三井生命保険 面接。 三井住友海上あいおい生命保険 :信用格付け・決算・お勧め保険

三井生命の年収は677万円!三井生命について解説します!

三井生命保険 面接

大樹生命保険株式会社を就職活動の観点から企業研究 入社後、最短4年で営業部長を目指し、20代から一つの組織のトップを任せてもらえるなど若手のうちからチャレンジでき、成長も早い風土。 また、働きがいのある職場環境を整えているほか、ライフステージの変化に応じた働き方を選択できる様々な制度を用意していることで有名な生命保険業界の大樹生命保険株式会社の年収・キャリア・インターン・選考・採用情報について、就職活動の観点から企業研究しました。 下記4つのトピックに分けてご紹介します。 大樹生命の募集職種・採用情報と平均年収は?• 仕事と私生活を両立し、充実した人生を送るための多彩な制度• 大樹生命のインターン・選考・面接対策情報• 大樹生命の年収、キャリア、インターン・選考・採用情報のまとめ 大樹生命保険株式会社の募集職種・採用情報と平均年収は? 大樹生命では、総合職の「全国型」と「エリア型」で新卒を募集しています。 総合職の「全国型」には、「機関経営コース」と「総合コース」があり、「機関経営コース」は入社時より保険営業・営業部マネジメントの基礎を学び、早期に営業部長への任用を目指すコース。 将来的には、リテール分野を中心に、本社・支社含め幅広い分野で活躍することが期待されています。 一方、総合職の「総合コース」は、様々な職務経験を通じ、自らの専門性を高め、本社・支社含め各分野におけるプロフェッショナル人材としてのキャリアを積んでいきます。 また、総合職の「エリア型」は「総合コース」のみ。 転居を伴う転勤をせず、様々なキャリアを積み、専門性を発揮するプロフェッショナル人材として活躍を目指します。 総合職の主な仕事内容は以下の通りとなっています。 営業(個人向け、法人向け)、総務、人事、企画、調査・広報、法務・コンプライアンス、アクチュアリー(数理)、商品開発、営業推進、財務・融資、ファンドマネージャー(資産運用)、不動産投資、システム開発など。 実際に若手営業部長として活躍している先輩社員Mさん曰く、「誰かの役に立ちたい」「周りと協力して何かを成し遂げたい」「高い目標にチャレンジして達成感を味わいたい」、などと思う人は是非、大樹生命にエントリーしてほしいとのこと。 同社は、努力して結果を出せばしっかりと認めてくれ、自分の目標が必ず実現できる会社だそうです。 そして、営業部長の仕事は、自分が「こういうことをしてみたい」という想いをもっていれば、とてもやりがいのある仕事だとのこと。 将来的には、支社長や本社営業部門で施策立案をする立場など、様々なキャリアが開けています。 また、平均年収のサイトによると、大樹生命の前身である三井生命の平均年収は677万円。 一方、新卒の初任給は選択するコースや勤務地によって異なります。 例えば、総合職の全国型は、大学卒が25万円、大学院卒が27. 8万円となっています。 仕事と私生活を両立し、充実した人生を送るための多彩な制度 大樹生命は、「女性活躍推進」「ワークライフバランス」「障がいのある方とともに働くこと」の3つのテーマでダイバーシティを推進しています。 「働きがいのある職場環境」はもちろん、ライフステージの変化に応じた働き方を選択できる「産前・産後の休業・休暇制度」「育児・介護の短時間勤務制度」「フレックスタイム制度」など、様々な制度を用意し、ライフイベントごとに安心して働ける諸制度を整備しています。 また、三井グループの企業が参加する三井健康保険組合に加入しており、定期的な健康診断をはじめ、万が一の場合の保険給付制度など、安心して健やかな毎日を過ごせるよう、サポート。 さらに、独身寮、社宅、診療所のほか、全国に提携保養所が数多くあるなど、福利厚生も充実しています。 大樹生命では人材育成にも注力しており、新入職員研修、階層別研修などの様々な研修メニューの他、チャレンジ公募制度、チャレンジ留学制度、グローバルインターンシップ制度、など個々のチャレンジをバックアップする制度も充実しています。

次の

【面接対策】日本生命保険の中途採用面接では何を聞かれるのか

三井生命保険 面接

三井生命保険の選考内容は、以下の通りです。 適性検査に受かったらグループ面接を行い、その後グループディスカッションで自分の発想や個性が試されます。 この最終面接が無事終わると採用人数内で内定を頂けます。 では、次の項目で学歴の選考情報について見ていきましょう。 面接において第一印象が与える影響は大きい 自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。 今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「」です。 質問に答えることで、 どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。 結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。 無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。 三井生命保険が求める学歴は国内外の四年制大学または大学院を卒業・修了(見込み)である必要があります。 また、気を付けてほしい選考情報は新卒採用の場合は指定期間で卒業(見込み)でなくてはいけないので注意してください。 学歴:四年制大学または大学院を卒業・修了(見込み) 上記の選考情報通り、専門学生や高専生、高校生は残念ながら受けることが出来ません。 また上記の学校を卒業した人も受けることは出来ませんので、第一志望に三井生命保険を挙げている場合は大学入学を目指すところから始めてみてください。 大学生の方は、大学卒 見込み の学歴の他には条件がありません。 選考情報として学部や学科は問いませんし、国籍も不問ですので、エントリーしやすいです。 では、次の項目で採用人数の選考情報について見ていきましょう。 ここ数年の採用人数は40名前後です。 以前は70名程度を採用していましたが、近年では変更になっています。 経営方針を少数精鋭にしたのではないでしょうか? 採用人数と配属:40名前後・希望を考慮 ちなみに、ここ5年の採用人数の選考情報は、2015年:40名予定、2014年:41名、2013年:42名、2012年:35名、2011年:44名です。 また、高学歴だから受かるというわけでもなく、あくまで三井生命保険が求める人材かどうかで採用が決まります。 配属ですが、基本的には希望した配属を考慮してくれます。 しかし三井生命保険側で適正を判断して変わることもあることを忘れないようにしましょう。 三井生命保険の選考情報として学歴は四年制大学または大学院を卒業・修了(見込み)が必要で採用人数は40名前後 三井生命保険の選考方法や採用人数、求める学歴などの選考情報はいかがでしたか? 三井生命保険の採用人数は三井グループでも多い方とは言えませんが、採用人数に入れば確実にキャリアを積んでいくことが出来ますし、充実したライフワークを作っていくことが出来ます。 まだ大学生の皆さんは大学卒(見込み)が学歴の条件となっていますので、しっかりと卒業出来るように学校生活を送ってくださいね。

次の

三井生命保険の選考で知っておくべき学歴と採用人数

三井生命保険 面接

損保系生保として誕生した当社は、グループ損害保険会社の販売ネットワークや顧客基盤を軸に、独自のマーケット・チャネル対応戦略を組み合わせ、グループの経営ビジョンの実現に向けて取り組んでいます。 【営業スタイル】 「生命保険会社の営業」というと皆さんは、直接お客さまに保険の販売をするイメージをするのではないでしょうか。 当社は、グループ損害保険会社の販売ネットワークを活用しているため、間接営業(代理店営業)がメインの営業スタイルになります。 そのため、新卒入社社員は、皆さんがイメージされるであろう直接営業をすることはありません。 直接営業では、社員一人が1日に話せる人数には限界があります。 しかし間接営業では、たくさんの代理店の方々がいらっしゃるので、1日に50人、100人のお客さまに生命保険のお話しができるチャンスがあります。 【想いを、つなぐ】 生命保険会社として、万が一の時には、お客さまの想いを保険金という形で残されたご家族につなぐこと。 当社の想い、社員一人ひとりの想いを代理店につなぎ、代理店とともにその先のお客さまにも想いをつないでいくこと。 この二つの意味が込められています。 当社は、そのお客さまを生命保険でもお守りし、より確かな安心をお届けすることを目指しています。 そのため、グループ損害保険会社のお客さまに対して、生命保険のご提案をする「クロスセル」に注力しています。 損害保険で過去から築き上げてきた、販売ネットワークと顧客基盤をそのまま活用してお客さまにアプローチできることは、損保系生保ならではの強みです。 お客さまと長くお付き合いがある損保代理店に生命保険を販売いただくからこそ、お客さまに寄り添った提案ができるメリットもあります。 損保系生保である当社は、グループ損害保険会社と一体となり、代理店とともにお客さまに寄り添うことで、損害保険のリスクからも、生命保険のリスクからもお客さまをお守りするという想いを持っています。 時代に即した商品開発とサービスの提供 医療の進歩や社会構成等の変化を的確に捉え、介護・医療の負担増等の社会的課題等や、健康増進を支援する保障性商品・サービスを提供しています。 これまで亡くなるケースが多かった重い病気も、医療技術の進歩によって亡くならないケースが多くなりました。 命は助かる一方、障害が残る人、介護が必要な人も増えているため、当社は「働けなくなるリスク」への保障を拡充した商品を開発したほか、需要の高まっている「医療・ガン・介護」などの第三分野商品の開発に力を入れており、保障性の商品に強みを持って活動しています。 しかし、商品開発だけでは、お客さまの健康で安心なくらしを支えられるとは思っていません。 認知症サポーターの養成や病気予防啓発セミナーの開催、健康増進アプリの開発など、お客さまのくらしを支えるための情報を発信することもとても重要と考え、サービスの提供にも力を入れて取り組んでいます。 多様な人財が集まり、若手から活躍できる会社 当社の社員は、新卒入社社員をはじめ、グループ損害保険会社から出向してきた社員、他の生保社から転職してきた社員、金融機関から転職してきた社員など、様々な社員がいます。 様々な知識や考え方を持った社員が、同じベクトルで互いの強みを活かすことで相乗効果が生まれており、互いの意見を尊重する風土ができています。 そのため、若手社員の意見に耳を傾けるだけなく、積極的に意見を求めます。 また、生命保険業界ではまだまだ若い会社ですので、若手のうちから責任ある仕事を任されることも多くあります。 例えば、新入社員でも1ヶ月の入社時研修を終え、配属された5月から担当の代理店を持ち、半年ほどで代理店に対して1人で研修をするなど、活躍している社員もたくさんいます。 若手から裁量を持って働くことができる分、その働きを支えるOJT制度や研修、自己啓発メニューも充実しており、会社として若手を育てていこうという風土があります。 ・当社の課題 生保併売率(クロスセル率)の向上 当グループで損害保険・生命保険ともに契約いただいている人の割合を「生保併売率」と呼んでいます。 当社は設立以来、着実にお客さまの数を増やし続けていますが、まだまだ歴史が浅いため、2017年度の生保併売率は14. 1%となっています。 さらに「クロスセル」を拡大していくために、生保併売率を毎年1%ずつアップさせ、2021年度には18%にすることを新たに経営目標にしました。 たった1%と思うかもしれませんが、金融機関・来店型ショップなど販売チャネルの多様化が進み、多くの競合他社がいる現状において、この1%は簡単に達成できる目標ではありません。 グループの総合力を発揮して、生保・損保・代理店の三位一体取組による、一層の「クロスセル」拡大に全社員で挑戦しています。 jp URL 自社採用ページURL.

次の