メガエルレイド 色違い。 【ポケモン剣盾】色違い図鑑一覧・確率上げる方法・孵化厳選【鎧の孤島】

【ポケモン剣盾】色違い図鑑一覧・確率上げる方法・孵化厳選【鎧の孤島】

メガエルレイド 色違い

メガエルレイド やいばポケモン ぜんこくNo. 475 高さ 1. 6m 重さ• 4kg• けたぐり威力80 タイプ• 英語名• Gallade タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 20で『ラルトス』から進化• 30で『キルリア』から進化• 【メガシンカ】エルレイドナイト• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• なし 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• なお、技『きあいパンチ』には影響しない。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 特性の効果による先制攻撃も受けない。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 ダブルバトルで味方に使うと良い Lv. 第6世代までは、変化技は防げない Lv. 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 相手が技『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ファストガード』『ワイドガード』をしている場合は、その効果を解除して攻撃できる 使用していない場合は通常攻撃。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 連続で使うと失敗しやすくなる。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 変化技を使えなくする 技. 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 連続で使うと失敗しやすくなる。 交代しても効果は続く。 最大102。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 最大102。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 投げつけた道具はなくなる。 『ほのお』タイプには無効。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 第6世代は命中率:100 技. 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 通常攻撃。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 第7世代以降は、連続で使うと必ず失敗する。 自分が場を離れると効果は消える。 ただし、PPが0になると解除される。 なお、Zワザは影響を受けずに使うことができる。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 自分と同じ『タイプ』のポケモン全員にダメージを与える。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 すでに状態異常の場合は回復しない。 道具『ミストシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。 道具を持っている場合は失敗する。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 通常攻撃。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 もう1度使用すると元に戻る。 USUM New! 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 USUM New! 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 USUM New! USUM New! 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。

次の

メガエルレイド (めがえるれいど)とは【ピクシブ百科事典】

メガエルレイド 色違い

初めまして、ヤニガナイトと申します。 第七世代ではメガシンカ枠として一定の地位を築いていたエルレイドが、現環境でいかにして戦っていくのかを考察して生まれたのがこちらのポケモンとなります。 *ダメージ計算はすべてpokemon-trainer. netさんのものを使用しました。 コンセプトと役割 エスパー格闘という広い等倍範囲を活かして高火力物理技を押し付けるのが従来のエルレイドの役割でしたが、ダイジェットの採用率の高さやゴーストタイプポケモンの流行など、現環境では単に物理ポケモンとしてやっていくのは厳しいと言えます。 s80族というのも痒い所に手が届かない、絶妙に足りない数値です。 しかし、このポケモンの真の長所は器用さにあります。 道連れ、置き土産といった多彩な変化技を活かして、起点作成をしてもらおうというのが本育成論のコンセプトです。 持ち物 きあいのタスキを採用することで行動回数を設けています。 特性 ふくつのこころを採用します。 トゲキッスやドリュウズに上からひるまされた場合でも、この特性が発動し素早さランクが上昇するので最低限仕事をこなすことができます。 性格・努力値と調整 種族値・努力値配分及び実数値をHABCDSの順に以下に示します。 なお、性格はようきを採用します。 その分叩き落とすの火力は控えめです。 素早さは実数値143としました。 電磁波込みで一段階上昇最速インテレオンまで抜けます。 技構成 ・電磁波 このポケモンの生命線です。 麻痺を撒くことで素早さを削ぎ、最低でも2ターンは行動が可能になります。 ラムのみは目を瞑りましょう…。 ・置き土産 起点作成をする上で最も重要な技です。 相手の火力を削ぎ後続のポケモンが積みやすい状態を作ります。 相手のポケモンの起点回避もできます。 ・道連れ 置き土産を打つか道連れを打つか悩ましい場面が多々あると思いますが、あると何かと便利です。 ・叩き落とす 最も通りやすくかつ相手の持ち物も落とせるので攻撃技としてはこれを採用したいところです。 ゴーストタイプにも強くなります。 実はこの型のエルレイドの最大のライバルが同じ一族のサーナイトなのですが、高火力でこの技を使えるのが差別点の一つです。 ・インファイト エルレイドの最大打点です。 ・しねんのずつき エスパータイプの一致技を打つならこれです。 まひるみを狙うのはコンセプトから外れてしまいますが、一応可能性としては無くは無いといった次第です。 ・瓦割り 壁展開が嫌な場合に。 その他役割対象を持ちたいならば三色パンチやじしんなどが挙げられますが汎用性が低くなってしまうため叩き落とすが安定しそうです。 立ち回り 先発に出して電磁波を撒き、必要に応じて置き土産、道連れ、またはその他の技を選択します。 汎用性を重視し、立ち回りに変化があまり生じない為特に例は挙げませんが、麻痺を撒く前提のポケモンなので身代わりなど対策をされると脆いです。 また、アタッカー性能は極めて低いので、本来得意とする受けループにも有効ではありません。 (そもそも現環境受パは少ないのですが) 追記 対面したポケモンがダイマックスを切ってきた場合は寧ろアドバンテージが大きいと思われます。 ダイジェットを積まれたとしても、麻痺状態では最速インテレオン 実数値189 までのポケモンならば上から置き土産が打てます。 これを打つことにより相手のダイマックスポケモンがもう一度ダイジェットを積むことができない為、こちらのダイマックスエースを通しやすくなります。 与ダメージ計算 上記の技構成を前提とする為叩き落とすの与ダメージのみ示します。 また、叩き落とすを二回以上打つことは基本的にないので相手のポケモンがアイテムを持ってる時のみを考えます。 あくまで起点作成なのであまりこの項目は重要視しません。 叩き落とす(アイテムあり 無振りドラパルト・・・73. A特化ウーラオスの水流連打・・・84. このポケモンの弱点 前述の通り電磁波の通らないポケモンにはあまり仕事ができない為、エルフーンやオーロンゲに上から身代わりを置かれたり、そもそも電磁波の通らないカバルドン等には一方的に起点を作られてしまいます。 終わりに 本育成論を最後まで読んでくださりありがとうございました。 疑問に思った点や改善点等ございましたらコメントを送っていただけると幸甚です。 確かに鬼火またはインファイトの採用もありだと思います。 鬼火に関しては、電磁波を撒くことで行動回数を増やすというコンセプトであったため見送りました。 インファイトは一つの技候補としてとても有力だと思います。 しかし現環境ではインファイトを打ちたい対象 ポリゴン2等 が先発で出てくるケースが少なく、打つ機会がないように思われました。 結局のところ置き土産による退場が多いとは思いますが、裏のポケモンにとって重いポケモンを対面から処理しうる道連れが勝るのかなと思います。 置き土産と道連れを覚えるポケモンが少ないという希少性も大事な要素かと思われます。

次の

【ポケモンGO】2020年にメガシンカが実装!メガシンカするポケモンの一覧や入手方法の予想など

メガエルレイド 色違い

アゾット王国の王女・キミアは、国王の支配を企てている大臣・ジャービスのことを不審に思い、ひそかに調査を進めている。 そんなキミアとともに戦うのが、黒いメガサーナイト! ジャービスのメガシンカ軍団を目の前に、大活躍する黒いメガサーナイトが、見逃せない!• <シリアルコードの受け取り方法> 「キミアの色違いのサーナイト」を受け取るためには、対象店舗で専用のシリアルコードをもらう必要がございます。 店舗によって、シリアルコードの受け取りかたが異なります。 よく充電されたニンテンドー3DSシリーズ本体と、ニンテンドー3DSソフト『ポケットモンスター X・Y』、もしくは『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』のソフトを準備します。 対象店舗のシリアルコードを配布しているコーナーへ、ニンテンドー3DSシリーズ本体と対象ソフトを持っていきます。 (配布場所は店舗により異なります)• シリアルコードの配布コーナーで、次のタイトル画面をお店の人に見せます。 対象のゲームソフト1つにつき1枚、店員からシリアルコードが印字された紙がもらえます。 紙を開くとシリアルコードが書かれています。 よく充電されたニンテンドー3DSシリーズ本体を準備します。 また、シリアルコードが発行された際にメモをとるための筆記用具も準備します。 セブンスポットが設置してあるセブン-イレブンへ、ニンテンドー3DSシリーズ本体と筆記用具を持っていきます。 店舗についたら、準備したニンテンドー3DSシリーズ本体を起動し、セブンスポットに接続します。 セブンスポットに接続したら、キャンペーンページを開きます。 キャンペーンページを開いたら、「シリアルコードをゲット!」ボタンをタッチします。 するとシリアルコードが発行されるので、用意した筆記用具でシリアルコードをメモします。 パッケージ版/ダウンロード版いずれもご使用頂けます。 24時間以上経ってから、再度お試しください。

次の