ヒン ター カイフ ェック 事件。 【世界の未解決事件】ドイツ史上最大の謎「ヒンターカイフェック事件」とは?

ヒンターカイフェック事件:ドイツの未解決事件 霊視鑑定で真相は?

ヒン ター カイフ ェック 事件

世の中にはいまだに解決されていない世界の不思議な事件がたくさんあります。 その事件の真相は、長年かかって徐々にわかってきたものもありますが、そのほとんどが謎のままで終わり謎が謎を呼び語り継がれているものが多いのです。 それはまるで、小説を読んでいるかのような話やテレビのサスペンスドラマになりそうな話も多々あります。 しかしどの話もすべて真実から始まった話なのです。 しかし、今日にいたるまでたくさんの人々を悩ませ苦しめた不思議な事件のその真相はいまや闇の中。 長い年月を経て時代を超えてもなお、人々の好奇心をくすぐる世界の不思議な事件の数々にあなたは何を感じますか?ここではそんな世界の不思議な事件をお伝えします。 ボーデン夫妻惨殺事件 1892年のアメリカでは、町で有名な資産家の夫婦が殺されました。 その娘のリジーボーデンに殺しの疑いがかけられます。 それはリジーが、殺人の2日前に青酸カリを買おうとして失敗していることや継母と仲が悪いことを理由に、父の遺産を継母に渡したくないための凶行かと思われたからです。 しかし、陪審員たちは状況証拠しかないということでリジーを無罪としました。 この判決に納得するものは少なく、限りなく黒に近いグレーのリジーだと噂され続けました。 まさしく不思議な事件です。 驚くことにリジーは、父と継母が亡くなった部屋をそのままにその後もその家に亡くなる60才まで住みつづけます。 そして リジー亡きあと、その惨殺事件があった屋敷が博物館として展示され、宿泊もできる観光地になっていることにも驚きます。 殺人現場に宿泊するなんて発想は日本人にはまったく理解できませんが、今でも人気のスポットになっているそうです。 片岡仁左衛門一家殺人事件 1964年の日本でも世界の不思議な事件に残るような事件が起こっています。 当時歌舞伎役者として人気の片岡仁左衛門と元日活の女優だった妻のとし子とほかに一緒に暮らしていた女中、合わせて5人が殺害されて発見されました。 特にとし子の殺害の仕方が残虐で、元女優できれいだったとし子に横恋慕している男の犯行ではないかと思われましたが、逮捕されたのは一緒に暮らしていた一人の女中の兄の飯田でした。 飯田は、一人生き残っていたことや普段から片岡仁左衛門に厳しく叱られていたことが動機と思われましたが、たんすに茶碗と箸が隠されていたことから飯田は殺した後に食事をとっていることが判明。 当時、白米は配給制で貴重なもの。 殺人事件が起こる前日に、とし子から女中と飯田には米の代わりにメリケン粉に変えるといわれていたことが判明し食べ物の恨みの犯行とされました。 しかし、 いくら米が食べたかったと言っても自分の妹を含んだ5人もの殺害をするのか疑問を唱える人は少なくなかったのです。 結局、飯田の「腹が減っていた」という供述に基づき、判決は飢餓が原因の極限状態での犯行だとされ、5人を殺していながら無期懲役の温情判決となりました。 その後飯田の情報は、なぜか一切遮断され生死も行方もわかっていない後味の悪い事件です。 子供大量失踪事件 1284年ドイツで世界の不思議な事件に残る子供大量失踪事件が起こりました。 ドイツのハーメルンで子供が大量に行方不明になりその数は130人。 村のほとんどの子供が大人たちが教会に集まっているうちに一斉にいなくなったのです。 犯人は、その村に笛吹きに来た男で村が困っていることを知りネズミ駆除をかってでた男でした。 しかし、ネズミを駆除したにもかかわらず村からもらえるはずの報酬をもらえなくなったことから犯行に及んだといわれています。 男は村の子供たちを洞窟に誘導して自らも中へ入ったまま入り口を石の扉で締めきりそのまま男と子供たちは見つかることもなく月日が流れました。 この事件の奇妙なところは、のちに遺体が1つも見つかっていないこと。 古い事件ですが、多くの人に知られている信憑性の高い事件でもあります。 ディアトロフの峠事件 1959年ロシアのウラル山脈で起こった遭難事故は、ただの遭難事故ではなく謎だらけの事故でした。 9人の男女がスノートレッキングを行っていたときにその事故は起こりました。 まず彼らが寝泊まりしているテントは何者かに切り裂かれ、テントから離れた場所に下着姿の2人の遺体が発見されました。 雪山で下着姿で寝ることなど普通では考えられません。 さらに周辺の雪中には3人の遺体が埋まった状態で発見され、残りの4人は2か月後にテントから75m離れは場所で遺体で発見。 もっとも不思議なのは2か月後に見つかった4人は、ほかの5人の衣服を身に着けていたこと。 いったい彼らに何があったのか・・・生存者がいないためそれは永遠の謎です。 ブラックダリア事件 1947年アメリカで起きた事件で、人々の関心が高かったため映画にもなっています。 殺されたのは女優志望の女性で黒い服を好んで着ていたことからブラックダリアという通称で呼ばれていました。 その遺体は激しく損壊し胴が切断されきれいに洗われていました。 事件後、犯人につながる証拠は何も発見されないものの、新聞社にはブラックダリアの所持品が送られ犯人の挑戦的な態度がうかがい知れます。 が、 送り主の指紋なども見つからないまま。 けれど世界の不思議な事件として人々からは注目を浴びました。 結局総勢500人ほどの関係者が調べられましたが、逮捕になる決め手がなく今も迷宮入りのままです。 切り裂きジャック事件 1888年イギリスロンドンで起きた連続バラバラ殺人事件です。 これは世界の不思議な事件としてあまりにも有名です。 約2か月の間にすくなくとも売春婦ばかり5人を殺害した犯人は、犯行予告を新聞社に送るなどして劇場型犯罪の元祖といわれています。 殺害後にメスで解剖のように遺体を切り裂いて臓器を摘出するなど、犯人は医師説が有力ですが被害者は抵抗することもなく犯人について行ってることから女性説もあがっています。 しかし、その正体は今も不明。 あまりにも有名なこの世界の不思議な事件は、神経疾患者や王室関係者まで今も繰り返し議論がなされています。 ヒンターカイフェック事件 1922年ドイツで起こったヒンターカイフェック事件は、ドイツ史上最も世界の不思議な事件として有名な殺人事件です。 ヒンターカイフェック家は、ミュンヘンの約70ほど北で小さな農場を営んでいました。 ヒンターカイフェック家は6人家族。 家族全員がつるはしで次々と残虐に殺された状態で発見されました。 事件の数日前に、主人は怪しい足跡を発見したと近所の住民に話していることから何者かが侵入したと考えられましたがその痕跡はなく、 事件の半年前に辞めた使用人の女は辞めた理由を「何かが憑りついているから」と言ってることから謎は深まるばかり。 また以前から近親相姦がささやかれ変わり者の家族と噂されていたため、近所の住民とはほとんど交流がなく発見されたときにはかなりの時間が経っていたのも事件の真相を闇に葬ってしまった原因かもしれません。 いかがでしたか、ことはまだほんのひとにぎりです。 世界にはまだまだ不思議な事件がたくさんあります。 ミステリー小説を読むよりもすごい展開に息をのむ内容ですが謎は謎のまま。 しかしそれが逆に真実の怖さを感じさせます。 実際に人が亡くなっているので不謹慎ではありますが、このような話は映画化されているものも多々あることから人々の興味や好奇心をくすぐる話であることは間違いありません。 また過去の不思議な事件が現代の事件を解決するヒントになっていることもあるでしょう。 どんなに科学が進んだとしても、人の心理は計り知れません。 奇遇な偶然が重なったりすることもあるでしょう。 そして人が犯した犯罪の犯人を人が探すわけです。 人は完ぺきではありません。 これからも世界の不思議な事件は生まれるでしょう。

次の

殺人博物館〜ヒンターカイフェック事件

ヒン ター カイフ ェック 事件

Contents• ヒンターカイフェック事件の詳細はこうだ 1922年の3月31日から翌日の4月1日にかけて起こったのだ。 事件の前から嫌な予感を感じていた。 というのも自分たちの家の敷地内で奇妙な足跡を見つけていたのだ。 泥棒なのか、それともたまたまそこに人が立ち入ったのかはわからないが、 確実にそこには不可解な人物が探りを入れていたのだ。 これまでグルーバーは人の恨みや辛みを買うようなことはしていなかったし静かな村であるために 争いごとも起きなかったのである。 グルーバーたちの家は少し町から離れたところにあり年齢も高年齢なだけにあって普段からは近所付き合いはあまりなかったことがこの事件の発見をおくらせてしまったのだ。 頭部を引き落とされたり、顔面が変形するほど殴られた痕跡があったことから なにかの強盗計画が練られ、目撃されないために一家6人がやられてしまったのだと最初は考えられた。 しかし納屋から大量のお金が発見されたことからなにか盗まされたわけではなく、 家を捜索しても金目のものは取られてはいないことから強盗が目的ではないことは確かである スポンサーリンク なにかのトラブルなのか 亡くなったヴィクトリア・ガブリエル(35歳)はこの事件が起こる数日前に教会に懺悔を告白するために多額のお金を持って行ったことが証言でわかった。 彼女の旦那は第一次世界大戦で亡くなっているのだが、なにか関係があったのであろうか。 この事件はつるはし(鶴嘴)という鎌のような突起物が犯行で使われているために人間の仕業であることは間違いない。 ということはヴィクトリア・ガブリエルが事件の数日前に懺悔を告白していたことはなにかのトラブルを自分が引き起こしてしまったことを悔いていたということになるだろう。 ヴィクトリア・ガブリエルが直接の原因を作ってしまい、その復讐にこんな惨いことが行われたのではないだろうか 霊視鑑定に出されたことが事件を迷宮入りさせた この一家の遺体はすべて霊視鑑定に出されたのである。 戦争にときにロシア、アメリカは霊視部隊を結成し敵国の情報を抜き取ろうとしていたことがある。 公開にはなってはいないがドイツにも同じように戦争に備えて能力部隊を結成していたのではないだろうか そのテストとしてヒンターカイフェック事件の6人の遺体を霊視鑑定したように思える。 しかし結果的にはそれは上手くいかず、事件を迷宮入りさせてしまうことに繋がったのだ。 過去の使用人は関係しているのか ヒンターカイフェック事件が起きる半年前に一家に務めていた使用人は「この場所は呪われている」と言い残し、逃げるように去って行ったことがあった。 もしかするとこの使用人はなにか奇妙な雰囲気を敏感に感じ取っていたのかもしれない。 警察の事情聴取には応じており、素直にその一家については話したようだが未解決事件は未解決事件のままであった。 その後、懸賞金を設定し、警察も全力で捜査をしたのだが全く有力な情報を得ることはできず 解決への扉は固い錠をかけられたようになったのだ。 いまではこの事件の場所に慰霊碑が建てられ、死者の魂を安らかにしているのである。 ドイツで起きたこれまでで一番無惨な事件。 ヒンターカイフェック事件。 この事件が解決される日は来るのだろうか スポンサーリンク.

次の

ヒンターカイフェック事件の概要・犯人・推理

ヒン ター カイフ ェック 事件

犯行 [編集 ] 事件当時、ヒンターカイフェックには農場主のアンドレアス・グルーバー(63歳)、妻のツェツィーリア(72歳)、娘()のヴィクトリア・ガブリエル(35歳)とその長女ツェツィーリア(7歳)と長男ヨーゼフ(2歳)、そして使用人のマリア・バウムガルトナー(44歳)の6人が住んでいた。 事件発生の日()に何が起こったのかは目撃情報が無いため正確には分かっていない。 グルーバー夫妻とヴィクトリアおよび長女のツェツィーリアは、何らかの方法で農場の納屋におびき出され、そこでによって殺害されたものと考えられている。 その後、(たち)は母屋に侵入し、母の寝室で寝ていたヨーゼフを、使用人部屋でマリアをそれぞれ殺害したものと思われる。 犯行の2・3日前、アンドレアスは怪しい足跡を発見したことを近所の住民に話している。 足跡は雪上で見つかり、近くの森から何者かが農場までやって来た跡があったが、農場から戻って行った形跡はなかったという。 さらに彼は屋根裏で足音を聞いたり、見慣れない新聞紙が農場に落ちているのを見付けたとも語っていた。 また、農場の鍵がいくつか事件に先立って紛失していたが、への届け出はなかった。 事件の6ヶ月前、使用人の女性が仕事を辞めて去っていた。 理由は「農場が何かにとり憑かれている」からというものであった。 このため、事件の犠牲者となったマリアが新たに使用人として農場にやって来たが、彼女が農場に着いたのは事件当日で、まさに殺害される数時間前のことであった。 翌週のの、一家の姿を数日見かけないことを不審に思った近隣の住人数名が農場を訪れた。 員は、前の週のに自分が配達した郵便物が、そのまま放置されていることに気づいていた。 長女ツェツィーリアは、土曜日からにかけて学校を欠席していた。 一家は、のを習慣としていたが、その週はに姿を現さなかった。 火曜日、修理に技師が農場を訪れ、そこで5時間も機械修理をしていたが、農場内は無人で誰にも会わなかったという。 近隣の住人たちは農場に到着した時、農場内の全ての戸が施錠されているのに気づいた。 彼らは納屋の戸を押し破って中に入り、そこで4名のを発見した。 残る2名の遺体は母屋内で発見された。 このように発見が遅れたのは、一家が人里離れた場所に住んでいたことと、アンドレアスと娘ヴィクトリアが行為をしており、ヨーゼフは2人の間の子だという噂が立つ変わり者であったこと 、またけちであるとされ、村人の評判が良くなかったためであった。 捜査 [編集 ] 遺体発見翌日の、ミュンヘン警察のが到着し、納屋で検視が行われた。 その結果、屋根裏に足音を消すための藁が敷かれていたことと、犯人(たち)が寝ていたと思われる跡を発見した。 また、敷地の様子を一望できるように、屋根瓦が何枚か外されていた事が分かった。 検視を行った監察医は、として最も可能性があるのはつるはしであることを突き止めた。 また、当時にを採用していたミュンヘン警察は、霊能者に調査をさせるため現地で遺体の頭部を切断してに送った。 しかし、何ら具体的な成果は上がらなかった。 この検視により、長女のツェツィーリアは襲撃後、数時間は生存していたことが明らかになった。 彼女は納屋のわらの上で、祖母や母の遺体の傍らに横たわっていたが、自分の髪の毛を自ら乱暴に引き抜いた痕跡があった。 早くも、には犯人に繋がる有力な情報に対して10万のが掛けられた。 警察は当初、犯人の動機を物盗りと考え、近隣の村の住民のほか、周辺を渡り歩いていた技術工や浮浪者、前科者、行商人などを取り調べた。 しかし、物盗りの犯行という見方は、農場の母屋から多額のが発見されたことで疑わしくなった。 犯人(たち)は、犯行後の何日間か、農場に居残っていたと考えられている。 何者かによって農場のやに餌が与えられていたほか、台所でやを食べた跡が見つかり、更に近隣の住民の中には週末の間、農場の煙突から煙が出ているのを目撃した者もいた。 もし、犯行の動機が物盗りならば、犯人(たち)はその間に現金を見つけられたはずである。 しかしながら、怨恨の線でも有力な成果は上がらなかった。 当地はの勢力がかなり強い地方であったため、この地域の教会の主任が、犯人または事情を知る人物のを通じて真実を知っていたのではないかという説もあるが、この司祭の証言は警察の調書には記録されていない。 また、「非常にけち」と称されていた娘のヴィクトリアが、事件の少し前に多額の献金を教会の懺悔室に置いていくという奇妙な行動を取っていたが、これが事件と関連があったのかは定かではない。 ミュンヘン警察の捜査員たちは、事件の解決に最大限の努力を傾けた。 しかし、排他的な村人たちの反感を買い思うような協力が得られず、捜査は難航することとなった。 何年にもわたり、村人を含む数百名以上がとして尋問されたが成果はなかった。 その後 [編集 ] 6名の遺骸はヴァイトホーフェンの墓地に埋葬され、墓地には事件の慰霊碑が建立された。 ニュルンベルクに送られた犠牲者の頭蓋骨は、の混乱で行方不明となった。 現在、農場跡地の近くには祠が立っている。 農場は事件の翌年のに取り壊された。 この際、殺害に使用されたと見られるつるはしが屋根裏部屋の床板の下から見つかった。 捜査はになって一旦打ち切られ、には改めてが行われたが、成果は上がらず、捜査は終了した。 しかし、ドイツ犯罪史最大のミステリーとして現在も事件の真相を解明しようと試みている者は多い。 小説 [編集 ]• 『凍える森』訳、()、2007年、 ISBN 978-4-08-760542-6 関連項目 [編集 ]• - 2000年に日本で発生した未解決の殺人事件。 本件との関連性を指摘されることが多い。 出典 [編集 ]• Der Mordfall Hinterkaifeck. 2012年1月4日閲覧。 外部リンク [編集 ]• ドイツ語•

次の