでもあります。 この照射威力に関しては比較的ない部分があり、個人的にはガツンと照射したほうが毛根に直で光が届きやすく脱毛しやすいように思いました。 私も数年間、脱毛器を使い続けてきたので肌感覚で言えることですが脱毛サロンのような弱々しい光よりもパワーの強い光で毛根に当てたほうが脱毛効果があったように思います。 内容的にもケノンが優っているように思えますが、決っして脱毛ラボホームエディションが完璧に劣っているわけではありません。 ここからは脱毛ラボホームエディションの良い部分にスポットライトを当てていきたいと思います。 ケノンは絶対王者。 でも脱毛ラボホームエディションもいいとこある 脱毛ラボホームエディションの良い部分はスペックがシンプルになっている点です。 ユーザー目線で開発されているので、余計な部分が削ぎ落とされている感じですね。 例えば、脱毛ラボホームエディションは追加でカートリッジを交換する必要がありません。 交換しなくても照射回数は30万発もあり、どのレベルで使用しても30万発きっちり使うことが可能です。 カートリッジが交換できない分、 寿命を伸ばすことができないわけですが逆にいえば、追加でお金を払う必要がないとも言えますね。 さらに、脱毛ラボホームエディションはそのままで美顔器としての効果を発揮してくれます。 肌に照射することで肌の潤いとハリをアップし、内側から弾力のあるうるモチ肌に仕上げてくれます。 ケノンにも美顔器として使える機能があるのですが、ケノンの場合は追加でスキンケアカートリッジが必要になります。 このスキンケアカートリッジは特典についていることもよくありますが、タイミングが悪ければ購入する必要があるんですね。 このことを考えてみても 脱毛ラボホームエディションはシンプルです。 さらに脱毛ラボホームエディションが唯一ケノンよりも優れている機能が「 クーリング機能」になります。 こちらは、照射する前にひんやりと冷却することで痛みを軽減してくれる機能です。 この機能があれば、わざわざ保冷剤などを用意しなくてもパパパパッと照射できてしまうので手間がかかりません。 イメージしてみて欲しいのですが、例えば部屋でテレビを見ながら脱毛器を使うとして、片手でできるのは脱毛ラボホームエディションです。 保冷剤を使わないで済むのでクーリング機能と脱毛を交互に行えば、片手でパパッと脱毛できます。 一方でケノンの方は照射レベルを下げない限り、保冷剤で冷やしてから照射しないと痛みが強いです。 なので、保冷剤とケノンで両手がふさがってしまいます。 スペック的にはケノンが優っているわけですが、よりシンプルな脱毛を求めているなら脱毛ラボホームエディションもアリというわけですね。 迷ったらおすすめはこっち! 最後になりましたが、おすすめの脱毛器を紹介して終わりたいと思います。 もしもあなたが脱毛器選びに迷っているようでしたら、ケノンがおすすめです。 特に初めて脱毛器を買うような方はケノンを最初に使うと良いとでしょう。 理由としては、先ほども解説してきましたが スペックがダントツで優れているからですね。 値段がやや高いという点を除けば、ケノンは最初の脱毛器として十分すぎるほどのアイテムです。 私も実際にケノンを使って脱毛してきましたが、見事に全身をツルツルに仕上げてくれました。 学生の頃からひどく体毛のコンプレックスで悩んでいたので、脱毛器などを使って意味があるのか? 脱毛効果はちゃんとあるのか? と不安に感じていましたが、使い始めてすぐに効果を実感できました。 あなたもこれから脱毛器を使うのであれば、間違いなく最初にこんな体験をすると思います。 初めて脱毛器で照射するとバフッと薄い煙が出ます。 最初はびっくりするのですが、それは自分のムダ毛の組織が熱エネルギーで破壊され、煙になって立ち昇るんですね。 それを見て私はこう思いました。 「間違いなく効果がありそうだ。 」 私の場合はバフォッといわんばかりの煙が出たのでこれだけで脱毛効果を実感できました。 長くなりましたが、 迷ったらケノンをおすすめします。 またケノンを購入する際はこちらの記事をサクッと読んでおくことをおすすめします。

次の