オーストラリアドル チャート 長期。 豪ドル為替レート(円/豪ドル,ドル/豪ドル)長期推移(チャート・変動要因)

外国為替チャート|FX・外国為替|ロイター

オーストラリアドル チャート 長期

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

オーストラリア・ドル/円の為替レートの推移

オーストラリアドル チャート 長期

2005年末 2010年末 2015年末 直近 豪ドルへの 影響度 方向性 政策金利 5. 1 Jun. 15% 0-0. 10% 0-0. 10% 0. 1% Jun. 71 Jun. 10% 0. 00% 0. 20% 0. 40% 4. 90% 3. 30% 2. 当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。 FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。 また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。 当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。 したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。 当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。 当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。 当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。 当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。 当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、にご同意いただいたものとします。

次の

【2020年】豪ドル円(オーストラリアドル)の長期見通し・予想がヤバい!今後は価格上昇する!?|今すぐ始めるFX投資

オーストラリアドル チャート 長期

かつて高金利通貨として人気の高かった豪ドル。 2008年には7%台だった政策金利は2019年12月現在0. 金利の下がった今でも日本人投資家に人気が高い通貨です。 ふーじーもリピート系自動売買の通貨ペアのひとつとして運用しています。 米ドル・ユーロ・ポンドよりも変動幅が大きくて、かつレンジ相場を形成しています。 トルコリラなどの高金利通貨のように右肩下がりの為替推移ではないため、比較的安心して運用出来ます。 オーストラリア経済は、 四半世紀を超えてGDPがプラス成長をつづけており順調です。 しかし、中国に依存している部分が大きく、 中国の経済動向に影響を受けるのが気になる点です。 8円 最安値 55. また円安となった2008年と2013~2015年以外の年は、 高値は90円付近でとどまっています。 2008年から2019年までの 年間の平均変動幅は18. 76円で、おおまかに言うと 70円~90円の範囲で推移しています。 年別の為替レート推移(4本値)と変動幅 始値 高値 安値 終値 変動幅 2008 98. 06 104. 47 55. 05 62. 45 49. 42 2009 64. 14 85. 25 55. 56 83. 18 29. 69 2010 83. 18 88. 05 71. 83 82. 70 16. 22 2011 82. 84 89. 99 72. 05 78. 62 17. 94 2012 78. 59 89. 79 74. 36 89. 60 15. 43 2013 90. 01 105. 37 86. 40 93. 93 18. 97 2014 93. 76 102. 79 88. 25 97. 93 14. 54 2015 97. 91 98. 09 82. 09 87. 60 16. 00 2016 87. 55 87. 79 72. 25 84. 28 15. 54 2017 84. 28 90. 24 81. 48 87. 90 8. 76 2018 87. 87 89. 03 77. 16 77. 21 11. 87 2019 77. 17 80. 65 69. 86 76. 24 10. 79 豪ドル円の長期チャート オーストラリアの政策金利の推移 2008年には7%台だった政策金利は、 2019年12月現在0. 75%まで引き下げられています。 5 1. 5 1. 5 1. 5 1. 5 1. 25 1. 00 1. 00 1. 00 0. 75 0. 75 0. 75 2018 1. 5 1. 5 1. 5 1. 5 1. 5 1. 5 1. 5 1. 5 1. 5 1. 5 1. 5 1. 5 2017 1. 5 1. 5 1. 5 1. 5 1. 5 1. 5 1. 5 1. 5 1. 5 1. 5 1. 5 1. 5 2016 2 2 2 2 1. 75 1. 75 1. 75 1. 5 1. 5 1. 5 1. 5 1. 5 2015 2. 5 2. 25 2. 25 2. 25 2 2 2 2 2 2 2 2 2014 2. 5 2. 5 2. 5 2. 5 2. 5 2. 5 2. 5 2. 5 2. 5 2. 5 2. 5 2. 5 2013 3 3 3 3 2. 75 2. 75 2. 75 2. 5 2. 5 2. 5 2. 5 2. 5 2012 4. 25 4. 25 4. 25 4. 25 3. 75 3. 5 3. 5 3. 5 3. 5 3. 25 3. 25 3 2011 4. 75 4. 75 4. 75 4. 75 4. 75 4. 75 4. 75 4. 75 4. 75 4. 75 4. 5 4. 25 2010 3. 75 3. 75 4 4. 25 4. 5 4. 5 4. 5 4. 5 4. 5 4. 5 4. 75 4. 75 2009 4. 25 3. 25 3. 25 3 3 3 3 3 3 3. 25 3. 5 3. 7 2008 6. 75 7 7. 25 7. 25 7. 25 7. 25 7. 25 7. 25 7 6 5. 25 4. 25 豪ドル円の過去データ分析(変動幅・変動率・上昇幅・下落幅) つづいて2010年から2018年までの月別・週別・日別のデータ分析です。 1日単位では上下に50銭程度の値動きですが、1カ月単位では上下に2. 5円程度、1日の5倍の値動きになります。 61 0. 31 0. 30 2018 0. 74 0. 33 0. 41 2017 0. 70 0. 35 0. 35 2016 1. 19 1. 55 0. 64 2015 1. 05 1. 49 0. 55 2014 0. 77 0. 36 0. 41 2013 1. 16 1. 53 0. 62 2012 0. 87 1. 42 0. 45 2011 1. 16 1. 52 0. 63 2010 1. 33 1. 60 0. 72 2009 1. 63 2. 79 0. 83 2008 2. 07 2. 89 1. 51 7. 89 5. 34 2018 1. 62 1. 31 1. 50 2017 1. 64 1. 30 1. 60 2016 9. 21 11. 92 8. 67 2015 7. 23 7. 35 7. 01 2014 2. 58 2. 35 2. 26 2013 4. 61 4. 25 4. 24 2012 2. 40 2. 11 2. 11 2011 4. 07 5. 03 3. 39 2010 8. 19 9. 74 7. 92 2009 4. 02 6. 17 4. 02 2008 11. 14 16. 35 10. 72 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 ~0. 5 125 59 63 14 21 70 15 23 21 17 3 4 ~1. 0 105 147 153 109 123 130 108 159 111 85 42 51 ~1. 5 24 49 39 78 77 42 80 63 72 83 81 71 ~2. 0 3 5 4 33 30 13 33 12 30 33 65 44 ~2. 5 2 0 0 17 4 3 15 3 14 27 39 21 2. 5~ 1 0 0 9 5 2 9 0 12 15 30 69 窓開けについて 2010年以降の週あけの窓についてのデータです。 2円以内の窓がほとんどで0. 8円以上の窓は稀です。 最大の窓あけは2015年6月28日につけた1. 23円の下落です。 窓幅 回数 0~0. 2 439 0. 2~0. 4 55 0. 4~0. 6 14 0. 6~0. 8 11 0. 8~1. 0 2 1. 0~ 1 最大値 1. 23円 2019年のデータ分析(中央値と最頻値) 2019年の1日あたりの変動幅の平均値は0. 612ですが、 中央値は0. 509、最頻値は0. 50(0. 40~0. 49)となっています。 データによると、リピート系自動売買の 利益幅を設定する際には0. 50あたりの値幅が最も利益が出そうです。 ただし、 2019年は2008年以降で最低の変動幅(変動率)でした。 2020年はもう少し変動すると予想するならば、2018年と同様に0. 70あたりの利益幅がいいかもしれません。 過去データによる分析なので、参考程度にどうぞ! 1日あたりの変動幅の平均値は0. 741ですが、 中央値は0. 695、最頻値は0. 50(0. 40~0. 49)となっています。 データによると、リピート系自動売買の 利益幅を設定する際には0. 70あたりの値幅が最も利益が出そうです。 頻繁に決済してほしい場合には最頻値である0. 50程度に設定するのもいいかもしれません。 豪ドル円のアノマリー 最後に参考程度に月別と曜日別の為替レートの推移を紹介します。 データは2008年以降のものになります。 月別の円安/円高傾向は1月あたりわずか12のデータしかないのでどの程度参考になるか疑問ですが、年初に円高傾向がある米ドル円に対して、 豪ドル円は夏場の8月に円高傾向が伺えます。 円高となった10回中なんと6回が3%(2円以上)を超える下落です。 円安となった2回も2016年はわずかな上昇でした。 果たして2020年8月はどうなるのでしょうか? 前月終値 当月終値 増減 騰落率 2008 101. 68 93. 44 -8. 24 -8. 07 78. 59 -0. 48 -0. 13 74. 96 -3. 17 -4. 58 82. 00 -2. 58 -3. 07 80. 89 -1. 18 -1. 93 87. 33 -0. 60 -0. 52 97. 15 1. 63 1. 49 86. 21 -4. 28 -4. 60 77. 73 0. 13 0. 18 87. 35 -0. 83 -0. 06 79. 91 -3. 15 -3. 43 71. 59 -2. 85 -3. 201 2月 7回 5回 5. 378 3月 6回 6回 5. 909 4月 7回 5回 4. 880 5月 4回 8回 5. 472 6月 6回 6回 5. 225 7月 6回 6回 4. 623 8月 2回 10回 5. 309 9月 6回 6回 5. 350 10月 8回 4回 7. 372 11月 7回 5回 5. 468 12月 6回 6回 4. 031 火 341 282 1. 132 水 333 291 1. 107 木 314 301 1. 171 金 317 291 1. 095.

次の