ブリジット リン。 謎の女子高生の正体は? 45年前に撮影されたモノクロ写真がカッコよすぎる

【オーバーヒット】ブリジットの最新評価とスキル【OVERHIT】

ブリジット リン

経歴 [編集 ] で生まれ、で育った。 1972年にスカウトされ 、1973年に『窓の外』で映画デビューを果たし 、後にの妻となると並ぶ青春のスターの座を獲得。 台湾映画の青春スターとなり、1975年の『八百壮士』では最優秀主演女優賞を獲得。 台湾で50本以上の文芸映画に出演した後、1979年に渡米。 米国でパトリック・タム監督の『愛殺』に出演する。 監督の熱心な説得で1984年には『』に出演し、香港に居を移す。 監督・主演の『』(1985年)などに出演した後、ツイ・ハーク監督の『』(1986年)に出演。 男装の麗人を演じた。 1990年の『』ではの最優秀主演女優賞を受賞。 以後は、『キラーウルフ 白髪魔女伝』(1993年)など武侠映画への出演が急増。 1994年には、『』『楽園の瑕』など、ウォン・カーウァイ監督の映画にも出演したが、その後は結婚を機に女優業から離れ、現在は執筆活動に重点を置いている。 出演作品 [編集 ] 映画 [編集 ]• 『新白蛇伝』(1978年)• 『ロンゲスト・ブリッジ』(1981年)• 『』(1982年)• 『』(1984年)• 『アマゾネス・コマンドー 美女脱獄囚:地獄のX作戦』(1984年)• 『セクシー・コマンド部隊 ピンク・フォース』(1984年)• 『』(1985年)• 『』(1986年)• 『英雄正伝』(1986年)• 『夢中人』(1986年)• 『』(1987年)• 『今夜星光燦爛』(1988年)• 『蜘蛛に抱かれた女』(1989年)• 『』(1990年)• 『』(1992年)• 『』(1992年)• 『』(1992年)• 『』(1992年)• 『楽園のかなたに 暗戀桃花源』(1992年)• 『天空伝説 ハンサム・シビリング』(1992年)• 『』()• 『』(1993年)• 『イージーな彼氏たち』(1993年)• 『キラーウルフ 白髪魔女伝』(1993年)• 『』(1993年)• 『白髪魔女伝2』(1993年)• 『チャイニーズ・ファイター 天空伝説』(1994年)• 『』(1994年)• 『ファイヤードラゴン 火雲伝奇』(1994年)• 『』(1994年)• 『』(1994年)• 『』(1998年) ナレーター• 『華の愛 遊園驚夢』(2001年) ナレーター• 『』(2008年)……『楽園の瑕』の別編集バージョン 関連項目 [編集 ]• 脚注 [編集 ] [].

次の

ブリジット・リン(林青霞):チャンバラで力強い目線と男勝りの貫禄

ブリジット リン

経歴 [編集 ] で生まれ、で育った。 1972年にスカウトされ 、1973年に『窓の外』で映画デビューを果たし 、後にの妻となると並ぶ青春のスターの座を獲得。 台湾映画の青春スターとなり、1975年の『八百壮士』では最優秀主演女優賞を獲得。 台湾で50本以上の文芸映画に出演した後、1979年に渡米。 米国でパトリック・タム監督の『愛殺』に出演する。 監督の熱心な説得で1984年には『』に出演し、香港に居を移す。 監督・主演の『』(1985年)などに出演した後、ツイ・ハーク監督の『』(1986年)に出演。 男装の麗人を演じた。 1990年の『』ではの最優秀主演女優賞を受賞。 以後は、『キラーウルフ 白髪魔女伝』(1993年)など武侠映画への出演が急増。 1994年には、『』『楽園の瑕』など、ウォン・カーウァイ監督の映画にも出演したが、その後は結婚を機に女優業から離れ、現在は執筆活動に重点を置いている。 出演作品 [編集 ] 映画 [編集 ]• 『新白蛇伝』(1978年)• 『ロンゲスト・ブリッジ』(1981年)• 『』(1982年)• 『』(1984年)• 『アマゾネス・コマンドー 美女脱獄囚:地獄のX作戦』(1984年)• 『セクシー・コマンド部隊 ピンク・フォース』(1984年)• 『』(1985年)• 『』(1986年)• 『英雄正伝』(1986年)• 『夢中人』(1986年)• 『』(1987年)• 『今夜星光燦爛』(1988年)• 『蜘蛛に抱かれた女』(1989年)• 『』(1990年)• 『』(1992年)• 『』(1992年)• 『』(1992年)• 『』(1992年)• 『楽園のかなたに 暗戀桃花源』(1992年)• 『天空伝説 ハンサム・シビリング』(1992年)• 『』()• 『』(1993年)• 『イージーな彼氏たち』(1993年)• 『キラーウルフ 白髪魔女伝』(1993年)• 『』(1993年)• 『白髪魔女伝2』(1993年)• 『チャイニーズ・ファイター 天空伝説』(1994年)• 『』(1994年)• 『ファイヤードラゴン 火雲伝奇』(1994年)• 『』(1994年)• 『』(1994年)• 『』(1998年) ナレーター• 『華の愛 遊園驚夢』(2001年) ナレーター• 『』(2008年)……『楽園の瑕』の別編集バージョン 関連項目 [編集 ]• 脚注 [編集 ] [].

次の

ブリジットリンの若い頃が可愛い!現在はバラエティー復帰?結婚の旦那も調査!

ブリジット リン

90年代を代表する映画作家、「恋する惑星」「天使の涙」のウォン・カーウァイが、伝説の剣士たちの青春群像を鮮烈な感覚で綴った一編。 中国の人気武侠小説家、金庸の代表作『射[周鳥]英雄傳』(邦訳・徳間書店刊)を基に、原作では老人である主人公らの若き日の姿を描くという設定で、カーウァイが脚本を執筆。 アソシエイト・プロデューサーは「ソウル」などの監督でもあるシュウ・ケイ。 エグゼクティヴ・プロデューサーはカーウァイの盟友で「チャイニーズ・オデッセイ」などの監督でもあるジェフ・ラウ、撮影のクリストファー・ドイル、美術・編集・衣装のウィリアム・チョン、音楽のフランキー・チャン、ローウェル・A・ガルシアとカーウァイ作品の常連スタッフが集結。 他に編集で「風にバラは散った」などの監督でもあるパトリック・タム、カイ・キッウァイ、コン・ジ・ラウ、武術指導に「カンフー・カルト・マスター/魔教教主」のサモ・ハン・キンポーらが参加。 出演は「欲望の翼」のレスリー・チャン、マギー・チャン、トニー・レオン、カリーナ・ラウ、ジャッキー・チュンに加え、「恋する惑星」のブリジット・リン、「黒薔薇VS黒薔薇」のレオン・カーフェイ、当時ほとんど演技経験のないまま、降板したジョイ・ウォンに代わって起用された「天使の涙」のチャーリー・ヤンと香港映画界のスターが競演。 94年ヴェネチア映画祭金のオゼッラ賞、第14回香港電影金像奨撮影賞・美術賞、第31回台湾金馬賞撮影賞・編集賞受賞。 監督 出演キャスト 90年代を代表する映像作家、「いますぐ抱きしめたい」「欲望の翼」のウォン・カーウァイが、香港は重慶マンション周辺を舞台に、ある二組のカップルの出会いをめぐるドラマを独自の語り口と映像感覚で綴った一編。 彼自身の製作会社であるジェット・トーン・プロの第1作で、製作は彼の盟友にして香港映画界で八面六臂の活躍をみせる、「黒薔薇VS黒薔薇 kurobara tai kurobara」「フル・ブラッド」の異才ジェフ・ラウが参加。 撮影は前半部をカーウァイの劇場第一作「いますぐ抱きしめたい」のアンドリュー・ラウ(ラウ・ワイキョン)が、後半部を「欲望の翼」のクリストファー・ドイルがそれぞれ担当。 音楽は本来は監督も手掛ける映画人である『東邪西毒』のフランキー・チャン、美術はカーウァイの全4作を手掛ける、「スウォーズマン 女神復活の章」のウィリアム・チョンがそれぞれ担当。 出演は「悲情城市」「欲望の翼」などのトニー・レオン(本作で香港電影金像奨主演男優賞受賞)、『北京オペラブルース』(V)、「スウォーズマン 女神復活の章」のブリジット・リンの実力派俳優に、本作がスクリーン・デビューとなる新人2人、香港一の若手女性人気歌手フェイ・ウォンと台湾のニューフェイス、日台ハーフの金城武がからむという好対照なキャスティング。 加えて「月夜の願い」のチャウ・カーリンがスチュワーデス役で出演。 効果的に使用される劇中曲は、デニス・ブラウンの『Sings in Life』、ママス&パパスの『夢のカリフォルニア』、ダイナ・ワシントンの『縁は異なもの』、フェイ・ウォンの『夢中人』(クランベリーズの『Dreams』のカヴァー)ほか。 95年香港電影金像奨作品・監督・主演男優賞受賞。 前作同様、ワイヤーワークをはじめとするSFXを駆使した、荒唐無稽ながらパワフルな作風が見どころで、香港では東方不敗と新たな登場人物・スノーとのレズビアン描写も話題となった。 監督は前2作に引き続き「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」3部作のチン・シュウタンと、「スウォーズマン」にも共同監督で参加したレイモンド・リーの共同。 製作はシリーズ全作に関わっている香港ニューウェーヴの旗手ツイ・ハーク。 脚本はツイ・ハーク、ロイ・ゼトー、チャン・カーボンの共同。 撮影はトム・ラウ、音楽はウィリアム・フーが担当。 主題歌は台湾のポップシンガー、サラ・ツェン(陳淑樺)の『笑紅塵』(倣個真的我)。 主演は前作に続いて「白髪魔女伝」のブリジット・リン。 共演は「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」シリーズ、『青蛇転生』(V)のジョイ・ウォンほか。 監督 出演キャスト 同じ舞台で繰り広げられる羽目になった悲劇と喜劇が、やがていつの間にか交じり合い、調和し、様相を変えていくさまを描く寓意的な物語。 86年に台北で初演されて以来、各国で好評を博した同名舞台を、その作・演出を手掛け、台湾演劇界のリーダー的存在である頼聲川が自ら脚色・初監督して映画化。 製作は頼聲川が主宰する劇団表演工作坊のマネージング・ディレクターであり、私生活でも彼のパートナーである丁乃竺。 撮影と照明は「欲望の翼」「恋する惑星 CHUNGKING EXPRESS」の杜可風、美術と衣裳は「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」の張叔平が担当。 音楽は日本のジャズ・ミュージシャンで「十九才の地図」の板橋文夫と「新・悲しきヒットマン」の梅津和時が参加している。 主演は「恋する惑星 CHUNGKING EXPRESS」の林青霞、「エドワード・ヤンの恋愛時代」の金士傑、「恐怖分子」の李立羣と顧寶明ほか。 92年台湾金馬奨最優秀脚色・助演男優賞他、各国の映画祭で数々の賞を受賞。 監督 出演キャスト 「侠女」をはじめとする諸作でクンフー映画の基礎を成したといわれる、巨匠キン・フー監督の伝説的傑作「残酷ドラゴン!血闘竜門の宿」(67)を、中国本土は敦煌に一大ロケを敢行してリメイク。 殺意と陰謀が渦巻く砂漠の宿屋を舞台に、敵味方入り乱れての壮絶な死闘が展開する古装片(武術アクション)。 狭い屋内と広大な屋外それぞれの空間を生かした息もつかせぬアクションと、スピーディかつ荒唐無稽な作風が魅力的。 監督は「スウォーズマン 女神復活の章」のレイモンド・リー。 製作は同作ほか、数々の作品を手掛ける香港映画界の大物、ツイ・ハーク。 製作監修は「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」3部作や「スウォーズマン」シリーズのチン・シュウタン。 脚本はツイ・ハーク、チェン・カーボン、イウ・ワーの共同。 撮影はトム・ラウ、アーサー・ウォン、ラウ・ワイワイ。 武術指導はチン・シュウタン、「ワンス・アポン・ア・タイム 天地争覇」(V)のユン・パン、チャン・イウシンと、ツイ・ハーク組の常連スタッフが揃い踏み。 主演は「スウォーズマン」シリーズのブリジット・リン、「愛人 ラマン」のレオン・カーフェイ、「ロアン・リンユィ 阮玲玉」でベルリン映画祭主演女優賞を受賞したマギー・チャン。 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱」の武術スター、ドニー・イェンが悪役に扮し、壮絶なアクションを見せる。 監督 出演キャスト 過去に犯した罪のため脅迫され、殺人事件に巻き込まれる女弁護士を軸に愛憎渦巻く3人の女が虚々実々の駆け引きを繰り広げるサスペンス。 ひとり二役を演ずるジョイ・ウォン、細かなアクションや小道具を使った演出に、アルフレッド・ヒッチコック作品をはじめ往年のサスペンス映画へのオマージュが窺える。 製作は「ドラゴン・イン新龍門客棧」のツイ・ハーク。 監督はカメラマン出身の「ロボフォース 鉄甲無敵マリア」のデイヴィッド・チャンで、本作では撮影もチュウ・コクファイ(「バイオレンス・ポリス/九龍の獅子2」)と共同で担当。 脚本はルイ・ファー、音楽はチュウ・マンホイ、編集はフォン・イン、美術は「ラスト・ブラッド 修羅を追え」のフォン・イン、SFXは新視覺特技工作室がそれぞれ担当。 出演は「スウォーズマン 女神復活の章」のブリジット・リンとジョイ・ウォン、『ファントム・ブライド』(V)のポーリン・ウォン。 またブリジット・リンの恋人役で「九龍大捜査線」のレイ・チーホンが特別出演している。 監督 出演キャスト 中国の戦乱の世を舞台に、熱き戦いと燃え上がる恋を描いたファンタスティックな時代活劇。 監督はブランドン・リー主演の「ファイアー・ドラゴン」のロニー・ユー。 製作はマイケル・ウォンとレイモンド・ウォン、脚本はデイヴィッド・ウーとロニー・ユーの共同、撮影は「フル・ブラッド」のピーター・パウ。 衣装デザインは、「乱」で米国アカデミー衣装デザイン賞を受賞し、「プロスペローの本」なども手掛けたワダ・エミが担当。 青・白・赤の3つの原色を強調した裾の長いコスチュームを身に着け、ワイヤーワークを駆使して飛び回るアクションシーンの華麗さは圧巻。 主演は「さらば、わが愛 覇王別姫」のレスリー・チョンと「スウォーズマン」「ドラゴン・イン」の香港映画界の名花、ブリジット・リン。 共演はエレイン・ルイ、ナム・キットインほか。 香港アカデミー賞3部門受賞、ジェラールメール・ファンタスティック映画祭(旧アヴォリアッツ映画祭)グランプリ受賞。 監督 出演キャスト 製作・ツイ・ハーク、監督キン・フー(のちに降番)、チン・シュウタン、ツイ・ハーク、レイモンド・リーの顔合わせで、香港映画界に古装片(時代劇)ものブームを呼ぶ景気となった武侠活劇「スウォーズ・マン」(90)の続編。 主役が交代し、さらにブリジット・リン演じる新たなキャラクター、東方不敗が話題を集め、翌年にはシリーズからスピン・オフして東方不敗を主人公にした「スウォーズマン 女神復活の章」が作られた。 妖艶にして男勝り、男とも女とも見分けがつかぬ中性的なキャラクターを演じたブリジット・リンの力演と大胆なアクションが見どころ。 この作品のヒット以後、彼女は同傾向のキャラクターを演じることが多くなった。 監督は「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」3部作のチン・シュウタン。 製作は同シリーズのほか数々の作品を手掛け、監督・プロデューサーとして活躍する香港映画界の大物ツイ・ハークで、彼の主宰する電影工作室作品。 脚本はツイ・ハーク、ハンソン・チャン、タン・ピクインの共同。 撮影はトム・ラウ、音楽はリチャード・ユエン。 武術指導はチン・シュウタン、ユン・ブン、マー・ユクシン、チャン・イウシン。 主演は台湾出身で、「蜀山 天空の剣」「北京オペラブルース」などの代表作があるブリジット・リンと、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明」シリーズのリー・リンチェイ。 共演は同シリーズのロサムンド・クァン、「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー2」のミシェル・リーら。 監督 出演キャスト 香港ニューウェイヴを代表する監督のひとりイム・ホーが、揺れ動く時代の波に翻弄される男女の姿を描いたドラマ。 女同士の友情とヒロインが書いた小説、そして時代の流れを縦糸に、男女の愛の絡みを横糸に、物語が紡がれる。 ドラマの激しさの中へと引きずり込む力強い映像と演出手腕が光る。 主演は台湾出身の美人女優、「北京オペラブルース」のブリジット・リン。 この作品で台湾金馬奨主演女優賞を受賞した彼女は、「恋する惑星 CHUNGKING EXPRESS」などでいまや世界から注目を集める存在となっている。 彼女の恋の相手役に「生きてる限り僕は負けない」「フル・ブラッド」などのシン・ハン、親友役に「ポリス・ストーリー」シリーズでのジャッキー・チェンの相手役や、「いますぐ抱きしめたい」「欲望の翼」などの作品で注目され、「ロアン・リンユィ 阮玲玉」では香港女優として初のベルリン映画祭主演女優賞を獲得するなど、香港を代表するトップ・スターとなった感のあるマギー・チャンがそれぞれふんしている。 マギーもこの作品で台湾金馬奨助演女優賞を受賞したほか、台湾金馬奨では作品賞、監督賞など計8部門を受賞している。 監督 出演キャスト.

次の