帰国生 大学受験。 帰国子女と帰国生の違いは?

日本の大学の帰国生入試 (帰国子女枠)/ AO入試

帰国生 大学受験

昨今私立大学に入学する受験生の約50%がAO・公募制推薦入試・指定校推薦入試などの推薦系入試経由であると言われ、年々この制度を導入する大学は上昇の一途をたどっています。 特に海外経験のある帰国生が国際系大学(上智大学・早稲田大学国際教養学部・国際基督教大学・国際教養大学他)のAO・推薦入試を受験する際、TOEFLやTOEICなどの英語資格が必須、あるいは重要な資格として利用できるため、海外で得た英語力を武器に希望の大学進学への可能性が広がる上、国際系大学以外でも、ハイレベルの英語資格はAO・推薦入試合格を非常に優位にします。 また、海外からの中途帰国生の場合、帰国生入試を利用できず、一般の受験生同様の入試(3科目・センター利用他)を余儀なくされる点を考慮すると、AO・推薦入試は有効な受験方法といえます。 それでは、各推薦方法の意味やポイントを以下に説明します。 日本では慶應義塾大学が最初にAO入試を行ったことで有名です。 書類審査と面接による選抜が主ですが、大学によりその選抜方法は大きく異なります。 自分で自分自身を推薦し出願するものがほとんどであり、学校長の推薦がいらないという事が特色といえます。 ・AO入試は「個性」「意欲」「姿勢」「適性」を重視! 公募推薦入試が学力や活動面を重視するのに対し、AO入試は大学への「個性」「意欲」「姿勢」「適性」が大きなポイントとなります。 したがって、選抜方法は書類審査と面接を通じて、生徒個人を多角的に審査していきます。 その他大学によっては、大学の模擬講義を受け、その後その講義に関するレポートを作成させたり、グループディスカッションで討議能力を審査したりと、多種多様な方法で選抜を行っていきます。 まさに「大学生としての適性」が試される試験といえるのです。 出願に関しては、あくまで学力試験では測れない生徒の個性や適性を重視するということで、逆にだれでも出願が出来るということになりますが、勿論、簡単に合格はできません。 一般的に公募推薦に比べ倍率が高めになることも多く、だからこそしっかりとした対策が必要になるということが言えます。 慶應大SFCや法学部、早稲田大の国際教養学部や政治経済学部、国際基督教大学など多くの私立大、横浜市立大学などの国公立大で実施しています。 AO入試、ここがポイント• 【人間力】面接や志望理由書、小論文試験などであなたの人間力が判断されます。 【資格】英語力(TOEFL TESTや英検など)が高いほど有利になるケースが多々あります。 【学校の成績】学校の成績は合否判定に算入しない大学もありますが、判断材料のうちのひとつです。 もちろん、全ての大学ではありませんが、大半の大学はこの条件の下、生徒募集を行います。 多くは出願に必要となる数種類の書類を作成し提出、その後小論文試験や面接などを経て合否が決まるというのが一般的です。 国公立大ではセンター試験を課す大学とそうでない大学とに分かれます。 これにより出願日が大きく異なってきますので注意が必要です。 指定校と違い、出願することでほぼ合格するということはなく、倍率も大学によって様々となります。 比較的出願しやすい条件の大学が多いですが、ライバルもいるわけですから、万が一不合格だった場合の事を考えて、一般入試&他大学のAO推薦入試の対策もおろそかにできません。 ここが公募推薦を受験するにあたってのポイントとなります。 主に学業成績である評定平均が出願条件となる大学が多く、この条件をクリアしていないと出願自体できません。 しかし、全ての大学が基準を高くしているわけではなく、3. 0程度で出願できるところから、高いところで4. 5など、評定平均の幅は様々です。 その他、スポーツやクラブ活動、文化活動、課外活動や保有資格などの実績を評価し選抜する「ユニーク推薦」というものもあります。 高校生全員が保有できるものではないことから、倍率も高くないことが多々あります。 また学校長ではなく、自分自身が自分を評価し推薦する「自己推薦」という種類の推薦入試もあります。 冒頭で述べたとおり、基本的には「学校長の推薦を得る」ことが条件となります。 ほぼ指定校推薦と同じでその高校の代表者であり、結果、専願のみの募集というのが大半です。 指定校推薦と同じく入学辞退はタブーとされる、ということです。 公募推薦は、上智大学、筑波大学、同志社大学、中央大学、獨協大学など多くの有名私立大学のほかに、国立大学でも実施されています。 条件・評価• 0以上などが受験資格となっています。 上智大国際教養学部はTOEFL TESTで79(iBT)点、評定平均4. 0 以上などの絶対条件を設けています。 主に選抜方法は、高校在籍時の評定平均により選抜されます。 しかしながら、各大学学部からは1、2名の募集ということが大半であり、その少ない席を巡って同高校内で争うことになります。 選抜されればほぼ合格となることが多い推薦ですので、熾烈な争いになるのは目に見えており、普段からしっかりと学内テストで結果を出している生徒が有利になることは間違いありません。 勿論、その高校を代表してその大学に進学するようなものですから、入学辞退はタブーとされています。 なぜならば、高校と大学とのパイプに影響を与えてしまうからです。 ですから、出願がかなう大学に関してはよく調査して、自分に合っているかを見極めることも非常に重要なことといえます。 *学校の成績=学校の評定平均や出席日数などで決まります。 海外帰国生(海外就学経験者)が活用できる推薦入試制度の1つに『有資格者推薦』『自己推薦』があります。 有資格者推薦制度は有資格者推薦、特別推薦、一芸一能推薦など名称はさまざまですが、要は資格・技能を持つ受験生を優遇する推薦入試制度です。 TOEFL・TOEIC(スコア基準は大学によって異なる)、実用英語検定(略称は英検)、国連公用語検定、商業英語検定、情報処理技術者(基本情報技術者)、通訳案内業、ワープロ検定、簿記検定、珠算検定、漢字検定、など高校生レベルで取得できる資格・検定が中心でそのランクが高いほど有利になるという制度です。 特に『自己推薦』は最近のユニーク推薦の中でスポーツ・資格と並んで大きな比重を占めるようになってきた制度です。 その対象・内容は一芸一能推薦と共通していますが、出身高校長の推薦を原則として必要としない点が異なります。 その代わり「自己推薦書」の提出が必要でこの資料が最も重視されます。 面接も自己推薦書の記載内容に関する質問が中心になります。 帰国生/海外就学経験者が活用できる推薦入試制度では、TOEFL・TOEICなど英語資格として要求されますが、学部によってはTOEFL iBT 45・TOEIC 550点以上が最低出願条件です。 ただし、実際の合格者実績では海外経験のある学生にはそれ相応の英語力を求められますので、海外経験時期、年数、渡航国にもよりますがTOEFLスコアでiBT80~100点以上を目標としてがんばりましょう。 また、最近では帰国生入試を実施せず、AO入試の中で帰国生対象の試験を実施する大学もありますので海外高校卒業生が帰国生入試を受ける際、チェックが必要です。 」といった場合に、サクっと受験が可能です。 いずれも自己推薦による小論文・面接などで合否が判断されますので、海外での経験をアピールする準備をしっかりすることで合格を目指すことができます。 TOEFLなどの語学資格も考慮されます。 推薦入試では、出願に際し、色々な書類の提出を義務付けられます。 書類審査という選考を設けている大学も多いこともあり、この出願する書類の作成自体が、合否に大きく影響すると言っても過言ではありません。 ここでは、いくつかの代表的な提出書類を紹介していきます。 志望理由書 公募推薦やAO入試で必ず必要となる書類です。 その名の通り、志望した理由を論じていくというものです。 字数は大学により異なりますが、800字程度から2000字程度のものが一般的です。 自己推薦書 主にAO入試などで必要となる書類です。 公募推薦でも志望理由書の代わりに用いられている大学もあります。 その名の通り、自分を推薦するための書類です。 しかしながら、私はこんなに凄い!ではただの自慢レポートでしかありません。 自分が認識する自分の特性を、今後どのようにいかし、あるいは大学ではどのようにいかすのかを論じていくものなのです。 課題論文 課題論文とは、提出書類の一つとして事前に準させる課題です。 全ての大学で求められているわけではありませんが、上智大学などで課せられており、受験者にとっては志望理由書等と同様に重要な書類と言えます。 事前にテーマを与え、それに対する論文を作成させる。 事前にテーマを与えると言うことは、書かれた文章の表現力なども大事ですが、それ以上に内容が重要なのは言うまでもありません。 後述しますが、十分なリサーチがその善し悪しを決めます。 調査書 調査書は高校側が用意するものですので、生徒は特別な準備などはありません。 しかし、先生に調査書の作成をお願いしてすぐにできるわけではありませんので、先生には早めに作成をお願いしておきましょう。 また、調査書は開封できないものですので、内容が気になる方も多いのではないでしょうか。 公募推薦などの場合に出願条件として要求される評定平均はこの数値のことです。 ・成蹊大学 (文学部)AOマルデスは、学部によりプレゼンテーション審査や討論力審査があり、国際性をアピールできる。 それぞれの入学方法の特色をご紹介しましょう。 上智大学国際教養学部 上智大学国際教養学部は1970年代後半に上智大学外国語学部の中に日本語・日本文化学科として開設され、多元的な視野を生かした充実したカリキュラムと教育方針は、急速に国際化する世界に対応するものとして高い評価を確立し、2003年には、学部教育に関する優れた取組として、文部科学省から「特色ある大学教育支援プログラム」に採択されました。 米国リベラルアーツカレッジの特色をそのまま導入した、質が高い少人数制の授業を展開。 【入学方法】 公募推薦または一般出願 【入学時期】 4月期・10月期 【公募推薦入試審査方法】 志願票・志願者就学経歴書の他下記書類提出し、筆記試験&面接で審査 在籍する高等学校長の推薦状 高等学校調査書 自己推薦書(本学所定用紙) 外国語検定試験の試験結果を証明する書類(国際教養学部はTOEFL iBT79以上) *公募推薦の他、上智国際は一般出願(TOEFL&SAT)により他大学との併願が可。 早稲田大学国際教養学部 早稲田大学国際教養学部は2004年度に新設された新しい学部です。 グローバル化した現代世界の諸問題を解決しようとする「こころざしと能力」をもつ21世紀のリーダーとなるべき人材を育てることを目標としています。 上智大学国際教養学部同様、米国リベラルアーツカレッジと同様の教養教育を中心に学びます。 【専攻科目群】 Life, Environment, Matter and Information Philosophy, Religion and History Economy and Business Governance, Peace, Human Right and International Relations Communication Expression Culture, Mind, Body and Community 【入学方法】 AO入試(国内選考・国外選考)・一般受験・センター試験利用 【入学時期】 4月期・9月期 【AO入学試験(国内選考)審査方法】 *日本の高校卒業者対象 基本的に志願票、高等学校調査書の他志望理由書(英文600字) 筆記試験(「Critical Writing」という自分の考えを表現する記述形式の審査)で合否決定。 *秋入学(AO入試)は書類選考と面談のみ。 尚、書類では志願票、TOEFLスコア他英語資格、センター試験結果または他国家統一試験(米国の場合SAT結果が必要)&Essay 内容紹介より 今やAO・推薦入試は大学受験界のスタンダードであり、受験生にとっては志望校合格のチャンスを拡げる重要な選択肢の一つとなっています。 しかし大学・学部によって選抜方式が異なるため、対策が立てづらいといわれます。 毎年多くの受験生が、「志望理由書の書き方が分からない」「面接でうまく話す自信がない」といった悩みを抱えて本番に臨んでいます。 学校での対策には限界があり、保護者も効果的なサポートができていないのが現状です。 本書ではそうした悩みに答えるため、これまで1000人以上の受験生を第一志望校に導いてきた著者が、自身が代表を務めるAO・推薦入試専門塾の人気授業を「紙上実況中継」形式で披露しています。 本書で紹介する四つのキホンを極めれば、大学受験後の就活や仕事、そしてそのいずれでも基盤となる人間関係が、今よりずっとうまくいくはずです。 こすぎ・たつひこ.

次の

帰国子女教育情報|帰国生入試 (大学編)

帰国生 大学受験

鄭 藍織 TCK Workshop プロ講師 はじめまして。 鄭 藍織と申します。 私は主に大学受験の小論文対策、小学・中学の授業をメインに担当しております。 日々一緒に成長をし、お子様の一人ひとりの気持ちに寄り添いながらレッスンをさせて頂きます。 よろしくお願いいたします。 一橋大学は理系学部はなく、4つの社会科学分野で構成されています。 そんな一橋大学の帰国生入試【外国学校出身者入試】について、HPに掲載されている募集要項の情報とともに、見逃してはいけないポイントや、TOEFLなどの試験を受ける時期などのアドバイスをご紹介していきます! 一橋大学 帰国生受験 について 一橋大学の帰国生受験は 毎年11月下旬頃に出願が開始されます。 それまでに 受験に必要な資格を受験し、受験に必要な資料を集める必要があります。 実はこの資格の受験や資料集めなどは意外と時間がかかり、高校のカリキュラムが終わってからだと間に合わないこともありますので 早めの準備が必要です。 一橋大学 帰国生入試 基本情報 学校名 一橋大学 試験名 外国学校出身者入試 出願時期 11月下旬から12月上旬 HP 一橋大学 帰国生入試 応募資格 について 一橋大学の応募資格で 注意点は3点です。 外国において卒業資格を取得しなければならない• 海外への渡航理由が「保護者のやむを得ない理由」である 1点目は、 外国において卒業資格などを取得しなければならない点です。 海外にある日本の教育法に準拠している学校 日本人学校 や、日本国内のインターナショナルスクールの出身者は帰国生入試に応募できないので、間違えないようにしましょう。 そして3点目は、 渡航理由が、「保護者のやむを得ない事情によるものであること。 」という点です。 つまり 単身で留学している帰国生は応募できません!提出書類のさいにも保護者の事情により海外渡航をしていることがわかる書類の提出が必要になります。 ただし、個人の事由で、単身留学していたものであっても 留学時期によっては要件を満たす場合があるので、必ず学校に事前に相談するようにしましょう。 最後の(3)の要件は見落としがちなので、注意するようにしましょう。 対象 日本国籍を有するもの又は日本国永住許可を取得している者 出願資格 次の要件のすべてを満たす者 1. 下記いずれかに該当する者。 外国において教育機関における12年の課程を2019年4月1日から2020年3月31日までに卒業または卒業見込みの者• 外国においてスイス民法典に基づく財団法人である国際バカロレア事務局が授与する国際バカロレア資格国際バカロレア資格を2019年度に授与された者• 外国においてドイツ連邦共和国の各州において大学入学資格として認められているアビトゥア資格を2019年度に授与された者• 外国においてフランス共和国において大学入学資格として認められているバカロレア資格を2019年度に授与された者• 外国においてグレート・ブリテン及び北部アイルランド連合王国において大学入学資格として認められているGCEAレベル資格を2019年度に授与された者• 外国においてカリフォルニア州に主たる事務所が所在するウェスタン・アソシエーション・オブ・スクールズ・アンド・カレッジズ、コロラド州の主たる事務所が所在するアソシエーション・オブ・クリスチャン・スクールズ・インターナショナル、又はグレート・ブリテン及び北部アイルランド連合王国ハンプシャー市に主たる事務所が所在する、カウンセル・オブ・インターナショナル・スクールズから認定を受けた教育施設の12年課程を2019年度に卒業した者 2. 外国の高等学校で最終学年を含めて2学年連続して在学したもの及び卒業見込みの者。 ただし外国に設置されている日本学校および日本国内のインターナショナルスクールは含みません 3. 渡航開始が保護者の海外勤務などやむを得ない事情によるもの。 ただし、個人の事由で留学している場合であっても、平成18 2006 年10月1日以前から留学している場合は、この限りではない。 一橋大学 帰国生入試 必須資格について 一橋大学は、慶應義塾大学などと違って、 提出必須の資格はありません。 ですが、統一試験を実施している国で、統一試験を受験している場合やフランス語やドイツ語等の検定試験を受験している場合は、成績証明書の写しを併せて提出しましょう。 一橋大学のSAT参考点数は1300点前後、TOEFLは100点前後です。 合わせて読みたい記事 一橋大学 帰国生入試 入学試験 について 一次試験には小論文と外国語の試験です。 一次試験 小論文 100点 外国語 100点 :英語 リスニング試験あり 合計:200点 二次試験 面接 100点 過去問 一橋大学に過去1年分の過去問があり。 課題文は著作権の影響で閲覧不可。 一橋大学 帰国生入試 小論文対策 一橋大学の帰国生入試の小論文は 全ての学科同じ問題が出ており、その問題は「社会問題」が中心です。 すべての学部のアドミッションポリシーにも、入学前に「社会学」「社会問題」などをしっかり知っていることが大切だと書かれており、一橋大学では「社会」をしっかり知っていることを大切にしていることがわかります。 この社会問題は 特にニュースを見たり、新聞を読むことが大切です。 また、ただニュースや新聞を読むのではなく、疑問に思ったことはとことん調べ知識を増やしていき、現在日本ではどんな社会問題があるのかしっかり把握しておきましょう。 その後一次を合格した受験生は二次試験に挑みます。 二次試験は面接です。 一橋大学 帰国生入試 面接対策 面接では 主に「志望理由」や「大学生活」について聞かれることが多いです。 その際大切なのは 一橋大学や学部をどれだけしっかり知っているかです。 対象学部 アドミッション・ポリシー 商学部 商学部に入学した生徒は経営学や会計学などの領域を中心に「企業や市場に関連する応用社会科学」を学びます。 経済学部 経済活動や経済現象の全体は複雑なため、意味のある分析をするために科学的推論(数学)が必要。 また、様々な社会問題を知っていることと、その背景を知るために、歴史学、地理学、外国語も理解しておく必要があります。 様々な学問を必要とする経済学の課題にチャレンジしていくことを学びます。 法学部 豊かな人権感覚と社会的公共性に裏打ちされた法学の専門的要素と国際的洞察力を兼ね備えた人材の育成を目指します。 社会学部 社会学科及び人文学科の専門的、総合的な教授を通じて、現代社会の諸問題を多角的、批判的に分析し、豊かな構想力をもって実践的に解決する人材の育成を目指します。 一橋大学 帰国生入試 受験者数・合格者数 一橋大学の受験者数に変わりはありませんが、多くの受験生が毎年一橋大学を志望しています。 2018年 2019年 志願者 81 83 合格者 22 25 さいごに.

次の

帰国子女と帰国生の違いは?

帰国生 大学受験

はじめに こんにちはカナコです。 今日は日本の大学入試で留学生のみに許される 帰国生枠についてお話しします。 【高校を正規留学していた または今現在している 人】向けの記事です。 留学生なら知っている方も多いかもしれませんが日本の大学入試には日本国外に様々な理由で居住していた生徒のために 帰国生枠というのがあります。 これは一般受験とは区別されていて一般受験者と同じ勉強をする必要がないのです。 しかし大学によって試験内容、受験資格などが違いますので 事前のチェックをお勧めします。 帰国生枠と帰国子女枠の違い 注意してほしいのが帰国子女枠と帰国生枠の違いです。 大学にもよりますが、二つの違いは 海外に居た理由です。 大学によっては帰国子女枠はあっても帰国生枠がなかったりといろいろ受験資格がちがうのでよく前もって確認しましょう。 私は私費留学でカナダに居たので 帰国生枠の話をしたいと思います。 条件・資格 帰国生枠は全ての大学にあるわけではなく、帰国生として受験できる大学、学部は限られてきます。 条件や資格は大学や学部によってちがい、 海外在住期間から 英語能力の証明などいろいろな条件があります。 大学によっては1年間の留学で帰国生枠で受験ができたり、また違う大学では最低3年以上と指定があったりと大学によって帰国生になれる定義や条件がまちまちなので前もって確認しておきましょう。 帰国生枠がある大学リストは 試験方法 試験方法はかなり大学によって違いますが大きくは三つに分かれます。 これらのスコアが低いと受験資格がなくなったりもしますのでしっかりと対策をして点数をあげておきましょう。 受験時期 一般受験と違い大学受験期間は違います。 一年を通してどこかの大学が出願を受け付けているのでうまく予定を立てればより多くの大学を受験することができます。 日本に一時帰国する時などのタイミングを利用して準備を進めましょう。 なので高校生で留学をしている人はしっかりと現地での勉強と帰国生受験対策をしておきましょう。 帰国生枠受験は特に大学や学部によって試験内容や提出願書、受験資格が違いますのでよくよく確認して受験に臨みましょう。 調べる上で気づくかもしれませんが、 理系に進む場合は帰国生枠での受験はかなり不利になる可能性もあります。 大学によっては理工学部は帰国生枠受験がありません。 その理由などは下の記事にて.

次の