おすすめ cd プレーヤー。 【2020年版】CDプレーヤーおすすめ人気モデル15選。持ち運べるモデルも網羅

CDプレーヤーのおすすめ人気ランキング10選【徹底比較!】

おすすめ cd プレーヤー

ジョギングをする時、ドライブをする時、 ホッとしたひと時を楽しみたい時には音楽は欠かせない相棒といっ ても過言ではありません。 その際必要なのはやはりCDプレーヤーです。 CDプレーヤーは音楽を聴くのに欠かせないアイテムです。 その際気になるのがCDプレーヤーはおしゃれな外見をしているか 、高音質かどうか、 そしてどのような機能が付いているのかどうかということです。 そこで今回は各社がおすすめしているおすすめのCDプレーヤー、 おすすめで人気のCDプレーヤーや、 高音質で人気のおすすめのCDプレーヤーを紹介していきます。 ポータブルCDプレーヤーのおすすめやコンポタイプのおすすめC Dプレーヤー商品が知りたいという人はぜひ参考にしてみてくださ い。 おしゃれでかわいい、 そして高音質なCDプレーヤーを購入して音楽を楽しみましょう。 CDプレーヤーに大事な要素は人気の商品か、 おすすめをされているか、そして高音質かどうかということです。 高音質は音楽を聴く上で特に大事な要素なので、 重要視している人は多いかと思います。 しかし最近のCDプレーヤーは、 おしゃれでかわいいというのも外せない要素となっており、 外見的におしゃれでかわいいCDプレーヤーはおすすめされている 人気の商品であることが多いのです。 高音質でおしゃれでかわいいCDプレーヤーは女子に大人気ですの で、 おしゃれでかわいいと人気のおすすめされているCDプレーヤーに はどのようなものがあるか見てみてください。 もちろん高音質かどうかも外せない要素なので、 機能性と外見を兼ね備えたCDプレーヤーを選んで音楽をより楽し みましょう。 高音質な音楽で運動や家事を楽しくこなせるようになること間違い なしです。 CDプレーヤーの人気でおすすめ商品を購入と言ってもどのように 選んでいいか分からないという人もいるかと思います。 CDプレーヤーの選び方は主に4つです。 そこにおしゃれでかわいいという外見的な要素が入ってきて、 5つの要素が自分にとってぴったりと当てはまったら購入するべき CDプレーヤーだと言えます。 CDプレーヤーを買う際の4つの要素を紹介していきますので、 CDプレーヤーを購入する際は4つの要素を頭に入れておきましょ う。 それを基準にしてお店でおすすめされている人気のCDプレーヤー を選んでみてください。 そうすることで今のCDプレーヤーのトレンドの波に乗ることがで きます。 さらにおしゃれでかわいい、 しかも高音質なCDプレーヤーで音楽を聴くことができますので一 石二鳥です。 CDプレーヤーを選ぶ際のおすすめポイントを1つずつ見ていきま しょう。 人気のおしゃれでかわいいおすすめのCDプレーヤーを購入する際 に大事なポイントの1つとしてやはり外せないのは高音質かどうか というものです。 いくら人気でおしゃれでかわいい、 おすすめの商品だったとしても音質が悪かったりするとがっかりし てしまいます。 音質がいいかどうかは、 商品によって変化してきます。 CDプレーヤーには種類があり、 その中でもスピーカーなどと繋げて音楽を流せるCDプレーヤーは 高音質でおすすめです。 特におすすめなのはハイレゾ対応タイプというCDプレーヤーです。 ハイレゾというのは、 通常のCDでは聴こえない音もクリアに聴くことができるCDのこ とを表す言葉です。 このハイレゾのCDは音質にこだわっている人におすすめです。 ハイレゾCDに対応していないCDプレーヤーもあるので購入する 際は十分注意してください。 おすすめのCDプレーヤーの選び方は、周波数の範囲です。 とは言っても周波数の範囲とは何か分からないという人が多数かと 思います。 声を含む音は、空気中を波として伝わり、 人々の耳に入ります。 そしてその声や音は距離が遠くなるに従って波が弱くなり、 聴こえづらくなるのです。 この空気を震わせる音の波のことを周波数と表します。 つまり、 人気でおすすめのCDプレーヤーは周波数の範囲が広く、 遠くにいても美しい音が聴こえるものなのです。 周波数の範囲が大きければ大きいほど、聴こえる音の幅も増えて、 より音楽を楽しむことができます。 音質が良く人気でおすすめのCDプレーヤーは、 普段のCDプレーヤーでは認識できない音も聴くことができるため に音楽中の高音や低音を普段より感じ取ることができるのでおすす めの商品です。 CDプレーヤーを選ぶ際は人気でかわいいというのも大事ですが、 周波数の範囲で選ぶのもおすすめです。 おすすめのCDプレーヤーの選び方のポイントにはフォーマットを 確認するというのもあります。 CDプレーヤーにはそれぞれ再生できるCDとできないCDという のがあります。 CDプレーヤーには必ず「CD-R」や「CD- RW」というマークがあります。 これはCDを再生するのに対応していますという目印なのです。 また、 音楽ファイルの種類の1つであるMP3対応のCDプレーヤーが欲 しいという人は、 買いたいCDプレーヤーがMP3に対応しているかきちんと確認し てからにしましょう。 高音質のCD、 いわゆるハイレゾ音源のCDに対応していない商品もありますので 確認してから購入してください。 おすすめでかわいい商品だったとしても、 自分が希望するCDが聴けなくては意味がありません。 自分が聴きたいCDの種類を確認してからおすすめされているCD プレーヤーを吟味してみましょう。 おすすめのCDプレーヤーにはもう1つ外せない選びポイントがあ ります。 それは、機能性に優れているかどうかということです。 大抵のおすすめ商品には様々な再生方法、 ラジオも聞くことができるなどの機能性があります。 その中でも自分が必要としている機能があるかを吟味しましょう。 自分が必要としていない機能ばかりがあってもがっかりしてしまう ことになりますので注意してください。 音飛び防止のCDプレーヤーが欲しいという人は、 音飛びを防止する機能がついているポータブルタイプのおすすめ商 品を見てみてください。 また、 CDプレーヤーをスピーカーなどに繋いで音楽を楽しみたいという 人は、デジタル端子を購入しましょう。 CDプレーヤーと一口に言っても据え置き型か持ち運び型などの種 類があります。 お気に入りのCDの音楽を外でも聴きたいけど、 携帯の音楽アプリで聴くのは物足りないと感じている人はいるかと 思います。 かわいいCDプレーヤーにCDを入れて持ち運びながら音楽を楽し みたいという人におすすめのポータブルタイプのCDプレーヤーを 紹介します。 ポータブルタイプのCDプレーヤーをおすすめする理由としては、 現代のデータで持ち歩ける音楽と違い、 CDというアナログで音楽を聴くことができる味があるというもの です。 持ち運びにも便利なので、 CD音源が楽しめるポータブルタイプがおすすめです。 ポータブルタイプのおすすめ商品を4つ紹介しますので、 自分が気に入ったポータブルタイプの商品があれば実際に店で現物 を手に取って確認してみてください。 おすすめのポータブルタイプの商品の1つ目はTOSHIBAのT Y-P3というものです。 このポータブルタイプの商品のおすすめポイントはBluetoo thに対応しているというものです。 Bluetoothという言葉は聞いたことがあるという人は多い かと思います。 Bluetoothは、 それに対応しているスピーカーなどがあればどこにいても手軽に操 作ができるという点でおすすめの機能なのです。 ポータブルタイプとは言ってもいちいち本体を取り出して次の曲に スキップするということをしなくても操作できるというのが、 またおすすめのポイントなのです。 このポータブルタイプには、 音楽の気に入った部分のみをリピートできる機能もついているので 、 重点的に気に入った部分のみをリピートする機能が欲しいという人 にもおすすめの商品です。

次の

おすすめのSACDプレイヤー10選!エントリーモデルからハイクラスまで

おすすめ cd プレーヤー

CDプレイヤーの選び方 まずはCDプレイヤーを選ぶ際のポイントを見ていきましょう。 据え置き型か持ち運び型か用途に応じてタイプを選ぶことが重要です。 対応フォーマットや対応ディスクの種類に加え、音質にこだわるなら周波数特性もチェックしましょう。 また、Wi-FiやBluetooth接続などの最新機能についても順にご紹介します。 用途に応じた種類で選ぼう! 対応フォーマットやディスクを確認しよう!• 周波数特性もチェック!• 機能性は豊富なほうが便利! 用途に応じた種類で選ぼう! CDプレイヤーは大きく分けて「オーディオタイプ」と「ポータブルタイプ」の2種類があります。 オーディオタイプは部屋に設置して音楽を聴く据え置き型で、ポータブルタイプは場所を選ばず音楽が聴ける持ち運び型です。 次にそれぞれのメリットとデメリットを説明します。 据え置き型のオーディオタイプ! オーディオタイプの特徴はポータブルタイプに比べて高音質で再生できる点です。 スピーカーやアンプにつないで音楽を楽しめるハイクラスなものもあります。 自宅でじっくり音楽を楽しみたいという方におすすめです。 メリット• 高音質• 出力端子が豊富• 機能が充実している デメリット• 価格が高め• 使う場所が限られる 持ち運び型のポータブルタイプ! ポータブルタイプの特徴はコンパクトで持ち運びがしやすいという点です。 家の中だけでなく外出先でも音楽が楽しめます。 防水機能や語学学習に適したモデルなど、ポータブルの便利さを活かした製品も発売されています。 メリット• どこでも音楽が楽しめる• 場所をとらない• オーディオタイプに比べて価格が安い デメリット• オーディオタイプに比べると音質は劣る• 販売されている機種が少ない 対応フォーマットやディスクを確認しよう! CDプレイヤーを選ぶ際は対応フォーマットの種類も確認しましょう。 パソコンで保存した音楽を再生したい場合には、 MP3やWMAなどのファイル形式に対応しているものがおすすめです。 同時に対応ディスクの種類についても確認しましょう。 パソコンで保存したCDや、コピーしたCDを再生したい場合は、通常のCDだけでなくCD-RやCD-RWに対応している必要があります。 また、CDよりさらに高音質なSACDという規格のCDを再生できるCDプレイヤーもあります。 周波数特性もチェック! 周波数特性とは CDプレイヤーが再生できる音の範囲のことです。 たとえば周波数特性が20Hz~20kHzであれば、低い音は20Hzまで、高い音は20kHzまで再生できるという意味です。 一般的な音楽CDは20Hz~20kHz程度ですが、高音質なSACDの場合は2Hz~50kHzとなります。 音質にそこまでこだわらないのであれば20Hz~20kHzの周波数特性で問題ないと思いますが、 SACDに対応したプレイヤーを選ぶ場合は周波数特性を確認してくださいね。 機能性は豊富なほうが便利! 最近のCDプレイヤーは昔に比べて機能性が豊富です。 たとえばBluetoothやWi-Fiといったワイヤレス機能が搭載されたCDプレイヤーなら、イヤホンやスピーカーをコードレスで接続できるほか、パソコンやスマホとの連携も可能。 また、語学学習に最適なリピート機能や、お風呂の中で聞ける防水機能が搭載されたものなど、製品によってそれぞれ便利な機能が搭載されています。 製品を選ぶ時は、自分の用途に適した機能が搭載された機種を選ぶとよいでしょう。 CDプレイヤーの人気おすすめランキングトップ10 人気でおすすめのCDプレイヤーを10選紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 第10位 ソニー SONY CDラジオ ZS-E80• 語学学習に便利な機能を搭載• 再生に便利なリモコン付属 ソニー SONY CDラジオ ZS-E80の評価とレビュー 語学学習に便利な機能を搭載!ラジオも聴ける薄型のCDプレイヤー! 第10位はソニーのZS-E80です!リビングや机の上にも置きやすいスリムなデザインが特徴です。 音程はそのままで再生スピードだけを変えられる「再生速度調節」や、聴きたい場所を繰り返し再生できる「A-Bリピート」、細かく早送り・早戻しができる「イージーサーチ」など、語学学習に便利な機能が搭載されています。 リモコンが付属しているので音楽CDや語学学習CDの再生に大変便利です。 家庭用電源の他に乾電池の使用も可能なのでコンセントのない場所でも使用できます。 第9位 ナガオカ Bluetooth対応カナルイヤホン付• Bluetooth4. 2対応• 音飛び防止機能搭載• ワイヤレスイヤホン付属 ナガオカ Bluetooth対応カナルイヤホン付の評価とレビュー Bluetooth4. 2対応のポータブルCDプレイヤー!買ってすぐ使えるイヤホン付属! 第9位はナガオカのM202BTCDPです!レコード針で有名なナガオカが展開するmovioブランドのポータブルCDプレイヤーです。 Bluetooth4. 2に対応しており、購入してすぐにBluetooth機能を使用できるカナル型のワイヤレスイヤホンが付属しています。 音飛び防止機能が搭載されているため、移動中も音飛びの心配がありません。 乾電池のほかmicroUSBからの給電も可能。 乾電池での連続音楽再生時間は最大8時間です。 ポータブルなので外出先でCDを楽しみたい方におすすめです。 第8位 Twinbird 防水CDプレーヤー ブラウン AV-J166BR• IPX7相当の防水機能• カラオケに適した機能を搭載• 音飛びを防ぐアンチショック機能搭載 Twinbird 防水CDプレーヤー ブラウン AV-J166BRの評価とレビュー お風呂やアウトドアでも使えるIPX7相当の防水性能!カラオケ機能も搭載! 第8位はツインバード工業のCD ZABADY AV-J166BRです!こちらはIPX7相当の防水機能を搭載したポータブルCDプレイヤーです。 ボーカルの音声をカットするボーカルカット機能を搭載。 どこでもカラオケが楽しめます。 また、多少の振動であれば音飛びを防ぐアンチショック機能も搭載。 乾電池と専用ACアダプターの2電源対応で、乾電池での連続音楽再生時間は約9時間です。 お風呂やキッチン、アウトドアなどいろいろな場面で活躍しそうですね。 第7位 東芝 スピーカー搭載ポータブルCDプレーヤー• ステレオスピーカー搭載• 語学学習に適した機能が充実• クリップ式のリモコン付属 東芝 スピーカー搭載ポータブルCDプレーヤーの評価とレビュー イヤホンでもスピーカーでも聴ける!語学学習に役立つ便利な機能が充実! 第7位は東芝のTY-P2です!語学学習に役立つ便利な機能が搭載されたポータブルCDプレイヤーです。 再生速度を11段階に調節できる「スピードコントロール」機能や、トラックを10個ずつスキップできる「+10」機能、聴きたいところを繰り返し再生できる「A-Bリピート」機能を搭載。 再生の途中で電源を切っても、電源を入れると停止した場所から再生できる「レジューム」再生機能も便利です。 本体にステレオスピーカーを搭載しているので、イヤホンなしでも再生できます。 乾電池と専用ACアダプターの2電源に対応。 乾電池での連続音楽再生時間は約8時間(イヤホン使用時)です。 Bluetooth対応• 薄型・コンパクト• 1万円台半ばというお手頃な価格ながらメタル素材を採用したデザインは高級感があります。 スピーカー容量の効率化やマグネットの強化によって豊かな低音とクリアなサウンドを実現。 圧縮音源を補正する「MP3リ. マスター」によりMP3の音源を高音質で楽しめます。 Bluetooth機能を搭載しているので、スマホの音楽をワイヤレスで再生できるほかストリーミングサービスも楽しめます。 第5位 サンスイ Bluetooth対応CDステレオシステムSANSUI• Bluetooth搭載• レトロなデザイン• 2WAYバスレフスピーカー サンスイ Bluetooth対応CDステレオシステムSANSUIの評価とレビュー レトロなデザインのBluetooth搭載CDステレオシステム 第5位はサンスイのSMS-820BTです!昔のラジオのようなレトロ感溢れるデザインが特徴的。 レトロな見た目ながらBluetooth機能を搭載し、スマホの音楽をワイヤレスで再生できます。 見た目の可愛さだけでなく、音質や機能面もおすすめの製品です。 第4位 無印良品 壁掛式CDプレーヤー CPD-4• 壁に掛けられる• FMチューナー搭載• 無印らしいシンプルなデザインなのでインテリアの邪魔になりません。 壁に取り付ける金具も付属しています。 離れた位置からはリモコンでの操作も可能。 FMチューナー搭載ですのでラジオも楽しめます。 シンプルで場所を取らない製品を探している方には大変おすすめです! 第3位 パイオニア Pioneer PD-30AE CDプレーヤー• 高性能DACを搭載• 高音質ヘッドホン端子を搭載• 多彩な再生モードを搭載 パイオニア Pioneer PD-30AE CDプレーヤーの評価とレビュー コスパ抜群!高性能DACを搭載した高音質なCDプレイヤー! 第3位はパイオニアのPD-30AEです!お手頃価格ながら静音設計のディスクドライブや高性能DAC、大容量の電源トランスの搭載など音質にこだわった設計となっています。 また、同軸ケーブルや光ケーブルを装備しているので、デジタル機器の接続が可能です。 そのほかランダム再生やメモリー再生、リピート再生など多彩な再生モードを搭載しています。 オーディオ初心者の方や、手の届きやすい価格で高音質な音楽を楽しみたいという方におすすめの製品です。 第2位 DENON CDプレーヤー SACD対応 プレミアムシルバー• 独自のアナログ波形再現技術• 幅広いフォーマットの再生に対応 DENON CDプレーヤー SACD対応 プレミアムシルバーの評価とレビュー ハイクオリティな音質のディスク再生専用SACDプレイヤー 第2位はデノンのDCD-1600NEです!「2500NEシリーズ」の技術を受け継いだミドルクラスのCDプレイヤーです。 「Advanced S. Mechanism」と呼ばれる新世代のオリジナル・ドライブ・メカニズムを採用。 ノイズの少ないクリアな音質を実現しています。 また、ハイレゾ音源にも対応するデノン独自のアナログ波形再現技術「Advanced AL32 Processing Plus」を搭載。 音質にこだわる方におすすめの製品です。 第1位 マランツ ネットワーク対応CDプレーヤー• Bluetooth、Wi-Fi機能搭載• 周波数特性2Hz-50KHz• USB-DAC機能搭載 マランツ ネットワーク対応CDプレーヤーの評価とレビュー CDやストリーミングなど多様な音源を高音質で再生できるネットワークCDプレイヤー 堂々の第1位はマランツのND8006です!CDだけでなくファイルやストリーミングなど様々なデジタル音源の再生に対応したネットワークCDプレイヤーです。 インターネットラジオやBluetooth、Wi-Fiでの再生やストリーミングサービスにも対応。 USB-DACとしてパソコンに接続すれば、パソコンに保存している音楽を高音質で楽しむこともできます。 価格は10万円前後と安くはないですが、一台でいろいろな音源を高音質で楽しむことができるのでコストパフォーマンスは悪くないと思います。 まとめ 以上、CDプレイヤーの選び方と人気おすすめ10選でした!防水機能や語学学習、BluetoothやWi-Fi機能など、CDプレイヤーも時代に合わせて進化し続けています。 パソコンに取り込む手間なく簡単に高音質な音楽が楽しめるのも魅力ですね。 従来のオーディオタイプやポータブルタイプに加え、壁掛けできるタイプやおしゃれなデザインの製品も発売されています。 用途や好みに合ったベストな一台を見つけて、ライフスタイルの一部として音楽を楽しんでくださいね! 合わせて読みたい!!.

次の

【2020年版】おしゃれなデザインのおすすめCDプレーヤー7選。レトロな木製からかわいい壁掛けまで

おすすめ cd プレーヤー

最近の音楽CDはパソコンでリッピングして、ファイル化するためのソースとして使われることが多くなっています。 ですが、オーディオとして純粋に楽しむのであれば、やはりCDプレーヤーが欠かせません。 特に高音質なSACDなどはパソコンでは読めないので、再生にはCDプレーヤーが必須。 しかしCDプレーヤーにもさまざまな種類があり、MP3が再生可能かどうかや出力端子など異なります。 価格帯もさまざまで、安いものもあれば高級なものもあり、どれを選べばいいか迷ってしまう人も多いですよね。 そこで今回は、CDプレーヤーの選び方と人気のおすすめ商品をランキング形式で紹介していきます。 音の良さを実感できるCDプレーヤーにはどんなものがあるでしょうか?ぜひチェックしてみてください! プレーヤーが再生できる最低音から最高音までの範囲を示すのが周波数特性です。 人間の耳はおよそ20Hzから20kHzの幅で音として聞き分けることができると言われています。 音楽CDもだいたい同じような周波数特性で作成されていますが、プレーヤー側でさらに低音域(2〜5Hz 程度)や高音域(ハイレゾは40kHz以上)まで再生可能になっていると、音として聞き分けられない空気感のようなものまで再生できると言われていますよ。 よりリアルな高音質を追究するのであれば、周波数特性の広いモデルを選ぶといいでしょう。 そこまでは求めないというのであれば、だいたいどのプレーヤーも音楽CDの再生に適したスペックになっているので、それほど気にしなくていい要素です。 SACDやMP3を記録したCDはプレーヤー側で対応している必要があるので、それらを聴きたい方は必ずチェックしましょう。 SACDは普通の音楽CDよりはるかに高音質で、いわゆる「ハイレゾ」と呼ばれる種類のCDです。 普通の音楽CDと根本的にフォーマットが違うので、プレーヤーが対応していないと再生できません。 MP3などの圧縮音源の再生対応ですが、これも音楽CDと記録フォーマットが異なり、また音楽ソースが圧縮されています。 そのため、プレーヤー側でデコードに対応していなければなりません。 SACDは、ハイエンドオーディオ環境がある人なら選ぶ価値があるので、ぜひチェックしてみてください。 MP3対応はスマートフォンやパソコンで音楽を聴く人であれば必ずしも必要な機能ではないので、必要に応じてチェックしてくださいね。 CDプレーヤーにはアンプなどとつなぐために出力端子が付いています。 どのプレーヤーにも必ず付いているのがアナログ端子(RCA端子)ですが、これ以外にデジタル出力端子が付いている製品も多いです。 デジタル出力端子には2種類あるので、手持ちのオーディオ機器にどちらの端子が付いているかを確認しましょう。 デジタル出力端子でメジャーなのが光デジタル出力端子で、プレーヤーだけでなくアンプなどにも付いていることが多い端子です。 光ファイバーを使ってデジタル信号を出力するもので、端子の形状が舟形と丸形の2種類あります。 もうひとつ、同軸ケーブルを使ったデジタル出力端子もありますよ。 見た目はアナログ端子と似たようなものですが、こちらもデジタル信号を送ります。 最近のAVアンプなどには付いていることも多い端子です。 それぞれ必要な方は、対応・非対応を確認してくださいね。 ティアックのCDプレーヤーは付加機能の付いているモデルが多いです。 価格はCDプレーヤーとしては中堅クラスですが、ポータブルプレーヤーを使わなくてもハイレゾ音源が再生できるという意味では、価格以上の価値があるCDプレーヤーと言えます。 ネットワーク機能が不要だけどハイレゾ音源の再生をオーディオ機器でやりたい人にはピッタリのモデルでしょう。 DACにシーラスロジックの「CS4398」を搭載したほか、マランツ独自のアナログ出力回路を搭載するなど、高音質を追求した設計になっています。 CDプレーヤーとしてはもちろんですが、スマートフォンの中に入っている音楽ファイルを手持ちのオーディオセットで再生できるのは便利です。 普段はスマートフォンやポータブルプレーヤーで音楽を聴いている人であれば、このモデルは気の利いた1台になるのではないでしょうか。 このモデルはプリメインアンプのPMA-50とベストマッチングするようにデザインされたもので、ミニマムな立方体をベースにシンプルなデザインになっています。 PMA-50との組み合わせでフルデジタルプロセッシングが可能になり、より高音質を追求することができますよ。 圧縮音源の対応がMP3と汎用性の低いWMAというところが引っかかりますが、普及価格帯なので手を出しやすいと思います。 単体で購入するというよりは、これからオーディオセットを揃えようという人がPMA-50と合わせて購入するというのに向いているモデルでしょう。 このモデルは高品位なヘッドホンアンプと、ヘッドホンのレベル調整が可能な標準プラグが装備されており、ヘッドホンでも高品位な再生を実現していますよ。 ステレオセットまではいらないけれど、CDプレーヤーはしっかりしたものが欲しいという人に向いている機種でしょう。 単体でもヘッドホンで秋的なリスニングを楽しめると思います。 CDのローディングメカニズムには制振設計のなされた高剛性なユニットが使われているほか、左右チャンネルの+とーにそれぞれDACを配していたり、電源系統を4系統に分けているだけでなく、オーディオ側と電源側を分離した設計により純度の高い再生音を目指しています。 価格帯もミドルクラスとは言っていますが十分高価なものであり、性能もそれに見合ったものです。 SACDの高音質を活かす意味でもハイエンドに近いオーディオ環境を持っている人の選択肢になる機種でしょう。 また、デジタル出力回路を完全に止めてより高品位なアナログ出力が可能なピュアダイレクトモードを搭載し、本格的なCDプレーヤーを目指していますよ。 USBポートを装備し、iPodの接続に対応するなど便利な機能も搭載しています。 普及価格帯でも高音質なCDプレーヤーが欲しいというユーザーにはいい選択肢になるのではないでしょうか。 もちろん、SACDの再生に対応しているほか、DSDファイルの再生も可能なDAC機能を搭載。 CDトレイとピックアップ部分には上位モデルと同一の機構を搭載し、制振性を高めています。 このDACの性能を引き出すためにクロック回路もデュアルで搭載しています。 20万に手が届くような価格ですが、ハイエンド機らしく高品位なCD再生ができます。 ハイエンドオーディオのユーザーには十分見合う機種でしょう。 周波数特性 2Hz〜50kHz 対応フォーマット SACD・DSD 対応ディスク 音楽CDのみ デジタル出力 光デジタル・同軸 デノンのCDプレーヤーのラインナップでは最下位のエントリーモデル。 電源回路もデジタル部、アナログ部で分離されそれぞれの干渉を最低限に収めています。 また、デジタル回路を完全に止めて、アナログ出力への干渉を防いで高音質のまま出力できるピュアダイレクトモードも搭載。 価格帯も3万円を切っていて入手しやすく、安価で本格的な音質を求める人にはいい1台でしょう。 SACDに対応しているだけでなく、そのほかのハイレゾ音源ファイルの再生に対応しているプレーヤーです。 SACDやハイレゾ音源の再生に対応するなど、ミドルクラスながらハイエンドに匹敵する性能を持っていますよ。 ハイエンドオーディオ環境を持っている人でも十分満足できるスペックです。 またデジタル信号処理の同期をするために必要なクロック部を通常のプレーヤーの5倍の精度で行えるクロックを搭載するなど、高音質化を図っていますよ。 価格的には2万円すら切っているので、安物と思われがちですが、中身はミドルレンジにも匹敵する高音質化技術を採用しています。 安くていいCDプレーヤーを探しているなら有力な候補になるはずです。

次の