コロナ禍読み方は。 「コロナ禍」は何て読むの?正しい読み方・意味・使い方とは

コロナ禍の読み方はなんと読む?今さら聞けない正しい読み方

コロナ禍読み方は

テレビやラジオ、 LINEなどで連日新型コロナウイルスの情報が報じられています。 暗い内容のニュースばかりですが、ニュースの中に出てくるコロナ用語の意味や読み方を把握できているでしょうか。 日本語で言い表せばいいのにと言う人がいるように、いわゆるコロナ用語はカタカナ語ばかりです。 ニュアンスでなんとなくわかるような気はしても、正しくどういう意味なのか説明せよと言われるとできない人が多いのではないでしょうか。 この記事では、ここではコロナ禍の読み方、オーバーシュート、パンデミック、クラスター、ロックダウンの意味などを紹介していきます。 どういう意味かよくわからないコロナ用語がある場合は参考にしてみてください。 コロナ用語『コロナ禍』について 最近よくニュースや新聞などで頻繁に、『コロナ禍』という単語を目にしますね。 これの読み方がわからない人は多いようです。 コロナ禍について紹介していきます。 『コロナ禍』の読み方と『禍』の意味や他の読み方は? ぱっと見ると渦という漢字に似ていますが、 この感じは渦 うず ではなく、 禍 わざわい と読みます。 『禍』にはほかの読み方が有り、コロナと組み合わせた際はそのほかの読み方の方の「か」を当てはめます。 ですので 『コロナ禍』の正しい読み方は「ころなか」です。 『禍』という字は「わざわい」の他に「まが」や「か」という読み方があり、意味はいずれにしても喜ばしくない事柄や不幸を呼び起こす原因の事を指します。 要は災難という意味合いです。 禍 わざわい と災い わざわい の違いは? 「わざわい」という読み方の漢字は『禍』だけではありません。 「わざわい」に当てはめる漢字で馴染みがあるのは『災』ではないでしょうか。 読み方は同じですが、『禍』と『災』では少し意味の内容が変わってきます。 漢字林によると 『禍』は人為的な災害で、気をつけていれば防げるたぐいの災難を意味します。 対する 『災』は天災などの、避けようのない災難のことを言います。 地震や雷などです。 コロナ用語『オーバーシュート』 耳慣れない単語であるオーバーシュートですが、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念され始めた頃からよく耳にする単語です。 その意味などを紹介します。 オーバーシュートとは、「度を超す」や「行き過ぎる」ことを指す英語表現です。 コロナ用語としての オーバーシュートを日本語に置き換えた場合「爆発的な患者の増加」となるのは、この「度を超す」や「行き過ぎる」を日本語に当てはめた結果でしょう。 また、コロナが流行る前の日本ではオーバーシュートと言えば、実は金融・証券用語でした。 金融・証券の世界では、「相場や有価証券の価格の行き過ぎた変動」を呼んでいます。 専門家会議の後はもっぱらコロナ用語としてのオーバーシュートが目立ちますが、実際はいまの状況になって初めて出てきた言葉というわけではありません。 いずれにしても オーバーシュートは何かが「行き過ぎた」状態を示す言葉です。 コロナ用語『クラスター』 クラスターという言葉はオーバーシュートやパンデミックよりも更によく聞くようになったコロナ用語でしょう。 連日、クラスターが発生したというニュースが流れています。 クラスターとは、もともとはブドウの房のことを指す言葉でした。 それが転じて群れ、集団、集落のこともそう呼ぶようになりました。 また、人口統計学的なデータでグループ分けしたものもクラスターと呼ぶなど、様々な分野で利用されている言葉です。 そのクラスターが新型コロナウイルス関連になると、感染者の集団や集団感染といった意味合いになります。 疫学における感染者集団のことは Disease clusterと呼んでいるので、単にクラスターと言うだけでコロナ用語としてすぐに伝わるのは日本だけかもしれません。 コロナ用語『ロックダウン』 ロックダウンという言葉をコロナ用語として利用する時、日本では「都市封鎖」と訳されることが多いです。 ロックダウンはクラスターと違い、英語圏でもそのまま使用されているので英語圏の方にも伝わるでしょう。 主な意味としては外部からの闖入者から内部の人間を守るために建物を封鎖することです。 アメリカなどでは不審者が銃を持って建物に立てこもった場合などに利用されてきた単語で、強制的な移動制限を設けることを指します。 賛否はさて置き、日本では海外のように大々的な都市封鎖を行えないのが現状です。 今の日本の法律では政府が国民に外出自粛などの協力を依頼するという形式で要請をすることは可能ですが、国民の行動を強制することはできないからです。 まとめ コロナ用語として出回っている単語は、元は海外から入ってきた言葉なので、単語を聞いただけでは日本人にとってはいまいち意味のわからない状態です。 もっとわかりやすい日本語で表現すればいいのにと苦言を呈した政治家もいますが、新型コロナウイルスが世界的な流行を見せているので世界で使用されている単語が使われるのは致し方ないかもしれません。 また、あまりにも直接的な言葉だと国民をいたずらに不安にさせてしまうからだという説もあります。 そういった不要な混乱を回避するにはひとりひとりが単語の意味を正しく知っておくことが大切ではないでしょうか。 紹介した単語の意味を参考にしていただき、慌てて不要な買い込みに走ったりしないように気をつけて下さい。

次の

コロナ禍の読み方はなんと読む?今さら聞けない正しい読み方

コロナ禍読み方は

テレビやラジオ、 LINEなどで連日新型コロナウイルスの情報が報じられています。 暗い内容のニュースばかりですが、ニュースの中に出てくるコロナ用語の意味や読み方を把握できているでしょうか。 日本語で言い表せばいいのにと言う人がいるように、いわゆるコロナ用語はカタカナ語ばかりです。 ニュアンスでなんとなくわかるような気はしても、正しくどういう意味なのか説明せよと言われるとできない人が多いのではないでしょうか。 この記事では、ここではコロナ禍の読み方、オーバーシュート、パンデミック、クラスター、ロックダウンの意味などを紹介していきます。 どういう意味かよくわからないコロナ用語がある場合は参考にしてみてください。 コロナ用語『コロナ禍』について 最近よくニュースや新聞などで頻繁に、『コロナ禍』という単語を目にしますね。 これの読み方がわからない人は多いようです。 コロナ禍について紹介していきます。 『コロナ禍』の読み方と『禍』の意味や他の読み方は? ぱっと見ると渦という漢字に似ていますが、 この感じは渦 うず ではなく、 禍 わざわい と読みます。 『禍』にはほかの読み方が有り、コロナと組み合わせた際はそのほかの読み方の方の「か」を当てはめます。 ですので 『コロナ禍』の正しい読み方は「ころなか」です。 『禍』という字は「わざわい」の他に「まが」や「か」という読み方があり、意味はいずれにしても喜ばしくない事柄や不幸を呼び起こす原因の事を指します。 要は災難という意味合いです。 禍 わざわい と災い わざわい の違いは? 「わざわい」という読み方の漢字は『禍』だけではありません。 「わざわい」に当てはめる漢字で馴染みがあるのは『災』ではないでしょうか。 読み方は同じですが、『禍』と『災』では少し意味の内容が変わってきます。 漢字林によると 『禍』は人為的な災害で、気をつけていれば防げるたぐいの災難を意味します。 対する 『災』は天災などの、避けようのない災難のことを言います。 地震や雷などです。 コロナ用語『オーバーシュート』 耳慣れない単語であるオーバーシュートですが、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念され始めた頃からよく耳にする単語です。 その意味などを紹介します。 オーバーシュートとは、「度を超す」や「行き過ぎる」ことを指す英語表現です。 コロナ用語としての オーバーシュートを日本語に置き換えた場合「爆発的な患者の増加」となるのは、この「度を超す」や「行き過ぎる」を日本語に当てはめた結果でしょう。 また、コロナが流行る前の日本ではオーバーシュートと言えば、実は金融・証券用語でした。 金融・証券の世界では、「相場や有価証券の価格の行き過ぎた変動」を呼んでいます。 専門家会議の後はもっぱらコロナ用語としてのオーバーシュートが目立ちますが、実際はいまの状況になって初めて出てきた言葉というわけではありません。 いずれにしても オーバーシュートは何かが「行き過ぎた」状態を示す言葉です。 コロナ用語『クラスター』 クラスターという言葉はオーバーシュートやパンデミックよりも更によく聞くようになったコロナ用語でしょう。 連日、クラスターが発生したというニュースが流れています。 クラスターとは、もともとはブドウの房のことを指す言葉でした。 それが転じて群れ、集団、集落のこともそう呼ぶようになりました。 また、人口統計学的なデータでグループ分けしたものもクラスターと呼ぶなど、様々な分野で利用されている言葉です。 そのクラスターが新型コロナウイルス関連になると、感染者の集団や集団感染といった意味合いになります。 疫学における感染者集団のことは Disease clusterと呼んでいるので、単にクラスターと言うだけでコロナ用語としてすぐに伝わるのは日本だけかもしれません。 コロナ用語『ロックダウン』 ロックダウンという言葉をコロナ用語として利用する時、日本では「都市封鎖」と訳されることが多いです。 ロックダウンはクラスターと違い、英語圏でもそのまま使用されているので英語圏の方にも伝わるでしょう。 主な意味としては外部からの闖入者から内部の人間を守るために建物を封鎖することです。 アメリカなどでは不審者が銃を持って建物に立てこもった場合などに利用されてきた単語で、強制的な移動制限を設けることを指します。 賛否はさて置き、日本では海外のように大々的な都市封鎖を行えないのが現状です。 今の日本の法律では政府が国民に外出自粛などの協力を依頼するという形式で要請をすることは可能ですが、国民の行動を強制することはできないからです。 まとめ コロナ用語として出回っている単語は、元は海外から入ってきた言葉なので、単語を聞いただけでは日本人にとってはいまいち意味のわからない状態です。 もっとわかりやすい日本語で表現すればいいのにと苦言を呈した政治家もいますが、新型コロナウイルスが世界的な流行を見せているので世界で使用されている単語が使われるのは致し方ないかもしれません。 また、あまりにも直接的な言葉だと国民をいたずらに不安にさせてしまうからだという説もあります。 そういった不要な混乱を回避するにはひとりひとりが単語の意味を正しく知っておくことが大切ではないでしょうか。 紹介した単語の意味を参考にしていただき、慌てて不要な買い込みに走ったりしないように気をつけて下さい。

次の

コロナ禍の読み方がわからないので意味とかも一緒に調べてみた話【うず?なべ?】

コロナ禍読み方は

新型コロナウイルスの感染が各国で拡大し、人々の生活に深刻な影響が出ています。 訓読みの方をチェックすると、こちらの漢字に含まれる意味が、ストレートに理解できますよね。 つまり端的に言ってしまえば、かなりネガティブな意味を持った漢字というわけです。 それでは続いて、「禍」を含む表現について見ていきましょう。 特に馴染みが深いのは、 「禍福は糾える縄の如し」ということわざでしょうか。 これは中国の史記・南越列伝に由来するもので、「かふくはあざなえるなわのごとし」と読み、「災いと幸福は表裏一体で、まるでより合わせた縄のように代わるがわるやって来るものだ(=不幸だと思ったことが幸福に転じたり、幸福だと思っていたことが不幸に転じたりする)」との意味合いで用いられます。 ちなみに私個人はコロナ禍という表現を初めて耳にしたとき、一番に「武韋の禍」という言葉を連想しました。 スポンサーリンク? 「コロナ禍」の読み方や意味をチェック! 以上のような点を押さえておけば理解しやすいかと思いますが、コロナ禍は 「ころなか」とよみ、 「新型コロナウイルスによってもたらされた、様々な災いや社会的混乱」のことを意味しています。 これだけ影響が大きく多方面にわたっているので、「禍」という表現がピッタリと判断されたのでしょうし、また一言で一連の混乱を端的に表現できるワードとして、重宝されるに至ったのでしょう。 といっても「禍」が近年のニュースに登場するのはこれが初めてではなく、「インフルエンザ禍(いんふるえんざか)」等の言い回しが見受けられるケースもありますね。 コロナの専売特許ではなく、割と汎用性の高い表現ということです。 もう少し分かりやすい表現を使ってほしい」といったコメントが幾つも寄せられています。 説明を聞けばなるほどという感じですが、当然のように使われると、少々戸惑ってしまいますね^^; スポンサーリンク?

次の