うに と いい こと したい。 頭のいい子に育てたいなら、幼少期はとことん遊ばせて (1/3) :日経DUAL

男性たちが「付き合う前に知りたい!」と思っている“4つの重要なこと”(1/2)

うに と いい こと したい

スポンサーリンク 何をすればいいのかわからない時 自分の悩みが「新しい仕事どうしよう」とか「何か趣味を始めたいけど見つからない」など、ある程度分かっている人は後述する【人生・仕事・就職・転職・趣味】の中からそちらから読んでもOKです。 それ以前の• そもそも自分が何がしたいのか分からない• 何に悩んでいるのかすら分からない• 漠然と何をすべきか、今後どうすればいいのかに不安がある という方は先にこちらを読んでみてください。 何をすべきかを理解して悶々とした今の時間から抜け出しましょう! 自分が何をしたいのか分からない時は 【自分が何をしたいのかわからない】という状態は実は本当に【分からない】わけじゃないと思うんです。 チェック!• 他人の目が気になって考えたことができない• 動くめんどくささが勝ってしまって動けない• 「チャレンジしてみた」後の楽しさをまだ知らない• 今まで周りに流されてきて自分で判断できない このような原因を自分の中で勝手に作っているだけなんじゃないでしょうか? やりたいことはあるけど自分でブレーキを作って諦めているのだと思います。 本当はやりたいことってたくさんあるはず。 自分から「できない」とか「無理だろうな」と諦めてしまってはやりたいことが見つかりにくくなるのは当然です。 必要以上に他人の目を気にせず• 目先の小さなことから行動する• 動いてみた時の楽しさを知る• 良いか悪いかは自分で判断していく この考え方ができるようになれば、【自分の本当にやりたいこと】は悩むまでもなく次々と出てきてしまいますよ。 やりたいことが見つからないなんて絶対にない! 【自分で諦めていないか?】を思い返してみてください。 人生自分のブレーキが多少壊れているくらいのほうが楽しいこともありますよ。 何がしたいのか分からない人生編 【何がしたいのか分からない 人生 自分】 ここではこんな検索をしてしまうほど自分が何をしたらいいのか分からない状態になっている人に色々な選択肢を紹介していきたいと思います。 日々何かしたいけど見つからなくて悩んでダラダラしている。 そんな自分を毎日後悔しているならぜひ読んでみてほしいです。 人生の大半は仕事 陳腐な言葉で言うなら人生一度。 まずその大切な人生の時間のほとんどは好きなことをできる自由時間ではないということに気づかなければなりません。 10代:自由で好きなことをできる• 20代:仕事• 30代:仕事• 40代:仕事• 50代:仕事• 60代:仕事&定年後老後生活• 70代:定年老後生活• 80代:定年老後生活 こうみれば人生の大半の時間を仕事に費やしていることが分かりますよね。 もちろん厳密には土日休日があったり仕事終わりの時間もありますが、それでも一週間のほとんどは仕事に時間を使っています。 しかも仕事終わりや土日でも全てが自由時間ではないですよね。 洗濯・掃除・風呂・飯・その他を入れると本当の自由時間が人生の内どれだけ少ないか分かると思います。 そんな少ない自由時間を「自分は何がしたいか分からない・・・」なんて状態ではもったいなさすぎです! 自分でダラダラする時間は休息時間と割り切って楽しめるのであればそれもいいかもしれません。 ただ「何かやりたい!」と感じながら結局ダラダラしてしまって時間を無為に浪費してしまうと後悔がついてまわります。 そんな「何かやりたい!」と思っているにも関わらず「自分の人生何がしたいのかわからない」ならば今日ここから動いていきましょう! ただ頭で考えるだけではやりたいことは見つかりません。 動いていく中でやりたいことは勝手に見つかっていくのです。 ここからは仕事と仕事以外に分けて自分のやりたいことを見つけていきます。 どちらにせよ頭で考えるだけではなく自分から動いて行くことを覚えておいてください! 仕事 上記したように人生の大半は仕事に時間を使います。 つまり 一番てっとり早い方法は仕事を充実させることにあります。 仕事にやりがいを感じて楽しめるのであれば、それがそのまま人生の充実感に繋がるのです。 ここで考えなければならないのが 【どんな人が仕事にやりがいを感じているのか】を知ること。 普通の人は生活するために仕方なく働いていますよね。 でも一部の人は楽しそうに仕事やっていると思ったことありませんか? 自分の周りの人やテレビで見かける人の中にもたまにいますよね。 その人達と自分の決定的な違いは 【主体的に仕事をやっているか】だと思います。 簡単に言ってしまえば 仕事の中に自分が進んでやりたくなるような理由を作っている人達なんです。 「生活のため仕方なく」 「みんなやっているから仕方なく」 こんな気持ちで仕事をして楽しいわけないですし、やりがいを見つけられるわけもありません。 生活のために仕事をやるのが悪いことというわけではありませんが、そのためだけに仕方なく仕事をすれば面白さが見つけけにくいのも当然です。 ではどうすればいいのか? 仕事に関わることで小さな成功体験を積み重ねるだけでいいんです。 仕事頑張って上司に認めてもらった• お客さんに褒められた• 同僚から一目おかれる存在になれた 仕事を頑張ることで人に認められることから始めましょう。 人間の潜在的欲求に承認欲求(認められたい)というものがあります。 積極的に仕事ができるようになれば会社での自分の立場も居心地のいいものになるでしょう。 人生の中で大きなウエイトを占める仕事だからこそ自分から楽しくなるように動いて行くことが重要なのです。 「仕事はつまらないもの」と考えて人生もつまらなくするのか。 「仕事は褒められて自分の居場所を作るもの」と考えて人生楽しくするのか。 どちらを選ぶかは自分次第です。 ここ以下はそれでも仕事に重点を置きたくない人用に仕事以外の選択肢を紹介していきます。 副業 何かやりたいと思った時におすすめできる一つに副業があります。 ダラダラしていて何もしていない自分に焦る!• 有意義に時間を使いたいのに自分は何がしたいのか分からない!• 向上心はあるのに何をしたらいいのか分からない!• 会社の仕事はちゃんとやっているけど金銭的な伸びしろが少ない! 特にこんな方には最適です。 副業と言っても飲食店やコンビニでバイトしたりだけじゃないのが今の世の中。 パソコン一つあれば自分の好きなことや得意なことを副業にできる時代だと理解しておきましょう。 自分でビジネスといえば難しく感じるかもしれませんが、実はできることってたくさんあります。 初めての副業をやりたい人がスタートしやすいものをこちらでまとめましたので興味があるならチェックしてみてください。 趣味 何かやりたい時には趣味を始めることもおすすめです。 没頭できる一つのことを見つけたい• 同じ楽しみを誰かと共有したい• 仕事以外の時間は自分の好きなことを楽しみたい 特にこんな方に最適です。 趣味というのは本当に幅広く、何が趣味になるかは人それぞれ。 毎日好きな趣味をやりたくて仕方なくなってしまえば「自分は何がしたいのか分からない」なんて状態からは間違いなく脱却できます。 趣味といっても色々なものが含まれます。 上記した仕事や副業、恋愛なんかも自分の趣味になるかもしれません。 何か没頭できることを探しているのであれば自分からどんどんやりたくなってしまうような趣味を見つけてみましょう。 趣味のジャンルはこの記事の【何がしたいのか分からない趣味編】に書いてありますので参考にしてみてください。 恋愛 自分のパートナーがいない時は恋愛に力を入れてみるなんてどうでしょう。 今は恋人がいない人• 単純に恋愛がしたい人• 何かを一緒にするパートナーが欲しい人 特にこんな方に最適です。 人によっては恋愛しているだけでハッピーな気持ちになっちゃいます。 小さなことでも好きな人と物事を共有すると毎日楽しくて「何がしたいのか分からない」なんて悩むことなんてありません。 顔に自信がないとか、恋愛経験がないとかそんなの関係ないです。 恋をしたら退屈なんて感じる暇なく毎日が変わると思いますよ。 暇つぶし遊び 「自分は何がしたいのか分からない、何かやりたいけど結局行動できないからいいや」 という方はもういっそ前向きにだらだら楽しい暇つぶしをしたらいいんです! 基本的に後悔するならダラダラするべきじゃないと思っています。 ただ前向きに楽しむためにおもしろい遊びを探すなら全然いいんじゃないでしょうか。 リフレッシュのためとか、そもそもダラダラするのが幸せすぎるというのであれば楽しい暇つぶし方法を探しましょう。 今暇つぶしにやることを探している方は【今何がしたいのか分からない!暇つぶし編】を参考にしてみてください。 どうせ暇つぶしするなら後悔するような気持ちじゃなくて「楽しむ気持ち」でどうぞ! 何がしたいのか分からない仕事・就職・転職編 ここでは仕事や転職について「何がしたいのか分からない状態」の自分がやるべきことを見つけよう! 仕事の悩みでこの状態になる原因といえば• 「仕事がつまらない」• 「何の仕事に就職すればいいのか」• 「本当に自分に合った仕事は何か」• 「今のままの仕事を続けるべきか」 などですよね。 そんな人が気づいていないことを紹介します。 就活で悩んでいようが仕事や転職で悩んでいようが覚えておいて損はありません。 やってもいないのにやりたいことは見つからない 「自分に合った仕事は何なのか?」 特に学生や20代の若手社員を中心に悩む人が多い【自分に向いている仕事】という不毛な考えです。 【やりたいことはやってから出てくる】 これを覚えておいてください。 矛盾しているように思えますが、これが事実です。 パッと思いついてワクワクする自分がやりたい仕事はありますか? すぐに思いつかないのであれば自分に向いている仕事を探すのはやめましょう。 【やる気・やりたいこと】とは、何か作業を開始してから初めて生まれてくるものです。 【一番無駄なのは頭の中だけで色々考えて何も始めないこと】 大学生なら就活など。 社会人なら転職活動など。 動きもせずに自分がやりたいことや向いていることを悩んでばかり。 これでは自分の本当にやりたいことなんか見つかるわけがありません。 就活で悩んでいるなら足を動かして説明会に行ってみればいい。 そもそも就活なんて表向きどんなに優良企業に見えていても入社しなければ分からないものです。 【とりあえずスタートを切ることでやりたいことが次々出てくる!】 ということ。 今までの人生で間違いなく経験があるはずです。 部活、勉強、恋愛、趣味など、楽しくて自分からやりたくなったことがありますよね? そのどれもが「やってみる」という行動から始まっています。 就活、現在の仕事、転職のどれであろうが 【やりたい仕事を探すのではなく、とりあえずやってみてから仕事の楽しいところ探す】 を意識しましょう! そうすればやりたいことが見つからないなんてことはなくなります。 やりがいとは前向きに自分で責任を感じる仕事 仕事にやりがいを見いだせなくてモチベーションが下がっていませんか? 既に社会人で最近仕事がつまらないと感じているなら【やりがい】について考えましょう。 やりがいには前向きな責任感が重要です。 命令をされたことだけを黙々とやる仕事。 自分で色々(価格、行動など)決めることができる仕事。 あなたはどちらのタイプだと思いますか。 そしてどちらで仕事をしたいでしょうか。 1のタイプの仕事が性格に合っていたり、私生活が充実していて仕事は仕事と割り切って1の働き方でもOKな人はそのままでいいと思います。 ただ仕事にやりがいを求めるのであれば、自分で考えて自分で仕事を動かせるほうが楽しいですよね。 そのためには上司に認められて決裁権(仕事のあれこれを決定する権利)を与えられ、責任を背負わなければなりません。 仕事に前向きに取り組む• 認められる• 一つレベルの高い仕事を与えられる この繰り返しが仕事を楽しくなるコツといえるでしょう。 仕事がただのめんどくさいものになってしまえばこの逆のマイナスの繰り返しになります。 マイナスの繰り返しになってしまうと「仕事が楽しくない状態」のできあがり。 今の仕事だろうが、転職しようが、責任ある仕事を任されるようになってからが仕事の面白さが分かる時です。 自分で仕事の楽しめるポイントを探してプラスのスパイラルを作っていきましょう! 仕事を辞めることはそんなに重大なこと? 今の仕事に疑問を感じて転職を考えたりする人は多いです。 何の仕事をすればいいのか分からないから転職に踏み出せなかったり、転職後の不安で結局動けない人が多いのも事実。 そんな人達に気づいてほしいことは 「仕事を辞めることはそんなに重大なことなのか」ということです。 今の仕事の状況がよくないから辞めたいわけですよね? そんな悪い状態から抜け出すことをそこまで悩む必要があるでしょうか。 高卒で約40%、大卒で約30%が3年以内に会社を辞めていると言われます。 定年まで一つの会社で働く人になれば珍しいくらいですよね。 インターネットの普及で自分で始められる仕事も増えてきました。 昔に比べて今は一つの仕事に執着する時代ではなくなってきていることは確かです。 仕事の選択肢がたくさんある時代に苦しんで耐えながら仕事をするのは損じゃないですか? 会社を辞めることが気楽にできるとは思いませんが、周りの目や今後を気にしすぎるのはもったいない気もします。 【仕事を辞める】こと。 そんなに悩む必要がある重大なことなのか。 もう一度シンプルに考えてみてはいかがでしょうか。 転職したい人がやるべきこと 今の仕事を辞めて転職したい人が知っておいた方がいいこと、やるべきことを考えていきましょう。 【転職に関するウソ・勘違い・誤解】 ・引き止めは結局会社の都合 「3年は頑張らないと分からない」とか「君に任せられる仕事は増えてきたのに」なんて言葉は結局のところ会社の都合で引き止めたいということです。 転職を考えるなら引き止められても絶対に戻らない決心ができてから伝えましょう。 ・必要としてくれる仕事場はある 転職する時に仕事が見つかるかどうか不安ですよね。 高望みしない限り心配しなくても自分を必要としてくれる職場はあります。 転職先が見つからないという人は自分の経歴に合わない会社を探しているだけです。 もし身の丈以上の会社に受かったとしても逆に仕事が辛くなるかもしれませんよ。 ・会社名や求人条件でやりがいは決まらない やりがいは会社名や求人票に載っている条件だけでは決まりません。 その会社にいる人達だったり、実際入社してからの仕事でやりがいは生まれてきます。 結局のところ入社して仕事をしてみるまで分からないんです。 「やってみるまで分からない」が当たり前ということを覚えておいてください。 【やりたくないことを洗い出す】 やりたい仕事を探すより「絶対にやりたくないこと」を洗い出しておきましょう。 めんどうくさいこと、やりたくないことがあるのは仕事をする上で当たり前です。 ただ自分が経験して絶対にやりたくないと感じたことはしっかりと知っておくことも重要。 本当にやりたくないことを整理せずに転職すると、結局同じ理由で仕事が嫌いになってしまいます。 自分が今の仕事に疑問を持つようになったのは何故なのか? ここを押さえておきましょう。 【具体的なやるべきこと】 ここでは転職を決意した人がやるべき具体的な内容を紹介します。 最低限やるべきことをまとめましたので参考にしてください。 ・辞めることは直属の上司に伝える(最低2週間前、出来れば1ヶ月以上前) ・辞めるギリギリまで仲の良い同僚にも喋らない ・会社支給の物を返却 ・最後まで仕事は手を抜かない ・退職後に雇用保険被保険者証や離職票は絶対もらう ・転職先が決まっていない状態で退職する場合は失業保険の手続きと数ヶ月分の生活費を貯めておく まとめ 仕事で何をすればいいのか分からなくなって悩んでいる人のやるべきことまとめです。 【 仕事がつまらなくて辞めたいと思っている人】• 命令をこなすだけの仕事が嫌な人は自分で決められる仕事を• 仕事を辞めることが本当に自分にとって思い悩むほど重要か確認する• 自分が辞める理由になった「やりたくないこと」を確かめる• 退職までの準備・流れを具体的に理解する スポンサーリンク 何がしたいのか分からない趣味編 自分に合った趣味って何だろう? そんな考えをしているならとりあえずやってみることから始めましょう! ここでは色々な趣味のジャンルを紹介します。 気になる趣味のジャンルがあればまずやってみて自分がハマるか確かめてみてください。 遊び系趣味 【対象】 とにかく毎日楽しく遊びたい人のための趣味ジャンルです! 【特徴】 特徴は遊び系の中でも数多くの趣味があり、お手軽に始められるものも多いです。 1人で遊ぶ系から他人や子供と一緒にできる趣味まで豊富にあります。 【例】 一部紹介すると• テレビゲーム• アプリ• ボードゲーム• 対面ゲーム• マジック• 麻雀 などがあります。 作る系趣味 【対象】 自分で手を動かし、料理や物を作りたい人のための趣味です! 【特徴】 自分で物を作るため想像力や手先の器用さが必要になることが多い。 1人でできる趣味から教室に通ったりすることもできて、共通の趣味を持つコミュニティが見つかりやすい。 【例】 一部紹介すると• ハンドメイド関連• 動画編集 などがあります。 学習系趣味 【対象】 時間を有意義に使って仕事や今後の自分に生かしていきたい人向けの趣味です! 何か学びたい意欲がある人にはおすすめ! 【特徴】 新しい知識を覚える必要があるため机に向かう時間が多くなります。 自分の幅を広げるために時間を有意義に使える趣味です。 【例】 一部紹介すると• 資格関連• 外国語• マナー教室 などがあります。 体動かす系趣味 【対象】 スポーツ好きや体を動かしたい方、体重が気になってダイエットしたい方などにおすすめの趣味です! 【特徴】 体を動かす趣味なので運動不足を解消できる。 体力に自信がない人が無理をすると続きにくい趣味とも言えます。 【例】 一部紹介すると• ランニング• ジム通い• スポーツ全般• 筋トレ などがあります。 知的系趣味 【対象】 頭を使うのが好きで知的好奇心を満たすことが好きな人向けの趣味です! 【特徴】 基本的に家の中でできることが多い。 頭を使うことが好きな人には続けやすい趣味です。 【例】 一部紹介すると• ナンプレ• 自己啓発• 歴史 などがあります。 お金関連趣味 【対象】 とにかくタイムイズマネーな考え方の人、暇な時間をお金に代えたい人向けの趣味です。 【特徴】 他の趣味と最大の違いは趣味にお金を払うのではなく趣味でお金を稼いでみるところ。 お金をもらうということは一定の責任があるのも特徴です。 【例】 一部紹介すると• クラウドワーキング系• サイト運営• 不要物販売 などがあります。 ストレス発散系趣味 【対象】 日頃から勉強や家事、仕事などでストレスを溜め込んでいる人に最適な趣味です! 【特徴】 ストレス発散することで切り替えて次からのやる気に繋げやすい。 単純に気持ちがスッキリして楽しい。 【例】 一部紹介すると• カラオケ• ボイトレ• 食べ歩き• 温泉・サウナ などがあります。 受動的趣味 【対象】 普段動く仕事をしていたりであまり自由時間は自分から動きたくない人。 そこに居るだけで楽しみたい人などにおすすめな趣味です! 【特徴】 自分が動くのではなく、観る・聴く・感じるなど受動的な趣味。 良い意味で感情を揺さぶられたり、安らげる趣味ともいえます。 【例】 一部例を紹介すると• プラネタリウム• ミュージカル• ネットサーフィン• スポーツ観戦 などがあります。 趣味がわからない・趣味がない人は 自分は「趣味がわからない」とか「趣味がない」と思っている人。 そんな人は深く考えすぎなのかもしれません。 趣味なんて普段何気なくやっている好きなことみたいなもの。 好きなことに深くハマっていくうちにそれが趣味になるのです。 「軽く食後の運動で散歩していたら気持ちよくて習慣になった」• 「海外に行くために英語を勉強していたら面白くてもっと学びたくなった」• 「彼氏にサッカー観戦連れていかれてからチームのファンになって好きになった」 こんな感じで最初は【なんとなくやってみた】から好きになっていきます。 趣味が見つからないという人はそのなんとなくやってみたをやっていない人なんじゃないでしょうか。 仕事時間を除いた人生の自由時間くらいやりたいことに没頭しなきゃもったいないです! 悩む前に試しに色々やってみることをおすすめしますよ。 自分は何がしたいんだろう?【今】自分を変えるためのまとめ! ここまでは【人生・仕事・趣味】など自分を充実させたい人向けの内容をご紹介してきました。 だいぶ長い内容になってしまったのでここでまとめていきたいと思います。 「自分は何がしたいんだろう?」 こう悩んでしまった時はもう一度ここを見てくださいね! 人生で迷ったら 【人生の大半は仕事!仕事が充実すれば楽しくなる!】 【仕事の中に自分からやりたくなる理由を作る!】 【どうしても仕事に楽しさが見いだせないなら他の選択肢を!】 【副業・趣味・恋愛などで仕事以外の時間を充実させるのも一つの方法!】 迷うことはたくさんあると思いますが、 結局一番大事なのは【今】自分が動いてみることなんです。 「何がしたいのか分からない」は「何かしてみることで見つかる」 人生や仕事、趣味だろうが恋愛だろうがなんでも自分から動いて行かなければずっとやりたいことは見つかりません。 何がしたいのか考えるより先に【何かしてみる】ことを考える。 これができるようになれば自分のやりたいことで悩む必要はなくなりますよ! スポンサーリンク 今何がしたいのか分からない【暇つぶし編】 ここでは【とりあえずダラダラしたいけど今何がしたいのか分からない人】向けになります! 今何をしたいのか分からないという虚無の時間を捨てて楽しい暇つぶしをどうぞ。 自分の条件に合った暇つぶしを見つけるなら条件で探していきましょう! 家で何かしたい 「何をしたいか分からないけどとにかく外には出たくない」 こんな気分な人は家でできる暇つぶし方法がおすすめです! 家でできることは基本的に疲れないことばかりですので体を休めるためにもいいんじゃないでしょうか。 こちらで家に居ながらの暇つぶしをまとめていますので参考にどうぞ。 外で何かしたい 「家に引きこもっていたら暗い気持ちになるから嫌だ!」 こんな気持ちなのにどこに遊びに行けばいいのか分からず悩んでいる人はとりあえず外に飛び出しましょう。 外に出ればお金がかかる場所が多いですが、気分はリフレッシュします。 もちろんお金がかからない場所もたくさんありますので、まずは出かけることですね。 こちらで外でできる暇つぶしをまとめていますので参考にどうぞ。 連休中みんなで何かしたい 「せっかくの休みなんだからみんなで出かけたい!」 家族や友人を誘ってどこかに遊びに行きたい人は連休しか行けないところに行くなんてどうでしょうか。 連休中に引きこもってモヤモヤすることほど嫌なことはありません。 こちらで連休中にみんなで楽しめる場所を紹介していますので参考にどうぞ。 何かしたい大学生 「せっかくの大学生なのに家でダラダラするだけで嫌になってきた・・・」 なんて大学生は暇つぶしに自分のやるべきことを探すなんていかがでしょうか。 大学4年間はある意味人生で最も自由な時間でもあります。 そんな時間を有効活用してみては? スポンサーリンク•

次の

「恋がしたい」と思ったときから、恋は始まる。

うに と いい こと したい

やりたいことには挑戦しちゃった方がいい「たったひとつ」の理由。 「自分のやりたいことがハッキリある」 「やりたいことがうっすらある」 「今はないけど何かやりたい」 夢のかたちは人それぞれ。 そして言えることは、 やりたいことへの挑戦は全てやったほうがいい、ということ。 その理由はシンプル。 たったひとつ。 やりたいことをやろう、と思ったとき。 こんな声が聞こえてきます。 「失敗したらどうすんの?」 「ハズしたらヤバくない?」 「借金したらどうすんの?」 「ちがう方法も考えてみたら?」 「あせる必要なくない?」 それは自分の心の声だったり、誰かのアドバイスだったり、ネットの情報だったり。 それらを聞くと怖くなって「そうか、やっぱりやめておこう」「とりあえず今は様子を見よう」と、思わず足を止めてしまうことも。 悪いことばかりが頭をよぎり、 延期や保留を重ねてしまう。 挑戦したいけど、やっぱり踏み切れない。 なぜ挑戦できないのでしょう? それは「 アイツ」がいるからです。 アイツとは「失敗」。 挑戦するとき、人が恐れるのは「失敗」。 むしろ敵はコイツしかいません。 でもこれが実は「まやかし」であると気づくことが大切です。 挑戦した人、挑戦している人には、失敗なんていう言葉は当てはまりません。 たとえ結果が思ったものでなくても、それは経験という財産になっています。 挑戦した人、挑戦している人は、突き抜けた表情で「なぜもっと早く挑戦しなかったんだろう…!」と口をそろえます。 ここに「やりたいことには挑戦する」べき、たったひとつの理由がある。 答えはひとつだけ。 挑戦に、失敗はない。 ということ。 挑戦した人の言葉は、なぜか似ています。 「思い切りやってるので悔いはない」 「毎秒毎秒、全力疾走している」 「うまくいくまでやる」 「結果を恐れてたら動けない」 「怖いけど楽しい。 充実してる」 もうこの時点で 、結果よりも大きな財産を手にしています。 でも変化って難しい。 一説では、生き物って「 現状維持バイアス」というのを持っていて、現状を変えたがらない習性もあるそう。 変わらないのラクだし。 変えないでもなんとなくやれるし。 そんなことの繰り返しを、いつしか何日、何ヶ月、何年と続けてしまうー。 同じ駅、 同じコンビニ、 同じ帰り道、 同じ休日。 同じため息。 そして一番怖いパターンは、いつしか、 挑戦してる人をちょっと否定する側になっていること。 「あいつまだやってんの?」 「うまくいったらすごいけど」 「微妙くね?」 「もっとちがうやり方あるよね」 「最初から無理と思ってたけど」 否定すると、挑戦しなかった自分の人生を肯定できるから。 でも実は、 挑戦したから、次の扉が見つかる。 うまくいっても、いかなくても見つかる。 挑戦したから、出会える人がいる。 うまくいっても、いかなくても出会える。 もし人から見て失敗でも、自分にとっては「財産」でしかない。 いつかは笑い話、むしろ武勇伝になる。 挑戦に失敗はありません。 得るものしかないのです。 新しいことをやりたい。 ここに行ってみたい。 あの人に会いたい。 こんな人生がいい。 あの業界に入りたい。 こうなりたい、ああなりたい。 こうしたい、ああしたい。 夢のかたちは人それぞれ。 挑戦をすることで、 実は得るものしかない、と気づいて欲しい。 実は失敗なんて存在しない、と気づいて欲しい。 周りの情報にまどわされず、踊らされず。 現状を変えてみよう。 どんな結果になっても、大きくなれる。 それをパワーに、次の挑戦もできるから。 だから、 誰かが作った、失敗という架空の怪物におびえない。 自分が作った、失敗という架空の怪物におびえない。 飛ぶための一歩を、踏み出そう。 そこからの風景が《未来》ってやつなんだ。 著者:清宮 雄 フィリピン・セブ島在住。 「プログラミング/英語/デザイン/ビジネス」を学ぶIT留学「アクトハウス」代表。

次の

犬を飼いたいと思ったら最初にやるべきこと

うに と いい こと したい

「死にたい」と言ってくる友達がいます。 どう応えればいいのか分からずいつも困ってしまい、自分もツラくなってしまいます。 どうしたらいいでしょうか。 「死にたい」と言われると、とても驚いてしまいますよね。 身近な人、親しい人から言われたら尚更です。 ビックリしない人はいないと思います。 精神科では珍しい訴えではありませんが、それでも「死にたい」という訴えを聞くと緊張が走ります。 そんな中でも落ち着いて対応するためには、ちょっとした知識と技術、そして勇気が必要です。 これは、大切な人の命を守るため、また自分自身がツラくなりすぎないために、一人でも多くの人に知っていただきたいことでもあります。 では、「死にたい」という訴えにはどう応えればいいのか。 結論からいうと 「死にたいと思うくらい、ツラいんだね」と受け止め、丁寧に返す。 この一言から始めればいいことを知っておくだけで、心に余裕が出てくると思います。 「死にたい」「消えたい」気持ちを聴くことが、何よりも大事 このようなとき、「死なないで」「そんなこと言わないで」と励ましてしまいがちです。 「まずは自殺を止めることが第一だろう」と案じてのことと思いますが、「死んではいけない」と言われて「そうでした、すみませんでした」と思い留まる人は、まずいません。 アドバイスなども後回しでいいのです。 「死なないでいてほしい」という気持ちを伝えるためには、それが伝わるような言い方があるのです。 では、なぜ「死にたいと思うくらい、ツラいんだね」と返すことがいいのでしょうか。 それはまず、このように答えることの意味を知っていただくと分かると思います。 この返答には2つの意図がこめられています。 1つは、 まず「死にたい」という気持ちを受け止めることです。 「受け止める」ことは、肯定することとは違います。 これは「死にたいんだね、死んでもいいよ」という意味にはなりません。 相手の言葉を反復しているだけですが、「言葉を反復する」ことに意味があるのです。 肯定もせず、否定もせず、そのまま返すことで「私はあなたが言っていることを受け止めましたよ」というメッセージになります。 これが「否定せずにあなたの話を聴きますよ」「安心して話していいですよ」というメッセージにもなります。 2つ目は、 「死にたい」という訴えのウラには必ず「ツラい」という気持ちがあるということです。 「この命を絶ちたい」のではなく「死にたいくらいツラい」と訴えていることを受け止めることが大事ということです。 また反復する際には「死にたいと思うくらいツラいんだね」と、どんなことがツラいのか、という話につなげた方が、話を聴きやすくなります。 話を聴くうえでの基本は「反復すること」ですが、このように、相手の言葉を受け止めつつ少し逸らすことで、より悩みの本質に近づけることがあります。 長年、自殺予防に取り組んでいる精神科医の松本俊彦先生も、次のように言われています。 「死にたい」とだれかに告げることは「死にたいくらいつらい」ということであり、もしも、このつらさを少しでもやわらげることができるならば「本当は生きたい」という意味なのである。 (松本俊彦著 2015. 「もしも『死にたい』といわれたら」 中外医学社 より引用) くり返し『自己肯定感』の大切さを強調される心療内科医の明橋大二先生も、次のように言われています。 相手は、まず、自分のつらさを分かってほしいのです。 ですからこちらは一番に、「つらかったんだね」「嫌だったんだね」などと、わかったということを伝えてほしいのです。 自分で言ったのと、相手から自分の言ったことが返ってくるのとでは違ってきます。 相手から返ってくると「わかってもらえた」という気持ちになります。 その安心感が心の支えになり、苦しみを乗り越える力になるのです。 (明橋大二著「子育てハッピーアドバイス2」 より引用) もうこれ以上傷つきたくない もう少し深く理解するために「死にたい」と誰かに打ち明ける人の心境を想像してみましょう。 私たちは、悩みが深刻であればあるほど、悩みを打ち明ける相手を選びます。 この人なら聞いてくれるかな、分かってくれるだろうかと、さんざん悩んで、勇気をふり絞って、ようやく言えるかどうかでしょう。 これまで嫌というほど苦しんできて、死にたいくらいつらい思いをしてきたのです。 もうこれ以上裏切られたくない、傷つきたくない、ギリギリ限界のところまで追い詰められて、それでも一縷の望みをかけて、この人なら信じてもいいかもしれない、そんな思いが込められているのが、「死にたい」という一言になるのです。 重い言葉の背景には、このようないろいろな思いが込められています。 つらい思いをしている人は、他人の表情や雰囲気に敏感です。 そんな中であなたのやさしさを感じ取って、あなたに打ち明けたのでしょう。 「話を聴くしかできない」と思わずに、「聴くこと」にはとても大きな力があることを知っていただきたいと思います。 哲学者の鷲田清一氏も、もっと「聴くことの力」を見直すべきだと力説しています。 「〈聴く〉というのは、何もしないで耳を傾けるという単純に受動的な行為なのではない。 それは語る側からすれば、ことばを受けとめてもらったという、たしかな出来事である。 」 「「いる」というのはゼロではない。 なにかをしてあげないとプラスにならないのではない」 (鷲田清一著 2015. 「『聴く』ことの力」ちくま学芸文庫 より引用) 決して一人で我慢しないで 最後に伝えたいことは、 このような話を打ち明けられた人もまた、一人で抱えずに誰かに相談してほしい、ということです。 大人でも大変な問題です。 まして子どもだけで対処できる問題ではありません。 一人で頑張らなくてもいいのです。 人はそんなに強くない。 だから支え合うのです。 生きていて、死にたいくらいつらくなることもあるかもしれません。 そのつらさに、かける言葉が見つからなくて、無力感に打ちひしがれることもあるかも知れません。 でも、そういう自分を責める必要はないのです。 いつも張りつめて弱音が吐けないと、どこかで破綻してしまいます。 苦しい時に「苦しい」と言える、「ツラかったんだね」とみんなが声をかけ合える、そういう社会になれば、もう少し生きやすくなるのではないかと思います。 おすすめの記事.

次の