キム ジュヒョク 死因。 キム・ジュヒョク 事故死。交通事故の原因と過失や詳細。結婚(嫁)や子供や彼女は?(顔・画像)

キム・ジュヒョク 結婚や熱愛彼女の噂は?性格について

キム ジュヒョク 死因

青龍映画賞ベストカップル賞を受賞 98年にSBSタレントとして芸能界入り。 08年、映画『妻が結婚した』で青龍映画賞ベストカップル賞を受賞後、映画出演が増えたが、初の長編時代劇『武神』で主役に。 それまでの癒し系キャラを封印し、勇壮果敢な武将を熱演した。 17年のドラマ『アルゴン』では、完璧主義の報道番組のチーム長役。 父親の猛反対を押し切って俳優の道へ 父親は名優キム・ムセン(故人)。 父、母(15年に病死)、兄の4人家族。 父親の猛反対を押し切って俳優の道へ。 09年、6年間交際したキム・ジスと破局。 女優キム・ギュリとの熱愛を12年に認めたが、半年で破局した。 16年12月、17歳下の女優イ・ユヨンと熱愛発覚。 17年10月交通事故死する。

次の

キム・ジュヒョク 結婚や熱愛彼女の噂は?性格について

キム ジュヒョク 死因

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年10月) キム・ジュヒョク(金柱赫、김주혁、 - )は、の。 演劇映画科卒業。 父親は同じく俳優のキム・ムセン。 趣味は映画鑑賞、スキー、ラフティング。 2017年10月30日に交通事故により死亡。 享年45歳。 キム・ジュヒョク 김주혁 本名 金柱赫 生年月日 1972-10-03 没年月日 2017-10-30 (45歳没) 出生地 死没地 国籍 身長 180 血液型 A 職業 映画俳優 ジャンル 映画・ドラマ 活動期間 - 著名な家族 キム・ムセン(父) 公式サイト 主な作品 映画 『』 『春香秘伝』 『』 テレビドラマ 『プラハの恋人』 『テロワール』 『ホジュン~伝説の心医~』 経歴 に公採タレントとしてデビュー。 デビュー以降、数々の人気映画や人気ドラマに出演。 ・2017年10月30日午後、三成洞の道路で運転中、別の乗用車と追突し、さらにマンションの壁に衝突し車両が横転、通報を受けた消防に救助され、心肺蘇生を受けながら病院に搬送されたが、死亡が確認された。 45歳没。 また、乗用車との衝突時、韓国警察によると、後方で運転していた別の乗用車のドライブレコーダーからして、キム・ジュヒョクの乗っている車が突然普通ではない異常な動きをしたことから、キム・ジュヒョクは運転中、何らかの症状を発症し乗用車に追突してマンションに衝突したとされた。 しかし、解剖結果は、直接的な死因は頭部の損傷であったとされた。 目撃者によるとキム・ジュヒョクは事故時、胸を強く押さえていたらしく、このことから運転中に心筋梗塞を発症して事故を起こし頭部を損傷したのではないかと考えられた。 だが、解剖結果によると、心臓には異常はなく、薬物反応もなかったと言う。 よって、心筋梗塞の可能性は極めて低いという。 韓国警察は現場検証を行ったが、なぜ突然車に追突し、頭部損傷にまで至ったのか、未だに事故原因が分からないままである。 故キム・ジュヒョクの死後、11月25日には韓国企業評判研究所が、韓国人が愛する映画俳優第1位に故キム・ジュヒョクが選ばれた。 また12月18日には、故キム・ジュヒョクの追悼式が行われ、家族や近親者、同僚俳優やファンなど合わせて約500人が参加した。 出演 テレビドラマ• カイスト(1999年-2000年、) - チョン・ミョンファン 役• 愛は誰でもひとつ(2000年、) - イ・ヨンジェ 役• ライバル(2002年、SBS) - ミン・テフン 役• 流れる川の水のように(2003年、SBS) - ソクジュ 役• (2005年、SBS) - チェ・サンヒョン 役• (2008年-2009年、SBS) - カン・テミン 役• (2012年、MBC) - 役• (2013年、MBC) - 役• (2015年-2016年、) - チェ・テク 役• アルゴン(2017年、tvN) - キム・ベクジン 役 映画• セイ・イエス(2001年)• 爆烈野球団!(2002年)• どこかで誰かに何かあれば間違いなく現れるMr. ホン(2004年) - ホン・ドゥシク 役• クァンシクの弟クァンテ(2005年) - ユ・クァンシク 役• 青燕(2005年)• (2006年) - ジュリアン 役• 妻が結婚した(2008年) - ノ・ドックン 役• 春香秘伝 The Servant(2010年) - バンジャ 役• 敵と共に眠る(2011年)• 人生のストライクボール!(2011年) - ユン・ドフン 役• (2015年) - ウジン 役• ハッピーログイン(2016年)• (2016年) - キム・ジョンチャン 役• (2017年) - チャ・ギソン 役• (2018年) - チン・ハリム 役• 王の預言書(2018年) バラエティ• 一泊二日シーズン3().

次の

急死してしまった、人気俳優キム・ジュヒョクについて知っておきたいこと【出演ドラマ/映画】

キム ジュヒョク 死因

虚しい別れだ。 突然すぎる死であり、数日前までも精力的に活動していた俳優であったため、人々は一層悲しんでいる。 残念な事故で短い人生を終えた故キム・ジュヒョクさんは、これからはキャラクターとして永遠にファンのそばに残ることになった。 キム・ジュヒョクさんは昨日(30日)午後4時30分頃、ソウル三成洞(サムソンドン) の道路で車両が転倒する事故に遭った。 キム・ジュヒョクさんは救助されて建国(コングク) 大学校病院に搬送されたが意識がなく、心肺蘇生法を試したが、午後6時30分頃に死亡した。 キム・ジュヒョクさんの遺族は、正確な事故と死亡の原因を確認するために解剖を決定し、葬式の手続きはその後に行われる予定だ。 故キム・ジュヒョクさんの訃報に、哀悼が相次いでいる。 彼の演技と作品を愛していたファンから映画界までみなが同じ気持ちで、美しい星が散ってしまったことを悲しんだ。 キム・ジュヒョクさんは精力的な演技活動を続けており、若い年齢で予期せぬ事故による悲報だったため、残念な気持ちは一層大きかった。 善良な役も悪どい役も、そしてコミカルなキャラクターまで、多方面で活躍できる俳優だった。 27日には「第1回THE SEOUL AWARDS」で映画「コンフィデンシャル/共助」で助演男優賞を受賞した。 彼が生み出した多彩なキャラクターや素晴らしい演技が、ファンのそばに残ることになった。 キム・ジュヒョクさんは元老俳優である故キム・ムセンの次男で、1998年SBS第8期公開採用タレントとしてデビューした。 「カイスト」「ライバル」、映画「セイ・イエス」「爆烈野球団!」などに出演して印象的な演技を披露した俳優だ。 特に、SBSドラマ「プラハの恋人」と映画「シングルス」での熱演で好反応を受け、大衆的な人気も得た。

次の