花火 ビック 中 ハズレ。 ハナビ(花火)

ハナビ(花火)が打ちたくなるリーチ目まとめ【スロット初心者OK】

花火 ビック 中 ハズレ

リーチ目写真は実践で撮ったもののみ紹介する、ネットで拾ったものは使用しない つまり、「実際に私が経験したリーチ目&私自身が撮ったリーチ目のみ紹介する」ということです。 その理由は単純で、リーチ目紹介するだけなら簡単ですが、 私が一番伝えたいのは「ハナビ」の面白さ、広く言えばAスロットの楽しさです。 リーチ目の解説は二の次ということ。 私自身が撮ったリーチ目ならその時の気持ちや、驚き、わくわくなど伝える事ができますが、ネットから拾ったものだとリーチ目についての解説しかできないと思ったからです。 リーチ目募集してます とはいえ、私が紹介できるリーチ目にも限界があるということと、色々な人のリーチ目も見てみたいというのもあるので。 この機会にあなたのリーチ目を皆に紹介してみませんか! ということで、リーチ目を募集したいと思います。 後述する「リーチ目紹介(解説)の詳細」を踏まえて、TwitterのDMからご連絡頂ければ対応させて頂きますのでよろしくお願いします。 リーチ目紹介(解説)の詳細について リーチ目紹介の詳細については下記のようにしたいと思います。 リーチ目の紹介ポイント• リーチ目の名称【なんでもOK】• リーチ目写真• 投稿者名【匿名、ニックネーム、Twitter垢名】• コメント【なんでもOKです。 レア度【出現頻度】• リターン【BIGとREGの割合】 こんな感じですね、 リーチ目に名前を付けると見ているだけで面白いと思いますし、 投稿者名は任意(Twitter名でリンク付ける事も可) コメントは何でもOKです、その時の状況でもいいですしどういう部分が好きなのかなど、面白おかしくしても大丈夫です(楽しさが伝わればなんでもOK) 最後に レア度(出やすいリーチ目なのか、肌感でOK)、リターン(BIGとREGの割合、これも肌感でOK)を5段階評価でわかりやすく。 長くなってしまい申し訳ないです、それではリーチ目達を見ていきましょう! ハナビのリーチ目まとめ【本編】 打ち方は人によって様々だとは思いますが、それもAタイプスロットの面白いところ。 ハナビに関しては王道のハサミ打ち、順押しが人気といったところでしょうか。 私自身、上記2つの打ち方がほとんど(遅れ時は除く)なので、ハサミ打ちメインの紹介になりそうです。 チェコチェが絡むとなんでも美しい。 「チェコチェ」とは? アクロス機では、法則性や馴染みのある出目を略して呼ぶことがよくある。 チェコチェはその一つであり中リールの出目【チェリー・氷・チェリー】の略称。 初心者の方は、 チェコチェが絡む出目は熱いという事だけ覚えておこう。 ドンちゃん・七・ドンちゃんのボーナス一直線型のリーチ目、初心者にも分かりやすく豪華な出目ではあるが喜ぶ事なかれ、REG多し!! リターン星1の理由 ハナビには、【ドンちゃん・七・七】の一枚役Bが存在しており、 7割強がREGという驚異のショボリーチ目である。 つまり、上記の【ドン・七・ドン】のリーチ目は 内部で一枚役Bが成立していた可能性が高いことからリターンの評価は星1つとなっているのだ。 「遅れ」とは? 遅れとは、ハナビの演出の一つで、 リール始動とリール始動音にずれが起こる事を指す(リール始動音が遅れて聞こえる)。 発生確率は 約100分の1、遅れ発生時にはチェリー(レアチェリーは含む)かボーナスのどちらかが必ず成立している、熱い演出とだけ覚えておこう。 綺麗な出目の裏側にはハナビストの風上にも置けない奴の姿がそこにはある。 赤七の並びがなんとも美しい、魅せられるとはこういう事を言うのかもしれない。 子役を外しつつ上段ドンナナナナの1枚役を否定する、なんて粋な事をしてくれるんだろうかこの出目は、 「当てつつもBIGの期待は残す」リーチ目のお見本とも言える。 ちなみに、上記左リールの出目から順押しで中リールに上から【ブランク・リプレイ・風鈴】で左中2確だった気がする。 単ドンとノレンのロータリー打ちを練習している時にたまたま出た出目、やっぱりゲチェナって至高ですよね。 ただ一つ言わさせてもらうなら 「チェリーの時にチェコチェはやめて、期待持たさないで」 チェコチェでハズレ目ならリーチ目ってのもなんか単調ですよね、ただ美しいから許す。 中リールがもう1コマ滑ってたらチェコチェだし、これはこれで氷の大山でいい感じなんですよね。 これだからハナビは辞められない。

次の

【HANABI】設定狙い!ビッグ中のハズレ(獲得枚数309枚)を後ヅモしたらとんでもないことに…。

花火 ビック 中 ハズレ

リーチ目写真は実践で撮ったもののみ紹介する、ネットで拾ったものは使用しない つまり、「実際に私が経験したリーチ目&私自身が撮ったリーチ目のみ紹介する」ということです。 その理由は単純で、リーチ目紹介するだけなら簡単ですが、 私が一番伝えたいのは「ハナビ」の面白さ、広く言えばAスロットの楽しさです。 リーチ目の解説は二の次ということ。 私自身が撮ったリーチ目ならその時の気持ちや、驚き、わくわくなど伝える事ができますが、ネットから拾ったものだとリーチ目についての解説しかできないと思ったからです。 リーチ目募集してます とはいえ、私が紹介できるリーチ目にも限界があるということと、色々な人のリーチ目も見てみたいというのもあるので。 この機会にあなたのリーチ目を皆に紹介してみませんか! ということで、リーチ目を募集したいと思います。 後述する「リーチ目紹介(解説)の詳細」を踏まえて、TwitterのDMからご連絡頂ければ対応させて頂きますのでよろしくお願いします。 リーチ目紹介(解説)の詳細について リーチ目紹介の詳細については下記のようにしたいと思います。 リーチ目の紹介ポイント• リーチ目の名称【なんでもOK】• リーチ目写真• 投稿者名【匿名、ニックネーム、Twitter垢名】• コメント【なんでもOKです。 レア度【出現頻度】• リターン【BIGとREGの割合】 こんな感じですね、 リーチ目に名前を付けると見ているだけで面白いと思いますし、 投稿者名は任意(Twitter名でリンク付ける事も可) コメントは何でもOKです、その時の状況でもいいですしどういう部分が好きなのかなど、面白おかしくしても大丈夫です(楽しさが伝わればなんでもOK) 最後に レア度(出やすいリーチ目なのか、肌感でOK)、リターン(BIGとREGの割合、これも肌感でOK)を5段階評価でわかりやすく。 長くなってしまい申し訳ないです、それではリーチ目達を見ていきましょう! ハナビのリーチ目まとめ【本編】 打ち方は人によって様々だとは思いますが、それもAタイプスロットの面白いところ。 ハナビに関しては王道のハサミ打ち、順押しが人気といったところでしょうか。 私自身、上記2つの打ち方がほとんど(遅れ時は除く)なので、ハサミ打ちメインの紹介になりそうです。 チェコチェが絡むとなんでも美しい。 「チェコチェ」とは? アクロス機では、法則性や馴染みのある出目を略して呼ぶことがよくある。 チェコチェはその一つであり中リールの出目【チェリー・氷・チェリー】の略称。 初心者の方は、 チェコチェが絡む出目は熱いという事だけ覚えておこう。 ドンちゃん・七・ドンちゃんのボーナス一直線型のリーチ目、初心者にも分かりやすく豪華な出目ではあるが喜ぶ事なかれ、REG多し!! リターン星1の理由 ハナビには、【ドンちゃん・七・七】の一枚役Bが存在しており、 7割強がREGという驚異のショボリーチ目である。 つまり、上記の【ドン・七・ドン】のリーチ目は 内部で一枚役Bが成立していた可能性が高いことからリターンの評価は星1つとなっているのだ。 「遅れ」とは? 遅れとは、ハナビの演出の一つで、 リール始動とリール始動音にずれが起こる事を指す(リール始動音が遅れて聞こえる)。 発生確率は 約100分の1、遅れ発生時にはチェリー(レアチェリーは含む)かボーナスのどちらかが必ず成立している、熱い演出とだけ覚えておこう。 綺麗な出目の裏側にはハナビストの風上にも置けない奴の姿がそこにはある。 赤七の並びがなんとも美しい、魅せられるとはこういう事を言うのかもしれない。 子役を外しつつ上段ドンナナナナの1枚役を否定する、なんて粋な事をしてくれるんだろうかこの出目は、 「当てつつもBIGの期待は残す」リーチ目のお見本とも言える。 ちなみに、上記左リールの出目から順押しで中リールに上から【ブランク・リプレイ・風鈴】で左中2確だった気がする。 単ドンとノレンのロータリー打ちを練習している時にたまたま出た出目、やっぱりゲチェナって至高ですよね。 ただ一つ言わさせてもらうなら 「チェリーの時にチェコチェはやめて、期待持たさないで」 チェコチェでハズレ目ならリーチ目ってのもなんか単調ですよね、ただ美しいから許す。 中リールがもう1コマ滑ってたらチェコチェだし、これはこれで氷の大山でいい感じなんですよね。 これだからハナビは辞められない。

次の

【質問回答】ハナビのBIG獲得枚数によるハズレ確認で枚数が合わない?|イチカツ!

花火 ビック 中 ハズレ

【関東某ホール】強いイベントでの設定狙い 関東の最近リニューアルした 某ホールの強いイベントで朝イチの抽選です。 抽選人数 260人中・・・ 260番!! 笑 早起きした苦労が全て無駄になった瞬間でした・・・笑 メイン機種のAT機・ART機は諦めて、Aタイプを攻めることにしましたが、最初に ディスクアップに座るも設定判別での数値もかなり悪く、設定に期待できない状況だったので、11時前にはアレックスの狙い台に移りました。 朝イチはいつもフットワーク軽めで動きます。 しかし、途中でBIG中のハズレを引いて、恐らくは設定5・6濃厚になったので、終日打ち続けることに。 その際、BIGの曲が 結構激しめのBGMとなりですので、テンション上がることは間違いないですよ!笑 ちなみにBIG4連目のみ、100G以内でもBGM変化となるようです。 BIGを引き過ぎだったので、 いつ大ハマりするかビクビクしながら打っていましたが、なんとかそんな壁もなく一日打ち終えられました。 【アレックス】BIG中ハズレが出た結果まとめ 今回のBIG中ハズレが出たアレックスで上手くいき過ぎた結果は、 後日『スロマガ設定推測ツール』にて判別したところ、設定1が濃厚となりました・・・ BIG中のハズレが出たのにも関わらず、まさかの 8割越えの確率で設定1という結果です。 もちろん設定5の可能性はわずかにありますが、この場合は設定1であったと予想するのが自然でしょう。 ただ、 「ホールの強いイベントであった」且つ「アレックス3台中1台しかまともな挙動をしていなかった」という点から、設定5だったと言われれば普通であるとも言えます。 ちなみに設定推測ツールを使うときは、ホールの状況や強い根拠があるかなど、ツールに入れて機械的に設定判別するだけじゃなく、「自分の身の回りで起きていることを考慮して判別していくほうがより精度が高くなる」と思っています。 しかし今回の挙動はアクロス系機種らしい爆裂挙動になりましたが、 設定1でもこんな暴れ方をするのがアクロス系機種の闇ですね・・・ ということで、少しでもあなたの参考になれば幸いです。 アレックスの設定判別なら精度の高いスロマガ設定推測ツール アレックスでは通常時に 『羽確率は良いけどボーナス確率は悪い』とか、 『ボーナス確率は良いけど、BIG中の判別要素は悪い』とか、複数の判別要素が合わさっての設定判別となるため、体感での判別は少し危険だったりします。 時間を無駄にして 高設定に座るチャンスを逃したり、 無駄に長く打って投資を増やすことにもなりかねません。 そんな時にスロマガの設定推測ツールを使って期待設定を推測すれば、すぐにあなたが打っている台の期待設定が分かります。 (ホールには設定1・2のほうが圧倒的に多い為) このツールの使用し『早い設定判別+台数をこなす』ことで、高設定のツモ率は高くなる立ち回りができています。 しかもハナビ・バーサスなんかと比べても、アレックスは設定判別が難しい機種なので、設定推測ツールは絶対に使っておいたほうがいいです。 月額500円(税抜)ですが、 1ヵ月たったのメダル28枚で素早い設定判別 ができる、その後の高設定ツモ率が上がるのであれば、比べ物にならないぐらい安い投資額だと思います。 あなたがスロマガのサイトを利用しなくなった際には、いつでも退会できますのでご安心ください。 今体感で設定推測をしている人は、精度の高いスロマガ公式サイトの設定推測ツールを使っておいたほうが良いですね。

次の