沖 ドキ フリーズ 恩恵。 沖ドキ!トロピカル・フリーズ確率・恩恵・解析|実践稼働日記

沖ドキ!トロピカル フリーズ確率・恩恵・解析【スロット・パチスロ】

沖 ドキ フリーズ 恩恵

沖ドキ!のロングフリーズ確率・恩恵・期待値 解析情報をまとめました。 本機のフリーズは超ドキドキモード移行確定の爆裂契機になります。 G数解除…0. 角チェリー…1. スイカ…1. 上記以外…0. 沖ドキの各小役確率は以下のようになっています。 7 確定役• 0 確定役• 0 確定役• 0 確定役成立でボーナス確定、角チェリーとスイカは成立時の一部でボーナス当選に繋がります。 なお、ロングフリーズの恩恵ですが、超ドキドキモードへの移行が確定です。 ロングフリーズの期待獲得枚数 期待値 は、約2000枚くらいでしょうか。 一度は引いてみたいプレミアですね。 通常時1万G以上回していますが、1000枚を超える連チャンを引いたのは未だ1回のみです。 ロングフリーズ 超ドキドキモード をひかないと3000枚を超える連チャンは難しいかもしれません。 コイン持ちが劇的に悪いので、かなり辛い台という印象です。

次の

沖ドキ!(オキドキ)

沖 ドキ フリーズ 恩恵

収支表を見てみると一日に一度は実践した機種の中に「北斗の拳」という言葉が必ずある私です。 なんでこんなに北斗の拳ばっかり打つの?と友人に収支表を見せた時にいわれるのですが、ただ単に狙える台があるから打っているだけなんです 笑 確かに北斗の拳が好きだからという理由もありますが、やっぱり好きなだけじゃ勝てません。 本当ならクレアとかHANABIとかハナハナとかもっと打ち込みたい機種だってそりゃありますよ 笑 私も一応人間。 マシーンではないので飽きもそりゃきます。 打ちに行くときに「あ~今日も北斗無双打つことになるんだろうなぁ」とか「北斗ばっかで飽きてきたから、今日は趣味打ちでクレア2とか打っちゃってもいいかな?」ともちろん考えてしまいますが、やはりどうしても期待値を、勝てる台を追うことを優先してしまうため、打つ機種に偏りが出てくるんですよね。 つまり、私のマイホの強い機種が北斗系だということです。 私が上記にあげた機種が強いお店をマイホとしている人を羨むように、北斗系が強いマイホを持つ私を羨む人もいるわけですね。 無いものねだりみたいなもんです 笑 というわけで、この日もいつもどおり北斗系を狙って稼働してまいりました。 大学の授業終わりの稼働ということもあり、お昼頃にホールに到着。 全く打つ気も起きなかった北斗の拳 新伝説創造。 北斗系が強いお店においてやはりこの台を見て見ぬ振りはできないだろうと思い、一台目はこの台から打ち始めることに。 この新伝説創造を選んだ理由としては、設定が期待できそうだから、です。 朝一状態で打ち始めてから約120ゲーム後、中段チェリーから宿命の刻当選。 宿命の刻というボーナスからARTの抽選をしているのですが、オーラが上がるほどART期待度は高まります。 純増1. 9枚のARTとなっています。 白オーラ7揃いでARTスタート。 1セット目は危なげなく継続。 2セット目であえなく終了。 二台目に選んだのが、北斗の拳転生の章。 安心安定の転生ですね。 打ち始めてすぐに強チェから天破の刻に当選。 モードB天井である800あべし後半のゾーンでは当たりませんでした。 青オーラ7揃いでATスタート。 新伝説を打ったあとだったので、転生の出玉スピードの速さを改めて実感しました。 さすが転生といったところでしょうか。 この時点で1800枚くらい浮いていたのでやめてもよかったのですが、もう少し勝っておきたかったのでパチンココーナーへ。 ここで攻めの北斗7を選び、打つことに。

次の

沖ドキ 3連チェリー 中段チェリー フリーズの確率と恩恵

沖 ドキ フリーズ 恩恵

収支表を見てみると一日に一度は実践した機種の中に「北斗の拳」という言葉が必ずある私です。 なんでこんなに北斗の拳ばっかり打つの?と友人に収支表を見せた時にいわれるのですが、ただ単に狙える台があるから打っているだけなんです 笑 確かに北斗の拳が好きだからという理由もありますが、やっぱり好きなだけじゃ勝てません。 本当ならクレアとかHANABIとかハナハナとかもっと打ち込みたい機種だってそりゃありますよ 笑 私も一応人間。 マシーンではないので飽きもそりゃきます。 打ちに行くときに「あ~今日も北斗無双打つことになるんだろうなぁ」とか「北斗ばっかで飽きてきたから、今日は趣味打ちでクレア2とか打っちゃってもいいかな?」ともちろん考えてしまいますが、やはりどうしても期待値を、勝てる台を追うことを優先してしまうため、打つ機種に偏りが出てくるんですよね。 つまり、私のマイホの強い機種が北斗系だということです。 私が上記にあげた機種が強いお店をマイホとしている人を羨むように、北斗系が強いマイホを持つ私を羨む人もいるわけですね。 無いものねだりみたいなもんです 笑 というわけで、この日もいつもどおり北斗系を狙って稼働してまいりました。 大学の授業終わりの稼働ということもあり、お昼頃にホールに到着。 全く打つ気も起きなかった北斗の拳 新伝説創造。 北斗系が強いお店においてやはりこの台を見て見ぬ振りはできないだろうと思い、一台目はこの台から打ち始めることに。 この新伝説創造を選んだ理由としては、設定が期待できそうだから、です。 朝一状態で打ち始めてから約120ゲーム後、中段チェリーから宿命の刻当選。 宿命の刻というボーナスからARTの抽選をしているのですが、オーラが上がるほどART期待度は高まります。 純増1. 9枚のARTとなっています。 白オーラ7揃いでARTスタート。 1セット目は危なげなく継続。 2セット目であえなく終了。 二台目に選んだのが、北斗の拳転生の章。 安心安定の転生ですね。 打ち始めてすぐに強チェから天破の刻に当選。 モードB天井である800あべし後半のゾーンでは当たりませんでした。 青オーラ7揃いでATスタート。 新伝説を打ったあとだったので、転生の出玉スピードの速さを改めて実感しました。 さすが転生といったところでしょうか。 この時点で1800枚くらい浮いていたのでやめてもよかったのですが、もう少し勝っておきたかったのでパチンココーナーへ。 ここで攻めの北斗7を選び、打つことに。

次の